子供に好かれる人をスピリチュアル的に説明

子供に好かれる人
スピリチュアル

むやみやたらに子供に好かれる人ってたまにいますが、その背景にはスピリチュアルな理由が隠されていたりします。
子供は感受性が強く人を選んだり好む基準も大人とは大きく異なります。
子供に好かれやすい人は、じつはエネルギーやオーラに特徴が有り、総じてエネルギーやオーラ的に健全で、子供や周りの人に愛を持って接している人達が多いです。
子供はオーラの質や愛の大きさ、深さを見定めます。

PR

 

子供に好かれる人のスピリチュアル的な特徴

子供やあるいは赤ちゃんでも、大抵は優しそうな人や笑顔の多い人、子供目線な人が警戒心を解きやすく好かれると思いますが、意外と子供の感性ってそれだけではなくて子供独特の基準を持っています。それ故に、誰にでも好かれそうな人が子供には警戒心を持たれていることもあったり、逆に理由もわからずにめちゃめちゃ子供に好かれる人もいます。
私たち大人が人を好む基準と異なる、子供独特のひとを選ぶ価値基準は、じつはスピリチュアルなことに由来するものがとても多いのです。

スピリチュアル的にいうと子供は大人よりエネルギーに敏感です。特に2歳児ぐらいになると、対面で目を合わせた時には、目を通してさまざまな感情やエネルギーを受け取り、色々なことを感じ取っています。作り笑顔とかすぐに見分けられてしまいます。
そして小さい子供はマイナスエネルギーやエネルギーに相性を感じ取るので、エネルギー的にバリアを感じる人、エネルギー的に相性の悪い人、マイナスエネルギーの保有量が多い人には接し方が変わります。

では、子供に好かれる人のスピリチュアル的な特徴とはどのようなものなのでしょう?

PR

子供は愛の大きさと深さを見分ける

子供は相手の愛の大きさと深さを見分けます。
子供たちは大人たちの愛がなくては一人で生きていくことすらままならないからです。
子供たちは自分により大きな愛と喜びを向けてくれる人は自分にとって重要で大切な人間だと本能的にわかっています。
ですから、子供たちは愛が大きく深い人が大好きです。

子供はエネルギーの健全さを見分ける

子供たちはエネルギーの健全さを見分けます。
子供たちは健康で快活なエネルギーを好むため、一緒に遊んでくれたり、走り回ってくれるような元気な人が大好きです。
子供たちがNHKの子供番組に出てくるような体操のお兄さんが大好きなのにも関係しているかもしれませんね(笑)

子供はマイナスエネルギーの保有量を見分ける

子供たちは大人とくらべると大きくて強いオーラに守られているため、極端な悪影響をうけることはあまりありませんが、それでもやはり、マイナスエネルギーの影響を受けますし、敏感に感じ取ります。
ですから、理由もなく子供に警戒される人や、なんとなく好かれにくい人はマイナスエネルギーの保有量に関係しているかもしれません。
なんとなく怖い、なんとなく近づきたくない、子供たちは大きなエネルギーに守られながらも自分たちに悪影響を与えるエネルギーをしっかり感じ取って警戒もします。

PR

子供はオーラの相性を見分ける

子供たちはオーラの相性を見分けます。
エネルギーやオーラの相性は私たち人間にとって実は結構大きな要素で、これは子供だけでなく大人にもあります。
エネルギーを水質で例えるとわかりやすいかもしれません。
環境のエネルギーとはいわば水質のようなもので、それぞれの家庭や学校のような単位でも違いがあります。
子供たちはまずは親とか一緒に暮らしている人たちのエネルギー的な影響を直接受けますし、その人たちがつくる環境のエネルギーにも影響をうけます。
例えば豊かな家庭で英才教育を受けているA君と、貧しい家庭で放任され自由奔放に過ごしているB君には、単に親や環境の違いというだけでなく、そこから形成される個人のオーラにも大きな違いが現れますし、オーラの相性はつまり人間の相性にも関わります。

ちなみに私はB君タイプでしたが、A君のような子の家にいくと居心地の悪さのようなものをいつも感じていました。

4つの特徴をあげましたが、中でも価値基準として最も大きいのは愛の大きさと深さです。
なぜなら子供たちは大人たちの愛がなければ一人で生きることもままならないからです。

PR

子供に好かれる人の特徴から「子供に好かれる度」を診断。

子供に好かれる人のスピリチュアル的な特徴をまずはご説明しましたがそれはどちらかというと本質的なことで、表層的には一般的に言われているような「子供に好かれる人」の特徴として現れます。
これからお話しする内容がより多く当てはまっている人ほど「子供に好かれる人」であると言えます。

