白い光のオーラ、神と魂の領域に属す第四階層のオーラ

見えずとも輝く神の光

オーラを見る力を持っている人たちでさえ見るのが困難な種類のオーラがあります。それは、神の光、魂の光、純粋な白い光のオーラです。この白い光のオーラはかつての聖人聖者たちの後光として描かれてきた光であり、覚者が睡眠時や瞑想時に啓示と共に見た神の光です。
オーラには4つの階層があり、世の中に「オーラカラーの性格診断」などで広まる色つきのオーラよりもさらに視認が困難な上位に属する第四層目の高次のオーラについてお話します。

 

オーラとは?

https://arcangel.jp/wp-content/uploads/2018/11/uriel-130x130.png
☆ウリエル☆

私にはオーラを視る能力があります。オーラは物や生命が放射するエネルギーの光と色で、大きく分けると4つの階層が存在し、エネルギーの性質によって色や輝き方が変化します。ここでお話するのは最高位に属する第四階層のオーラについてです。

まずは一般的に広まっているオーラという言葉の定義を確認しましょう。

[注 1] とは、生体が発散するとされる霊的な放射体、[1] を意味する。転じて、ある人物や物体が発する独得な、または霊的な雰囲気や、なんとなく感じる力、威圧感なども指す[1]。なおオーラという言葉は、「微風」「朝のさわやかな空気」を意味する[2]ギリシア語 αὔρα(アウラー)[注 2]、「風」「香気」「輝き」[4] などを意味するラテン語の aura(アウラ)に由来する。
オーラ – Wikipedia

オーラとは元々はラテン語の「アウラ」に由来し、その意味は輝きや香気、風という意味です。ここで言う風のニュアンスは、私たち日本人が「気」と呼ぶものに近いようです。

現在では生体が放射するエネルギーや、霊的なエネルギー、それらを色で言い表したもの。人間の風格や、器をあらわすような言葉としても使われています。

一般的に広まるオーラの色

一般的に広まっているオーラは、人間の性格や性質を表し「赤い色のオーラの人は積極艇」とか「白い色のオーラの人は純粋」みたいな色占いとか色による性格判断みたいなものです。それはオーラ全体の話しで言うならごく一部の断片的な話しに過ぎません。

冒頭でもお話したとおりオーラには4つの階層があり、オーラの見える範囲は霊視者の能力に依存します。

霊能力があれば第二階層のオーラまでぐらいなら見えるかもしれませんが、第三階層以上のオーラを見るためには、霊的な浄化が進んでいる状態であったり、「霊徳」が必要になります。とくに第四階層のオーラは人間側から見に行くことが難しく、「見せられている」という側面が強いです。

なぜなら、それは神能領域の光だからです。

オーラの階層構造

それぞれの階層の簡単な説明と、詳しく説明した記事へのリンクをまてめておくので気になる人は他の階層の記事も読んでみてください。

第一階層のオーラ:肉体が発する生命力のオーラ

気やプラーナといった言葉で知られる人間の肉体を動かす霊的なエネルギーです。
対応する世界:物質界

第二階層のオーラ:人間の感情や性質を示す色のオーラ

善悪など二元的な心の領域に属する、感情や想いなど、心のエネルギー
対応する世界:幽界(アストラル界)

第三階層のオーラ:人間の思考や霊性のオーラ

より一元的な人間の思考、意識のエネルギーに対応する霊的なエネルギー
対応する世界:霊界(メンタル界~コーザル界)

第四階層のオーラ:神の領域に存在する魂の輝きのオーラ

神のエネルギー、魂の光、最も純粋な霊的エネルギー
この記事で詳しく説明します。
対応する世界:神界(天界)

