ピンクのオーラの色の意味 オーラ診断

ピンクのオーラの女性
オーラ

ピンクのオーラの性質は愛情と献身

象徴:愛情 献身
身体:心臓 神経系
性質:愛情、献身、保護、衝動、優しさ、センス、カリスマ
ピンクのオーラは第一チャクラと第五チャクラに深く関わるエネルギーの色で、占星術的には土星、火星、水星の影響力と関わりを持ちます。
ピンクのオーラを持つ人の特徴は、愛情が強く衝動的でありながら臆病で、可愛いモノが好きでセンスがあります。
青のオーラと、赤のオーラをある一定レベルでバランス良く持ち、紫を弱くしたような性質をあわせ持ちます。
つまり、知的な面と、行動的な面と、精神性を持っている感じです。
愛情も強く、愛する人や子供を守る気持ちも人一倍強いですが、緑の性質の愛情と少し異なり保護的な力として現れる愛情です。
ピンクのオーラが他の色と結びつくと、独特なセンスやカリスマ性が現れます。

PR

 

ピンクのオーラのプラス面

ピンクのオーラの人は、愛情が強く、一途で献身的で、関わる人間を守る気持ちを強く持っています。
子供っぽい面も多く持っていますが、プラスに働いているときは、正直さや純粋さとして関わる人に良い印象を与えます。
センスの良さや可愛いモノ好きが興じると、ファッションや外見的にも華やかさを持ち、見た目的にも人を惹きつけます。
衝動的な面も決断力や思い切りのようさのように、物事を割り切ったり決断する力となります。
美意識が強く、恋愛感情で多彩な表現を見せるそんな女性的なオーラです。
ピンクのオーラを持つ男性の場合は、優しさやコミュニケーション能力としてピンクのオーラの性質が表れます。
繊細な女心が解る男性であったり、女性のグループにナチュラルに溶け込めるようなそんな人が多いです。
男女いずれの場合も、ピンクのオーラの持ち主は、身の回りの人を大切にします。
ピンクのオーラが正しく使われているとき、美しいローズピンクのオーラに包まれています。        

PR

 

ピンクのオーラのマイナス面

ピンクオーラの人が持つ性質がマイナスに働いた場合、「愛情」は「愛憎」となったり、献身的な性質や保護の性質は依存性のある心や精神となり、衝動的に恋愛を繰り返す恋愛ジャンキーのようになる場合もあります。
自分勝手であったり、自己中心的であったり、回りの気持ちを考えずに自分を押しつける性格になります。
ピンクのオーラがマイナスに働いている人は、恋愛で相手をダメにしたり、自分がダメになっていく人間像が多いです。
やりきりの良さも、周りの人には時としては冷たい人間像に感じる場合があります。

PR

 

身体と健康

ピンクのオーラの人は、身体が丈夫とは言えず、わりと健康面では繊細なケースが多いです。
感情の起伏は割と激しく、それが気持ちの浮き沈みとなり、結果健康に影響が出るます。
一途に愛せる人や、精神的な支えになる人が居るときは感情が安定し、精神面や健康面もだいぶ安定します。
逆に人生に恋愛要素が無い時期も自分の好きな事に没頭したり、自分磨きに勤しむために精神面や健康面が安定します。

一番心身に影響が出るのは寂しさや不安を感じたときで、他のオーラの人よりも倍ほどにも影響が出ます。
恋愛好きなピンクのオーラの人は、恋愛が人生をジェットコースターのように変化させていきます。

PR

 

職業適性と社会運

ピンクのオーラの人は、常に自分が気持ちを向けられるものと、自分を支えてくれる何かを求めています。
その傾向が仕事と恋愛を一つにしてしまいます。
つまり、ビジネス上のパートナーが恋人になってしまうケースが多かったり、逆も然りで、恋人の仕事を自分の仕事としてサポートするなどです。
企業や組織に属すると、持ち前のコミュニケーション能力で、可も無く不可も無い距離感を維持するような立ち回りをします。
仕事よりプライベートを重んじるために、仕事はあまり頑張らず、出世欲もさほどありません。
ただし、職場に恋をする対象となる異性が居た場合、別のベクトルで頑張ります。
つまり、好きな人に振り向いて貰う為とか、好きな人を助けたいという気持ちに基づいてです。
ピンクのオーラの人の献身の力が仕事と結びつくと、苦手な組織においても上り詰める力の源となります。

