ラベンダー(薄紫)のオーラの色の意味 オーラ診断

ラベンダー(薄紫)のオーラの女性
オーラの色の意味

ラベンダー(薄紫)のオーラの色の意味、その代表的な性質は「純粋」と「霊徳」です。
ラベンダー(薄紫)のオーラの人の性格は、高貴な精神と純粋さをもち霊性を重んじる人です。
ラベンダー(薄紫)のオーラは白(グレー)のオーラと紫のオーラの性質を併せ持ち、第一チャクラ~第七チャクラまで幅広く関連しますが、特に深く関わるのは第七のチャクラになります。占星術的には海王星の影響力と関わりを持ちます。
オーラとは人間が発するスピリチュアルなエネルギーの輝きで性格や性質をあらわしています。

身体:脳 神経系
性質:霊徳、純粋さ、高貴、信仰、感受性、目的意識、弱さ
以上がラベンダー(薄紫)のオーラの色の意味と代表的な性質です。

オーラの色の意味 28種類を紹介!無料アプリでオーラ診断!
オーラのことを知りたい人はこちらの記事から♪

 

無料オーラ診断WEBアプリ 自分のオーラの色を知りたい人は
無料でオーラの色と性格を診断できる
天空の庭先のオーラ診断アプリをご利用ください。

ラベンダー(薄紫)のオーラの性質は純粋と霊徳

ラベンダー(薄紫)のオーラを持つ人の特徴は、高貴な精神と純粋さを持ち、俯瞰して物事を見れる視野の広さと、物事をあるがままに受け入れられる寛容さを持っています。
創造性が豊かで、長い年月をかけたり継続的に物事を進めていく事に長け、人生を通して何かを実現させるなど、長期的な視野を持って行動します。
ラベンダー(薄紫)のオーラの人は白やグレーのオーラの人と同様に、複数の色のオーラを併せ持つため、移ろいやすく、曖昧さや弱さといった性質も併せ持ちます。
ラベンダー(薄紫)のオーラの人は、割合としては中年や老人に多く見られます。
芸術的な感性や手先の器用さにも恵まれているので、芸術関係や手芸、工芸などの仕事にも向いています。
ラベンダー(薄紫)のオーラの神秘的な雰囲気と、地に足のついたような堅実さを感じさせます。

ラベンダー(薄紫)のオーラのプラス面

ラベンダー(薄紫)のオーラの人は、高貴で純粋な精神を持ち、それでいて奢らずに謙虚な性格を持っているため、人に教えたり諭したり人を導くような性質を持っています。
霊的な直感にも優れていますが、穏やかで欲はは少なく、あるがままの事象を好みます。
複数のオーラの性質を持つため、行動力や知性などさまざまな性質を基盤があり、穏やかさや寛容な表面とは異なり内面はあらゆる問題に対処できる行動力や対応力を持っています。
全てのオーラカラーの中でも、トップクラスの浄化能力を持ち人々に癒やしと安らぎを与えます。
謙虚さと高い精神性を持っています。

PR

ラベンダー(薄紫)のオーラのマイナス面

ラベンダー(薄紫)のオーラの人が持つ性質は、よく言えば達観しているのですが、これがマイナスに働いた場合は、無気力さや、人間嫌いになります。
自分の命はもちろん、人間の命を軽んじたり、人生に対して、生きる事に対しての執着が弱くなり、回りの人間を心配させる事もしばしばあります。
突然蒸発したり、行方不明になるような人や、田舎に引きこもったり、病気の治療を頑なに拒んで自然死を望むのもラベンダー(薄紫)のオーラの人に多い傾向かもしれません。
複数のオーラを持つため、繊細さや弱さも持っています。

身体と健康

ラベンダー(薄紫)のオーラの人は、人の心を感じ取ったり察しが良いため、人の感情やさまざまな痛みを受け取ってしまいます。
強い浄化の性質も合わせて持つ為、人に世話を焼いたり相談をしていううちに、自分の健康も弱めてしまう事が多いです。
もともと、気力という部分ではさほど強くは無いため、疲れやすくからだも繊細で在るため、あまり他人に入れ込みすぎないように注意が必要です。
霊媒のような力を持つ人も少なくないためセルフヒーリングや自己浄化はマメに行うのが良いでしょう。
自分ただ一人静かに過ごせる時間を持つことで、自分の身体を寄り健康に保つことができます。

