瞑想とは?やり方と効果について、スピリチュアルな意味と本質の話し。

瞑想する女性

祈りは神へと想いをとどける事、瞑想は神の想いを静かに受け入れること。
古代インドのタントラヨガの流れをくんだマントラや呼吸法を組み合わせた瞑想のやり方や、音や音楽を組み合わせた瞑想のやり方、入浴やアロマを組み合わせたリラクゼーションを目的とした瞑想法など、瞑想のやり方はさまざまです。
瞑想の効果についても、健康効果、若返り効果、幸運になれる、とか願望実現など、また言われている事はさまざまです。最近では、マインドフルネスなど、また現代的な瞑想へのアプローチ方法も現れました。瞑想という言葉が持つ意味もずいぶんと幅広くなったと思います。
スピリチュアル的に言うなら、瞑想をする意味は、神へと至るという目的を遂げるための手段の一つです。


瞑想とは

https://arcangel.jp/wp-content/uploads/2018/11/uriel-130x130.png
☆ウリエル☆

祈りは神へと想いをとどける事、瞑想は神の想いを静かに受け入れること。私の瞑想歴もそろそろ30年です。瞑想とは「方法」ではなく「状態」のことです。それはとても重要なことなので、瞑想についての全体の概念と一緒にくわしくお話したいと思います。

瞑想とは?

まずは一般的な言葉の定義を確認しましょう。

瞑想、冥想(めいそう、英: meditation、英: contemplation)とは、仏教から伝わる瞑想、ヨガから伝わる瞑想により内容は大きく異なるが、心を静めて無心になること、何も考えずリラックスすること、心を静めて神に祈ったり、何かに心を集中させること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすことなどとされている。本来は冥想と書くと思われる[1]。この呼称は、単に心身の静寂を取り戻すために行うような比較的日常的なものから、絶対者(神)をありありと体感したり、究極の智慧を得るようなものまで、広い範囲に用いられる。現代では、健康の向上や心理的治療、自己成長、自己向上などの世俗的な目的をもって、様々な瞑想が行われている[2]。

簡単に言うと、「瞑想古代からいろいろ存在し、神と合一を目的にしたものから健康向上を目的としたものまでさまざま」ってことですね♪
それだけだと言葉足らずかとも思うので、もう少し詳しいお話をしましょう。

仏教僧の祈り

バラモン教、ヒンドゥー教、仏教、ジャイナ教など、インドでは古い時代から瞑想はさまざまな方法で行われてきました。特に仏教から派生したさまざまな瞑想方法は、現代の日本でも幅広く知られています。瞑想はインド発祥とも言われていますが、ユダヤ教や古い魔術の概念など、宗派や国を問わず存在していました。

瞑想やそれに関連するさまざまな技法は、もともとは霊的な能力を持つための修行の一環であったり、霊的に覚醒するために秘法でした。魔術、ヨガ、宗教などで神(創造者・第1原因)と一つになるための道であり秘技としてチャクラや霊的な叡智と共に伝えられてきました。

成功した数多の経営者やスポーツ選手が「瞑想」を人生に取り入れていた事など、瞑想の効果が徐々に一般にも知られるようになり、科学や医学的アプローチから肉体や精神への効果、特にアルファー波を増大させたり、高いリラクゼーション効果が明らかになるなど、瞑想は「健康法の一種」として、そして「心理的療法」などとしても幅広く取り入れられるようになりました。最近だとマインドフルネス、なんて言葉でも広く知られるようになりました。

瞑想はさまざまな亜種へと派生をしながら今後もその方法は増え続け、広まり続けていくと思います。健康やリラクゼーションを目的とし、霊的な事を省いた浅い瞑想は「休養」とか「休息」といった側面が大きいと思います。ただ、仕事に忙しく沢山のストレスにさらされている現代人にとっては、「休養」とか「休息は」思いのほか重要です。そういった背景もあり、高い回復効果が得られる瞑想が注目されるのも理解できます。

瞑想の本来のの目的は、神(創造者・第1原因)と一つになることです。もちろん、瞑想には心身の健康に関わる絶大な効果があるのですが、それらはあくまで副産物です。ライトな健康法として世の中に広まりつつある瞑想ではなく、「神に至る」という本来の目的に主眼をおいて説明をしていきたいと思います。

なぜ人間が神に至る必要があるのか? その点に疑問を感じる人は、まずはそこから知っていただけると良いかもしれません♪


瞑想をする意味

神の光

祈りは神へと想いをとどける事、瞑想は神の想いを静かに受け入れること。瞑想をする意味とは? 結論から言えば生きながらに死して神とあいまみえるためです。

瞑想は、心身が健康で心の浄化が順調に進んでいる人であれば大きな危険はありません。逆に我や欲望に心を奪われているような人が瞑想を始めるのは大変危険もあると思います。

私もこれまで、あまりハッキリとはやり方について書かないできました。これは私自身も師のような人に瞑想を教わるときに、準備ができているかを調べられた上で方法を教えられたからです。エネルギーが解る、輪廻やカルマの思想を受け入れる、こういった事が人間のひとつ段階であるの同様に、瞑想に興味を持って取り組み始めるのもひとつの段階であると言えます。

私はたまに考えます。 瞑想とは一体なんであろう?と。

繰り返しになりますが、健康増進やリラクゼーション、願望成就などは、瞑想の副産物に過ぎず、本来の目的から外れていると思います。「夢を叶える瞑想」「願望実現する瞑想」こういった内容の瞑想法も世の中には広まっていますが、このての類の瞑想方法は本末転倒で、誤った動機によって行われる瞑想にはリスクが伴います。危険性はまた後ほど触れたいと想います。


私はまだ瞑想の本質を人に伝えるのに、解りやすい言葉を持ちませんが、今あえて言葉にするなら「生きながら死して神に出会う」ということだと思います。

神に出会うとどうなるのでしょう???

