不安をスピリチュアル的に言うと?お金や時間の不足はエネルギーの不足

不安な気持ちを持っている

誰でも多かれ少なかれ不安を持って生きていると思います。
お金が足りない… 時間が足りない… 能力が足りない… 将来が不安。
不安をスピリチュアル的に言うなら、不足です。「足りない」「欠けてる」あるいは「足りないかも「欠けてるかも」これが不安な気持ちの根幹です。
不足を満たせれば不安は解消されますが、「不足」の基準や幅は人それぞで大幅に異なります。
であるなら、さまざまな不安や異なる課題をもつ人たちがいて、どのように不安を解消していくべきなのか?
不安の本質と解消法についてのお話です。


不安とは?

https://arcangel.jp/wp-content/uploads/2018/11/uriel-130x130.png
☆ウリエル☆

不安で仕方ないとき… 不安とは心がいだく感情であり、継続的に陥る状態でもあります。
人は不安になると勉強や仕事が手に付かなくなったり、心が疲弊してゆきます。
不安は不足によって起きる感情とお伝えしましたが、その本質は、心の領域のエネルギーの不足や、ネガティブなエネルギーの保有量が増すことによって起きる心や精神の変化です。

まずは、一般的に言われている「不安」という言葉の定義から確認しましょう。

ふ‐あん【不安】 の解説
[名・形動]気がかりで落ち着かないこと。心配なこと。また、そのさま。「不安を抱く」「不安に襲われる」「不安な毎日」「夜道は不安だ」
[派生]ふあんがる[動ラ五]ふあんげ[形動]
不安(ふあん)の意味 – goo国語辞書

不安になるスピリチュアルな理由は?

不安をスピリチュアル的に言うなら、不足です。「足りない」「欠けてる」あるいは「足りないかも「欠けてるかも」これが不安の元凶です。

では何が不足してるのか…?

お金が足りない人は、お金の心配をします、足りない、不充分であると。
受験生は受験の結果を心配します。頑張りが足りてなかったかも?点数が足りてないかも?と。
仕事の納期に追われている人は時間の心配をします。納品日までに作業が終わらないかもと。

不安とは必要に対して満たされないと感じたときに心や感情におきる変化によって意味出される感情です。

必要に対して不充分とか、あるべきはずのものが無いとか。
そしてお金もエネルギー、時間もエネルギーですから、あらゆる不足の根幹で共通するのは不足してるのはエネルギーであるということです。

ネガティブな感情は自分自身のエネルギーをすり減らすのでエネルギーの不足に拍車をかけます。

「足りていない」「欠けている」それが自分の未来や生活、大切ななにを脅かすほどに心は囚われ、大きな不安へと変わってゆきます。

不安を払拭する方法は2種類あります。

  1. 不足を満たして、不足では無い状態にする。
  2. 不足を不足と思わない心の強さをもつ。

それぞれの不安解消法についてお話したいと思います。


不足を満たして不安を解消する

お金の不足なら、お金を稼げば不足を満たせます。
学生ならアルバイトをするとか、社会人なら仕事を頑張って昇給するとか、副業で稼ぐとかですね。

受験生がよくやるのは、不足していると思っている勉強時間を睡眠時間を削って補うようなことです。
この場合、勉強をする時間は余分に確保できても、逆に脳と体を休める時間は減るので別の不安が噴出する場合もあります。

仕事の納期も似てますね、時間を余分に確保するためには残業するとか徹夜するとか、そんな方法になってしまうこともあります。

心配をもっと本質的に解消する為に、自分の能力自体を上げるみたいな考え方もあると思います。
高度なスキルを身につけていれば、お金はたくさん稼げるでしょうし、成績がズバ抜けて良ければ受験勉強などわざわざしなくても一発合格かもしれません。仕事のスピードが速ければ納期もきっと守れるでしょう。

ただこの場合は、事前により多くのエネルギーの投資が必要になると思います。
例えば進学塾で勉強をするとか、資格を身につけるとか。

スピリチュアル的に言うなら、不足しているのはエネルギーなので、いずれにしてもより多くのエネルギーが必要になります。

最近では、老後に一人当たり3000万円のお金が必要とか言われていますが、これは高齢化社に生きる日本人の多くはかかえている将来への不安だと思います。足りていないのはお金(貯金)であり、3000万円を貯めるために働ける時間やです。自分の能力の不足を感じてる人も多いかもしれません。
この話しも背後にある根本的問題はエネルギーの不足です。

人間には、人生には安らげる時間や休息、楽しい時間も必要なのですべての時間をお金稼ぎに費やせるわけではありませんよね?

心の豊かさを削って将来の物質的な豊かさに備える。

今の日本人の多くが不安を解消するためにそのような生き方をせざる得ない状態になってます。

些細な不安なら解消は難しくないかも知れません、ですが、
大きな不安を解消するために、必要を満たすというのは決して簡単なことではありません。

お金もエネルギー、時間もエネルギー、それはどちらも私たち人間のエネルギーと置き換えることが出来るからどちらも繋がっています。
自分のエネルギーを労働という労力と時間に置き換え、それでお金を得ているのでお金も時間も私たち人間のエネルギーで置き換えられるということです。

私がオススメするのは、「内省」「呼吸法」「瞑想」です。
理由ややり方はあとでまた説明します。

現代人の多くの不安のタネになっているお金の話はこちらを参考にしてみてください。


不安を不安と思わない心の強さを持つ

幸福の王子の分かち合う心

スピリチュアル的に言うならば、不安の解消法としてより有効なのはこちらでしょう。
不安を解消するために不足を満たす、これは基本的な考え方です。ただ、この不足を満たすといことにはひとつ落とし穴があります。

それはつまり、

必要にたいしてどれだけ不足していると思っているのか?