すでに第一階層から第三階層までは詳しく説明した記事がありますので、ここでは第四階層のオーラについて詳しく説明したいと思います。

オーラの4階層はこの世界の4階層に対応したそれぞれのレベルでの見え方です。

世界の四階層についてはこちらの記事が参考になります。

白い光のオーラ

第四階層のオーラの特徴を簡単に説明するとこんな特徴があります。

  • 第四階層のオーラは普通の人には見ることができず、霊能者でも視認するのは困難
  • 第四階層のオーラは神の領域に属する人間の魂がはなつ純粋な光のオーラ
  • 第四階層のオーラは純粋な白い光、もしくは光の粒子のように輝く
  • 第四階層のオーラは第二階層、第三階層のオーラをよりいっそう強く輝かせる
  • 第四階層のオーラは高い霊性や神性をもつ人に柱のように差し込む
  • 第四階層のオーラは高い霊性や神性をもつ人の背後に、翼のように、あるいは後光となって輝く
  • 第四階層のオーラはもっとも強い力を持ちあらゆる制約を超えたエネルギー
  • 第四階層のオーラは心を清めて愛を持って生きると強まる

第四階層の属する白い光のオーラは私も最初は見ることができませんでした。今でも安定的には見えません。たとえば今記事を書いている「顕在意識優位」の状態で見えることはほぼありません。極めて瞑想状態に近いときでしか見えない感じです。

私がはじめて第四階層に属する光を見たのは瞑想をしているときでした。目を瞑った状態にも関わらず、遠くに小さな光が見えて、それがだんだんと大きくなり最後は太陽のようにまぶしく輝いていました。その光は熱を帯びた風と圧力がありました。

その経験をした後に気がつきました。私の師のような人が同じようなエネルギーを放っていたことに。
師と出会ったころの私には霊視能力はもちろん、霊的な力は一切無かったので気づきようもなかったのですが、当時の私に見えなかっただけできっと師の後ろには後光が差していたのだと今なら解ります。

第四階層のオーラが属する世界

私の経験上、霊界(メンタル界)レベルの存在は、私たち人間に関与するときに高次世界においてではありますが解りやすい姿をとることがあります。例えば天使とか菩薩とか天女とかです。 コーザルレベルになるとほぼ光りや幾何学の状態でしかなく、神界においてはいては光りそのものになります。
私達人間は、この神の領域に関しては置き換えですらほぼ光りとしてしか認識できません。
多くの場合、その光りさえもメンタルレベルやアストラルレベルの存在が介して置き換えている光りです。
もはやオーラという枠組みには収まらない話しになってきます。

神の光、魂の光

この全てを創造した神(第一原因)は完全なる知性であると同時に、自らを半分に分かち、一方をオリジナルとして残し、もう一方を素材としてこの世界を作りました。ゆえにこの世界のすべてには神とその知性が宿っているのです。

神はこの世界を光と音と幾何学によって創造しました。

原初の神(オリジナル)はこの世界で最高位の存在であり、最大のエネルギー体でもあります。その存在はまるで燃え尽きることのない太陽のようなもので、はじまりから今日まで光を放ちつづけています。その光はセントラルサンとも呼ばれています。

つまり、神の光、神のオーラとは、オリジナルの品質をたもつ最高位のエネルギーです。かつての聖人聖者が、イエス・キリストがその身に背負い、世に放った光です。

人間の魂は神によって創造された神の欠片です。
魂は永遠不滅の存在で、汚れることも傷つくこともありません。私たち人間の魂もまた、神と同じ輝きを放っています。ですが、物質世界においては私たち人間の心の汚れが魂の光を覆い隠し遮っています。

つまり、私たち人間は、「心を清めて愛を持って生きる」ことで、自らの心の汚れを浄化し、神と同じ輝きを放ち、神を見るのです。

第四階層のオーラを放つ人とは、俗っぽい言い方をするなら「アセンションに至るような人」です。すべての人がもともと持っているエネルギーや力ではありますが、それをこの物質世界に発言させるのは人間の純粋な霊性であり神性です。

