内省 内観 内在する神と出会う準備

内省と内観
瞑想

「内省とは」
自分の考えや行動を深くかえりみる事。
内省は英語でReflection(リフレクション)という言葉で、現代ではビジネスの教育の現場でも使われる言葉です。
「内観とは」
ほぼ同じような言葉の意味になっていますが、内観は仏語で、自己の仏性、仏身などを観じるという、霊的(スピリチュアル)なニュアンスも含まれています。内観は心理学や精神医療などでも使われる言葉です。
いずれにしても、深い自己観察で己の気づきを促し、それによって問題をクリアにしていくという考え方や方法として使われている言葉です。
天空の庭先では、内省・内観は瞑想に取り組む前段階として、心の浄化に必要不可欠なプロセスであると繰り返し説明してきました。

PR

 

内省の意味

自分の考えや行動を深くかえりみる事。
私は霊的な探求者で、天空の庭先はスピリチュアルなブログです。
私にとって、内省は、心を清める為の方法でしたが、今では職場の部下に、PDCAのプロセスの一つとして内省を求めています。
求道者であれ、ビジネスマンであれ、はたまた格闘家であれ、人間であれば「内省」を行う意味と、そこから受ける恩恵は計り知れません。
反省は、犯した失敗や過ちに対する考察と評価と改善ですが、内省の意味とは、「自分への問いかけ」です。
内省においては、質問するのも自分、回答を出すのも自分、つまりは己のレベルによりいくらでも内省は深くなります。

  • どうしてあの時、AではなくBを選んでしまったのか?
  • どうしてあの時、感情的に反発してしまったのか?
  • あの時にBを選んだ根っこにある気持ちの中に「我執」が存在した。
  • その我執の源は、以前あった出来事でAさんを嫌いになったのが発端だ...
  • なぜ嫌いになった状況を改善してこれなかったのか? どうすれば嫌いではなくなるだろう?

もし、内省者が「カルマの法則」に深く精通していたなら、内省による自己への問いかけは前世にまで及ぶことでしょう。
内省は、夜寝る前になどに、静かな部屋でゆっくり心を落ち着かせてやるほうが客観的に物事を判断できます。
ですが、そういった時間とは別に、日頃から原因の本質を掴むために考えを深めたり、仕事や行動の節目に自分自身をかえりみる習慣をつけておくと良いです。

PR

 

内観の意味

自分の内側を観じること。
内観を、深い瞑想に入る前段階です。
内省は自己への問いかけでしたが、内観は観ること。
観るのに言葉はいりません。より深く観る為にはむしろ必要なのは黙する事でしょう。
そしてただ観るのではなく、あるがままを観てありのままを受け入れる。そして尚、静寂の内に黙する。
内観はさすがに仕事中にやるのは難しいと思いますが、日々の生活の中でも自分の心の動きや変化を観る事は出来ると思います。
そして心がクリアになれば、どのような状況にも心が揺れることなく、「あるがまま・ありのまま」を受け止められるようになります。

PR

内省のやり方

いきなり自分に問いかけなさい、と言われてもやり方に困る人もいると思います。
簡単にできる内省方法をご紹介します。
内省になれないうちは、夜寝る前、静かで暗い部屋の中で座して行うのが良いでしょう。
(横になると寝てしまいがちなので)

一番のありがとうと一番のごめんなさい

ありがとうの花

所用時間:1分~3分の内省法
まずは内省する習慣をつけましょう。
そのためには出来るだけ負担無く日々の生活に組み込めると良いでしょう。まずは、一番簡単で、一番短時間で出来て、それでいて大切な事に気がつける内省法をお教えします。

時間は寝る前が良いです。
1日の終わりの時間なら、その日1日に考えたこと、行った事全てを内省の対象とする事が出来るからです。

内省法 一番のありがとうと一番のごめんなさい

  1. まずは1日を朝から振り返ります。
    印象強い事などを思い出しながら、自分の行いや言動の中で、一番良くなかった事を一つピックアップします。
  2. 何故そうなったかを考えましょう。
    そして「ごめんなさい」心の中で気持ちを込めて唱えましょう。
  3. まずは1日を朝から振り返ります。
    印象強い事などを思い出しながら、最も感謝すべき人間や事柄を一つピックアップしましょう。
  4. 一番感謝すべき事として選び出された理由を考えます。
    そして「ありがとうございます」心の中で気持ちを込めて唱えましょう。

いつも同じような事柄になるかも知れませんし、いつも同じ人が感謝の対象になるかもしれません。

「ごめんなさい」は、今後の自己の心や相手との関係の改善につなげましょう。
「ありがとうございます」は、感謝を祈りと共に届けましょう♪

PR

 

心と愛の検証

自己の内面を見る少女

所用時間:1分~3分の内省法
自分自身を取り巻く人達、家族、職場の人間、友人などと、自分の関係性を見つめる内省法です。
私たち人間は、必ずと言って良いほど自分以外の人間と関わって生きています。
必ずと言って良いほど、毎日なんらかの形で人間と関わり、関わられています。
私はよく、心を清めて愛を持って生きることが大切だと言います。
でも実際、自分の心がどれぐらいの清められているか?どれぐらい愛を持っているのか?
なかなか想像はつかないと思います。
そのあたりのの自己の心やわき上がる感情を検証するために、私自身もたまに行う内省方を書いてみようと思います。
結構面白いですよ(笑)

内省の準備

まず、出来るだけ音や光り、他人の影響を受けない場所や環境でリラックス出来るような格好や姿勢をとってください。
普段瞑想をしている人は、瞑想に入る前の時間を利用して行うのも良いと思います。
ここまでのプロセスはまあそんなに重要ではないので気楽にやってください♪