もし私が罪人なら罰を受けるでしょうし、もし私が善良な人なら賜を受けるでしょう。神に出会うとは良いことも悪いことも速やかに報いを頂けるということです。心の清めや愛をおろそかに神と出会うことはとても恐ろしいことでもあると私自身は思っています。聖書に書かれている、祭壇に供え物をする前に兄弟と和解しろとはつまりそういう意味です。

もし日々霊徳を重んじて、いつか神に至ることを目的として生き、瞑想に励むなら、たくさんの賜によって我々は強められ、高められていくでしょう♪
持ってる者はさらに与えられるとはそういう事です。

瞑想で神と出会うためには、人間のうちにある七つのチャクラを全て覚醒させなければなりません。逆も言えるかもしれません。人間のうちにある七つのチャクラ全てを覚醒させれば、瞑想で神に出会えるのだと。チャクラの覚醒、そして神との合一は全ての神秘家が目指す目標ですし、全ての人間の最終的な目的でもあります。

本やネットを調べると色々な瞑想方法がありますが、中には明らかに間違ったものや危険なものもあります。
いずれ人それぞれが、段階にあったやり方を知ることができるように、この庭先に書いていこうと思います。

七つのチャクラってなに? って人が居ましたらこちらの特集シリーズで知る事ができます。


瞑想について

私はこの庭先で、行為より動機が重く計られる事や、心を清めて愛をもって生きることが何より大切であると一貫して書いてきました。瞑想においてはこの「心の姿勢」が最も大切であり、最も問われるものであると思います。

天空の庭先には、かつて瞑想に関する記事が存在しました。私が師のような人から教えられたことや、私なりの瞑想経験から得たものを3ページほどにまとめた瞑想のやり方で、それを見れば誰でもその日から簡単に瞑想に取り組めるようにと作ったものでした。

2009年にサイトを制作し、ブログのフリーページの構成を変更したときにこの3ページほどのテキストはサイトからもブログからも漏れ、訪問者がそれを読むことができなくなりました。

2010年に体験ヒーリングを行ったとき、セルフヒーリングと瞑想に関する質問をたくさんいただきました。
私はこの時に以前書いた、この3ページほどの瞑想ページをとりあえず再UPしようと思ったのですが、私のハイヤーセルフの答えはNOでした。

以前存在できたページなのに、何故今は公開できないのかを不思議に思いましたがそれには大きな理由がありました。天空の庭先開設当初からずっと、「隠れ家的で、情報や私との関わりを必要とする人が引き寄せられて来る場所」というような意識を持っていました。

2010年から「霊的な情報をできるだけ分かりやすい形で、より幅広く広めていこう」というように私の意識や天空の庭先の趣旨が変わっていきました。
その事が、瞑想やその他の情報の取り扱い方にも影響したのです。

瞑想は安全で誰にでも簡単に始められるという人もいますし、瞑想は危険を伴うので指導する人間が居ない状態で始めるのは危険だという人も居ます。
これに関しては、どちらも間違えでは無いと思います。

ですが、私がこれまで相談に乗って来た人たちの中には、身体に負担のかかる無理な瞑想の方法やエネルギーワークで、すでに心身に深いダメージを負ってる方も居ました。チャクラに深刻なダメージを持っていて、エネルギーの漏洩や霊媒体質を形成させてしまっていたような方も居ました。

瞑想に100%安全なやり方は存在しません。無知に行えば必ずリスクや危険性のあるものです。ですが安全にやるための条件はいくつかあると思います。
先に結論から言えばいつも通りで、「心の清めと愛を持つ」 ということです♪


瞑想の危険性

瞑想は危険が伴う

瞑想は人の魂が完成へと向かうために必要不可欠な過程であるにもかかわらず、たくさんの落とし穴や危険があります。天空の庭先の体験談に「出会い」のページに書いてあるのですが、トヨタさん(心の師)が私に瞑想を教える前にオーリングを行いました。

その時、声には出しませんでしたが、私が瞑想を始める資格か有るかどうかに関連した事を訪ねていたことに当時の私は未熟ながらもそれに気づきました。

瞑想を始める上で大切なことは「心を清めて愛を持って生きる」ことです。

もし瞑想を開始する上で、これより優先するべきものがあるのなら、その時点ですでに危険性が潜む可能性があります。瞑想を開始する動機に意識、無意識かかわらず、「願望実現」「霊能力の開発」という理由を持っている人は多いです。

たとえば、霊能力を身につけて人助けをしたいという動機などには無意識で我執が含まれてる場合も多いです。人助けが目的であればその方法や手段は霊的である必要は必ずしもないからです。
霊が視たい、オーラが視たい、といった動機は意識的に霊能力を求めているケースに該当すると思います。

世の中には、 瞑想で夢を叶えよう! みたいな書籍も出てたりします。ヨガ、呼吸、ヒーリング、スピリチュアル関連の専門書などで瞑想のやり方がさまざまに書かれています。
瞑想によってチャクラが開き、霊的な力や想念が強くなれば確かに色んな事を思い通りにする事ができますが、霊的な力を間違って身につけたり、間違って使えば、さまざまな危険性、弊害が存在します。

人は自分が思い描く現実を具現化します。瞑想はそれを力強く後押しする力となります。それはつまり、自分の中に否定的な思いがあれば、否定的な現実を具現化してしまうと言うことです。


瞑想によるトラブル

瞑想の危険性について、実際どのようなトラブルが存在するのか?