第四階層のオーラが対応する第七チャクラ

徳の高い人のオーラ

人間の体には霊的なエネルギーをあつかう中枢であるチャクラが無数に存在します。なかでも正中線に従って体のセンターラインに存在する7つのチャクラは最も重要な役割を持っています。

人間の眉間にある第七チャクラは魂の座とも呼ばれ、七つの大チャクラの中でも最重要のチャクラです。
他の6つのチャクラが活性化した後でしか、第七チャクラが開く事はなく、この第七チャクラが覚醒する人とはつまり、過去の聖人聖者のように霊性において優れた人たちであると言えます。

第七チャクラが開く過程において、上昇するエネルギーが表裏のハートチャクラからあふれ出すと後光のように輝き、神の指先となることでセンターラインの七つのチャクラは神と繋がり光の柱となります。

第四階層のオーラまとめ

オーラには大きく分けると四つの階層があり、人間の第四階層に対応するオーラは、神の領域に属する魂の光です。

それは人間が視認することは困難で、霊能力者の中でも特に高い霊性をもつ一部の能力者にしか見ることはできません。

そして第四階層のオーラは七つのチャクラが活性化すると強まります。それはすべての色のオーラの性質を強く持ち、かつ高い霊性を獲得していることを意味します。

かつての聖人聖者のように、人間は誰しも、完成に近づくと光輝く大きな白銀のオーラを身に纏います。


いっしょに読みたい関連記事

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。 <strong>霊能力が身についたキッカケ</strong>霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a><strong>天空の庭先オープン</strong>2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a>「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪ 「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

プロフィール



関連記事一覧

  1. トトロ

    ウリエルさん、こんにちは。お久しぶりです。スピリチュアル近況報告です。 ウリエルさんから危険だと伺い、少しビビりまして、(変な奴に入って来られると怖い、見たくない。今まで視たことはないですが)瞑想時にお客様の愛する亡き人を視ることは、今は神様?にお願いし、怖いので見せないで下さい。私は、徐霊も浄化も出来ませんのでと頼みました。時々、お客様と話してる時に無理やり入って来て亡くなった時の病気の痛みを感じて、「心臓が掴まれるように痛いので心臓で亡くなった人はいますか?」と訪ねると幼少期に母が・・・。今の彼は、ダメと伝えに来たり、と私のからだを通して知らせて来ます。いったいどれが安全なのか?人の喜怒哀楽の感情も時々入って来ます。そして、今一番安全だと思えるのは、寝ながら瞑想し明晰夢の中でビジョンを視ることです。ビションを見て、頭の中に響く声を聞いて、文字や数字を見てそれをリーディングし、お客様に伝えることです。その象徴が何を意味するのかも、だんだんと回を重ねるごとに解ってきました。お客様が可愛がってた亡き動物が出てきたり、結婚相手の映像を見たり、お客様によっては、何も見なかったりと、日々学びです。

