神 – 神と人と宇宙の法則

神
宇宙の法則

神とは一体なんでしょう?
天空の庭先では、神を「世界を創造した第一原因」として説明しています。
世界と言うのはこの地球や宇宙にとどまらず、幽界、霊界、神界(天界)といった私たち人間には普段、認識が不可能な高次世界を含めたすべての創造主です。
この全てを創造した「第一原因」は完全なる知性であると同時に、自らのエネルギーを素材として世界を作りました。
ゆえにこの世界の全てには神が宿っているのです。
この世界には、「世界を創造した第一原因」意外にも「神」と呼ばれる存在がたくさんあります。
例えば宗教でも、創造主をただ一人の神とみなす一神教もあれば複数の神の存在を認める多神教もあります。
では私たちが日頃「神」と口にする存在は一体なんなのでしょう? 私たちが祈る対象である神とは?

神とは

神とは人間の存在を超えた存在で、畏れ敬われ、崇拝されている存在です。
日本という国は世界的に見てもだいぶ珍しい国で、複数の宗教が争うこと混在しています。
それ故でもありますが、現代の日本においては「神」という言葉や文字が指し示す「存在」も数多にあります。
私が冒頭でお話した創造主としての「神」はもちろん、神格を兼ね備え、方位やある種の概念を司る「神々」であったり、自然や万物に宿るとされている「神」であったり、死者や動物が信仰の対象となり崇められるようになり神格化された「神」など、本当にたくさんです。
何らかのハッキリとした信仰を持ち神を信じる人間は人類の半分以上と言われていて、それ以外の人間の中にもハッキリとした信仰をもたないだけでなんとなく神という存在を信じている人が多数存在しています。
宗教に属している人間であれば自分が信仰する宗教の「神」が自分の「神」でしょうが、宗教に属さずとくに決まった信仰を持たない人にとっての「神」は煙のようにもやっとしているのではないでしょうか?
「神」という存在を正しく理解する為には、「神」と呼ばれる様々なものをもっと知る必要があるかもしれません。

PR

神の種類

神と呼ばれる存在はさまざまにあります。

創造主

この天空の庭先で「第一原因」として説明されている神です。
全ての創造の源であり、世界が創造された最初の原因でもあります。
創造主、創造神、第一原因、第一要因、創造といった言葉で言い表されます。

アニミズム

生物、物質問わずに、この世界のあらゆるモノの中に霊や霊魂が宿っているという思想です。
日本では古くから「精霊信仰」という言葉で存在し、ここで言う「精霊」という言葉にもまた「神」というニュアンスが含まれています。
アニミズムはラテン語のアニマに由来し、気息・霊魂・生命といった意味です。
余談になりますが、霊的な洞察力があれば、気息・霊魂・生命、これらの言葉だけでも万物と人間が元々1つで繋がっているということを根源に持つ思想だという事が分かります。

性質や法則を司る神

火の神、水の神、風の神、地の神や、東西南北の方位を司る守護神など、ある種の性質や法則、あるいは概念を司る神々です。
仏教で言えば四方の守護神である、東の持国天、南の増長天、西の広目天、北の毘沙門天などがこの種類の神に該当します。
世界各地の神話に、山の神、海の神、川の神、夜の神、出産の神など、ほんとうにさまざな神が存在します。
そして神ではありませんが、同じように天使にも性質や法則を司る存在が数多にいます。
これらの神は、守護や御利益が受けられると信じる人間たちによってそれぞれが信仰の対象にもなっています。 

神族

神の一族です。
日本神話、ギリシャ神話はよく知られている神話なので分かりやすいのではないでしょうか?
日本神話は、伊邪那美命(いざなみのみこと)と伊邪那岐命(いざなぎのみこと)によって数多の神が生み出されてゆきます。
ギリシャ神話は大地の女神レイアと時の神クロノスの間に生まれた神が、結婚の女神ヘラ、神々の王ゼウス、穀物の女神デメテル、海洋の神ポセイドン、冥界の神ハデスになります。

