猫とスピリチュアル

黒猫
スピリチュアル

猫はスピリチュアルな動物の代名詞ともいえる存在かも知れません。
猫は紀元前8000年前にはペットとして飼われていて、さまざまな古代文明にも壁画やオーパーツとして登場します。
古代エジプトにおいては、バステト神として崇拝され、西洋においては黒猫は魔女の使いとして知られ、黒猫が目の前を通ると不吉とも言われます。
日本では金運をもたらす招き猫、22年生きると尻尾が分かれ猫又という化け猫になる、猫を殺すと7代たたられるなどの話があります。
さて、なにゆえ猫にはこのようなスピリチュアルな話がたくさんあるのでしょう?
猫をスピリチュアル的なお話をしたいと思います。

PR

猫とスピリチュアル

猫にまつわるスピリチュアルな話が多いのはなぜでしょう?
猫にまつわるスピリチュアルな話が多いのには大きく2つの理由があります。
その1つは、猫は古代よりペットとして人間と暮らしていたことが挙げられます。

猫は紀元前8000年以上前からペットとして飼われていて、人間にとってはとても身近な存在でした。
このようなはるか昔に猫が人間に飼われていたのには理由があり、新石器時代に農耕が広まったころに穀物の保管庫をネズミから守る為に猫が飼われたと言われています。
そんな背景からか?西洋では麦穂の精霊と同一視され、中国でも稲穂の精霊と呼ばれ、けものへんに苗で「猫」と書かれるようになりました。
そして日本でも、猫は穀物を荒らすネズミを退治するため農産信仰の対象となり、豊穣をもたらすなど縁起のよいものとされています。
それがまねき猫のルーツとも言われています。

古代エジプトでは女神バステトが有名で、猫は神格化された存在で人々の生活に深く密着していました。
猫のミイラはエジプト各地でいくつも発見され、猫専用の墓地もあったほど猫は古代エジプト人たちにとって親しまれ、そして特別な存在でした。

猫にまつわるスピリチュアルな話が多いのは他の動物より圧倒的に人間との接点が多いというのは1つの理由です。
ただし、人間との接点が多い動物という事であれば、猫よりもさらに昔から家畜化されていた「犬」はどうでしょう?
犬にもスピリチュアルな話が無いわけではありませんが、猫と比べると格段に少ないです。

PR

猫を飼うスピリチュアル的な意味

私も子供の頃に猫を飼っていました、猫はベスト3に入るぐらいに好きな動物なので今日までの人生の中でよく観察しました。
断言しますが、猫にはスピリチュアル的に特筆すべき性質があります。
それが猫にまつわるスピリチュアルな話が多いもうひとつの理由です。

猫と言えば魔女の傍らにいる魔女の使いというイメージもあります。
魔女の宅急便は日本では誰もが知っているような作品となりましたが、魔女の使い = 黒猫 のイメージが今の日本でここまで広まったのは「黒猫のジジ」の存在が大きいのではないでしょうか? 魔女の宅急便という作品のおかげで日本では魔女も黒猫も可愛らしいイメージで伝わっていますが、中世のヨーロッパではペストを魔女が広めたという理由で数万人という魔女が迫害を受け処刑された「魔女狩り」がありました。

魔女が猫を使い魔として飼っていたかと言えばその点については答えはNOなのですが、森に住む魔女が動物を好んで飼っていたのは事実で、その中でも猫は好まれていたようです。森の中の住居にもネズミが忍び込んでくるからというのは想像にたやすいです。

森に住む魔女が好んで飼うこと、暗闇で光る目、暗闇でも見える目、静かでしなやかな動き、こういった猫がもつ不思議な性質が合わさり、猫は魔女の使い、猫には霊が見えて魔女に危険を知らせる、などなど、猫にまつわる様々な話を生み出しました。そのため、魔女狩りの際にも猫は魔女の使いとされたくさん殺されました。

さて、ここまでがよく知られる猫とスピリチュアルに関する話です。

では実際に猫には何かスピリチュアル的にどのような特別な能力や特徴はあるのでしょうか?

