カルマの法則 解消 – カルマの法則(因果応報) 第1話

カルマの螺旋
カルマの法則

私達人間の人生に大きく関わる2つの力があります。
一つは神によって創られた私たちがもつ神と同じ創造の力。
この力は自己によるもので、自由意志や思いを実現する力です。
もう一つはこの宇宙や次元、全ての世界が持つ神と宇宙の法則。
この法則が人間に及ぼす側面は、カルマの法則として知られています。
私達人間は自由意志を持ち、あらゆるものを実現し、創造していく 力を持つのですが、この宇宙の法則によって運命や宿命と言った 絶対的な法則の支配を受けているのです。
この二つの大きな力の交わりによって、私達は神に支配されているにも関わらず自由なのです。
私達がこの法則を理解し、この法則に支配されるのではなく、逆に法則を支配したとき、創造と自由意志を完全な形で実現する事が出来ます。

PR

 

カルマの法則 良い報い、悪い報い

カルマの法則

カルマとはサンスクリット語で「行為」を意味する言葉です。「業」なんて言葉でも知られています。
カルマの法則は、「因果応報」とも呼ばれ、人にした行為が結果として自分に戻ってくるという法則です。
カルマの法則の背後には「神の慈悲の法則」と呼ばれる一般的にはあまり知られていないもう一つの法則が在り、このもう一つの法則を理解することで初めて「カルマの法則」を正しく理解することが出来ます。
カルマの法則が理解できると、過去のカルマを解消し、自分自身を清め、新たにカルマの負債を産み出すことを避け、人生を豊かに、幸福に生きる事が出来るようになります。その先にあるのは、「魂の完成」つまりカルマの解脱です。全ての人間は、いつかカルマを解脱し、神と一つになるという使命を持っています。

PR

カルマの法則と輪廻転生

カルマの法則は輪廻転生を経ても人間に作用し続けます。
つまり、前世での「行為」が、今世の自分に良くも悪くも「結果」として現れたりしますし、今世での「行為」は来世の自分にも「結果」として現れます。
このカルマ(行為)は人が死んでもその報いを受けるまでは決して消えることはありません。
例えば今世で悪を行った人間が、今世ではその報いをまぬがれたとしても来世や再来世などの未来に生まれ変わる人生において必ず巡ってくるものです。 これはこの世界の背後に存在する神の存在の顕現、つまりは神の法則だからです。

PR

原因と結果への向き合い方

カルマの法則は、原因と結果の法則とも呼ばれています。
人はその行いによって、良いことも悪いことも報いを受けます。
カルマの法則を知ると、自分の行いや、自分の身の上に起きた出来事が様々に頭をよぎることだと思います。自分を責めるような気持ちがわき上がることもあるかと思います。

十分に吟味し、思い直したのであれば自責の念は捨てさってください。
もし過去の自分の行いに反省すべき点を見つけたのであれば、振り返って思い悩むより、いかに反省点を今後に生かしていくか前を向いて進む方が自分の成長と未来のためによいからです。

必要以上の自責の念は、誤った自尊心といえます。
カルマの法則は一般的な認識だと、罰や罪滅ぼしのような側面ばかりを強調されがちですが、私たちが良いことを思い、それを行ったとき、喜びや愛、成功などの素晴らしい報いを受け取るのもカルマ法則によるものです♪

より良い「行為」によってより良い「結果」を受け取れるように、心を清めて愛を持って生きましょう♪

PR

殺人、病気、お金、結婚、恋愛、離婚、障害児 様々なカルマ

カルマは原因と結果の法則ですから、私達が今持っているカルマとは前世や過去世も含めたこれまでの行いの結果です。
この天空の庭先をやっていてカルマについてよく質問をいただくテーマは、「殺人「病気」「お金」「結婚」「恋愛」などです。それ以外にも、いじめ、暴力、浮気、博打、アルコール、不仲、嘘、裏切りなど、あらゆる否定的な想いや行いがカルマとなり、最終的には自分自身に降りかかってきます。
ここでは、様々なカルマの「原因」と「結果について説明したいと思います。