神格化された存在

本来神ではないのに、のちに人間たちによって神として祭られ、神格化されたものたちです。
日本には昔から御霊信仰(ごりょうしんこう)というものがあり、死者の霊がたたる事を畏れた生者たちが特別な供養法や埋葬法によって祭られるという風習がありました。
世界各地を見ても、偉人や英雄はその功績をたたえられたり、死後の祟りを畏れられるなど、さまざまな理由で神格化され祭られました。

現代でも神と賞賛される人はたくさんいます。
松下幸之助は経営の神様と呼ばれました、サッカーの神様と呼ばれたペレやジーコもですが、実際の神様でなくても、○○の神様と呼ばれる人は沢山います。

PR

宇宙の法則

いまだかつて、神を見た人がどれだけいたでしょう?
人々は神を信じるも神を知らず。
そして神を知らない人々は、「宇宙を動かす法則にやどる知性を擬人化し神と呼びました。」

神は宇宙の法則ですが、単なる法則ではなく、意識や知性をもち調和された法則です。
例えば小説などの物語であれば、それを想像して文字に書き起こした人間、つまり小説家の意識がその小説の世界の神のようなものですよね♪
私たちのこの世界も同様で、神はこの世界の創造主です。
ただこの小説の例えにあてはまらない事もあります。
小説家は人間なので、不完全な存在ですが、この世界を創造した存在は、調和された完全な存在です。
神について、私なりの言葉で説明してみます。

  • 神はこの世界の全ての創造の源です。
  • 神はこの世界のあらゆるエネルギーや物質を構成する霊的な素材です。
  • 神はこの世界の全てに満ちるエネルギーです。
  • 神は私たち人間の魂の創り主でもあります。
  • 神は私たちの肉体や心にも満ち、私たちの魂とは神の似姿です。
  • 神は光のようなエネルギーで、時間と空間を超越しています。
  • 神は私たち人間が純粋な「愛」と呼ぶ性質のエネルギーです
  • 神は全てと一つです。

この世界には、私たちが科学で知る事ができるものだけでも、ものすごい沢山の法則があります。例えば数学的な法則であったり、重力や星の運行、たくさんあります。
こういった法則と同様に、目に見えない事でも実はたくさんの法則があります。

例えば、法則に逆らって何かをしようと思った場合、たくさんの抵抗を受けます。
それは坂道を上るような事や、川の流れに逆らって泳ごうとするような事にも似ています。

私たちは神を、つまりこの宇宙を動かす法則を深く知ることで、流れに逆らうことなく、たくさんの事を実現させる事ができます。

PR

神と人間

さまざまな宗教が、神と人間の関係について説いています。
どの宗教でも、あるいは神話でも、神はこの世界や人間の生みの親や、人間を超えた存在、人間を導くものとして伝えられています。
なぜ個人にせよ宗教家にせよ、神への強い信仰を持つ人々が神を探究しそれに至る道を探し歩むのでしょうか?
その秘密もまた、世界のさまざまな宗教や神話の中に隠されているようです。
ここでは細かい成り立そこそこにして、人間と神のもつ関係についてできるだけ簡単に書いてみたいと思います。

原始の神

まず、最初の光である神が、自分以外の存在(第2の光の神)を創り出した 瞬間こそが、創造のはじまりでした。
その背景に在る意志とは何でしょう?「自らを知る為」 つまり神は成長を望んだのです。本来、完全であるはずの神様がなぜ成長を望むのでしょう?
これは全能者のパラドクスに似てるかもしれませんが、神がもし現状を維持するだけの存在であったとしたらむしろそれこそが不完全です。
神はすべてを内包した宇宙意識であるが故に、自らを砕いてまで より完全な存在へと変化する意志を働かせたのです。
宇宙、次元、この世界の全てが、神自身がより完全なものへと 変化する為に存在しています。神によって創られた第2の光である神により、この世界が創られ、その過程の中で私たち人間の魂も創造されました。
人間の魂は小さくとも、最初の光、第2の光とまったく同様の性質に創られています。
私たちの魂とは、第2の光によって分け与えられた光の欠片であり すべては光の兄弟達です。