心で隣人と向き合う
  1. 自分の身近な人間で一番親しい人を思い浮かべます。
    まずはその人との間で、自分が反省するべき点や改めなければいけない点、過去から現在に至るまでに印象に強く残っている出来事を思い浮かべてみます。
  2. もし自分の心の中に、なんらかの否定心があるようならばそれを自分が手放す事を決意してください。
    これは誓いでも約束でもありません、決意です。
    今後その気持ちが浮かぶたびにこの決意を思いだし、全てが消えるまで何度でも手放します。
    その人に感謝すべき事、ありがとうを言うべき事があれば心の中で伝えて下さい。そして感謝の思いがその人の健康や幸福へと結びつくように祈ります。
    「○○さんに健康と幸福がありますように」
  3. ここまで終わったら、次に親しい人を思い浮かべます。
    そして最初の一人目と同じプロセスを繰り返します。

反省すべき点は反省し、感謝するべき事を感謝する。そして祈る。
私はこれを10や20人繰り返し行っていくような事をたまにやります♪

これをする事によって、自分の心の奥底に、誰に対してどんな感情を持っているのか?
その感情をもつ原因となった出来事などを浮き彫りにしていきます。

自分がどれだけ人に感謝するべき事がありながら日々見過ごして生きているのかも解ります。
良いことも悪いことも見つめていきます。

これを対象となる人間を変えて繰り返していくと気付く事があります。
身近で自分に友好的な人であれば、容易に反省したり許したり悪感情を手放したり、感謝することが出来ます。

PR

 

内省の注意点

逆に、自分に対して否定的な人を思い浮かべるとき、頭と心は 許しや感謝が必要であり、それが必要であると解っているにもかかわらず、肉の心、つまり感情がそれに逆らい始めます。嫌な人間や出来事に腹を立て始めます。
感情は第3チャクラに属するので、この時、お腹がきゅっとする場合もあるかと思います。これはとても解りやすい体の反応です。
私たちは、内省において、にわかには許せない人間やその人間との忘れられない出来事を、許し、手放していかなければなりません。

体の声が聞こえて来ると事もあると思います。
緊張やストレスを感じる事もあると思います。
そんな場合はその不快感が消えるまで祈れるときは祈ります。

しかし、無理はしないで下さい。
あまり不快感が強いときには祈りを次の機会にまわして先に進んで下さい。
内省の時、一番よくないのは本来の目的を忘れて悪い考えに取り憑かれる事です。それだけは注意して下さい。

内省でわかること

定期的に内省を繰り返すと、徐々に自分の否定心が減らされて、嫌だった人間や出来事を思い浮かべても不快な気持ちにならないように自分が変化していく事がわかるはずです♪
部屋を掃除する事が出来るのと同様に心を掃除することが出来るのです♪
自分が嫌いな人の事を祈るとき、こんな風に祈ると良いです。

聖なる創造主なる神よ、私たちの間に平和と調和がありますように。

心が清められると、愛情が強まります。

PR

 

内観のやりかた

自分を振り返る

内省は自分の中の感情や心を向き合う事でしたが、内観はもう少し難しくなります。
考えたり祈りを唱えるような事とは違い、静かに自分を観ずる、つまり心を沈めることが目的となるからです。
内観のやり方はいたって簡単ですが、内観を成功させるのは意外と大変かもしれません。
なぜなら、内観をしていると様々な雑念が心に浮かんできて、自分を観ずるどころではなくなってしまうからです。
もし雑念を振り払えない場合は、「内省」に戻るのも一つの手かもしれません。

雑念を振り払うコツ、雑念を呼び起こさないコツは「今」という時に集中する事です。

私がいつも行っている内観法をご紹介するので、是非試してみたください。

PR

 

呼吸を感じる内観法

まず、出来るだけ音や光り、他人の影響を受けない場所や環境でリラックス出来るような格好や姿勢をとってください。
普段瞑想をしている人は、瞑想に入る前の時間を利用して行うのも良いと思います。

  1. 私たち人間が何もせずともしていること。呼吸です。
    心を静め、自分の呼吸を意識します。
    吸ったときに膨らむお腹、空気の味、におい、吐き出すときの音。
  2. 呼吸を意識しつづける事によって、意識は「過去・未来」を考えることをしなくなります。
    すると、同じく「今」起きていることが意識の中に入ってきます。
    例えば、冷蔵庫の音、扇風機の音、身体の痛み、etc… それらを観じます。
  3. 「今」を意識する事によって現れた呼吸以外の事をひたすら横に置いていきます。
    つまり、「冷蔵庫の音がある」「扇風機の音がある」「腰が痛い」など、その存在が在る事を認めた上で意識の外に置きます。
  4. やがて呼吸だけに集中する事が出来たなら、それが「瞑想」の入り口です。呼吸を観ずるにあたって、呼吸法と組み合わせると相乗効果が見込めます♪

基本の呼吸法

PR

 

内省と内観のまとめ

これはイエス・キリストの言葉ですが
供え物を祭壇に持って来て兄弟が自分に対して何か反感を抱いていることをそこで思い出したなら、あなたの供え物を祭壇の前に残しておいて出かけて行きなさい。
まず自分の兄弟と和睦し、それから戻って来たときにあなたの供え物をささげなさい。

これは悪い事を清めてから神に会いに行きなさいという事です。
内省で心を清めた後に続けて瞑想をすると、自分の心が清くなった分、そして沢山の人に感謝と愛を持った分、日々の瞑想より特別な力や効果を感じると思います♪

私たちの心が清く美しくなり、愛情によって満たされるならば否定的な全てのエネルギーは私たちを微塵も傷つけることは出来ません。
内省と内観で心を清め、祈りにより神に問いかけ、瞑想により神と出会いましょう♪

 

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

159,777 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談