意地悪な人、嫌な人をスピリチュアルとカルマの法則で説明すると

虐めに泣くこども

意地悪な人ってどこにでもいますよね?
意地悪な人と関わるのって、スピリチュアル的な理由や意味があるのでしょうか?
意地悪な人は身内にもいたりしますし、学校にも居ますし、職場にも居ますし、バスや電車などの公共の交通機関、スーパーや百貨店、ショッピングモールなど、本当にどこにでもいます。
中でも日常の人間関係の中にいる意地悪な人、ずっと先まで関わっていくような人間関係の中にいる意地悪な人は、色々と大変です。
意地悪な人と出会うスピリチュアルな理由、そして関わり方、意地悪な人の末路についてもお話します。


意地悪な人をスピリチュアル的に言う

https://arcangel.jp/wp-content/uploads/2018/11/uriel-130x130.png
☆ウリエル☆

意地悪をする人と出会うのはカルマの法則によるもの。
ひと言で片付けてしまうのは簡単ですが、さまざまな要因が絡み合う根深い問題です。

まずは一般的な言葉の定義から確認しましょう。

意地悪(いじわる)とは、悪口や陰口を言う、嫌がらせや仲間はずれ、暴言・暴力をするなど、人につらくあたること[1]。
意地悪 – Wikipedia

意地悪な人とは、簡単に言えば人が嫌がることをして、相手に不利益を与えたり、相手を傷付ける人って感じですかね?

まずはぶっちゃけた質問です。
あなたは意地悪な人ですか?

もし私がこの質問をされたらこんな風に答えるでしょう。
私は意地悪な人ではありませんが、たまに意地悪なことを考えたりするときもあるかもしれない。
自分は100%意地悪な人間ではないと答えられる人間は少ないと思います。
意地悪な人とスピリチュアルな因果関係についてネットで調べているような人は大きく分けて2種類の人がいると思います。

  1. 意地悪な人
  2. 意地悪をされている人

まあ理由として当たり前と言えば当たり前の理由なのですが、もう少し深掘りして言うとこんなかんじです。
意地悪な人はその行為の行き着く先、つまりバチが当たるとか、地獄に落ちるとか、末路について考えていると思います。

意地悪をされている人は、なぜ意地悪な人と出会ったのか?どうして関わらなければならなかったのか?
意地悪をする人の心理が知りたかったり、意地悪に負けない方法、対処法、場合によっては仕返しの方法を考えてる人もいるかもしれません。

意地悪をしていない人、意地悪をされていない人はそもそもこの記事にたどり着く可能性が非常に低いはずです。
「意地悪な人をスピリチュアル的に説明する」というこの記事のテーマは、意地悪をしている人と、意地悪をされている人、それぞれに結論を与えられるお話にできたらと思っています。


意地悪な人が意地悪をする理由

意地悪な人の心理は、ぶっちゃけ意地悪な人にしか分からないと思います。
ただ、意地悪を行う心理的というのは意地悪をしつづけている人たちの中につねにあるものであり、最初に意地悪をする時は多くの場合は「衝動」によっておこなっているはずです。
意地悪をする人の衝動の大きさにもレベルがあって、

  1. 最初から誰かに意地悪をする前提で相手を探している
  2. 汚いから、しゃべり方が嫌など理由があって意地悪をしている
  3. 嫌なことをされたから仕返し(やつあたり)で意地悪をしている

「最初から意地悪をする相手を探している」とか本当にやばいですよね…(笑)
笑いごとではありませんが、本当にいます、こういった人は。

そして意地悪をする人のなかで一番多いのは、なんであれ自分なりに理由を持っていて意地悪をはじめてしまう人でしょう。
1回意地悪をするだけで終われば良いのですけど、気持ちが収まらずに2回、3回と意地悪をしてしまう人もいます。

そして嫌なことをされた仕返しに意地悪をする人は、やられたからやり返すというロジックなので1回意地悪をすれば気が収まってしまう人も多いです。
このレベルの気持ちは人間なら誰しもがもっていると思います。