神の子である私達、光りの兄弟の使命

私たちはこの魂を分け与えられるまで、神のエネルギーの一部として 神の中に存在していました。
これは海のなかの一滴の水のようなものです♪
私たちは神によって分け与えられた自分の魂をより光り輝くものへと 成長させるという目的を持っています。
私たちの魂はこの物質界へ降下する事で(肉体に生まれる事で)神から離れた状態を体験します。
私達は二元化されたこの物質世界の闇の中から光を学びます。
神によって創造されたすべての魂が光を増して神へと回帰するとき、 原初に存在したただ1つの光より、さらに輝きを増した存在となります。
その時私たちは、原初の光の時のようにただ神の内で神の一部として 存在するのではなく、神と同じ性質と力を持つ1つの個性として神と共に在る事ができるのです。

神が創りしこの世界について

現在の私たちの居るこの世界とは、神と私達の成長を願う神の願いが顕現したの世界です。
インドの聖人たちはこの世はマーヤー(幻影)であると教えています。
神も私たちの本質である魂も、この幻影を超越した所にあるからです。私たちの本質とも言える「魂」は神によって作られた神と同じ性質と力を持つ光の存在です。 私たちはこの物質世界で学び、本質である魂を磨き、より輝きます光の存在として成長をしていきます。多くの宗教で、人間が神に至るための必要なものを「浄化」 「徳」や「愛」といった言葉で説明しています。

その理由は神と一体と純粋な愛は 同じ意味を持っているからなのです。

PR

神話と原罪

神はこの世界を自らの意思、そして光と音と幾何学(数)で作ったと言われています。
世界の真実、心理を解き明かそうと、魔術、錬金術、占星術、ヨガ、さまざまな方法で研究されてきましたし今も研究され続けています。
この宇宙にはたくさんの法則があります。人間は学問や科学によってそのほんの一部に気がつくことができたり、それを科学や生活に応用したりしています。私たち人間の心、肉体は完全というにはほど遠いいのですが、神とこの宇宙の法則は驚くほど完成された調和の取れた構造を保っています。
そして私たち人間の魂も神によって創造されました。私たち人間の魂はまだ汚れなき原初の時、天使的な存在でした。
神が似姿として創造した人間の魂には、神と同じ「創造の力」「自由意志」があるのです。

天使的存在であった人間たちと原罪

神の似姿である私たちの魂は、ちいさなちいさな神の欠片です♪
故に私たち人間の全ては、その根源に魂という神性を持ちます。
かつて私たち人間はその性質故に、天使的な存在でした。
私たちもこの世界の調和の一部であったのです。
そんな私たちがこの物質の世界に縛られる事になったのは

物質の織りなす美しさに魅せられて、たった一輪の花を手折った
そのような些細なできごとからです。

私たち一人一人にとってのカルマとなった「原罪」とはこのようなものでした。
私たちは、日々の取るに足らないような小さなできごとももっと見つめなければなりません。
多くの人間は、心の中で花を手折るよりも、もっと良くない事を考えたり、実際に行っているからです。

私たちの良心は、どんな小さな悪でも見逃さずに声をあげます。
良心の声に耳を傾け、日々心清めて愛を育む事で私たちは光り輝く本来の姿を取り戻せるのです。

それはつまり、神と宇宙の法則の中に調和するという事です。

PR

神と愛で一体になる

「神」と「一体」と「愛」

私達はかつて「神」と「一体」の存在でした。
神によって分霊された私達は、その大きさこそ違えど、神と同質の存在ででした。人間の私達が魂と呼んでいるのは状態です。
原罪を知らない魂であった頃の私達は、自分以外の魂を、自分と同じように「愛」する事ができました。魂は神と同じ性質を持ち、永遠不滅の存在です。しかし、人間として生きている私達は、原罪によって物質世界に降下し、魂であったときの本当の自分を見失っています。
だから「魂」であった頃のように自分以外の人間を自分と同じように愛する事ができません。この事を一つ一つ説明したいと思います。