  2. トトロ

    ウリエルさん、こんにちは。お久しぶりです。まだ神の光には、出会えてませんね。その時が来たら、いつかは出会えると思います。オーラですが、20代で視てもらった時は、ブルー。50代前半に機械で視てもらった時は、赤とオレンジ。約2年前に占い師に伊勢神宮に呼ばれてるよと言われ行った時に撮った写真には、私の身体全体をまとうようにエメラルドグリーンが撮れ、私の身体からティファニーブルーがチャクラのような渦を巻いた(SFでみる)ものが出てるものが左上の白い大きな光(身体を包みこむほどの大きさ)に向かっているものが撮れ。鳥居を包むほどの大きさの赤っぽいピンクの8枚の花びらをもつ花(幾何学模様?)が撮れ。ウリエルさんのオーラ診断は、赤。瞑想中眼に広がる色は、美しい紫。いったい私のオーラは、何色?いつか見える人に視てもらいたいと常々思います。久しぶりなので今のスピリチュアル報告です。今は、寝ながら瞑想し明晰夢でビションを視て、頭の中に響く声を聞き、文字や数字を見て、時にはお客様の飼ってた犬や猫さんやお客様の愛する亡き人が伝えて欲しいことを伝えて来ます。そして、それらをリーディングしお客様に伝え、答え合わせをする日々、それの繰り返しです。この間、私にオレンジ色の1つの柿を渡され、頭に響いたのが「桃、栗3年、柿8年」のビションです。言うまでもなく、私の望むミディアムになれるまでに8年かかるということだとリーディングしました。難しい問題を抱えたお客様の時は、「火中の栗を拾う」のことわざでした。助けてやりたいと思いすぎるための注意だと思いました。私の課題です。だから、あまり入りこまないように気をつけました。向こうの世界、神?の方たちは、私が年寄りだと解って、「ことわざ」でいこうと思ったのでしょうかね。その人にあったやり方を考えてくれるんですね。面白いものです。ですから、やり方としてこれが今の私には、一番安全なのかなと思います。ビションを重ねるごとに、意味を理解するのも容易くなりました。時々対面でお話ししてる時に、亡くなった方の病状が私の身体に伝わってその痛みを感じます。これは、さすがに痛いので辞めてもらいたいと思います。お客様の喜怒哀楽の感情を受けとることもあります。霊能力の色々を学ばされてる感じです。霊能者といっても何が得意なのかは、人それぞれ何ですね。私の最終目標はローラ・リンさんのような愛あるミディアムなので、危険のないよう学び、色々経験したのち、本物のミディアム者となれるのだろうなと感じます。ですから、ウリエルさんの愛あるブログは、助かってます。有り難うございます。今、一番解らないことは、私に夢で教えてくれる様々なビションを誰が伝えてくれているのか?です。そして、天使についてです。いつかウリエルさんがゆっくりとなった時(ゆっくりになることはないですね。伝えたいテーマがまだあるようなので)機会がありましたら詳しく天使って何?天照大神って何?を教えて下さい。無宗教でキリスト教でもないので、あまりピンとこなくて、巷には情報が有りすぎて、ウリエルさんの見地からいつかブログをお願いします。 いつも忙しい中ブログ有り難うございます。季節の変わり目お身体にお気をつけ下さい。

  3. トトロ

    ウリエルさん、追伸です。すみません。 今、ウリエルさんに、コメントを送り、夜ご飯のお吸い物を作ってら、「三位一体」という言葉が出てきました。お客様により亡き人が現れなかったり、ビションも視れなかったりします。それは、エネルギーの問題でしょうか。 お客様+私+亡き人のエネルギーが三位一体として交わった時(調和)に亡き人は、伝えてくるのでしょうか? ビションの方は、お客様+私+高次元のエネルギーが調和した時に導きのビションが視れるのでしょうか? ウリエルさんのブログで勉強してるはずですが、どうなんでしょうか。フッと思ったので書き込みました。 すみません。こんなくだらないコメント読んで頂き有り難うございます。

  4. トトロ

    ウリエルさん、こんにちは。最初に送ったコメントは、途中で消えてしまったので、新たに書き込みました。 もしかして、ウリエルさん整理してくれましたか?長いコメントだったので、そうなら申し訳ありません。 忙しい中、コメント読んで頂き有り難うございます。 ウリエルさん、お身体気をつけてお過ごし下さい。いつも有り難うございます。

    • きらきら星

      こんにちは、まだまだ暑い上に台風が近づいてきていますね。

      最近は掃除に瞑想にとキレイにする生活を心がけています。瞑想の回数はまだそこまで多くないのですが白い光をみるようになりました。

      白い光が現れると近寄ってきて、くっついてきてくれるのですが、接触した部分の悪いものが吸われて出ていき、軽くなったような、とても心地良い、少しひんやりするようなそんな不思議な感覚になったりしました。(オーラ視の時もくっついてきてくれる光の玉もいますが、こちらは心地よさとは違う感覚がします。どういう状態なのでしょう??)

