青紫のオーラの色の意味 オーラ診断

青紫のオーラの女性

青紫のオーラの色の意味、その代表的な性質は「知性」と「神秘」です。
青紫のオーラの人の性格は、穏やかで思慮深く、それでいて愛想もく、人を引き込む魅力を持っています。
青紫のオーラは第五チャクラと第七チャクラに深く関わるエネルギーの色で、占星術的には水星と海王星の影響力と関わりを持ちます。
オーラとは人間が発するスピリチュアルなエネルギーの輝きで性格や性質をあらわしています。

身体:脳 呼吸器系
性質:神秘、意志、知性、理知、創造性、センス、探求
以上が青紫のオーラの色の意味と代表的な性質です。

オーラの色の意味 26種類紹介!完全無料オーラ診断で占い!
オーラのことを知りたい人はこちらの記事から♪

 

無料オーラ診断WEBアプリ 自分のオーラの色を知りたい人は
無料でオーラの色と性格を診断できる
天空の庭先のオーラ診断アプリをご利用ください。

青紫のオーラの性質は知性と神秘性

青紫のオーラを持つ人は、紫のオーラの性質である神秘さや探究心をと青系のオーラの性質である知性や霊性を併せ持っています。
紫のオーラとの違いは、青のオーラの性質を持つため、紫のオーラの性質がより青のオーラの性質に寄っています。

青紫のオーラの人は、紫のオーラの人と同様に霊的な感受性が強く、スピリチュアルな事に関心の高い人達が多いです。神秘性や探究心に加えて、知性や霊的な洞察力が加わり、直感的かつ理論的に物事に取り組んでいきます。

宗教や占いなどよりは、科学、哲学、精神世界、プログラムなどあらゆる学問の中から自分が興味を持ったものを深く探求します。
霊的な力に関しても、気づきや閃きなど、理論や知性にヒモ付く方向に能力が現れる事が多いです。


青紫のオーラのプラス面

青紫のオーラの人は、直感と理論を併せ持つ探求者、求道者です。
スピリチュアルな事柄に強い興味を持ちますが、宗教や占いなど霊的な事象そのものよりは、それらを理論的に整合させたり解明する方向に興味が向きます。
例えばオーラや霊の実在を科学的に証明する研究等です。

興味がスピリチュアルな事に向かない場合でも、例えば興味の対象が科学でも、持ち前の知性と直感力で物事を深く理論的に突き詰めます。

青のオーラの性質が紫のオーラが持つ性質を落ち着かせる為、モラル的にも安定しています。

基本的には自分を優先しますが、自分の能力を還元するために自分や自分の目的を優先する、そのような価値観を持っています。

青紫のオーラのマイナス面

実践より理論を優先する傾向があり、かたくなです。
高い直感力と物事を理論的に考えられる思考を持つため、たとえ間違えている事でも、自分が正しいと思い込みやすく、時には無理矢理でも推し進めます。

紫系、青系のオーラの人全般に言える事ですが、思い込むと人の意見に耳を傾けなくなる傾向があります。

感情よりは思考や理論的に物事を考える事ができる反面、独善的で人の気持ちを思いやる心を置き去りにしてしまう事もしばしばあります。

合理的であるため、他の人が愛着を持つものでも、「不要・必要」で判断します。
例えば能力の低い同僚や、少しガタつきはじめた椅子など、簡単に要らない、捨てるという判断をします。反面、自分の考えや意見には執着するため、人に厳しいけど自分本位という見られ方をします。


身体と健康

たばこやアルコールなど、健康に良くないと言われているものは最初から避ける賢明さを持っている反面、脂っこいものや甘い物など、自分が好むものに関してはあまり気にせず食べるなど、わりと自分ルールな生活習慣を持っています。
趣味や仕事に没頭するあまり、食事をとらなくなったり睡眠時間を削ったりします。
その為、青紫のオーラの人の健康には、それぞれのマイルールに応じてバラツキがあります。

青紫のオーラの人はどちらかというと精神的な事がストレスになりやすいく、線が細くストレスに弱い為、心に起因した事柄で体調を崩しやすいです。
とくにオーラのマイナスの性質が強まっているときは感情の起伏は割と激しく、それが気持ちの浮き沈みとなり人間関係の摩擦が健康に影響を及ぼします。
ストレスをため込み始めるとあまり食べ物をしっかり食べなくなり、運動することもあまり得意ではないため不健康な痩せ方をします。
悪循環にはまりやすいため、日頃から注意が必要です。
食や健康にこだわりや関心が少ないため、良い食べ物を意識的に身体に取り入れるようにしましょう。

職業適性と社会運

何かを強要されるのが好きでは無いため、自分の裁量でできる仕事や、あるいはある程度自由に仕事をさせてくれる環境であれば力を発揮できます。
ノルマや期限に対してあまり積極的に動くマインドが無いため、研究や開発と言った部門が向いています。

自分が思うように自由に仕事ができない場合は、環境を変える事もじさないです。
逆に、仕事や自分の役割に納得できれば、1つの職場で長く働くこともできます。その場合は献身的に仕事を行うため、周りから信頼を得ます。

スピリチュアルな直感力も持っているため、占星術師などにも向いています。
ヒーラーやスピリチュアルカウンセラーなど、対人のコミュニケーションスキルを必要とするものには不向きです。


恋愛傾向

青紫のオーラの人は基本的には、恋愛よりも仕事や自分が打ち込んでいるものを優先します。ですが、さみしがり屋な面も持つので、そっと寄り添ってくれるような相手を好みます。
恋愛には奥手ですが、穏やかに人を惹きつける魅力を持つため、自然とパートナーと出会い結ばれます。
ただし、知性や霊的直感力に優れているため、恋愛や結婚を横に置いて何かの研究や発明に没頭するなど、カルマ的に独身を送る人も多いです。

青紫のオーラの人へのアドバイス

青紫のオーラの人へのアドバイスは、「自信は持っても過信はしない」って事です。
優れた直感力と知性を持ち合わせるため、大抵のことは自分の判断を信じても大きな間違いはないでしょう。ただし、そこを過信しすぎて、相談すべき事を相談しなかったり、すべき事を怠ったときに事故はおきます。

仮に自分の考えや判断が正しいと絶対的な自信があっても、人の意見は聞きましょう。

他人とのコミュニケーションが巧くとれれば青紫のオーラの人の弱点が埋まるため、いろいろなことを巧く進められるようになるでしょう。


青紫のオーラの性質の源 第五チャクラと第七チャクラ

 チャクラとはサンスクリットで円、車輪、などを意味する言葉です。
このエネルギーのセンターは霊視ができる人間が視ると、エネルギーのディスクが回転しながら渦巻くように見えます。
私たち人間の肉体が脳や神経などによって制御されているように、気や生命エネルギー、オーラなど、人間の身体や霊体にあるとされている霊的なエネルギーは何によって制御されているのでしょう? その答えが人間の身体に7つあるとされるチャクラです。チャクラは私たち人間の霊的(スピリチュアル)な覚醒や、霊能力の発現と深く関わります。

チャクラとは 色の意味と開く方法 >

第五チャクラ 色の意味と開く方法 >

第七チャクラ 色の意味と開く方法 >


心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。<strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a><strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a>「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

プロフィール



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。