「神」=「一体」 つまり神は全てとひとつ

神とは、この世界のすべてを創造した原初の光、宇宙意識 すべての根本といったものです。0と言う数字がそれしかないように神とは、唯一ただ1つの根源的な 意識エネルギーであり、はじまりの瞬間もただ1つのものです。

はじまりのビジョンとは、第1の光である神が自らを分かち 第2の光を創造した瞬間であり、新たに輝きだした2つ目の光りが自らを分かちさらなる数多の光りを生み出した瞬間です。

今のこの世界と全ての物質は第2の光が創り出したものです。
私たち人間も世界のすべても、もともと神から生まれました。さかのぼれば私たちすべては1つであったという事です。
つまりそれは「神」=「一体」という事になります。

「愛」=「一体」 つまり愛は全てを一つにする

私たちは、この物質の世界に居て、もともと自分にも等しいといえる自分以外の 存在達を、自分と同じように扱えなくなっています。
人間の多くは魂の存在やその目的を忘れ、本来幻影と言えるこの物質の世界での生活をすべてのように思いこんでしまっています。
そして捕らわれ、 思うように魂を成長させることができない状態に陥っています。利己的な心であったり差別であったり、自分と他人をへだてる 個別意識はますます強くなり、人間として生まれた魂の多くは 本質を見失い混乱しています。

どうすれば人間はこの物質世界で混乱することなく魂の成長という 魂本来の目的を果たせるのでしょう?

私たちは、自分自身と同様に、ほかの存在も自分自身と同じように大切にしなければ成りません。自分のごとく人を愛する。
自分と他人の存在を等しく考えるという事が「愛」でありそれはつまり
「愛」=「一体」 という事になります。

「神」=「一体」=「愛」

神は全てと一つで、愛は全てを一つにする。
この事に気がついた人たちが居ました、そしてこの事を人に教えて広めてきた人たちが居ます。過去の偉大な聖人達です。
愛が神に通じる道であるというように言われる本当の理由です。

私達の魂を成長させ神に至る道…

「神」=「一体」=「愛」  神とすべてを一つにするのは愛です♪

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

1,474,801 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. magunolia

    ✰ウリエルさま✰

    いつも愛溢れるメッセージありがとうございます。(^^♪
    magunoliaです。

    いよいよ『令和』に年号が変わりますが、この大事な節目にこんな素晴らしいメッセージを読ませていただけて有り難いです。

    【私たち人間も世界のすべても、もともと神から生まれました。さかのぼれば私たちすべては1つであったという事です】
    【自分と他人の存在を等しく考えるという事が「愛」でありそれはつまり「愛」=「一体」 という事になります】

    この世の人達が全てがこんな愛の思いで毎日を暮らせたら、この世から戦争も無くなり、飢えや恐怖に脅えなくてすむのに…。と思いました。
    一人一人の思いが本当に大切だと思います。
    私も日々の日常生活で、ついつい愛の思いとは正反対の『愚痴や不満』になる時がありますが、思いのベクトルを愛の方向に向け直していきたく思います。 
    ウリエルさんにいつも感謝しております。

    • ☆ウリエル☆☆ウリエル☆

      magunoliaさんこんにちわ♪
      愛と神と一体 なかなか説明が難しい事なのですが、伝わってうれしいです♪
      日々、自分の中に愛を増やしていくというのは、筋トレとか、陣取りゲームに似ています。
      ジワジワ増やしていくかんじです(笑)

      自分の内と、この世界に、愛を増やしていけるようにお互い頑張りましょう♪

  2. のんたん

    ウリエルさん、こんにちわ♪
    いつもいつも、ありがとうございます♪

    ウリエルさんに更なる神のご加護がありますように。お祈りしてます。

    • ☆ウリエル☆☆ウリエル☆

      のんたんさんこんにちわ♪
      こちらこそいつもありがとうございます♪
      のんたんさんに健康と幸福がありますように♪

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談