殺人のカルマ

殺人のカルマ

人を殺すという行為は、他の存在の自由意志を侵害する行為で、カルマの中でもとても重たいカルマになります。
よくテレビのニュースなどを見ていると、「ムシャクシャしてたから」といった理由で、通りすがりの人を滅多刺しにしたみたいな悲惨な事件などが報道されています。
これをカルマの法則に照らし合わせて考えると、まず、殺人に及ぶ側には、行為に及ぶ前にわき上がる「衝動」があったと思います。この衝動自体も実はカルマ的な作用で、わき上がるには過去世までさかのぼる原因があると思います。つまり、すでに前世でも同様の行為に及んだことがあり、今世では「衝動」を押さえ込むという事が一つの学びと試練であったという事です。
そして衝動に負けて、他人を滅多刺しにする訳です。
では、たまたま通りかかって滅多差しにされた被害者の方をカルマ的に考えてみましょう。
なんの理由も無くただ滅多刺しにされたのでしょうか?
カルマの法則は真実に従って報いが与えられる、真理の法則です。
殺された側にも、殺される理由となったカルマがあったはずです。
つまり過去性で加害者として無関係な人を殺している可能性があると思います。
「殺した者は殺される」という一つのカルマのサイクルです。
幸せの絶頂にある人を殺したなら、いずれ同じシチュエーションが自分に巡ってくるでしょう。

ただ、必ずしも「殺した者は殺される」という訳でもありません。
家族を失う悲しみを残された人々に教えるために、あえて「殺される」という役割や人生の終わり方を選んで生まれてくる人も居ます。

PR

 

お金のカルマ

お金のカルマ

お金にまつわるカルマで良く聞かれるのは、「貧乏」な理由と、「お金持ち」になる理由です。
よくあるケースを簡単に説明すると、「使命」としてお金を持たされる場合と、「試練」としてお金を持たされる場合です。「成長」の為に貧しい人生に生まれてくるケースと、「罰」として貧しい人生に生まれてくるケースです。

これらのお金にまつわるカルマを説明するために、一人の人間を例に挙げて説明したいと思います。

金に翻弄された一人の男の例 A太郎(仮名)

A太郎さんは、社会や経済の発展のため、大きな目的を持って生まれてきてきました。
その為に必要なお金を得る宿命の生まれてきたので、経営者として成功してやがて巨額の富を築きます。
この時、A太郎さんのお金のカルマはまだニュートラルだったのですが、A太郎さんは金銭欲に目がくらんでたくさんの人を騙し、さらなる巨額の富を築きます。悪事は見つかること亡く、豊かなまま生き、やがて80歳になって死に至りました。
A太郎さんが来世に生まれ変わるに際に「カルマの法則が働きます」
生まれ変わったA太郎さんの人生はひどく貧しい人生でした。そして、一生懸命働いてもそのお金をだまし取られてしまう、その繰り返しでした。A太郎さんは前世で人からお金をだまし取ったカルマの報いを受けていたのです。A太郎さんはだまし取られたお金を補填するために、人を騙してお金を奪い、だまし騙されながら生きていました。そして気づくのです。「人を騙せば、自分も騙され、人から奪えば、自分も奪われる」。
それからAさんはいくら自分が騙されても、人を騙すことをやめました。やがて騙される頻度や被害の金額も減り、晩年は静かに人生を終えました。
A太郎さんつぎの来世に生まれ変わるに際に再び「カルマの法則が働きます」