ということです。例えば老後への不安に関しても、親の家を継ぐ人と、今賃貸に暮らしている人では不足している量がことなりますし、心配性なAさんと、楽天家のBさんでも異なるでしょう。欲深いCさんと清貧に生きるDさんの間にも違いはあるとおもいます。

スピリチュアル的に言うならば、広く柔軟な心を持っていれば、そもそも不足に対して過剰に不安を持たずにすむのです。

私は不足を満たすことよりも、不足の基準を下げること、そして自分におきるいかなる人生の出来事でも前向きに受け止められる心のほうが大切だと思っています。

心が浄化されると欲が浄化され、それによって必要なものが減り、必要の基準が下がります。
ちょっと前には断捨離なんて言葉が流行り、世の中に広まりましたが、本当に必要なもの、必要なことだけに絞れたなら清貧と呼ばれるような生き方に近づいていくでしょう。

今を基準に考えると、日本社会の平均みたいなことを基準に考えると、どうしても要求のレベルが高くなります。
ちなみに私の部屋にはエアコンがありませんが、夏の一番暑い時期、2週間ぐらいですかね、ちょいしんどいと思えるのは。(笑)

車も軽自動車1台しかありませんしね(笑)
世の中で私と同じぐらいの立場や年収の人見ると家庭に2台とか普通でわりと大きくてお高めな車持ってる人たちが多いのですが、このあたりも基準の差かなって思います。私には見栄が無いので。

ただ、もうすこし子供達が大きくなったら物理的に狭くなるので考えないといけないかもですが。

つまり何が言いたいかというと、不安って何かが不足する理由は外的な要因も大きいですが、不足の幅に関しては自分の心とか内的要因が大きいのです。

ですから、物理的に存在する不足はそれはそれで補いながら、もう一つのアプローチとして、世の中の基準を疑ったり合わすのをやめてみるなど、自分の心をコントロールしてみてください。

物の基準だけでなく、多少苦労しても魂の経験値だよね♪ ぐらい思えたなら良いですよね、心を清めればかならず必要の基準は下がります。

自分に本当に必要なものを見極めましょう。
心のコントロールに最もオススメなのは「内省」です。


呼吸法と瞑想で不安を取り除く

祈りと瞑想をする少女

心を清めると必要の基準が下がりますが、必要なものが必要でなくなるわけではありません。
衣食住は最低限必要ですし、愛する人、家族や子供には不自由はさせたくないと思うのは正しいことです。

ですから、不足を補う方法はやはり考えねば成りません。

物質的な不足、お金の不足、時間の不足、それらの不足を補う有効な手段はスピリチュアル的に言えば、エネルギーそのものを補充することかもしれません。
つまり、「内省」することで自分の中のネガティブなエネルギーを浄化しつつ心の要求を最適化しつつ心のエネルギーの消耗を減らし、瞑想や呼吸法でエネルギーそのものを得るみたいなということです。

これらは「お金」や「時間」そのものではありませんが、それに置き換えることの出来る自分自身のエネルギーにかかわるものです。

それが本当に有効かどうかということについては、「やり方が正しければ」「正しくできているなら」というお答えになると思います。
内省はほぼリスク無く行う事が出来ますが、呼吸法と瞑想はやりかたを間違えるとむしろマイナスになりかねないからです。

ただ、私から言えるのは、成功している経営者や、スポーツ選手の多くが瞑想やそれに類似したワークに取り組んでいる場合が多いので、自己のエネルギーを能力や成果にかえて、それをお金に換えていると言えると思います。

ぱっと名前が浮かぶのは、アップルの創始者スティーブ・ジョブス、マイクロソフト創始者のビル・ゲイツ、ベンチャーの神さま稲森一雄、400戦無敗の格闘家ヒクソン・グレイシー、野球のイチロー選手などです。

まあ、どれも大物過ぎてピンとこないかもしれませんが、私の体感、1時間の瞑想は2~4時間の睡眠に匹敵するので呼吸法と瞑想を正しく行えたなら誰でも人生の人生の生産性を最低1.25~1.5倍ぐらいには高められると思います。人によってはもっと向上すると思いますですね。

瞑想や呼吸法などのワークを成功させる一番大切なことは動機です。

心を清めて愛を持って生きて、不安から解放された人生を送りましょう。

いっしょに読みたい記事

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。<strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a><strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a>「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

プロフィール



関連記事一覧

  1. あんじゅ

    こんにちは。

    不安といえば去年マスクが品薄な時期に十分持っているのに不安だからと買いまくっている知人がいました。
    私はのんきなので出遅れていましたが、たまたま覗いた薬局で安く買うことが出来、結局それで事足りました。
    不足だ不安だと心配している人達は中途半端に持っているんですよね。だから不安になる。無くてもなんとかなんって思えば何とかなると私は思っています。実際に必要な物は手に入ります。それは私の人生にとって必要なものです。もし苦労するのならそれが私にとって必要だからです。でも何とかなるんですよ、本当。