私の知る限りでは、瞑想の弊害で最も多いのは

  • 不幸を具現化させてしまう
  • 霊媒体質の形成
  • 精神異常

その度合いに大小はありますが、こういった事柄が最も多いように思います。私の知る事を元に、例をいくつか簡単に書いてみようと思います。
これを読んでいただけたら、何故瞑想に「心の清めと愛」が大切なのかがお分かりいただけると思います♪


瞑想の効果

神の光と愛に包まれる

瞑想の効果とは? 瞑想による自己の変化や、得られるメリットは正直はかり知れませんし語り尽くせぬものがあると思います。

神に出会える

瞑想を始めると、自己浄化にともなってカルマが加速します。
瞑想の一番のメリットは神に出会えることです。神と出合うと言っても、対面で目の前に神が現れて出合えるわけではありません。神にどのような状態で出合えるのか?それはまず、内在神とも言われる自分の内に存在する神に、己の魂を通じて出合うことが出来ます。

神と出合うとどうなるのか?神の無限のエネルギーに繋がることが出来、そのすべてではありませんが、神のエネルギーをその身に受けてその身に帯びることが出来ます。

神と出合うとカルマの返済速度が速まります。企業で言うなら社長がすぐ側にいて指示出してくる感じですかね?受け答えはスムーズなので仕事もはかどります。

カルマの返済速度が速まると良いことも悪いことも即座に結果を頂けるます

良いことも悪いこともたくさん起きるようになりますが、それだけ密度の濃い人生になると思います♪
神と出会う事はつまり、神のエネルギーである「愛」に満たされるという事でもあります。

孤独や恐怖からの解放

瞑想によって神と繋がりると、愛に満たされます。神は全にして個、個にして全ですから、神と繋がる事は全てと繋がるという事です。神と繋がる事によって、恐怖や孤独から解き放たれます。
実際に、瞑想が深まるとエネルギーに満たされるのがわかります。その状態になると、さまざまなマイナスの感情は消え去り、安心感や喜びに満たされます。

恐怖に関してはこちらの記事に詳しく書いたので三校にしてみてください。

癒やしとエネルギーを得られる

神のエネルギーに満たされると活力にあふれ、細胞は活性化し、体は通常より速いスピードで回復します。神のエネルギーは私たちに、癒しや活力を与えてくれます。若く健康でいられるということです♪

そして神からたくさんのエネルギーを受け取ることができれば、そのエネルギーを人に分け与えることもできます。

世の中には代替医療で、気功や掌療法、スピリチュアルヒーリングなどで人を癒やしている人たちがいます。いずれも目に見えないエネルギーによって人を癒やすのですが、もしその癒しを神の無限のエネルギーによって行えたなら、自己負担泣く人を癒やし続けることが出来ます。
私の師のような人がそうでした、1日に300人いやしてもケロッとしてるような。


想いが具現化、実現する

神の無限のエネルギーと繋がると、それは想いを速やかに具現化させる力にもなります。そのことが、あらゆる霊的な力を強めていくでしょう。

私たちは瞑想を通じて「想いを実現する」ことができます♪

ただ、勘違いしてはいけないのは、それは「願望を実現できる」ということではなく、「日々の心の中の想い」が実現されるいうことです。私たちの心が悲観的なら、そのような自分や人生になってしまうかもしれません。もし私たちが日々良いことを想い行っていたなら、平和を実現するでしょう♪

その部分さえ違えず理解し、心の清めと愛によって瞑想を行ったなら、人は成りたい自分になることができます。瞑想のメリットはまだまだたくさんあります♪

霊能力や神秘体験

瞑想によって身体に神のエネルギーが満ちると、チャクラと呼ばれる人間の霊的なエネルギーを制御する霊的な中枢が開かれ、さまざまな霊能力が発現します。それにより、美しい夢やビジョンを視たり、神がかったシンクロニシティーを体験したり、オーラが見え始めたり、さまざまな神秘的な変化が起こります。
ですが、霊能力は瞑想の本質ではなく、瞑想を正しく行った結果についてくる「オマケ」のようなものと考えてください♪


瞑想の準備

私が瞑想について人に聞かれアドバイスするとき、2つの事に注意しています。それは瞑想をはじめるにあたってぜひ持っていただきたい心構えでもあります。

その人の準備が整っていて、瞑想を始める時期に達しているか?

心身の準備、霊性、自己を浄化して神へと近づこうという決意です。これらが十分であれば瞑想はその人の心や段階に合わせて必要なちからや認識を与えてくれるでしょう。

もし瞑想が破壊的な結果をもたらしても受け入れる覚悟があるか?

準備不足な場合でも、本人の強い希望や決意が在れば、瞑想を行う事はできると思います。ただ、準備が十分でない人が瞑想を行うと、瞑想の結果を急ぐあまり無理な呼吸やワークで自分を傷つけたり、瞑想で強まった霊的な力が他者への呪いや霊媒体質、幻覚や幻聴など、有害な結果を引き起こしたり、最悪の場合は精神異常などの破壊的案結果を招く場合があります。(まあそこまで壊滅的な結果になる事は普通なかなかありませんが)
そういった悪い結果も受け入れられる心があれば、学びの機会や経験とする事ができます。


瞑想の心の準備

瞑想の目的や心構え、リスクについてはここまで書いたとおりです。私の場合は、霊能力を持った事でとても大変な思いも山ほどしました。瞑想はとても大きな変革を自分の内におこさせます。

カルマの浄化が早まれば身に起きる事は楽しいことばかりではありません。もし瞑想により何かの苦難を受けても自己の成長の為の試練としてそれを受け止めて乗り越えていく、そんな心構えは確実に必要になると思います。

瞑想をはじめるにあたって最も大切なことをまとめるとこんな感じです♪

  1. 心をきよめ愛を持って生きることを原則にする
  2. 良い変化も悪い変化も学びと受け入れる

おおむねここまで書いてきたことですね♪

体の準備

瞑想をより効果的におこなう為に何が必要か?まずは肉体を清潔に保つこと、あとはできれば健康であることです。入浴などで身を清めた後に瞑想をするのも瞑想の効果が上がるのでお勧めです。

食生活や、生活習慣にもできれば留意したいところです。バランスの良い食生活、適度な睡眠など、正しい生活習慣を持つことも大切です。
健康面で不安がある場合、瞑想よりもそれに至る為の自己浄化という側面も重要になってきます。

瞑想に取り組む覚悟

瞑想関連の文章をここまで読み進めていかがでしょう?瞑想って要求される心の姿勢とか、案外面倒くさそうでしょ?(笑) 瞑想を初めてみたいと思いますか?

