キラキラと光る粒子と霊性の青い光 オーラ第三階層は高次からの光

白いオーラ。祈りによって光り輝く。

オーラには大きく分けて4つの階層があります。
人間の感情や性質を表すオーラよりもさらに見ることが困難な霊的な光、オーラの第三階層では、キラキラと輝くスピリチュアルな光や、まるでダイアモンドダストのようなキラキラと輝き降り注ぐ光の粒子、果てしなく青い霊的な光やを観察することが出来ます。
第三回階層のオーラは大きく分けて3種類あり、「光そのもの」「キラキラ降り注ぐ光の粒子」「青い光」などを見る事が出来ます。

無料オーラ診断WEBアプリ 自分のオーラの色を知りたい人は
無料でオーラの色と性格を診断できる
天空の庭先のオーラ診断アプリをご利用ください。

キラキラと輝くる光 スピリチュアルな光と白銀のオーラ

オーラの第三階層で見えるのは光そのものや光の粒子です。
白っぽいとか、光そのもの、あるいは透明感ある光としてオーラが見えます。
霊界(メンタル界)は「思考」の世界です。幽界(アストラル界)は「感情」でしたね?
この2つの違いは何でしょう?私なりにシンプルに言うと、より多元的か、より一元的かの違いです。
霊界(メンタル界)にも、もちろん色はあるのですが霊界(メンタル界)は一元化に向けて収束されていく最初の領域なので幽界(アストラル界)と比べるとはるかに調和の取れた世界です。つまり、個別に色を視ることも出来ますが、この世界のエネルギーは全ての色がバランス良く調和されている為に、霊視が出来る人間には光そのものや、光の粒子として見えるようです。

霊界(メンタル界)では色も光を複雑で高精細なのですが、より一元化に近づいたこの領域では色はさほど重要では無く、「光の強さ」「光の大きさ」がその存在をシンプルに示すバロメーターになっています。霊界(メンタル界)のエネルギーを私たち3次元の人間が見た時、霊を示す青色のオーラ(エネルギー)もしくは光そのものとして認識します。

やはり一番シンプルにわかりやすく世の中に伝わっているこの領域のオーラに関する言葉は「後光が差してる」だと思います。
キラキラと輝く光の粒子のように見える時ばかりでなく、白銀や金色がかって見えることもあります。

ごく稀にですが、この美しくキラキラと輝くエネルギーをオーラとしてまとっている人がいます。
銀(シルバー)のオーラや、プラチナのオーラです。


青い光の意味 霊的な輝きはエーテルレベル

青い色のエネルギー体に、より純粋なメンタルレベルのエーテルエネルギーで満たされています。
肉体のエーテル体や生命エネルギーと似ていますね♪
ですが、青はもっと深い青で、白はもっと輝く高精細な白です♪

エネルギーを蓄積させている体の形に似たエネルギー体を、魔術的な専門用語では「エーテルダブル」と呼びます。実はこのあたりの仕組みはとても複雑で正しく知覚するのも難しいので、過去の多くの霊能者や心霊研究家が残した文献も高次世界やエネルギー体への解釈が異なっていたり、間違っている事も結構あります。

オーラの第三階層においては、私たち人間の霊的なエネルギーは深い青の光となって見えることがあります。
魂は青い光を放っていると言われていますが、魂は光そのもので、霊体が青く輝いているというのが、霊視者が見ている現実です。

高次世界を体験したり、そのエネルギーを観察する上での大前提が一つあります。
高次世界の概念はより低次元の概念に当てはめたときにそぎ落とされたり情報が劣化するという事です。
どいうことかを簡単に説明すると、私たちの世界は3次元世界ですが、例えば私が2次元の世界で生きていこうと思ったら
立体的な情報は失われ平面になってしまいます。

似たような事を以前、色で説明したことがありました。
高次世界は物質世界より詳細で多くの色を有していますが、仮に高次元で見る虹が13色あったとしても3次元の私たちには7色しか見えないのです。

つまり…
今世の中に広まっているような「オーラの概念」は高次世界には一切当てはまりません。

古い文献、スピリチュアルな書籍などで、霊的な身体の事やオーラの事をとても複雑に、詳細に説明したものも沢山あります。
あえて具体名は出しませんが、オーラが9階層あるとか、高次世界が7次元まであるとか、13次元まであるとか。
私は自分の身に起きたできごとを調べるためにそういった書籍もたくさん読んできました。

その課程で感じた事は、この時代に名前が残っているような有名な霊能者や、たくさんの霊的な思想を著してきた人達も、手探りで色々調べたり考察しながら自分の考えをまとめていったのだぁってことです。そういった過去の霊能者の中には誠実ではない人も居たのでしょう。足りない部分を空想や妄想で補って、結果正しくない知識や情報を世の中や後生に伝えてしまいました。今の時代にもたくさんいます。シンプルな本質をより複雑にゆがめてしまう人たち。