子供と同じ目線でコミュニケーションが取れる

これは子供としっかり向き合ってコミュニケーションを取れるということでもあります。
子供が語りかけてきた話がたいした内容では無かったとしても流さずに聞くとか、子供と話をするときにちゃんと膝を折って同じ目の高さで話をするとか、子供が喜ぶ物を一緒に喜べる、子供が感動したものを一緒に感動できる、子供を漏らさず受け止めることが出来る、それはより大きな意識を子供に振り向けるということでもありますし、より大きな愛を振り向けるということでもあります。

感情表現やアクションが派手

私たちは自分が好きなことはエネルギッシュに語り、ダイナミックに表現ができます。
例えばサッカーが好きな人がサッカーを語るときには熱がこもりますし、実際にサッカーをやる時も長い時間飽きずに動いていられます。
つまり、子供と過ごしているときに表情が豊かになったりアクションが派手になる人は子供が好きで、子供により大きなエネルギーを振り向けていると言えます。
親が自分がやってきたようなスポーツを子供に教えるのも、子供がそれをやりたがるのも、自分に振り向けられるエネルギーを感じ取っているからです。

PR

思いっきり遊んでくれる人

子供がいる方は分かると思いますが、子供はある意味で「永久エネルギー機関」です(笑)
子供のエネルギーが尽きるまで一緒に遊び続けるとか、かまい続けるのは容易ではありません。
ですが、子供は愛を糧に生きる生き物なので、無限に構われたいし無限に愛されたいです。
ですから子供は自分と長い時間でも思いっきり遊んでくれる人が大好きです。

温厚で笑顔が多い

子供は嘘の笑顔を見分けますから、ここで言う笑顔は本当に心から笑える、微笑むことが出来る人です。
そして温厚さの裏側にある物は寛容と許しです。
寛容と許しを与えるのは「忍耐」で、本当の忍耐とは無限の時をまつ神の無限の愛です。
子供は愛によって受け入れられたいのです。

PR

子供っぽい

これは子供目線でコミュニケーションをとれるということにも通じるかも知れません。
イエス・キリストは、「子供のようにならなければ天の国に行くことは出来ない」と言いました。
子供がもつ純粋さや今に集中する力は、私たち大人にもっても学ぶべきところがたくさんあります。

世話焼き

例えば大人数や複数の家族でバーベキューに行ったりすると、必ず子供の面倒を積極的に見たり、子供に世話を焼く人がいます。
子供たちも自分と遊んでくれる人や構ってくれる人、世話をやいてくれる人と積極的に近づきます。
子供は愛を糧に生きる生き物ですから、自分を世話してくれる人が大好きです。

周りにも好かれる中心人物的な人

人間もなんだかんだで動物なので、自分を産んでくれた存在や、家族のリーダー、集団のリーダーを見分けます。
ですから、自分の両親はもちろん大好きですが、大家族ならリーダー的なおじいちゃんやおばあちゃんも大好きですし、近所の公園で集団を率いて遊びをリードするお兄ちゃん、お姉ちゃん的な人も大好きです。

こうして並べてみてみると全てに共通して言えるのは、エネルギーの強さとか、それをどれだけ自分に振り向けてくれるか、与えてくれるかということです。
時間もエネルギーですから、子供に好かれる人をシンプルに表現すると、「健全な心で自分をしっかりみていてくれる人」ということになると思います。
本質はシンプルです♪

診断の結果ですが、単純に多く当てはまる人ほど子供に好まれる人だと言えます♪

PR

子供に好かれるオーラの色

最後にすこしだけ余談ですが、子供に好かれやすいオーラの色ってあります。
赤いオーラ、黄色いオーラ、緑のオーラ、白系のオーラです。

赤いオーラが持つリーダーシップや行動力は好奇心旺盛で変化を好む子供たちに支持されますし、それは力、勇気、正義などをわかりやすく象徴する戦隊ヒーローのリーダーがレッドが子供たちに支持されているのがわかりやすい図式かもしれません。

黄色のオーラが持つユーモアや人当たりの良い性質はやはり小さな子供にも支持されます。
黄色オーラの人自身も多分に子供っぽい要素を持っていることが多く、そういった点でも子供たちにと打ち解けるのが早いと思います。

緑のオーラの人は安心感を感じさせたり癒しの波動を持っているため、子供からすると一緒にいたり引っ付きたくなる感覚を持ちます。
白に至っては全ての色の要素を持っているためどんな子供とも相性が良いですが傾向としては男性よりも女性が子供をより引き寄せるみたいです。

PR

シルバーや白銀のオーラはある意味白のオーラの上位互換なので子供たちにももちろん好かれます。
白銀のオーラは高次の影響を受けるキリストが纏っていたと言われるオーラです。

実のところ子供ほど敏感でないだけで、大人もお子供と同じようにエネルギー的な触覚でも人を判断しています。
ただし子供と違うのは相手の外見や関わるメリットとデメリットなどで直感や判断がより実質的な考え方に偏るという点でしょうか?