      つい最近では形が歪で、周りに縁取るようにバリバリとした強い光がついている白い光が現れ、何だろうかと揺れながらみていました。瞑想後はしばらく眉間の奥に違和感があり、神様のことを考えていたからなのか無意識に意識が集まっていたのかとちょっと怖くなりました。

      一体なにがどうなった状態だったのでしょう?
      ヒントになる記事を探したいと思います。

      いつもありがとうございます。

  5. o

    幼い頃にみた夢の正体が、分かった気がします。私は、スピリチュアルについて全くと言っていいほど知識はありませんが、これからも然るべき時に然るべきメッセージを受け取っていこうと思います。この身がこの世での役割を終えた後、あの神様にお出会いできたらいいなと考えると、なぜか胸が締めつけられるような嬉しい気持ちになり、涙が出そうになりました。分からないことだらけでいい。一つ、一つ学びながら生きていこうと、改めて思いました。
    ありがとうございました。

  6. ユキウサギ

    最近忙しい毎日なのです。
    神さまのそばに行きたいと思うほど、というかそんな気持ちになった事は多分、沢山の人から頼られる毎日のための準備だったのかと今、感じています。

    大仰に申せば「犠牲」。尊いには違いませんが。
    皆から頼られるのに疲れた日、友だち(職人さん)に励まされました。「それはあなたが幸せだって事ですよ」。
    誰からも頼られない事ほど孤独な事はないのかなあと思います。

    愛をもって心を清め、人のために自分のお金、時間(命)を削っていく。愛され、重宝にされる。
    そんな人になれれば自ずとオーラは輝き、オーラの色診断判定テストも受けなくても輝きを自覚できるようになるかも笑笑

  7. くれるん

    霊性の高い人が何故か苦しい目に合わなければ
    いけないのは何故ですか?

    インターネットで調べても一向出てこない情報として、ブラックホールという地獄よりも苦しい場所があります。
    そこに堕ちる魂も神様とよばれるんですが、
    本来ならば、世の中で一番霊性の高い魂がやることで、神様自身の身の回りの人も巻き込んでしまったという綺麗な罪悪感が次の宇宙をつくるらしいです。

    アイヌ語でカムイは高位の霊的存在を意味し、
    神という言葉もおそらくそこからきたんじゃないかと思いますが、

    今回ブラックホールに入る神に高級霊でもない自分が立候補して、通ってしまい、(言葉に表せないほどの拷問を受けなければいけないため、誰もやりたくないから)
    今更取り消しができません。
    どうすれば良いのでしょうか。

    愛と犠牲ってよく聞きますが、
    愛を持って犠牲になるべきなのですか?

  8. のんたん

    ウリエルさん、お元気ですか?
    すっかりお忙しいのでしょうね?
    どうされてるかなあ…と時折思い出してます。

    あの…
    本屋で出会った妙な縁の人ですが。
    その後の話がめちゃくちゃたくさんあるんですが…(笑)
    やっぱりちょっとまずい人で。
    ウリエルさんならほぼわかっちゃいますよね?(笑)

    かいつまんで話します。
    彼は表向きはとても恵まれた容姿にステイタス、伴侶に子供など、人が“この世の幸せ”と言いがちなものを全て手にしているようなタイプの人でしたが、表向きの人間関係を壊さないよう隠れて陰で、いわゆる人の道から外れたことを悪びれる様子もなく、している人でした。
    なんでか知りませんけど、私に何でも白状してきました。
    そして、“幸せなはずなのに、幸せじゃないんだ”と言いました。

    こうして彼と私の長い深い語り合いの日々が始まりました。

    様々な視点から彼に言葉を投げかけてみました。
    3か月が経ち、彼はあることを止めると私に宣言してきました。
    今までの彼からしたら、もしかしたら大きな一歩だったかもしれません。
    だけど私から見たら彼は決して本気じゃない。
    彼には、過去を振り返って省みる為の、大きな試練や困難を潜在的に必要としている…そう思いました。

