想念が人生を支配する – 神と人間 第4話

幻想的な風景と女性
神と人間

想念を知れば人生をコントロールできます。

想念とは私たちが心に思い描くものに注ぐ感情や意識のエネルギーです。
結論から言えば、想念の仕組みを知れば、自分の人生をコントロールして豊かに生きることができます。
この秘密に気づいた人たち、成功哲学のナポレオンヒルや、ベンチャーの神様、稲盛和夫、人生に成功した数多の人たちが思い描く力について語ってきました。
「想いは実現する」過去の多くの偉人が口にしてきたこの言葉の背景には、この世界の法則や、その法則従った魔術の概念が存在します。
つまりこの世界には元々、法則として人の想いが実現する仕組みが存在するのです♪
ここでは想念の力とそれが人生に及ぼす影響について説明したいと思います。

PR

 

想念は実現する

私たち人間は何かをしようと思ったとき、その何かを考えたり、あるいは感情と共に浮かび上がってきたり、まずは心の中に「想い」が現れます。
今日の夜は何を食べよう? どこで食べよう? 春物の洋服を買おう?何色にしよう?どこに出かけよう?
私たちは思考と感情によってさまざまに頭の中で思い、考え、未来の行動を想像します。
このとき、最初は思いと感情からはじまり心に描かれた想像は徐々に練り上げられ、具体性をましていくにつれて、エネルギーを蓄積させていきます。
その感情や想いのエネルギーが形作るのが想念と呼ばれるものです。

これはとても当たり前のことですが、人間は想った後に行動します。 つまりそのこと自体が「想いが実現する」という一番基本的な仕組みです。

想念のエネルギーが蓄積する仕組み

ここではみなさんの人生にみなさんの人生に起こっているであろう事柄を例にお話をしたいと想います。
さて、みなさんの人生に何回かの大きな人生の選択があったかと思います。
進学、交際の申し込み、車や家などの大きな買い物、結婚、出産、子供の進路、きっと言い出したらきりがありません。
思い起こしてみてどうでしょう?
何も考えたり思ったりしないでいきなり実現したこのなどほとんど無かったと思います(笑
例えば働いてお金を貯めているとき、そのお金を何に使おうか?漠然とイメージしている場合もあれば、車を買おう、家を買おうみたいに具体的にイメージしている場合もあると思います。
つまり私たちの想念のエネルギーは日々生まれ、そしてアストラル界というこの世界と重なり合うように存在する霊的な世界の領域に日々蓄積しています。
誰を好きという想いも日々募って抑えきれないほど膨らんだときに「告白」という行動として実現します。
もしそれを相手が受け入れてくれたら「交際」という形で実現しますね♪

PR

想念が実現する仕組み

考えるのもエネルギー、働くのもエネルギー、それで得たお金もエネルギー、自分の時間もエネルギー、生きるのに必要なのもエネルギー。
私たち人間から出て行くあらゆるものがエネルギーです。
想いが実現するというのはつまり、私たちの想いが上に書いたようななんらかのエネルギーを使って物質世界に具現化されるという事です。
これは古い魔術の概念ですが、意識や感情のエネルギーがアストラル界に蓄積して、それが現実世界に発現して物質化します。

つまりこの世界にはもともと想ったことが実現する法則があって、それは特別なことでも何でもなく私たちの日常の中に常に働いている法則なのです。

一つたとえ話をすると、働いて貯金をしながらいつか家を建てたいと想っていた夫婦がいたとします。
その夫婦の想い(エネルギー)が蓄積して強くなっていき、時間と共に十分なお金(エネルギー)が貯まると人はやがて行動に移ります。
お金の工面をしはじめたり、土地を探し始めたり、不動産屋を当たってみたり。

つまりこの時、家を建てるという想念は、物質化を開始したという事が言える と思います。
「想う → 想念が蓄積する → 物質化する」  これを見て、行動しているのだから物質化するなんて事は当たり前だと思う人は居ると思います。
そうなのです、これは当たり前の事なのです♪

