オーラ リーディング – オーラ第9話

リーディング画像
オーラ

オーラリーディング って一体なんでしょう? オーラって読めるものなのでしょうか?
オーラとは人間の発する生体エネルギーの色で、オーラの色によってその人間の性質や性格が解ると言われています。
オーラには色々な種類があり、その一部は肉眼でも見る事ができます。
逆に、霊的な能力が無いと視る事ができない種類のオーラもあります。
スピリチュアルな分野でたまに聞く、スピリチュアルリーディングという言葉は、透視とか霊視のような言葉としても使われています。
オーラリーディングという言葉も、霊視や透視と近い意味合いで、オーラから霊的な情報を読み取るというようなニュアンスの言葉として使われています。
オーラって何? って人が居たら、オーラとは?色や種類の概要 – オーラ 第1話こちらの記事を読んでみてください。

無料オーラ診断WEBアプリ 自分のオーラの色を知りたい人は
無料でオーラの色と性格を診断できる
天空の庭先のオーラ診断アプリをご利用ください。

オーラリーディング

オーラを読み取る能力を、オーラリーディングと言います。
オーラリーディングという言葉には、大きく分けると2つのニュアンスがあります。

  1. オーラ視によって見たオーラを読み解き、解釈を与える。
  2. オーラのエネルギーの中から情報を引き出し読み解く。

このサイトの管理人である私☆ウリエル☆はオーラを視るちからを持っていて、それに解釈を与えられるのでオーラリーディングを行う能力を持っているということになりますね(笑)
そしてもう一つ、オーラのエネルギーの中から情報を引き出し読み解く力についても、その人間が持つエネルギーの性質が解るので読み解けると言えるかもしれません。
オーラリーディングと呼ばれる能力の中にも、霊視や透視のような力を含むように説明されている場合も多いです。
私は、オーラリーディングをしようと思って行うことはあまりありませんが、例えばどなたかと一緒に瞑想をしているときや、対面でのヒーリング、遠隔でのヒーリングの時には相手の体調やエネルギーの状態、オーラの色、霊的な事や過去世に関わるようなさまざまなビジョンを見る事があります。

オーラを見る能力も本当に持っている人間は少ないです。
私の経験上、バラエティー番組などで世に知られているような芸能人や芸人のかたは、第二階層以上のオーラはほぼ見えていないと思います。
言っている言葉の内容や、サイトやブログに書いてあるような内容を見ればすぐに分かります。

PR

オーラリーディングに関しては、実際にオーラを見る力を持っている人が少ないので見たものを解釈することが出来るのも限られた人だけでしょう。
全ての霊能者に共通するわけではないのですが、実は「オーラを視る」という能力を使うときにはそれなりに多量のエネルギーと集中力が必要になります。
つまり本当に視る力がある人にとっては 「オーラを視てほしい」 と言われるとちょっと疲れるし面倒くさい感じなんです(笑)
それと、霊視能力の訓練って面倒くさくて時間もかかるし、そのわりになかなか安定しないのでなかなか大変です。

エネルギーを感じる能力を気感と言いますが、気感もあるいみリーディングであると言えます。
第一階層のオーラは、人間の生命エネルギーで、そこから読み取れるのはその人のエネルギーの質と量です。
よく、「この人はオーラがある」とか、「この人はオーラが出てる」みたいな感じで、人間の大きさや器量を表す言葉としても「オーラ」という言葉は使われますが、事実として、大きな事を成す人間は大きなエネルギーを持っています。第一階層のオーラからはその人が持つ気やエネルギーの質や大きさが解ります。

そして第二階層であるアストラルレベルのオーラは、人間の本質を示す色と、人間の感情を示す色の2種類の性質の色のオーラがあり、そこから霊的に読み解ける情報は、その人の性質や個性です。
そして、アストラルエネルギーの対応する幽界(アストラル界)には、人間の否定心や呪い、汚れやなども存在するため、その人の感情、精神状態、肉体的な健康状態や、霊的な健康状態も解ります。
私がヒーリング時に相手のダメージや健康状態を言い当てるのは、主にこのアストラルレベルのエネルギーを読み取っています。

さらに上位のメンタルレベルのエネルギーは、より純粋な霊的なエネルギーです。
メンタルレベルのエネルギーから情報を読み取れる人間は、正直あまり多くないと思います。
「高次にアスセスする」みたいな言葉がありますが、メンタルレベルのエネルギーが対応する霊界(メンタル界)は、主に思考的なエネルギーが対応しています。
霊界(メンタル界)に対応した人間の身体は「霊体」であるため、この領域では過去世から持ち越したさまざまなエネルギーにもアクセスできます。
この領域のエネルギーは、より高次世界に向けて一元化が始まる領域であるため、人間が潜在意識、集合意識などと呼ぶ、大きな意識体系にアクセスすることもあります。

私たちが神界と呼ぶ最上層には、私たち人間の魂が存在するため、もしこの領域のエネルギーが読み取れたなら、人間の前世や過去世の情報にもアクセスできるでしょう。
一元的なこの世界では、あらゆる記憶が一元的に納められています。
真実のアカシックレコードはこの領域にあります。ここより下の領域にも、レコードはありますが、最上部以外のレコードには未来の予測と、過去のできごとのレコードが存在するだけです。

スピリチュアルな分野には凄そうなことを言う人が山ほど居ますが、事実として第三層のメンタルレベルより上の領域の情報を安定的に読み取れる人は少ないです。「リーディング」「スピリチュアルリーディング」「オーラリーディング」など、霊的なエネルギーから情報を読み取るとされるさまざまな技術や霊的な能力の話が出てきますが、そういった事を商売にしている人には聞いてみると良いかも知れません。いったい何ができるのか?

霊的な力の覚醒と解放には、七つのチャクラの覚醒が関係しています。
チャクラの詳しい事はチャクラとは 色の意味と開く方法 -チャクラの秘密こちらの記事に書きました。

なんか読むとたいそうな感じにも見えますが、私たち人間は、第五感を駆使して、そして第六感においても、それがたとえわずかながらでも、霊的なエネルギーや高次世界の影響を受けながら生きています。そういった意味では、だれもがオーラを、霊的エネルギーを日常的に読んでいると言えると思います♪

オーラリーディングのやりかた

とても簡単で初歩的な方法をひとつお教えします。
これはエネルギーの性質を読み取るための訓練方です。

  1. 基本の呼吸法を3分程度行い呼吸を整える
    基本の呼吸法はこちらの記事にくわしくかいてありかいてあります。
  2. 対象に手を添えて8秒程度の深い呼吸をします。
  3. 対象に手を添えたまま、8秒ぐらいで息を吐きます。
  4. 8秒の呼吸を30秒から1分程度くりかえしながら、手から伝わってくる感触に意識を集中する。

例えば、上記の方法で、電車の椅子とかに手を添えたらどんな性質の人間が座っていたかが分かることがあります。
例えば、家族の身体のあちこちに触れてみたら、身体の悪い場所では手の平がピリピリします。

慣れてくるとエネルギーの性質や、タイプみたいなものがなんとなく分かってきます。
オーラリーディングという話で言えば、色を感じることが出来るようになります。
オーラリーディングは正しい情報を得るためには感じ取る能力も重要ですが、実は積み重ねた経験も重要です。

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

2,588,511 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。