意地悪をするスピリチュアル的な理由

意地悪をする側のスピリチュアル的な理由の本質はやはりカルマです。
意地悪をしたいという衝動を持っている人は、その衝動をコントロールしたり消化することが今世での課題です。

過去世で意地悪をしてきて、そういった自分の悪習慣を抑えることを学ぶために「意地悪したい衝動」をもって生まれて来ます。
この衝動は過去世で積み重ねた感情エネルギーが第一チャクラに蓄積することで転生後にも持ち越されて起こります。

そして、意地悪をされる側の理由もカルマによるもので、過去世において意地悪をしてきた前提があり、意地悪をされた人の痛みや苦しみなどを学ぶために意地悪をされるという立場に生まれて来ます。
つまり、「意地悪をする人」と「意地悪をされる人」は、ある意味では表裏一体で、どちらも被害者にも加害者にもなり得るということです。

意地悪をしたくなる人は、まずは自分の中の衝動と戦って勝ちましょう。
これは本当に自分との戦いだと思います。そして私から言えることはこの課題は積極的にクリアしようという気持ちで取り組まない限り、意地悪はやればやるほど何度でも自分に巡ってくるということです。
葛藤しながら人に意地悪したりいじめを行い、相手の痛みを知るために自分が意地悪されたり虐められる、その繰り返しです。
早いか遅いかの違いなので、もし自覚があれば今すぐ問題解決に取り組みましょう。

意地悪をしたりされたり、そういった螺旋の終わりぐらいになると、一方的に意地悪をされるという状態に陥ります。
意地悪のカルマの卒業間近ということです。


意地悪な人と出会うのは因果応報

ここまでは意地悪な人についてのスピリチュアルな話しがメインでしたが、「意地悪をされる人」についてもお話をしたいと思います。

意地悪をされる人の理由の本質も、意地悪をする人とおなじくカルマに起因します。
意地悪をされる人には、過去に意地悪をしたことがカルマ的な因子となり、自分に意地悪をする人と関わる人生設計になる、自分に意地悪をする人を惹きつけます。

意地悪をされる側の理由もカルマによるもので、過去世において意地悪をしてきた前提があり、意地悪をされた人の痛みや苦しみなどを学ぶために意地悪をされるという立場に生まれて来ます。

今まさにリアルタイムで意地悪をされている人にしてみたら、到底受け入れがたい話しかも知れません。
まさか自分に意地悪をする「嫌な人たち」と同じことを過去に自分も行っていて、その報いを今受けているなんて…

「意地悪をするあの人たちと私は違う」

きっとそう思う人も多いのではないかと思います。なにせ普通は前世や過去世の記憶は失われた状態で生まれて来ますから。
事実を確認しようがないですしね。

カルマの法則というのは100人殺したから100回殺されねばならないというような単純なものではありません。

ですから、もしかしたら今、嫌な人たちから意地悪をされている人は「過去に意地悪をした」という理由で意地悪を受けているわけではないのかもしれません。「忍耐を示す」ことや「状況を切り抜ける」ことに課題があるかもしれませんし、まったく別のカルマを「意地悪をされる」という人生の状態において代済しているのかもしれません。

はたまた、「霊性の向上のためにより過酷な人生を選んできた」ということかもしれません。

いずれにしても、過去世で生み出したカルマの因子や、自分で決めた「魂のプラン」にもとづき、今の状況と今の人生があります。
正直過去世のことは解りません。ですから

意地悪をされている人は、仕返しなど考えずにまずは受け入れて自分の中で消化しましょう。

自分が過去世で人に意地悪をしていた、みたいな前提にたつことは難しいかも知れません。
ですが、自分の中に「意地悪を受けるカルマ的因子」があるという前提に従って正しい行動を行うことが懸命です。

自分の魂の成長のキッカケとして受け入きってしまえば、意地悪の螺旋から降りることができるからです。

意地悪な人の特徴

このあたりの話は意地悪をする人へデメリットとしてお伝えします。実は意地悪な人ってわかります。つまり「衝動」をもつ人です。
態度や雰囲気、あとは眼を見ると分かります。