「重要なのは、その背後にあるエネルギーの動きに注目する事です」

想念というのは人の想いのエネルギーですが、私たちが現実に行動するということも、目的に注ぎ込むのも時間や労力といったエネルギーなのです。
購入資金も私達の労働に使ったエネルギーが形を変えたものです。

もし「家を建てる」という想いに注いだエネルギーが不十分であった場合、 それを行動に移すエネルギーも不十分なので計画は頓挫します。
熱意やモチベーションなんて言葉がありますが、つまりそれも想念を物質化するエネルギーが持続、維持できるか?必要量が十分に有るか? ということなのです。

想うことも、行動することも、どちらもあなたのエネルギーです。これは蒸気と氷に似てるかもしれません。
想念とは心の設計図であり、ものごとの建設計画と言えます。
そして、十分なエネルギーさえあればどんなものでも具現化、物質化します。

PR

想念を観察すれば人生の道筋がわかる

想いが実現するという仕組みから言えば、自分自身が日々、いかなる想念を蓄積させているか?いかなる想念を何に向けているか?自分自身の想念を観察すれば、自分自身の人生の道筋があるていど分かるでしょう。
例えば、30歳までに結婚するという想いを持っていたとして、それが口だけでなく強い想いと行動によって積極的に動いていたなら、実現する可能性は高いと想います。

あなたが日々何を想っているか?たとえば今日という1日で何を想っていたか?自分の想念が何に向かっているかを簡単に書き出してみればどういった人生に道筋が向かっていくのかを知るキッカケとなります。

たとえばこの記事を書くいまの私の想念は、会社での仕事に60%、家庭に20%、天空の庭先(このサイト)に10%といったことろだと思います。
おの割合がかわらなければ、1年後、3年後、5年後、あるいは10年後も仕事中心の人生という流れは今と大して変りはないかもしれません。

しかしながら、子供が手を離れたり、会社の仕事が落ち着いて、このサイトに振り向けられる想念がもっと大きくなれば、このサイトももっと大きくなって知名度もましているかもしれません(笑)そして私の中のこの僅か10%という想念の10年の積み重ねが、ただのブログから、月間10万人をあつめるサイトへとこの天空の庭先を成長させたエネルギーです。

この記事を読むあなたの想念が何に向かっているのかを、ぜひ観察してみてください♪

自分自身をより深く知るためには、内省がオススメです。

PR

人の想念の波動は伝達される

人の想念には波動とか波長のようなものがあり、電波のように行き交い互いに伝達し合っています。。
私たちの想念はどこにあるのでしょう?
例えば何かを想像している時、それは私たち自身とまだ繋がってもやもやってまとわりついている感じです。誰かの事を想えば飛んでいきますし、想いなので手放したり捨てたりすることができます♪
私達の肉体は物質なので距離などの空間的な制限を受けますが、「想念」は心の領域のエネルギーなので離れていても誰かのことを考えたり想うことができるように、離れていても対象に波動を伝え影響を与えます。ただ、想念の波動がどの程度影響を与えるかは相手側の受信能力にも依存するために、一般人の間では「想念」で人を呪い殺すようなことはあまりありません。
希に、想念エネルギーに過敏な人とか伝達されやすい人は強く影響を受けることもあります。

波動が近いほど受信は容易で波動が違うほど受信が困難です。
例えば双子とかが強いテレパシー能力をもってたりするのは互いに近い性質の想念をもっていることも大きく関係します。
悪霊や浮遊霊も波動をもつものに干渉します。同じような悲しみをもった人だったり、同じように怒りっぽい人など似た波長の人間にほど憑きやすいです。

想念の伝達

日常のちょっとした思いでも、軽く念を送ってる場合は多いです。
好きな人のこと考えてたり、家族のこと考えてたり、良くも悪くも日々さまざまな念を送信しながら人間は生きてます。
想念は呪いにも成りますし、祈りにもあります。そして相手に伝達し影響を与えます。