私からいくつか質問をするので瞑想を初めてよいものか自己分析してください♪

  • 心を清めて愛を持って生きることを原則にできますか?
  • 瞑想の目的が霊能力開発などではないと言い切れますか?
  • 瞑想を初めて、病気など不幸なできごとが立て続いたとしても受け入れられますか?
  • 1日の中の余った時間ではなく、最高の時間を利用して行っていくことができますか?

もしこれらの問いに積極的に答えられるなら瞑想を実践しても構わないと思います。もしこれらの問いに積極的に答えられない人は、まだ瞑想の実践には早いかも知れません。

瞑想をするメリットとデメリットをかとめた記事がありますので、瞑想をするか迷ってる人は参考にしてみてください。


瞑想の方法

逆光の女性画像

これは私の認識と結論ですが、瞑想とは? それは方法というよりは状態です。

私は最初「瞑想」に取り組むにあたって、その「方法」を師から教えていただいたために、「瞑想」に取り組むのに必要なのは、「方法」だと思いこんでいました。

今の私は「瞑想」とはある意味人間の「状態」であって、その「状態」にいたる方法が「瞑想法」という認識です。
光、音、呼吸、催眠、エネルギーワーク、マントラ、タントラ、ヨガなど、意図的に瞑想状態へと自分を導くために行うあらゆる方法が、つまり「瞑想法」に類すると言えます。

世の中には特殊な呼吸方やイメージワーク、エネルギーワークを組み合わせたようなさまざまな「瞑想法」が存在します。瞑想もヒーリングとよく似ていて、「瞑想法」は手段であるために、ある意味スキルと言えます。それを行う人間の心がけやり方によっては、これまで説明してきたようなさまざまな弊害を生み出す可能性があります。

それと比べて、自然発生的に至る「瞑想状態」には実は大きな危険はありません♪

ここまで瞑想の危険性について色々と書いてきたわりに「危険がない」とか言われると は? って感じかも知れませんが、大きな危険が無いと言ってもやはりリスク0ではありませんし、心構えはとても重要だからです。まずはこれから瞑想を始める人が安全に瞑想に取り組めるように、この「瞑想状態」について説明していこうと思います。

瞑想状態

瞑想は方法ではなく状態であり、その状態を自然に作り出すことが望ましいです。

これは私自身の十数年の瞑想経験や、瞑想に関してコメントやメールで頂いてきた質疑応答などから導き出した自分なりの答えです。瞑想状態へと自分を導く「瞑想法」は世の中にたくさんあります。

私自身も瞑想を行うときは、いくつかの決めごとややり方を持っています。これは主に古いカバラ魔術に類するような方法だったりします。呼吸、祈り、内省など、この庭先の過去の記事で、危険の少ない物や安全なやり方についてはいくつか書かれています♪それより先のものについては、瞑想を自分のものにし始めたなら、自ずと知る機会、気づく機会は訪れると思います。

瞑想は「方法」ではなく「状態」であるなら、それはどのような状態なのでしょう?座って目をつむって瞑想状態に至ろうと思うとなかなか難しかったりします。

ですが、実は私たちの日常には無意識に瞑想に近い状態になっている時は結構あります♪ 例えば周りが見えなくなるぐらい ぼーーーっとしてしまう時とか、針の穴に糸を通すために じーーっと穴を見つめて息も思考も止まっているようなあの感じとか、絵とか編み物とか、何かの趣味に熱中して頭が真っ白になっているような時とか、あの感じが瞑想状態に近いです。

空を見つめてぼーっとしてると比較的簡単にこの状態を体験できますよ♪ あとは、朝目が覚めた後のまどろみとかは深い瞑想状態にきわめて近いです。
感覚としてなんとなくお分かりいただけると思います♪

瞑想法

瞑想状態をつくる方法、つまり瞑想法の話しですが、詳しく内容をまとめた記事がありますのでそちらを参考にしてみてください。
具体的なやり方や、それによって起きる状態の変化についても詳しく書いてありますので。


瞑想で目覚める能力

「瞑想をすると霊能力が身につく」「瞑想で才能が開花する」この認識は半分正解で、半分は不正解です。

瞑想をすることで発現する力とは、主に私たちが過去世で養った力です。私の場合、過去世で霊能力を持っていた為に今世もそれが発現しました。ですが、実は霊能力よりもっと他の力の方が強く表れたようにも思います。それは自分自身の認識だと、洞察力とか考察する力、もっと言えば本質を見抜く力なのです。

私がこういった話をするときよく登場するのは「アインシュタイン」なのですが、彼の異常なまでの科学的洞察力や想像力は、ある種の霊能力であるとも言えます。

イチロー選手の集中力とかもそうですが、過去世より培った、秀でた才能や異常なまでの才能というのはある意味霊能力と言っても良いかと思います。
つまり、瞑想によって霊能力が現れるというのは、必ずしも透視能力やヒーリング能力が現れるという事ではなく、あなたが過去世で積み重ねてきた力が主に発現します。

それは文才かもしれませんし、芸術かもしれませんし、占星術など、占いの能力かもしれません、あるいは人と人を結ぶようなコミュニケーション能力かもしれません。

よく願望成就の方法として瞑想が取り上げられる事がありますが、瞑想してチャクラが覚醒すればさまざまな能力が発現し、結果的に願望が成就しやすくなります。

瞑想状態の話しをしましたが、画家になりたくて頭が真っ白になるまで夢中で絵を描いている人と、画家になりたくて純粋な心で瞑想をしている人は、あるいみ似ています。

祈りと願望は同じではありません。

瞑想をする動機が祈りのような心か? 願望により行われる手段か?
瞑想 = 霊能力 瞑想 = 才能の開花 という図式には固執しないでください。

もし霊能力が欲しいと思うのであれば、それは訓練することである程度は身につける事ができます。ただ、これまで繰り返し書いてきている通り、瞑想も霊能力開発も、心の清めと愛の成長を抜きに行えば精神的な異常者や黒魔術師を生み出すだけでしょう。