意地悪な人って意外と周りの人に「意地悪である」ということを見透かされています。

するとどういったことが起きるかと言うと、深く関わらないことで自分をまもろうとする人や距離を置く人が増えます。
それはつまり、本来であれば良い友人になれた人や、本来であれば良き恋人になれたような人たちを自ら遠ざけるという行為にひとしいです。

意地悪をする人の中には、意地悪をしている相手以外の人間にでている悪影響に気づいていない人も多いです。
良い機会なので俯瞰して周りをよく見渡してみるっとよいと思います。

目つきや目の奥の輝き

目は口ほどにモノを言うという言葉がありますが、目は本当に心の中の多くを映し出します。
すこしつり目だったりキツそうな目の形をしている人もいますが、そういった人たちでも眼をよく見れば本当の人間性はわかります。

スピリチュアル的に言うなら、目からはその人の霊的なエネルギーが発露しています。

感情や想念、その人の霊性などさまざまなです。

意地悪な人は目つきや目からにじみ出るエネルギーが違います。
目が相手に不快な印象や恐れを与えます。

意地悪な人のオーラ

この天空の庭先の管理人にはオーラを見る能力があります。実は意地悪な人のオーラにも特徴が有ります。
まず一番目に作るのは薄グレーな感情のオーラや、黒っぽいチリのようなオーラを通常のオーラとは別にまとっています。
分かりやすく言うとオーラが汚れている状態です。とくにオーラの境目にこの濁りのような現象は起きます。

相手を否定し、攻撃するわけですから、オーラにも汚れた影響が出ます。

その他にもオーラの輝きが低かったり、オーラの品質が低い場合が多いです。
この天空の庭先でお話しているオーラの色の特徴のマイナス面がより強くでています。

意地悪な人の顔

40歳過ぎたら自分の顔は自分の責任を持てなんて言葉がありますが、歳をとると意地悪な人は意地の悪そうな感じが顔に出てしまいます。
あとえばお年寄りでも、可愛いお年寄りもいれば、意地の悪そうな顔のお年寄りもいます。
何年もずっと自分が繰り返してきた表情が顔のしわとなって刻まれるからです。そして勘の良い人や洞察力のある人なら、年寄りではなくとも、若い人であっても意地悪な人は顔や表情で分かります。

結論ですが、意地悪は顔や雰囲気にでますし、それが人を遠ざけたりさまざまな可能性を狭めます。
良いことなんて一つも無いのでもし意地悪をしたいという衝動が湧き上がったときは、それはやはりクリアすべき課題でしょう。
カルマ的な課題は何であれ、それをクリアにしたときには人生は大きく変化しますから。

感じの悪い人

第一印象って大切だとよく言われますが、スピリチュアル的に言うなら、第一印象は相手の顔や表情だけでなく、オーラからエネルギー的にも伝達します。
負(マイナス)のエネルギーが与える汚れた空気の印象、トゲトゲしたエネルギー、そわそわした感じ、落ち着かない感じにさせられたりもします。

自分では気付いていなくとも感じの悪い第一印象を相手に与えてしまいます。


意地悪な人に負けない方法

意地悪をされている人向けのお話なのですが、じつは意地悪している人も必見です(笑)

意地悪な人に負けない

意地悪な人に負けない力、ここでも大切になるのは「忍耐」です。意地悪な人は自分本位な場合が多く、想像力が欠如しています。
ですが、意外に自分が意地悪であることを自覚している場合も多く、意地悪をした後に軽く後悔している人も中にはいます。
しっかりコミュニケーションをとることがひとつ重要な要素になります。