A太郎さんは、たくさんのお金を得る宿命の生まれてきて、経営者として成功してやがて巨額の富を築きます。
この時、A太郎さんの中に「もっとお金得たい」という衝動が強く働きます。
「人を騙してでもお金を得たい」とても強い衝動です。
前世で気づいた事などすっかり忘れてしまっていますが、それでもA太郎さんは金銭欲の衝動を抑え込み、晩年には得たお金の中から慈善事業を行ったり、たくさんの正しいことをして、やがて亡くなりました。
A太郎さんは自分が作った「お金のカルマ」を2回の来世で解消したのです。
そんなA太郎さんの魂がさらなる成長の為に選んだ来世は、「貧しい人生」でした。
つまりA太郎さんの魂は「豊かさから人に奉仕する人生」から「貧しくとも人に奉仕する人生」へと生まれ変わったのです。こうしてA太郎さんの魂は、最後には霊徳を積み上げる人生を生きるに至ったのです。

これは一例です。
一言でお金のカルマといっても様々にありますが、「報い」であったり「試練」であったり「成長の為」であったり様々です。

PR

 

病気のカルマ

病気のカルマ

私たち人間の魂や霊体、肉体になんの汚れも亡ければ、私たちの人生は健康そのものであるでしょう。
つまり、病になるという事は、なにかしら正常では無い状態であるということです。
殺人やお金のカルマは、相手がある事でしたが、病気のカルマは自分自身に起因する事が多いです。
カルマと身体の健康については、すでに記事をそろえているので参考にしてみてください。
病に関しても、必ずしも「罪」や「罰」のカルマではなく、自分を成長させるために、魂があえて病のある人生を選択する場合もあります。
https://arcangel.jp/spiritual/god-and-the-laws-of-the-universe/the-influence-of-karma/

恋愛のカルマ

恋愛のカルマ

恋愛にカルマは関係するのでしょうか? 答えは大いにイエスです。
「愛」と「恋」を分けて考えるとわかりやすいかもしれません。
愛と恋、じつはこの両者にはとても大きな違いがあります。
天空の庭先では、よく「愛」について語られていますが、もっとも素晴らしい愛は、利他的な愛、自分のごとく人を愛する事が出来る愛です。
では恋いとは何でしょう?
恋はカルマ的に必要な者同士を引き合わせる、言うならば法則はもたらす引力のようなものです。

恋いが引き合わせるパートナー

運命の赤い糸、なんて言葉がありますが、恋は運命とか宿命です。
例えば、前世から互いを高め合って来たソウルメイトが今世で出会うための「引力」のようなケースもあります。逆に、前世でいがみ合って来た夫婦間のカルマを解消させるために、今世再び引き合わせるための「引力」かもしれません。いずれにしても、魂が立てた人生のプランへの道筋や、良くも悪くもパートナーと引き合わせる為の宇宙の法則、カルマの法則がもつ人と人を引き合わせる「引力」です。
「衝動」とも近いですよね。
今日までに恋をした事のある人ならお解りいただけると思います。
どうしても手に入れたい、背中を見ているだけで引き寄せられる、抱きしめたい。
時には人間を犯罪や殺人に走らせるほどの引力です。恋いの本質は、実のところあまりロマンチックではないのがカルマ的な引力が恋の本質です。

PR

 

結婚のカルマ

結婚のカルマ

恋がカルマ的な引力であれば、恋によって結婚した全ての人たち運命や宿命に導かれて結婚に至ったことがわかります。であるならば、結婚は多くの場合、伴侶とのカルマの解消であったり、生まれてくる子供とのカルマの解消であったり、自分が成長するために必要な学びを得るための環境の構築といえます。
つまり、結婚は全ての人にとって「学びの場」でありカルマ解消の為のステージであるわけです。
そう考えると、結婚して家庭を営むことはなんだか大変な事のようにも思えますし、大変な事もたくさんあります。ですが、家庭を営む人たちの努力や愛で、学びながら、カルマを解消すながら、愛をはぐくむことが出来る素晴らしいステージであるともいえます。