心を清めて愛を持って生きてください♪

そして瞑想によって得られた力をより良く役立てることで、さらなる力が与えられるでしょう♪聖書にある、持っている者はさらに与えられ、持っていない者は持っている物さえ奪い取られるとは、つまりそういうことです。

瞑想を開始してから霊的な能力を手に入れるまでの私の体験を簡単にまとめた記事が体験談のシリーズにありますので、よかったら参考にしてみてください。


瞑想のやり方はいろいろある

寝転がる女性

世の中にはさまざまな瞑想方法があり、特殊な呼吸と組み合わせたり、姿勢、意識集中、酷いものだと20を超えるプロセスを要求するものもあります。

私はこう思います。シンプルが一番! だと(笑)

どんなやり方をするかより、瞑想に取り組む動機や姿勢が正しいことの方が大切です。瞑想はいつ、どのようにやるのか?私が知る簡単な瞑想のやり方を説明したいと思います♪

瞑想の姿勢

瞑想の本質は、方法ではなく状態であると申し上げました。であるなら、やり方も姿勢もさほど重要ではないことに気がつきます。とは言え、身体に負担がかかるような姿勢で行えば効果は半減します。

私の経験から言えば、椅子やソファーに座って行うのが良いと思います。もし椅子に座る事ができない事情があれば、床に座ってあぐらでも良いと思います。
いずれにしても、背筋をまっすぐ伸ばした状態であれば瞑想時のエネルギーの上昇と循環は円滑にできます。
大切なのは姿勢では無く、瞑想状態にいきつくことです。


瞑想は寝ながらでもOK

瞑想は横になって行ってもOKです。これは眠禅などとも呼ばれています。
ただし、瞑想が深まってくると寝落ちする可能性は非常に高まるので瞑想初心者の方にはあまりお勧めはできません。上級者になってくると、横になって瞑想をしながら眠り、眠った状態でも瞑想を継続できるようになります。

夜寝る前と朝起きたときの瞑想が効果的

瞑想をいつやるのが効果的かと聞かれれば、迷わず朝と夜と答えます。

たとえば私は、長い瞑想は夜に行っていて、朝は5分程度の祈りと黙想をしています。

夜に瞑想をするのが良い理由ですが、瞑想は内省や内観と組み合わせてやると効果的です。夜寝る前であれば、その日一日にやった事を振り返える時間を一緒にとる事ができます。

内省による心の清めは、瞑想時に起こるエネルギーの上昇を妨げるさまざまな障害を取り除いてくれるでしょう。
そして、そしてエネルギーに十分満たされたなら、そのエネルギーは睡眠時の自然治癒に使われる為、睡眠の質の向上と、回復が望めます。

朝の瞑想は、短めでもOKです。
ゆっくり呼吸する時間が持てると一日の仕事がうんと楽に感じますね♪

朝の瞑想 = 一日を生きるエネルギーの充電
夜の瞑想 = 蓄積した疲労やダメージの回復

といった感じです。


瞑想の時間

瞑想はどれぐらいの時間やったら良いのでしょうか?

私が師のような人から聞いたのは、「自分が良いと思うまでやりなさい」という言葉でした。私はこの言葉はとても正しいと思いました。

人によって、瞑想の為に黙する静寂さに耐えられる時間は異なるのです。

瞑想時に自己治癒能力が働き始めると、強い眠気に襲われたり、起き上がっているのが辛くなったりもします。それに、とても健康な人だったり、瞑想上級者であれば、短い瞑想でも十分な効果が得られます。

瞑想を30年ちかくやってきた経験からいえるのは、もし時間的指標をつくるのであれば、祈りや内省、内観などを組み合わせつつ、30分~60分ぐらいが良いと思います。

瞑想上級者であれば5分~15分といったところでしょうか。
朝なら祈りと合わせて5分~10分ですかね?


まとめ

瞑想は現代では健康法として、瞑想本来の目的は用法の一部分を切り取って紹介されるされる事が多いですが、瞑想本来の目的は「瞑想の本来のの目的は、神(創造者・第1原因)と一つになる事」です。
もちろん、瞑想には心身の健康に関わる絶大な効果があるのですが、それらはあくまで副産物です。

祈は神へと想いをとどける事、瞑想は神の想いを静かに受け入れる事。
瞑想をする意味とは? 結論から言えば生きながらに神とあいまみえる事です。

瞑想で神と出会うためには、人間のうちにある七つのチャクラを全て覚醒させなければなちません。逆も言えるかもしれません。人間のうちにある七つのチャクラ全てを覚醒させれば、瞑想で神に出会えるのだと。
チャクラの覚醒、そして神との合一は全ての神秘家が目指す目標ですし、全ての人間の最終的な目的でもあります。

瞑想を開始する動機に意識、無意識かかわらず、「願望実現」「霊能力の開発」という理由を持っている人は多いです。瞑想の目的が自分の欲望や願望であったり「我執」が紛れ込むようであれば、瞑想には危険性が表れます。

なぜならば、瞑想は人の心や想いの力を強めるからです。それはつまり、悪意や我欲、否定心も強めてしまうということです。

瞑想は正しく行えば、力や活力を与えてくれますし、孤独や恐怖から解放してくれます。
瞑想時にいずれ仰ぎ見る神の光は細胞の内側から癒やしをあたえてくれるでしょう。

瞑想をはじめるにあたって大切な事が2つあります。

その人の準備が整っていて、瞑想を始める時期に達しているか?