と言うのは、相手の嫌いな部分や嫌な面を見たままに距離が出来ると、相手の嫌な部分や嫌いな部分がどんどん想像と共に膨らんでいます。
普段嫌いな相手でも、話す切っ掛けがあり、会話したら少しだけ見る眼が変わったみたいなことはよくあると思います。
相手と話す機会を増やすことで、相手のことを少しは理解できたり、相手に自分のことを理解して貰うことができます。
すると一部の誤解は解けて態度が軟化します。
意地悪をされる側は、心の修行と思って受け止めてください。

意地悪な人をやっつける方法

意地悪な人をやっつける方法、ここでも大切になるのは「忍耐」です。
やっつけるといっても、殴りかかったり、罠にかけたり、訴えるわけではありません(笑)
すでにお話した通り、「意地悪な人」というのは意外と周りに見透かされてういます。
ですから、意地悪な人と反発せずに受けきることです。
そして愚痴や文句を言うことなく、困っているという状況と事実を上司や同僚、友人、場合によったら家族でも良いですし、より多くの人に相談をしましょう。

例えば学生なら、別のクラスの先生や友人に相談する感じです。
世界と言うのは広いようで狭いです。あなたが相談した人同士があなたの知らない繋がりを持っている場合もありますし、思わぬところで繋がる可能性もあります。

「意地悪な人」というのは意外と周りに見透かされていますから、多くの人に事実を知ってもらうことでそれが多方向から照らされてより大きく明るみにさらされます。
意地悪な人をやっつける、と題しましたが、感情的な問題は、思考的に問題を解決する方が良いのです。

なんども言いますが、仕返しのようなことはしないのが良いのです。


因果応報~意地悪な人の行く末、その末路

この宇宙の法則で言うと、自分のした行いは自分自身に戻って来ます。人間の世界ではカルマの法則として知られています。

人に意地悪をしたり、人を虐めるとき、それはあなたが人にマイナスのエネルギーを放ったということです。
それは元々自分自身から別れ出でたものなので、いずれ自分自身の戻ってきますし、その時には同じ力で自分を傷付けるでしょう。

そしてマイナスの感情や想念のエネルギーはあなたのチャクラへと蓄積し、輪廻転生し来世へと生まれ変わっても持ち越します。
法則から逃れられずに必ず報いをうけることでしょう。

そうならないためには、意地悪をしたい衝動に駆られたとき、「衝動」を乗り越えることが必要です。

そして今、意地悪をされている人たちはそれをかつての自分自身の姿として受け入れ、そして意地悪をしてくる相手にも「忍耐」をもって課題をクリアにしましょう。
そうすることで、因果応報の意地悪の螺旋から抜け出すことが出来ます。

ちなみに、今回の記事の画像ですが、人間として生まれて来たからにはかならず親がいます。意地悪をされてる人にも、意地悪をしている人にも、親が居ます。

子供の幸せを祈っている親がこの世界には沢山います。私もそんな親の1人です。
是非そのことを思い出してください。

あなたがひとつの課題をクリアにしたときの人生の変化はとても大きいです。
意地悪は誰の中にも芽生えやすい気持ち、ですが人生を豊かにする為に、「忍耐」「寛容」「愛」をもって生きましょう♪

良くある質問や疑問に対するお答え

カルマ(因果応報)はいつから発生したのでしょうか?

人間はかつて霊的な存在でした。それが物質世界に降って動物や植物など物質世界に干渉したときに原罪が生まれます。
カルマは行いよりも動機によって測られるため、食のために殺すことで生み出すカルマは小さく、悪意によって殺すことのカルマは大きいです。
意地悪も同じで、意図せずに相手を傷付けるより悪意をもって傷つけるほうがカルマの法則は何倍も重く作用します。

最初に攻撃を受けた人は一方的な被害者ではないのか?

それはその通りで霊的な存在であった人間が物質降下したのちに起こした原罪においては、一方的に攻撃を受けた被害者が多数存在しました。
その中から復讐という選択をとった人間は螺旋に落ち、事象をまっすぐ受け止め否定心を持たなかった人間は螺旋を逃れました。
自分がどちら側の人間だったかなどは、知りようがありませんが。

意地悪する人間とされる人間の螺旋に例外はないのか?