そして極論ですが、子供に好かれるような特徴を持っている人はもちろん大人にも好かれます。
今回子供に好かれる人としてあげた特徴を持っている成功者や経営者も多いと思います。

つまり、健全な心で相手をしっかりみることが出来れば、子供にも大人にも好まれる人間になることができます。

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

2,586,932 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. はるの

    ☆ウリエル☆さん
    いつも色々なことを教えて頂いて感謝しています。

    今回の内容を読んで、赤ちゃんや子供のスピリチュアルな判別能力は、犬や猫の動物的本能とも本質的に同じなのかも、と思いました。

    私は昔から、同年代の人達の中にいると何故か浮いてしまう反面、赤ちゃんや小さい子供や犬や猫にはすぐ懐かれる、というタイプでした。
    今では、10m先にいる犬や子供を見て(可愛いなぁ)と思っただけで、テレパシーが伝わったみたいに全速力で私に駆け寄ってくるので、飼い主さんや保護者さんが慌てて愛犬や我が子のあとを追いかける、ということがしょっちゅうです(笑)
    赤ちゃんや犬や猫には絶対、テレパシー能力が備わっている、と思います。
    離れた場所から(可愛いなぁ)と思っただけで、その思念をキャッチするなんて、凄いですよね。

    大人になった今も、同年代の人達といるとやっぱり浮いてしまうのですが、今は浮いている自分がむしろ面白いし、人からも面白いと思ってもらえているようで気楽に生きられるようになりました。

    赤ちゃんや犬や猫とは、非言語のコミュニケーションなので、嘘が無いエネルギー交流ができて気持ち良いですよね(笑)

  2. Polar bear

    ウリエルさん、いつもありがとうございます!
    とても興味深く読ませていただきました。
    私には、5歳以下の子どもがいて、更に仕事で小学生と関わりがありますが、、
    もともと、子どもに好かれるというより、大人より、こどもといる方が気楽で、子どもが
    好きです。
    もっと、子どもに好かれたい、信頼されるような人になりたいので、今回の記事とても参考になりました。
    今のところ、感情表現やアクションが派手、、というところ、笑顔が多いは、当てはまるので、他もできるようになりたいと思います。
    あ、、私も、良くタイポするので、人のことを指摘するのがすごく心苦しいのですが、、
    子供に好かれる人のスピリチュアル的特徴の最後の行、、巣ぴりちゃうる。。とありますが、
    スピリチュアルとちゃいますか?笑。

  3. Polar bear

    早速、訂正!(*^ω^*) ありがとうございました!そして、たくさんの更新ありがとうございます。
    子どもが寝たら、ハーブティでも飲みながらゆっくり記事読ませていただき、来週のために英気を養います。have a good week!

  4. かな

    ウリエルさんこんにちは!
    子ども目線の記事、新しくて面白いです!
    マイナスエネルギーという言葉にピン!
    日常ぼんやり過ごしていると、知らず知らずマイナスエネルギーがたまってしまうことや、マイナスエネルギーのたまりすぎで、アンラッキーなことが起こったりとかはありますか??
    また、たまってしまったマイナスエネルギーを、瞑想以外で、やりやすい方法で、その日のうちに落とすことはできますか?
    誰でもできるオススメの浄化方法などあれば、また機会がありましたら教えていただけると嬉しいです!
    自分を良い状態に保つこと、良い状態に上げていくことの大切さを最近感じるので、聞いてみました(^_^ゞ

  5. あらのすけ

    ウリエルさん、こんにちは。
    いつも拝見してます。
    疑問に思ってたことがウリエルさんのお陰で何個も解消できました。
    ありがとうございます!
    子供ってすごく敏感だなと常々思っていました。
    子供がたまに寄って来てくれると嬉しいです。
    子供と触れ合うとパワーをもらえる感じがするし自然と口角が上がります。
    これからも記事を楽しみにしてます^_^