センスとカリスマ性をもつピンクのオーラの人は、大好きで打ち込める事がある場合は個人で仕事をする方が成功できます。
ネイルサロンや、美容系のサロンなど、容姿が伴えばモデル業など、持ち前のセンスを活かせる仕事がよいです。

PR

 

恋愛傾向

ピンクのオーラの人は自分が愛せる人と自分を愛してくれる人を常に求めています。
子供っぽい性質も強く持っているため、年下よりも年上と結びいつ来やすいですが、好きになってしまえばその限りではありません。
センスがありかわいらしいファッションや身なりをしている事も多いので、女性であれば、男性からは可愛がられ、アプローチを受ける事も多いでしょう。

何かを決めるときに理屈では無く感情や衝動的に決める事も多いので、いつの間にか付き合っていたり突然分かれたり、恋愛に関してはかなり変幻自在です。
ピンクのオーラの人が持つオーラの性質は、他のオーラの色の人からすると、つかみ所が無い感じす。
同じくピンク系のオーラを持つ異性や、パステルカラーのような明るい色のオーラを持つ異性と相性が良いです。

一途にお互いを支え合えるパートナーと出会えると、落ち着く事も多いようです。
その場合、赤か青かのいずれかのオーラが強くなったり、ピンクの色がパステルカラーから、濃い色へと変化します。

PR

 

ピンクのオーラの人へのアドバイス

ピンクのオーラの人へのアドバイスは、難しいですね(笑)
と言うのも、「我が道をいく」人が多く、自分の感情や直感に従う人が多いからです。
ピンクのオーラの性質は、赤のオーラと青のオーラを足したモノです。
いずれはそれぞれの性質を強めて、赤紫、青紫、紫などの色へと変容していくかもしれません。
それが今世になるか、来世になるかは解りませんが。

ピンクのオーラは移ろいやすく、良くも悪くも変化しやすいです。オーラの変化 = 行動や決断の変化 = 結果の変化となります。
ピンクのオーラの性質をプラスにする鍵は、「自制心」です。

感情や直感、自分自身の想いに従うだけで無く、何が正しいかを考えて、良心の声に従い自らを律してください。
そうする事で、本当に必要なものを引き寄せる事が出来るでしょう。

PR

 

感情レベルのオーラの見え方と感じ方

愛情と保護の色であるピンクのオーラは、恋心や愛情の表れ、子供を持つ母親の愛情としてよく観察されます。
頭の横とか、胸のあたりによく現れます。
ピンクのオーラは微妙な変化を繰り返している事が多いです。
相手を自分のペースに巻き込めるのもピンクのオーラが持つ解りやすい特徴の一つです。

 

ピンクのオーラの性質の源 第一チャクラと第五チャクラ

 チャクラとはサンスクリットで円、車輪、などを意味する言葉です。
このエネルギーのセンターは霊視が出来る人間が視ると、エネルギーのディスクが回転しながら渦巻くように見えます。
私たち人間の肉体が脳や神経などによって制御されているように、気や生命エネルギー、オーラなど、人間の身体や霊体にあるとされている霊的なエネルギーは何によって制御されているのでしょう? その答えが人間の身体に7つあるとされるチャクラです。チャクラは私たち人間の霊的(スピリチュアル)な覚醒や、霊能力の発現と深く関わります。

チャクラとは 色の意味と開く方法

PR

無料オーラ診断WEBアプリ 自分のオーラの色が知りたい人は、天空の庭先の無料WEBアプリをご利用ください。

オーラ 特集一覧

オーラの本当の話

オーラの色の意味

オーラ診断

 

PR

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

683,519 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談