例外はあります。これはすべてのカルマに共通する話しでもあります。

たとえば、カルマの法則は100人殺した人が100回殺されなければならないとお伝えしましたが、大切なことは報いを身に受けることではなく、「気付く」ということです。100人殺しても1回殺された時に自分の行いの本質に気付けば、それで殺人のカルマは解消されます。
ただし、それで100人殺したときのすべてのカルマが解消されるわけではないでしょう。

残されたカルマにたいする気づきを得るために人から攻撃される人生を送る場合もありますし、心身の痛みを受けることでカルマを代済しているようなケースもあります。

そして、魂の成長、忍耐を学ぶために他人から否定されるような人生をあえて選んで生まれてくるようなケースもあります。
すべてではありませんが、心や体にハンディを持って生まれてくるような人たちの中にはそういった選択を自分の魂が行ってこの地上に生まれて来ているようなケースもあります。

あと、これもたとえ話なのですが、もし「意地悪をする衝動を制御する」というカルマをもっている意地悪な人が、カルマをもつ人類最後の人間になった場合、意地悪をされるカルマを持った人間がいませんからカルマが解消出来ませんよね?

自分にカルマ的因子が無くても、相手に成長の機会を与えるために「意地悪される」という役割に生まれてくる人もいます。
たいていは霊性に優れ、意地悪されたぐらいでは自身の霊性やカルマに影響を受けないような人たちです。
ある意味ボランティアみたいなものですね。

上記と同じような理由で、天使性を備えた純粋な人間が意地悪されたり攻撃を受ける光景を私は何度か見たことがあります。

私の母も温厚で攻撃性がないように見えるのでしょっちゅう意地悪されてましたが、最後は相手ペシャンコにして説教してましたね…(笑) ちなみに、カルマの法則は動機に作用するので、相手のことを思って愛を動機に激しく怒るのであればそれは正しい行いです。

この記事にたどりついた、「意地悪しちゃってる人」も「意地悪されている人」も、この記事が自身の問題解決のキッカケとなったなら幸いです。

いっしょに読みたい記事

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。<strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a><strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a>「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

プロフィール



関連記事一覧

  1. Elvis

    ウリエル様

    いつも読ませて頂いています。
    色々な情報有難うございます。
    大変勉強になります。

    ところで、カルマ(因果応報)について教えて頂きたいのですが、因果とはいつから発生したのでしょうか?
    人間が発生した時、直立歩行を始めた時でしょうか?言葉を話すようになった時でしょうか?
    原初に食糧不足等何らかの理由により争いごとが発生して誰かを殺してしまった場合もカルマとなるのでしょうか?
    それとも何らかの欲望(支配欲等)により殺してしまった場合でしょうか?
    ライオンは生き延びるために必要な犠牲しか強いないが人間の欲望は無限大となった時点でしょうか?
    或いはビッグバン以前から。先祖とはどこまで遡るのかと言う問にもなります。
    もしそうであれば、進化論や人類の歴史が正しいとすれば、「人類の発生自体がカルマの元≒原罪」となり、
    「カルマの解消と言うルールを設定した事自体に無理がある」或いは「人類を作った(発生した)時点で分かっていたこと」となります。
    スピリチュアル的には「この世は魂が分離し経験して(早く)進化するための場」という事なのかもしれませんが、
    最終的には元いたところに統合されるのであれば、情報に接触できる一部の人だけが覚醒して、
    そうではない人達は時間をかけてと言うのもシックリ来ません。
    「いつ」「誰が」「なぜ」決めたのか?「神が自身を知るため」「そういう設計」と言われてしまえばそれまでですが。
    また、アセンションとかゲートが閉じるとか聞くと、キリストの「神の国は近づいた」の焼き直しかと思ってしまいます。
    神なり宇宙人なりがせめて、自分たちも含めて物質はクォーク、弦、ダークマター・エネルギー或いは他の何かで出来ている、
    或いは意識とは何かを明示してくれればスッキリするのですが。諸説は色々ありますが説の域を出ません。