PR

職業適性と社会運

田舎に暮らしながらできるような仕事、農業、ガーデニング、花屋、パン屋、カフェなど、のんびりと一人で自分のペースでできるような仕事が向いています。
霊的な直感にも優れているため、上記の仕事プラス、占いやアドバイザーのような仕事でも巧くいきます。
忍耐力、寛容さ、広くて長期的な視野を持つ為、村や町、施設を発展させるような仕事にラベンダー(薄紫)のオーラの人が一人居ると色々な事が円滑に回るでしょう。
会社や組織に属した場合は、仕事には力を注がずに、プライベートな時間に力を注ぎます。
起用で堅実に仕事をするため、ブラックな職場で無ければそこそこうまくやっていけます。

恋愛傾向

ラベンダー(薄紫)のオーラの人は、優しさと知的さが入り交じった雰囲気を持つ人が多く、女性ならかわいらしい心を持っていて、男性なら頼れる心を持っています。
そんなラベンダー(薄紫)のオーラの人の魅力に周りの人たちはキュンとさせられ、いつの間にか異性として無視できない存在になっていたりします。
ですから、良くも悪くも、周囲の人を巻き込むような恋愛をしてしまいます。
恋愛には受け身で、自分の事を異性として好きだと言ってくる人に対しては、その心を確かめるために試練をあたえたり、犠牲を求めるような価値観を持っています。
相手を従わせたいわけではなく、真意を測りたいだけなので強要したりはしません。
自分の価値感に合わない相手には、さっと熱が冷めてしまいます。
長い時間をかけてほっこりとできるような恋愛を望みます。

PR

ラベンダー(薄紫)のオーラの人へのアドバイス

ラベンダー(薄紫)のオーラの人へのアドバイスは、時には「強い気持ち」を持つことです。
完全なる白のオーラへ課程の中で、僅かに残った紫(赤と紺)の性質のオーラをコントロールする事が必要です。
ラベンダー(薄紫)のオーラの人の性質である「純粋」と「霊徳」は、幾多の輪廻転生を繰り返しながら手に入れたものです。
ラベンダー(薄紫)のオーラの人達は、もう少しで出口の見える人達が多いのですが、その精神性の高さ故に、つかみ取る気持ちが弱いという欠点をもちます。
あともう少し、各オーラを強めるために、積極性や強い気持ちを持って行動しましょう。

感情レベルのオーラの見え方と感じ方

ラベンダー(薄紫)のオーラは叡智の輝きです。
ラベンダー(薄紫)のオーラの人が持つ穏やかで優しいオーラは周りの人達を包み込み、安心させます。
ラベンダー(薄紫)のオーラは、年配の人が示す高い精神性と共に現れる色のオーラです。

ラベンダー(薄紫)のオーラの性質の源 第七チャクラ

 チャクラとはサンスクリットで円、車輪、などを意味する言葉です。
このエネルギーのセンターは霊視ができる人間が視ると、エネルギーのディスクが回転しながら渦巻くように見えます。
私たち人間の肉体が脳や神経などによって制御されているように、気や生命エネルギー、オーラなど、人間の身体や霊体にあるとされている霊的なエネルギーは何によって制御されているのでしょう? その答えが人間の身体に7つあるとされるチャクラです。チャクラは私たち人間の霊的(スピリチュアル)な覚醒や、霊能力の発現と深く関わります。

チャクラとは 色の意味と開く方法

第七チャクラとは? クラウンチャクラ、サハスラーラ、などとも呼ばれ、人間の身体にある七つのチャクラの一つで、チャクラの位置には眉間、頭頂、頭の上など、いくつかの説があります。この天空の庭先では変容前の位置を眉間として説明しています。
占星術的には月や海王星の影響との結びつきが強く、ラベンダー(薄紫)のオーラ対応する性質の源になっています。

第七チャクラを開き覚醒する方法

PR

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

2,599,150 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。