チャクラとは – スピリチュアルとは 第31話

チャクラとは

チャクラとはサンスクリット語で「輪」「円」という意味です。
それは人間の身体と重なるようにある、回転するエネルギーの渦です。
人間の体に7つある霊的なセンターで、その7つ全てが別々の性質をもち重要役割をもっています。
この霊的なセンターは、肉体の内分泌学と密接な関わりを持っています。
チャクラの概念については、もともとはヨガで言い伝えられてきた言葉です。
同様の概念は、各国の神秘学に存在し、その数を10とする場合、5とする場合、3とするとする場合など思想によっても異なります。
実際人間の霊的なセンターというのは大小すべて数え上げると7つどころか無数に存在するのでその中から何を重要視するかであると言えます。


チャクラの種類

天空の庭先では、ヨガとは少し異なりますが、センターラインの7つのチャクラをメインに説明をしていきます。
まずは下の画像をご覧ください。

七つのチャクラと人間の身体

  • 第1チャクラ 『性腺』
  • 第2チャクラ 『ライデン腺』
  • 第3チャクラ 『副腎』
  • 第4チャクラ 『胸腺』
  • 第5チャクラ 『甲状腺』
  • 第6チャクラ 『松果体』
  • 第7チャクラ 『脳下垂体』

第1~4のチャクラは下位中枢で物質を司り人間の獣性を表します。 第5~7のチャクラは上位中枢で霊を司ります。
0番は足の裏にあるエネルギーの出入り口です。 8番は第7チャクラが変容した形です。

チャクラの機能

チャクラは私たちの霊体に備わるエネルギーセンターです。
肉体レベルでは各分泌腺に対応しています。
電化製品が電気で動いているように、私たちの身体も霊的なエネルギーで動いています。
そのエネルギーを蓄積させたり分配させたりして、私たちの身体を動かしています。
各チャクラにはそれぞれに役割や機能があります。
このチャクラが発達すると、人間的なさまざまな力が強まり、覚醒させると霊能力と呼ばれるような力が発現します。

チャクラを覚醒させる

チャクラを覚醒させる事を「チャクラを開く」と言ったりするのですが、チャクラは日常生活での気づき、あるいは心の成長や体の浄化にともない自然に開いていきます。
逆に心の病が肉体の病となるような場合、チャクラが開くためのエネルギーの経路を詰まらせてしまいチャクラが開く妨げとなってしまいます。
チャクラが正常に活動すると言うことは、それぞれの内分泌腺が正常に活動するということなので、チャクラが正常であることはすなわち、肉体的にも正常であるという事です。

チャクラはオーラ視ができる人間が見ると、光り輝く結晶化した円盤のように見えたり、エネルギーが強いと光そのもののようにも見えます。

不健康な人は、チャクラの輝きが鈍かったり、エネルギーの渦に淀みを持っていたりします。

 

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。 <strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a> <strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a> 「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪ 「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。  

プロフィール



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。