    一方的にメールを送りつけ失礼ではありますが、なにかの折にコメント頂ければ幸いです。
    私自身は「本当にやりたいことをやって自分自身を充足させる(しなければねばならない事など何もなく単なる幻想)」「力まずに人のために何かをする」「これまでの人生はその時々に冒険心や現実逃避、無責任等で選んで来たが、実は一本の道で最初からゴールは決まっていた(導かれた)のではないか」との意を強くしています。

  2. pokipoki

    意地悪をされていると感じ、このページにたどり着きました。
    最近、宇宙の法則について学んだばかりだったので、とてもすんなりと心に入ってきました。
    自分もこれまで誰かを傷つけてきたんじゃないか、と思い当たるふしがあり、悲しくなって泣けてきました。
    人を傷つけてしまったこと、反省しました。
    悩みを新しい視点で観るきっかけを与えてくださりありがとうございました。

  3. 170cm

    陰湿な嫌がらせにほとほと嫌気が差し、こちらに辿り着きました。

    今世では自分から嫌がらせやいじめをするのは魂が幼い卑怯な人達だと思い、言い返したりした事はあるものの、しつこい復讐はして来なかったです。

    スピリチュアルでは、前世若しくは今世のカルマ説が言われていますが、前世の事は分かりませんので何とも言えません。

    もし、仰る事(今世と前世では立場が逆転している)が正しいのなら、前世でこちらが虐めていた?人達というのは、何も悪くない善良な人達だったにも関わらず生まれ変わりは意地悪人間になってしまったという事になりますよね?

    では、知的障がいをお持ちの方などはどうなるのでしょう?

    非常に偏見を生みやすいセンシティブな内容と思われます。私はこれに関しては信じていません。

  4. あんじゅ

    こんにちは。

    私は人間関係は鏡だと思っています。誰もが行動に起こさなくても意地悪な事を考えた事がないって言える人は少ないでしょう。相手は自分の心の魂の欠片を持っている。どんなに光に見える人にも闇は存在する。いえ闇を抱えているからこそ光が見えるのではないでしょうか。そもそも人間として生まれてきたのは自分の魂の深い部分を見つめ成長するためだと思います。なので意地悪だと思う人こそ有難い存在なのかもしれません。

    それと意地悪な人から感じるのは、どうか自分を理解して欲しいという心の叫びです。愛して欲しいだけなのです。満たされない心を他人のせいにしているだけなのです。そして優しい部分も必ず持っているのです。そこを見るかどうかで相手との関係は変わると思います。

  5. いいちこ

    ついこの間初めて会った人に対して凄く嫌なやつだなと感じたことがあり、直接意地悪はされていませんがその人をとても嫌いになりました。
    そして何日間も嫌悪感と苛立ちが消えませんでした。
    こんな思考では当然私にマイナスエネルギーも溜まるし疲弊するのでこのままではいけないと自分はなぜここまで腹を立てているのか?この怒りに愛はあるか?と考えた時、そこに愛は無くただ相手の誠実さに欠ける人柄が許せないという事だけでした。
    同時にSNSやYouTubeのコメントなどで見かける意地悪な発言にも物凄く腹を立てることが多かったことも重なり、今私が学ぶべきは忍耐なのではないかと解釈しました。
    解ったは良いものの、嫌な人を受け入れ許すのは本当に大変ですね。
    受け入れたり否定したりを繰り返しながら少しずつ受け入れて行っています。
    否定心が生まれた時、そこに愛があるか無いかを問うと次の道筋が見えやすくなりました。
    ウリエルさんのブログを読んでいたからこのような方法に辿り着けたのだと思います。
    記事を書き続けていただきいつも感謝しています。本当にありがとうございます。

    最近銀色のキラッとする小さい光を目にする機会が増えました。
    ただの貧血時に見える光と同じなのか良いエネルギーが見えているのかわかりませんが、頻繁に見えるので気になっています。
    いつか詳しく記事にされる事がありましたら勉強させていただきたいと思っています。