もし瞑想が破壊的な結果をもたらしても受け入れる覚悟があるか?

瞑想を行うに当たって、心と体の浄化は必須です。生活と心を正して取り組みましょう。

瞑想の本質は「方法」ではなく「状態」です。
瞑想に取り組むにあたっては、そのことを理解し、方法に執着するのをやめましょう。いかに瞑想状態となるか、そのためには心を清めて雑念を払うことが大切です。

瞑想の本質は「方法」ではなく「状態」です。
背筋さえ伸びていれば楽な姿勢で行ってOKです。

いつもの結論になりますが、「動機が愛」であるならば失敗を恐れないでください。そして大切なには「心を清めて愛を持って生きる」ということです。
なぜならば、心を清めよう、愛を持って生きようとする姿勢や人生の中には「瞑想」という状態はたくさん含まれているからです。

瞑想をするか否かを真良っいぇいる人は、まずは瞑想の入り口とも入れる、内省や内観からはじめることをオススメします。


いっしょに読みたい関連記事

瞑想する女性
祈りは神へと想いをとどける事、瞑想は神の想いを静かに受け入れること。 古代インドのタントラヨガの流れをくんだマントラや呼吸法を組み合わせた瞑想のやり方や、音や音楽を組み合わせた瞑想のやり方、入浴やアロマを組み合わせたリラクゼーションを目的と ...
続きを読む
内省と内観
「内省とは」自分の考えや行動を深くかえりみること。 内省は英語でReflection(リフレクション)という言葉で、現代ではビジネスの教育の現場でも使われる言葉です。 「内観とは」自己の内側を観ること。 内省とほぼ同じような言葉の意味になっ ...
続きを読む
瞑想と恋愛
瞑想と組み合わせで恋愛やダイエットが語られる... これも時代でしょうかね?(笑) 恋愛成就の瞑想法とか、瞑想で最高の恋を手に入れる的なおはなしもよく聞くようになりました。 実際に瞑想を正しく行えば恋愛にも絶大なる好影響があります。これは私 ...
続きを読む
心の眼
「気づき」なんて言葉がありますね。それはより良く生きようとする人間の心が日々導きだす、小さな悟りです。 そして、瞑想をするとよく「気づく」ことができるようになります。 なぜ瞑想をするとよく気づけるか?ですが、それには3つほど理由があります。 ...
続きを読む
好転反応
瞑想をしているとさまざまな体の変化を体験します。 それは暖かさや心地よさや体にエネルギーが行き渡るような感覚などさまざまです. そういった感覚と共に体の浄化が始まると、逆に体の不調を感じる場合もあります。 いわゆる「好転反応」というやつです ...
続きを読む
マントラが伝える波動
「マントラ」とは一体何でしょう? 瞑想の効果を高めたり、人間の潜在能力や霊的なパワーを引き出すもの、神に波長を合わせるためのものとして語られる事が多い「マントラ」。 それを「呪文」のように説明する人もいれば、特別な「波長」として説明する人も ...
続きを読む
瞑想と引き寄せ
瞑想の本来のの目的は、神(創造者・第1原因)と一つになる事です。 瞑想を続けていくと、「願望実現」「引き寄せ」「心身の健康維持」などなど、さまざまな変化が現れますが、それらはあくまでも瞑想の副産物です。 とくに「引き寄せの法則」は瞑想と組み ...
続きを読む
瞑想時の体の感覚
瞑想をはじめると、早ければ3日から一週間程度で、じわじわと心や体に変化を感じ始めます。 よくあるのは、呼吸が変わった、頭や体が後ろに引っ張られる、体が勝手に動く、ぐるぐる体が回る、ピリピリする、体の一部分がスースーする、あくびが出る、左右に ...
続きを読む
まったりすきま瞑想
瞑想ができない、うまく続かないという話はよくあります。 瞑想にはとても簡単なコツや仕方があります。 ただし、いかに簡単なコツや仕方であったとしても、瞑想が上手く進められない理由とマッチしていなければ効果は出ないでしょう。 瞑想がうまくできな ...
続きを読む
うまくいかない
瞑想ができない... よく相談されるような事柄の一つです。 瞑想ができないという言葉のニュアンスにもいくつかあって、「瞑想をする時間がとれない」とか「瞑想を続けるモチベーションが維持できない」とか「瞑想すると苦しくなって続けられない」など、 ...
続きを読む
ヨガ
ヨガはチャクラの起源として知られ、ヨガの概念や体系の中には瞑想の技法が含まれます。 そして瞑想とチャクラも霊的な要素として互いに切っても切れないものです。 ヨガは簡単に言うと、古代インドより伝わる霊的な概念や修行体系と言えるかも知れません。 ...
続きを読む
瞑想の姿勢
瞑想時の姿勢に関して質問をいただくことがあります。 よく聞かれるもは、「座禅が組めないのですがどうしたらよいですか?」とか、「あぐらが苦手なので正座でもよいですか?」とか、横になって瞑想しても大丈夫ですか?みたいな内容です。 ヨガではさまざ ...
続きを読む
瞑想と時間
瞑想と時間について、2種類のお話をしたいと思います。 一つは、瞑想を行う時間のに良い、時間帯があるか?もう一つは、瞑想をどれぐらいの時間やるか?というお話です。 瞑想に関して、私は最大でほぼまる一日瞑想をしていた事があります。 さすがにこれ ...
続きを読む
夢
この天空の庭先では、最も効果的な瞑想のタイミングは「寝る前の時間」という話を度々しています。 朝の瞑想は一日の活力を得る事ができるのに対し、夜の瞑想は一日の反省、使ったエネルギーの補充とダメージの浄化ができるからです。 夜、寝る前の瞑想は、 ...
続きを読む
朝の瞑想
瞑想をいつどのようにやるか?という質問をこれまでによくいただきました。 私がお勧めするのは、朝の瞑想と夜の瞑想です。 朝は一日のはじまりなので、朝に瞑想をする事で、その日一日を生きるエネルギーを十分に補充できます。 夜は一日の終わりなので、 ...
続きを読む
瞑想の光の画像
瞑想のシリーズでは、瞑想をする意味、やり方、効果などを説明してきました。 これまで、メリットやデメリットについても簡単に触れてきましたが、内容をまとめながらもう少し深く説明ができたらと思います♪ この天空の庭先はスピリチュアルな内容を扱った ...
続きを読む
瞑想状態は例えばこんな光景を見てぼーっとしてる時
瞑想のスピリチュアル的な目的は、神(創造者・第1原因)と一つになる事です。 瞑想をする意味は何か?と問われたら、私なら迷わず神と一つになるためと答えるでしょう。 世の中には、健康法としての瞑想や、精神治療の方法としての瞑想など、さまざまな瞑 ...
続きを読む
パソコンや音楽機器
瞑想に集中できない、といった事柄もよく質問を受けます。 自分も現在の瞑想と比べると、最初の2、3年は考え事とか雑念ばかりが頭をよぎる感じで深い瞑想状態を長く続けるのがとても困難に感じました。 自分はよく雑念を払うため、祈りの言葉を唱えました ...
続きを読む
女性と川
瞑想と呼吸について詳しくご説明できたらと思います。 呼吸は瞑想と組み合わせで語られる事が多いですが、一体なぜでしょう? 瞑想時に呼吸をコントロールする事で瞑想状態へ自分を誘導したり、身体の霊的な中枢、チャクラをコントロールする事が出来るから ...
続きを読む
瞑想の波紋
瞑想の本質は、方法ではなく、状態であるとお伝えしました。 であるなら、瞑想のやり方はさほど重要ではないという事が分かると思います。 世の中に広まる瞑想法の中には祈りや音、香り、複雑な呼吸方、手で組む印などを組み合わせたようなものもたくさんあ ...
続きを読む
瞑想は危険が伴う
瞑想は安全だ、という人も居ますし、私のように瞑想には危険性があるという人も居ます。 「チャクラを開く瞑想法」「夢が叶う瞑想方」「開運できる瞑想法」などなど、世の中にはさまざまな瞑想法が紹介されています。 中にはスピリチュアルビジネスとして、 ...
続きを読む