離婚のカルマ

恋はカルマ的な引力であると述べましたが、ずっと続く恋もあれば、時が来れば弱くなり、消えていく恋もあります。私の母は、私の父から酷いDVを受けながらも28年連れ添いました。
父が死んだときに大泣きする母の姿を見て、28年間ずっと恋をし続けていたのだと私は気がつきました。
人間の人生としては辛くても、自分の魂が決めた目的を遂げるための力として恋心が消えずに続く場合もあります。逆に、カルマ的な課題が解消されたり、次のカルマが発動するなどの理由で恋心が消え、カルマ的な引力が薄れ相手と離れられる場合もあります。魂が生まれてくる前に決めるプランの中で、すでに離婚というシナリオが決まっていケースもあります。
宿命はなかなか逃れがたいのですが、運命は人生の中でいくつもの分岐ルートを持っているのでカルマを解消して幸せに生きたいと思ったなら、やはり「心を清めて愛を持って生きる」という事をおすすめします。

ちなみに、DVをするような夫を持つのにもやはり「カルマ」が影響しているのですが、そういった人を更正させるために無理に最後まで連れ添うのが最善の選択か?と言えばそうでない場合もあります。
人生観や宗教観などで、離婚=悪いこと みたいな価値観やそういう想いを持つ人はたしかに多く居ますが、相手の悪癖を増長させるような結果になっている場合や、自分の成長に繋がらないケースにおいては時には逃げる、退くのも良い選択です。「逃げるは恥だが役に立つ」って感じです。

PR

 

出産のカルマ

想定外に子供が出来てしまう人、普通に子供が生まれる人、子供がなかなか生まれない人、当然ですがそういった事にもカルマの法則は影響しています。
出来婚とかおめでた婚とか呼ばれているような子供の出来方は、男女を結婚に至らしめるためや、後の家族の関係性の為に、その時期に家庭を形成する必要があったなど、カルマの法則の作用が容易に想像できます。

普通に恋愛して結婚して子供を産む人たちも、その裏側にはやはりカルマの法則が働いていて、然る時期、然る時に魂のプランに従い家庭を形成しています。

子供を授かれないカルマに関しては、様々に理由がありますが、私から申し上げられることは「いかなる理由か?」かを知ろうとする事は、自分の前世を知る事に等しいので、霊的(スピリチュアル)な理由は一切考えないのが良いです。不妊を解消するために霊能力者やスピリチュアルカウンセラーを頼ることはお勧めしません。
他人の為に祈ること、人に心からの施しが与えられるように愛を持って振る舞う事を心がけましょう。
そうすれば、過去のいかなる理由で子供が出来ないにしても、神の慈悲の法則は正しい行いによって過去のカルマのマイナスを緩和してくれます。

障害を持った子供が生まれてくるケースについても同様ですが、学びであったり、より大きな愛を持つための試練かもしれません。愛を持って出来る最善に取り組んでください。
神はこの一瞬もあなたの心を存じています。

PR

 

カルマの解消(消化)方法

自分の人生を受け入れる

課題を学ばせるために、病気や事故、結婚や離婚に関わる事であったり、様々に形を変えてカルマの法則は私達の人生の出来事に影響します。
カルマを逃れる方法は基本的には存在しないため、カルマを解消する手段は主に、その出来事を自分の身に受ける事により解消されます。
あとは、その出来事が何故ダメなのか?その行いを今後繰り返さないですむよいう状態になって初めて解消されます。
つまり、「身に受ける」もしくは「気づく」「さとる」といった事です。
カルマはこの世界に生きる事で、解消する機会が巡ってきますから、その機会を逃さず、辛いことでも受け止めて、笑顔で心を清めて、愛を持って生きていけば最善の結果が得られると思います。
カルマは向き合えば浄化されていくので、もう一つ大切なことは、新たに悪いカルマを生み出さないことです。

悪いカルマを作らない方法

カルマは原因と結果の法則ですから、作ってしまったら解消しなければなりません。
ではどうすればカルマを作らないですむのでしょう?
簡単に言ってしまえば、「悪い事をしない」これに尽きると思います。
ですが、罪を作らないようにするために行動する事を恐れてしまうと、カルマの返済は停滞してしまいます。