ここで私が一つお伝えしたいことは、高次世界ではオーラは色ではなく光そのものです。
霊視者には、賛美歌や人々の祈りが空間にもたらすエネルギーやオーラが、光のヴェールや、キラキラと降り注ぐ光の粒子のように見えます。
そして聖人聖者の放つ光は、まさに光そのものでそれは後光とも呼ばれ、見える人には見えます。
ただし、ハッキリ見ようとした場合、第二階層目のオーラよりも霊視するのが困難です。

稀に霊視者でなくともこのキラキラと輝くスピリチュアルな光を見ることがあります。

それは高次のエネルギーですが、高貴なものだと解るように私たちの意識が金や銀に置き換えるケースもあります。
仏教の人には菩薩に見えて、キリスト教の人には天使に見えるというような私たち人間側の置き換えによってです。

話をまとめると第三階層のオーラは主に3種類あります。

  • 光そのもの
  • キラキラと降り注ぐ光の粒子
  • 霊的な深い青の光

もしあなたがこれらの光を見たことがあったとしたら、高次の存在か、高次世界から降りてきたエネルギーです。
それら光がもしあなたの中に入ってきたなら、あなたは賜を受け取ったと言えると思います。

高次の光は、半透明のようなぼやけた光では泣く、神霊写真などで見られるオーブとも異なります。

肉眼では見えませんが、ハッキリと強く、そして心地よい温かみを持ち光輝いています。


メンタルレベルのオーラの関連記事

霊界(メンタル界)の記事はこちら♪


天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。 <strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a> <strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a> 「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪ 「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。  

プロフィール



関連記事一覧

  1. blankみるぽん

    こんにちは

    第第三層は粒子で見えるというお話かと思いましたが、
    じぶんの見えているものがそうなのか気になりまして
    よくわかっていないのですがお尋ねします。

    わたしは幽霊はみたことはないと思うのですが、キラキラした粒子がいろいろな物体みたいに見えていたり、流れていたり、風のように走っていたりは見えていて、ただなんとなくみています。これがそうなのでしょうか?
    全然違ったらすみません。

    • ☆ウリエル☆☆ウリエル☆

      みるぽんさんこんにちわ♪

      霊的な視力は、テレビのチャンネルや電波の周波数のようなこので、霊が見えなくてもオーラが見えたり、人によって見えるものは様々です。
      訓練次第でフォーカスしたものが見えるようになります。

      私は第三階層の光の粒子は瞑想時に見ることが多いですが、みるぽんさんがおっしゃるような雰囲気で見ます。
      きまって心地よさを感じたり、陽気な気持ちなります♪

  2. blankこはく

    はじめまして、こんにちは。

    昨夜うたた寝してしまった後、ぼーっとTVを見ていた時なのですが、視界に小さな点の光が見えました。
    気のせいかな?と思っていたらまた見えるのです。気になって調べましたが、目の不調なのかもと気にしない様にしました。
    そして今朝、仕事の前にラジオ体操をしていた時、会社の建物の縁が赤く見えたのです。
    何気なく見るものに彩りがあるのは不思議ですが、美しいと思いました。
    いつか私にも色々と理解出来る時が来るといいなと思いました。
    ウリエルさんのブログ、楽しみにしています。
    ありがとうございます。

  3. blankluna

    青い光 銀色の降り注ぐキラキラって、そうゆう意味だったんだ、、って衝撃です(o_o)1.2年前の印象に残ってる夢で、私は仲間たちとあるお部屋にいて、みんなでテーブルを囲って座っていて そこへある動物が入ってきて その目は 青いキラキラのどこまでも広がるような光というか、宇宙が詰まってるような感じ そしてその動物の皮をはぐと、そのキラキラの宇宙の光が詰まってて。 
    私は仲間たちと、そのブルーの光を みんなでお皿にわけていただくという夢でした。 

    もう一つ 月夜の真っ暗な海なら1人の女の子が浮かんでいて【亡くなってるようです】その女の子は自分だと、
    映像を見ながら感じるのですが

    その女の子の体に 天から白銀のキラキラが、女の子の体に降り注ぎ光ってるんです。
    その女の子を労わるように【いつもいつも、ごめんね】っていう誰かの声?想い?が伝わってきました。

    この夢は本当に神秘的で 何か神秘的な絵本?の物語を飲んでるかのような

    いくつも印象に残ってる夢はありますが。
    この二つの夢 の 「青」や「白銀」のキラキラの意味がそれなのかな?って  なんかヒントを見れた気がしました。