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。<strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a><strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a>「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

プロフィール



関連記事一覧

  1. ☆★Cham☆★

    ☆ウリエル☆さん

    こんにちわ!

    いつも、必要な時に
    必要な情報をありがとうございます!

    気になっていた事がいくつか
    わかった気がします!

    幼い頃、寝る前、
    誰かに話しかけて眠りについたのを
    思い出したりします。

    瞑想も自己流ですが
    体がだるく
    よく眠くなっていたので、
    ちゃんと集中できていないのではと
    思っていました。

    この状態が本質なのかは、
    まだ判断できていませんが
    愛のある祈りと瞑想が
    できればなと想います☆

    ありがとうございます☆★
    あまねく全てが愛へと導かれますように

  2. Mitsu

    瞑想のやり方を知りたくて、サイト内を検索したりしていましたが、今はその時期じゃないと(覚悟できていないと)認識することができました。

    本当いつもピンポイントに必要な情報を!!
    いつもありがとうございます。

  3. magunolia

    ☆ウリエルさま☆

    いつも素晴らしい内容の記事ありがとうございます。 感謝しております。
    瞑想とは『生きながら死して神さまと出会うこと』とてもわかりやすく、心に響きました。瞑想が何故危険を伴うのかも私なりに理解出来ました。
    先ずは、ウリエルさんがいつも言われる『心を清めて愛を持ち生きること』が、とても重要になるのですね。
    日々、神さまへの感謝と内省をきちんとして参りたいと思います。 【神とはスピリチュアルとは…】の記事の内容にも感動致しました。
    やさしいわかりやすい言葉で書かれているので、とても読みやすいです。
    これかからも、たくさんのことを教えてくださいませ。

    magunolia☆彡

    • ☆ウリエル☆☆ウリエル☆

      magunoliaさんこんにちわ♪

      スピリチュアルな分野には様々な危険性が存在します。
      瞑想は、継続でつまずく人がほとんどですが、継続できた際にはとくに危険性が多く、注意が必要なことの一つだと思います。
      ですが、ちゃんと理解して行えたら、たくさんの賜があります♪

      瞑想自体はなれてくると寝てるのに近い感じになってくるので、やっぱり大切なのが、日々の心持ちや内省、つまり、「心を清めて愛を持って生きる」ということになると思います。

      この天空の庭先の記事をいろいろと読んでいただき、この天空の庭先を見つけてくださりありがとうございます♪

  4. レイン

    天空の庭さきにかつて存在していた瞑想の記事をずっと読みたいと思っていました。
    ☆ウリエル☆さんのハイヤーセルフの許可が出るのを心待ちにしていました。

    今まで瞑想が苦手だったのは神への畏れ故かもしれません。
    心の清めと愛を優先に、ゆっくり取り組めば大丈夫ですね。
    御心のままに♪

    • ☆ウリエル☆☆ウリエル☆

      レインさんこんにちわ♪

      瞑想についてもその他のことについても、今ならば情報の取り扱いにある程度段階をつける事が出来るので、それは大きいかもですね。
      天空の庭先には、いつのまにか月間で一万人に以上が訪れるサイトになりましたが、まだまだ増え続けると思います。
      ですが、会員専用のコンテンツが見れる人は今のところは僅か200人です。
      あとは、メールで私自身が納得できる答えを頂いたときにだけ、また先の事をお伝えすることもできますし♪

      神とは恐れ敬うものです。

      神が恐ろしいというのは正しい感覚です。
      その感覚があれば、道をそれずにすみますでしょう♪

      いつもありがとうございます♪

  5. たえ

    いつも ありがとうございます。
    最近、とても核に迫った内容で、こんなに公になって良いものか 何故かソワソワハラハラしながら
    知りたい事を詳しく教えて頂けて嬉しくも有ります。

