チャクラとはサンスクリット語で「輪」「円」という意味です。

それは人間の身体と重なるようにある、回転するエネルギーの渦です。
人間の体に7つある霊的なセンターで、その7つ全てが別々の性質をもち重要役割をもっています。
この霊的なセンターは、肉体の内分泌学と密接な関わりを持っています。

チャクラの概念については、もともとはヨガで言い伝えられてきた言葉です。
同様の概念は、各国の神秘学に存在し、その数を10とする場合、5とする場合、3とするとする場合など思想によっても異なります。
実際人間の霊的なセンターというのは大小すべて数え上げると7つどころか無数に存在するのでその中から何を重要視するかであると言えます。

この庭さきでは、ヨガとは少し異なりますが、センターラインの7つのチャクラをメインに説明をしていきます。

『性腺』 『ライデン腺』 『副腎』 『胸腺』 これらは下位中枢で物質を司り人間の獣性を表します。
『甲状腺』『松果体』『脳下垂体』 これらは上位中枢で霊を司ります。

チャクラは日常生活での気づき、あるいは心の成長や体の浄化にともない自然に開いていきます。
逆に心の病が肉体の病となるような場合、チャクラが開くためのエネルギーの経路を詰まらせてしまいチャクラが開く妨げとなってしまいます。
チャクラが正常に活動すると言うことは、それぞれの内分泌腺が正常に活動するということなので、チャクラが正常であることはすなわち、肉体的にも正常であるという事です。

チャクラはオーラ視が出来る人間が見ると、光り輝く結晶化した円盤のように見えたり、エネルギーが強いと光そのもののようにも見えます。

不健康な人は、チャクラの輝きが鈍かったり、エネルギーの渦に淀みを持っていたりします。

 



■ランキング参加中♪
心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪

Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif にほんブログ村
ひかり 精神世界ランキング