想念の受信

想念の受信については波動の合うものを受信しやすいということを書きました。
まず自分だれしもがあらゆるエネルギーを受信をするアンテナのようなものをもちます。
極端な例を言えば、善人には神の声が聞こえ、悪人には悪魔の声が聞こえ、UFOコンタクティーには宇宙人からメッセージが届くなどです(笑)
ひとえにこれも波長とか波動によるものです。

受信の能力に関しては、霊的な力や感性によるものも大きいのですが、自分の意識の向き先によっても受ける影響は変わります。

例えばテレビで悲しいシーンとかやっててそれを見てると涙が出てくる、これはその事柄に意識を向けるからおこりゆることなんです。
同じテレビの悲しいシーンでも家事の片手間などに見てるようではとても泣けません(笑)

これも言ったら自分の意識向き先から、より情報やエネルギーを受け取ることと同じです。

想念の使い方で人生が変わる

自分の行いが、自分に戻ってくる。
カルマの法則についても書いてきました。

「私たちは行った行為によって結果を与えられる」
「私たちの行いは行為より動機によってより計られる」

この動機の部分に、より大きくかかわるのが想念です。

想うことも行動することも同じエネルギーであるならば、私たち人間は、人を殺したいと強く想ったとき、少なからず相手に攻撃的なエネルギーを送りつけています。
そしてそのエネルギーはカルマの法則に従い自分に戻ってきます。

もし誰かに酷いことをして、恨まれたり憎まれたりしていた場合、少なからず攻撃的なエネルギーを送りつけられているということです。

私たちが自分の人生を平和に、豊かに過ごしたいと願うのであれば、人に対しての否定的な想いを捨てて、他人に恨まれるようなことはせずに生きることです。

つまり「心を清めて愛を持って生きる」という事です♪

ここまでの説明で、私達が心に思い浮かべる感情や思考などの想いが目に見えずとも想念というエネルギーとして存在することがお分かり頂けたと思います。
祈りや愛はもちろん、殺意なども目に見えずとも強く想ったなら「想念エネルギーとして存在しているという事になります。」

キリストは「淫らな想いで他人の妻を見たらすでに姦淫の罪を犯している」と教えているのは人の動機や想いにもカルマの法則がはたらくという事なのです。

さて、ここからは余談です♪
イエス・キリストや、偉大な聖者が起こしてきた奇跡も想念が物質化するという力によるものです。
ただ、普通の人間との大きな違いは、彼らは無限なる本質、つまり神とつながっていたために、想念を物質化するにあたって必要な時に必要なだけエネルギーを引き出せたという点です。
つまりそれは、エネルギーを貯めるというプロセスを省略して物質化を行うということであり、それによって水を葡萄酒にかえたり不治の病を癒やしたりさまざまな奇跡を瞬時に実現させました。
イエス・キリストは、信仰心があれば山でも動くと言っています。

PR

 

関連記事

想念に関わる仕組みは、「ビューティフルライフ」のカテゴリーにもそこそこ書いたので、想念で夢を実現したいという方はこちらを参考にしてください。
人間の数だけ想念があるなら、一体どれほどの想念が世の中に存在するでしょう。
想念とは人間だけに係わるものではありません。
私達が生きているこの物質世界と重なり合うように想念の世界というものが存在します。
幽界とか想念界なんて言葉で知られています。
「霊的世界の構造」のカテゴリーで説明しています。想念の世界について知りたい人は「幽界(アストラル界)」こちらのページですぐ読めます。

想念に関する関連記事はこちら

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

2,878,408 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. みちよ

    こんにちは。たくさんの素晴らしいことを教えてくださってありがとうございます。こちらの記事を読ませていただきまして、いままで私がいろいろ思ってきたことが、すごい一気に腑に落ちました!たくさんのことを教えてくださりありがとうございます。引き続き他の記事も読ませていただきたいと思います。