PR

カルマは人間の想いにも作用する

人の想いの力は目に見えなくても人に作用する。
ここに至るまでに想念の力についても説明してきましたが、想念の力をカルマの法則と合わせて考えてみましょう。
カルマの法則 + 感情と想念
私たちが強く思うこと、それは祈りであれ、呪いであれ、念は相手に作用します。
思考の具現化、想念の物資化に基づいて考えれば、私たちは実際に善悪を行わなくても心で思った時点ですでにカルマの法則は働き始めることが分かります。

キリストはこのように言っています。
みだらな思いで他人の妻を見る者はだれでも、すでに心の中で姦淫(かんいん)をしたのである

この言葉は、私たちのカルマが行為だけではなく、動機の時点ですでに作用し始めることを言っています。カルマの法則とはつまり、私たちが日々思うこと、積み重ねた思念と、行いから受け取る結果であるということが分か頂けると思います。

PR

花を手折った動機

カルマは動機にも作用する

例えば、だれかが悪いことと知っていて罪を犯したとします。
前後の感情や想念、良心の呵責(かしゃく)、心に持っていた悪の気持ちの量、その上で行った行為と結果。
真実は普遍のものです、これら出来事における「真実」によって、カルマの法則(原因と結果の法則・神の慈悲の法則)が働くのです。
私たちが行為を行う背景には、思考、感情、想念といった目に見えないエネルギーが働いていることは知っての通りです。
カルマの法則とは、分かりやすく考えるのであれば
私たち人間が輪廻を繰り返す間に持ち越している、エネルギーの負債であるとも言えます。

「思っただけでカルマの法則が作用する」それを考えたら人間の魂が完成に至るまで一体どれほどの心の浄化が必要なのでしょうね。
金持ちが天国に行くよりラクダが針の穴を通る方がたやすい
そう言ったのもキリストでした。
たとえある程度の精神レベルに至った人間でも、富、名声、好奇心といった落とし穴にはまり、3次元の人生ゲームにいつまでものめり込んでやめられない人もたくさん居ます。

カルマの法則の中には、神の慈悲の法則という素晴らしい恵みもあります。
私たち人間が、動植物を糧とし、現代人が環境破壊をしながら生きているにもかかわらずなお、魂を完成させ物質世界を卒業するに至る人間が居るのもカルマの法則によるものなのです。
というのは、動機、つまり思っただけでカルマの法則が作用するならば、私たちが本心から良いことを思い、祈り、願えば、良い事もまた、カルマの法則によって我々に作用するのです。
私たちが日々生み出す、感情や行為のエネルギーの負債を上回るだけのプラスの何かを生み出せたなら、私たちは日々完成へと近づくことが出来るのです。

PR

 

原因と結果の法則と神の慈悲の法則

神と慈悲

カルマの法則の2つの側面

カルマの法則には2つの側面があります。
(1)原因と結果の法則
(2)神の慈悲の法則

原因と結果の法則

これは物事には原因と結果があり、 自分で巻いた種は自分で刈り取らなければならない、といった、これまで説明してきた一般的に知られるカルマの法則です。
例えば盗んだ物は盗まれなければならず、 殺した者は殺されねばならない。 自分がした「行為(原因)」の報いを自分が受け取る法則です。 もちろん人によい事をすれば、良い報いが得られます♪

神の慈悲の法則

(1)の原因と結果の法則にとても深く関係します。
この法則は一般的にはあまり知られていません。 実はこの法則を知っていると、これまでカルマの法則に感じていた 矛盾を解き明かすことが出来ます。