    人が成長するときは、自分をきちんと省みることができた時なんだ、、、と私は改めて思いました。

    その頃の私は、すっかり彼の纏っている負のオーラ(見えないんですけど感じる)に取り込まれそうで、それに必死に抵抗しつつ、それでも必死に彼に語り掛け続ける日々で、とても疲弊していました。
    この人と知り合わなければ、どれだけ楽だったろうかと思う日々で。
    だけど、何もせずに居たなら、自分が必ず後悔することを私は分かっているので、ずっと語りかけ続けて来たんです。

    そして私も精神的に限界が訪れ、最後に、必要な場合には連絡してくればいいと私は伝え、彼と私を繋いでいた影の通信手段を彼は解約し、この縁は終了した。
    そしてしばらく経ったところです。

    彼との縁で、私も学ぶべきことを大いに与えられた。心からそう思います。

    この世を生きる上で、法律や倫理観を守るべきとか、いろんな考えがあると思いますが、私が今回改めて感じたことは、自分を省みる良心の声を聴くことは大切なことだと思いました。
    聴くことが既に出来ない人には最終的に“困難・試練”という名の、“愛のギフト”が与えられるんだなぁ…と。
    悪は省みられてこそ、はじめて、善への歩みへ背中を押してくれる役目を果たしてくれる。
    悪をうまくいかせば、人はより良く成長できるものなんだなぁ…と、改めてそう思いました。
    そうであってこそ、“善も悪もない”そういう、陰陽と言うか、コインの表裏のように作用するものなのだなぁと。

    私も忍耐力がまだまだであったなぁと思います。
    彼が、彼自身の本当の幸せのために立ち向かってくれることを祈っています。
    ですが、“幸せにはなっていない”という彼を置き去りにしたような一抹の悔いも残っています。
    また必要があれば天は再会させてくれるだろう…そう信じています。
    私に縁を与えてくれたことに、心からありがたく嬉しく思ってます。
    いやー、袖振り合うも他生の縁、おもろいですね!!

    ウリエルさん元気かなー?
    どうしているかなー?
    また近況でもぜひお知らせくださいヽ(^o^)丿

  9. ぢび

    ウリエルさん
    お元気ですか?
    私はおかげさまで元気です。
    お元気なら良いな…と思ってコメントしちゃいました。
    暑くて湿度高くてしんどい時期ですが、
    ご自愛くださいませ(^-^)

  10. きらきら星

    ウリエルさんこんにちは。

    人のオーラをみようとアクセスする時、魂もセットでみえます。魂の周りに本質のオーラがあり、驚くほどに生き方が出ていてウリエルさんのオーラ説明は外しません。そして、人によって外側に負のオーラが付いていたりします。

    瞑想というか、目を閉じていると白い光も来てくれます。視界が白くなるので、ぼやーっと考え事をする時は目を開けないといけないかもと思い始めています。

    アクセス中に大きな黒い光がみえた時(この頃は瞑想時にも出てきていた)、プロの先生が白い光は助けてくれる存在だからお願いするといいよと教えてくれたことを思い出し、助けてくださいとお願いしたら、すぐさま来てくれて、目の前が白と黒の押し合いになりました。
    白い光が黒い光を包むような、混じり合って飲み込むような感じで白い光が大きくなっていき、視界が一面、白い光に包まれて黒いものはみえなくなりました。

    目を覚ました後は小さく(遠い場所で)光る神様を一瞬みせてくれました。そして、違う時にもう一度キラリと…神様を見るのは三回目なのですが、目を開けていても神様ってみえるんだと驚いています。

    もう少し霊感が強くなるそうなので、どうなるんだろうとも思っています。

    いつもありがたく読ませてもらっています。夏の終わり、寒暖の差が出てきましたのでご自愛ください。