    自分にある霊能力めいた気感の
    良い気を感じる部分やエネルギーを綺麗に通せるようになりたいと思うのですが…邪気やマイナスのものもより分かるようにはなりたくないと ワガママに思います。

    心を清めて…と考えていても、日々、人との関わりに
    色んなものを受けたり 
    腹をたててる自分を見つめると

    瞑想によって、誰かへの恨みや憎しみをぶつけてしまうのでは無いかと 心配になります。

    思う事が強く実現されてきました。
    きっと 念やエネルギーが強く反映するんだと思います。

    力を制御したり 社会に役立つように自分の発する気をコントロールしたいけれど
    心が未熟で 瞑想が良い方向に向くのか分かりません。

    どちらかと言えば 気感は無くしたいのですが
    瞑想から遠いように生きれば 気感は無くなりますか?

    • ☆ウリエル☆☆ウリエル☆

      たえさんこんにちわ♪
      瞑想について私が今公開している内容はまだまだ入り口の部分だと思います。
      瞑想を通して私たちの想いは実現しますが、それは願いが叶うという事では無く、日頃無意識に想っているような事も含めてそうなるという事です。
      ですから、瞑想によってどのように変化するかは人それぞれです。

      私の経験で言うと、スピリチュアルな事柄から離れれば鈍くはなると想います。

  6. まなみ

    初めまして。まず初めにこのホームページを知る事が出来て嬉しく思っています。以前はホームページ内で瞑想の検索をしても探しきれなかったのですが、今回スムーズに見る事が出来ました。結果的に瞑想は私にはまだ早いようですが、般若心経を唱えている時に文字が浮かび上がってくっきり見えてきたり、ぶわーっと視界の中が勝手に動き出す感覚と似ているのかなと疑似体験できた気分でした。ウリエルさんの記される記事の中には気付き、学びがあり、それを知る事で人としての成長や心の浄化が出来る様なそんな気持ちです。有り難う御座います(^^)

  7. あんじゅ

    こんにちは。

    私は瞑想が苦手です。雑念が入ったり眠くなったりで集中出来ないのです。それと霊的に敏感になるのが果たして私にとって良いことなのか疑問にも思います。何故なら今世ではあえて封印しているのではないかと思う事があるからです。ウリエルさん達のようにメッセンジャーとしての役割を担う方々には必要な能力だとしても、あえて必要としない人たちもいるのではないでしょうか。
    ただもし私に必要な時が来ればそちらの道に引き寄せられる気はしています。

  8. あんじゅ

    こんにちは。

    昨日のコメントが言葉足らずでしたので補足いたします。実は私も自然に瞑想状態になってる時がありまして電車の中でぼーっとしていたら優しい女性のような声で「あなたは全てを受け入れるのです。心を開いてそれから不要なものを手放しなさい」という言葉を聞いた事があります。あまりにも不思議だったので思わず手帳にメモをしました。これはハイヤーセルフなのか低次の霊的存在なのかそれとも私の心の声?私には判断することが出来ません。なのでウリエルさんの言われるようにリスクも伴いますね。しかしこれからの時代は魂をリセットしてエネルギーを補充していかないと厳しい時代にもなるのかもしれません。それと同時に日々のなかでどれだけ愛をこめて生きていくのかを問われるのかもしれません。有意義な記事を有り難うございました。

  9. トトロ

    今日は、誕生日に不思議な事があったのでコメントします。朝、「今日は私の誕生日か」などと、生まれた事など考えていました。7ヶ月の早産で生まれ、そのことで母が病気になって、そのことで亡くなってしまった母。現代の素晴らしい医療機器の無い時代、私は生き残った。そうまでして生まれてきた意味は何だろう?そうまでして課題(カルマ)を解消したかった強い思いとは何だろう?昔の数々の理不尽な出来事を乗り切った事など考えながら起きました。そして、机に行き探し物をしてたら、昔、書き取ったメモが出てきました。見たらマザーテレサの言葉でした。「人は不合理、非論理、利己的です。気にすることなく人を愛しなさい。」「助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。気にすることなく助け続けなさい。」「この世では大きいことはできません。小さなことを大きな愛でするだけです。」「私たちの行いは大河の一滴にすぎない、でも何もしなければ、その一滴も生まれない。」という言葉。共感し30・40代に書き取り、教訓にして人生を生きていましたが、その時は「愛しなさい」の言葉には抵抗がありました。理不尽の数々に相手を愛せるまではいかなかった。人それぞれそうするしかなかった理由があったのだから許すことはできても「愛しなさい」の意味が理解出来なかった。でも今回改めて読んで、深い意味があることを理解出来ました。これもウリエルさんのブログに出会って、段々「神の愛」について解るようになってきて受け入れられるようになったからです。有り難うございます。これは、私に必要な神からのプレゼントを頂いたような気持ちになりました。瞑想について今、答えは解らないけど、20代からの不思議体験、それをちゃんとした形にしないといけないと言う思い、4年前にこの地に来て確信した「ミディアムの道」、瞑想の危険性も理解しながら、我欲でもなく自己満足の為でもなく、ミーハーな気持ちでもなく「確信」に近い何故だか解らないけど的な感覚で「確信」を持ってます。4年前に神様と約束したからです。その為にウリエルさんのブログにも出会ったのだと思います。一歩一歩学びながら歩んで行きます。これは何?を学びたいと思います。いつも有り難うございます。

  10. ユキウサギ

    瞑想行うようになって内省と清めと感謝の効果を実感するようになりました。
    逆にこの3つを目指さない瞑想は精神にも身体にも良くないなと感じております。
    昨夜も瞑想で内省と感謝で睡眠中の回復を促し、今朝も瞑想で清めて一日をはじめたいと思います。