例えばですが前世で1000人もの人を殺した人が居たとします。 カルマの法則で言えば、1000人殺したのですから、その魂は、1000回殺されねばならないという事です。
しかしながら、ここに神の慈悲の法則がかかわります。
この1000人殺した人が転生したとき、とても過酷で、 つらく苦しい環境を選択して生まれてきたり、 (もち論その中には命を落とす人生もあるでしょう) 強制的に奉仕へと身をささげさせられるような人生に 生まれてきたりするなど。 1000人殺しても。1000回殺されないでカルマを解消する 事が出来るのです。
そこに働く力が神の慈悲の法則なのです。

PR

 

カルマを解消して人生を終える

アカシックレコードによれば、私たち人類全体の51%が生まれた瞬間より、カルマを解消させ死に至るそうです。
残りの49%がカルマを解消させるはずが、新たなカルマを生み出しそれをカルマの総計に加算させ死に至るようです。
言い訳はいくらでも出来ますが、私たちが最終的に言い訳をする相手は法則であり、神であると言うことです。

私たちは行いの真実によってのみ裁かれもするし、より良い報いを得たりもします。
より良い報いを得られるように、そして感情や想念による負債を増やさないように。

結局私が言うのはいつも同じことですね♪

心を清めましょう♪ 愛を持って生きましょう♪
過去の聖人、聖者たちがなぜ心の浄化と愛を語ってきたのか、それには神の性質やカルマの法則など、たくさんに理由があってのことなんですよ♪

PR

カルマの返済(解消)

カルマ解消までの時

自分が経験する、そして、なによりも「気付く」事が カルマを返済(消化)する上で大切です。
神の慈悲の法則は、原因と結果の法則に、動機と行為という もう一つの基準を与えます。
憎しみや殺意を持って人を殺した場合と 偶然の結果や事故として人を殺してしまった場合では、 後者の方がカルマの法則が軽く作用するのは、この神の慈悲の法則によるものです。

もし私たちが、それが正しくないと知っていたにもかかわらず、 それを行ってしまった、罪を犯してしまった場合には神の慈悲の法則の助けを得られず、より重いカルマを背負う ことに成ります。 この事から覚えておいてもらいたいのは以下の事です。

「私たちは行った行為によって結果を与えられる」

「私たちの行いは行為より動機によってより計られる」

とても厳しい法則のようにも感じられますが、 カルマの法則には神の慈悲の法則のような素晴らしい恩恵も含まれています。もしこの神の慈悲の法則がなければ、私たちの魂が完成に至るは想像を絶するほど困難であると思えます。

PR

自由意志とカルマの本質

人間のカルマの本質は、エネルギーの負債といえます。
カルマは様々に形を変えて身に起きる場合があります。カルマのこの性質が、カルマの法則の全貌(ぜんぼう)を理解するのを困難にしています。
そして、「不幸だ」「つらい」と思えるような環境や状況を経験する場合、そのすべてがカルマの法則による罪や罰であるとは限らないことも理解しておかなければならない大事な点です。

そしてカルマの法則の力と並ぶもう一つの力「自由意志」は罪を償うという要素の強いカルマの法則に、「正しい行為によって罪を相殺する」という新しい道筋を作り出す可能性を持っています。
つまり、「人を殺したから殺される」というストーリーを、「人を殺したけど人を助けたから自分も救われた」という新たな結末を作り出す事も不可能では無いのです。
運命や宿命を支配するカルマの法則の力と並ぶ、自由意思の力を是非正しく活用してください。

様々な要素が影響し合い複雑に絡み合う「カルマの法則」を理解するのは簡単な事ではありませんが、ただ一つ変わらないシンプルな真実があります。「原因(行為)」が「結果」となり自分に戻ってくるという法則の働きです。
ですから、難しいことは考え過ぎずに「心を清めて愛を持って生きる」という事が日々出来ていれば自ずとカルマは消え去っていきます。

この記事を読んでくださったみなさんが、心を清めて愛を持って生き、いつか全てのカルマが解消される日を祈っております。

PR

 

シリーズ一覧

神と人間

カルマの法則

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

115,180 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談