猫のスピリチュアル的な特徴

オーラ視の能力を持つ人が猫を見ると他の動物と大きく異なる点があります。

  1. 猫のオーラが体からはみ出る割合が大きい
  2. アストラル体のエネルギーが他の動物より強い

※そしてもう一つ黒猫限定ですが、否定的なエネルギーに取り憑かれにくいという特徴があります。

さて、これらの特徴が意味することがあります。
つまり猫という動物は霊的な影響を受けやすい動物であるということは言えますし、それはつまり霊媒が強いという言いかたでも良いでしょう。
アストラル体のエネルギーが強いという事は、感情のエネルギーが強い、想念のエネルギーが強いという事です。

もちろん、霊視者が猫を見たらこれらの特徴に気がつくでしょうから猫の霊媒の強さを危険を察知するためにうまく利用したでしょうし、猫に恨まれるとやっかいかもしれないと思ったかもしれません。

猫がもたらすサインやスピリチュアルなメッセージ

猫のオーラ

↑うん 黒猫可愛いですね♪
猫のスピリチュアル的な特徴を簡単に言うと、猫は霊媒が強く、感情や想念のエネルギーが強いです。
さて、上の画像は私は猫をオーラ視したときにたまに見る光景を合成画像で再現してみました。
猫から白いオーラが大きくはみ出しています。
のんきに猫がぼけーっと空を眺めてるようなときに猫のオーラが体から大きく外れている時ことが多いです。
公園などでそれを見た私も、「ああ、今日も猫のオーラが外れてるなぁ…」なんて、ぼけーっとのんきに眺めている事もあります。
もしこれが人間であったなら? 大丈夫かなあの人? ってな感じでちょっと心配するような事柄です。
オーラが身の内に収まらない人は多くの場合は外部からの霊的な影響を受けやすく霊媒が強いです。
実は猫にも同じ事が言えます。

ただし、猫の凄いところはこの状態からぱっとオーラを身の内に納めて、さっと跳ね飛んで逃げ出したりできるところです。
稀にそれがうまくできずに段差を飛び越えられずに壁に激突したり、落ちたりする猫もいますがそれでも人間と比べたら凄まじく切り替えが早いです。

この猫の霊媒が強い性質は霊的な変化や危険を探知するためのサインやアラートとして役立つでしょう。
よくできた猫は、さまざまなスピリチュアルメッセージを私たち人間に伝えてくれます。
ただ難しいのは、飼い慣らしすぎると猫も怠惰になって直感や霊媒が鈍るという事でしょうか。

猫がじっと私を見る時、私のオーラがピリピリと感じ取る事があります。
そんな時、猫は私ではなく私のオーラを視ているのかな?と感じる事はよくあります。この感覚は赤ちゃんからもよく感じました。

PR

猫は感情と想念が強い動物

猫は1~2歳の子供程度の知性を持ち、稀に賢い猫で3歳児程度の知能を持っているようです。
一般的には犬より知能が劣るとされていますが、脳化指数で言えば、知能が低い犬なら、知能が高い猫が上回るといった程度の違いしかありません。
犬は人間に従順で訓練しやすく猫は気まぐれで訓練しにくい事から、犬の方が知能が高いと思われていますし実際にそうなのですが、実はそこまで大きな差はありません。
さて、この記事を書いている2019年、私の娘は1歳半ですがずいぶんと沢山の言葉を理解しています。
寝る、ごはん、行くよ、来て、ダメ、熱いよ、いいよ、こういった日常のコミュニケーションで使う言葉は一通り理解していますし、ぱぱ、まま、にぃになど家族をそれぞれ言葉で認識し、2つの単語を組み合わせて自分から遊びやだっこをせがんだり、いろいろな要求をしてきます。
そう考えると猫は結構賢くて、人間の言葉もそこそこ理解しているのだろうなぁと思います。

そして猫の特筆すべきスピリチュアルな特性は、その感情エネルギーの強さです。
と言っても、普通の人にはなかなか分からないかもしれません。
いくつか例を挙げると、猫の状況判断の速さは感情エネルギーの強さに関係しています。
つまり、取れる!って思ったらさっさと捕るし、やばい!って思ったらさっさと逃げるし、変だと思ったらとことん疑います。
そして猫の記憶力の良さも感情エネルギーの強さに関係しています。
感情エネルギーはエーテルエネルギーにすり込みを与えます。簡単に言うと、「強い念は場所や物に込められる」ってのと同じ話です。
猫の感情エネルギーは猫自身のエーテル体にすり込まれるため、子猫の頃に体験したような怖い体験をいつまでも忘れずに覚えています。
これは猫の脳が覚えているのでは無く、エーテル体にすり込まれた感情エネルギーによって覚えている感じです。

これは私の妻の実家の猫の話ですが、オスの黒猫で子猫の頃に去勢されたそうです。
その時の体験を今もって覚えていて、猫を車に乗せて移動する際に、去勢を行った病院へ行くルートに乗るといまだに暴れ出すそうです。
猫に関しては似たような話を色んな人から聞きます。薬を混ぜた食べ物、注射、病院などなど。

猫はその体の大きさに似合わない密度のアストラルレベルのエネルギーを内に秘めています。
もし猫がもつ感情エネルギーが人間の子供の2~3歳児に匹敵するのであれば、人間の健康に影響を与えるに十分なエネルギーの総量を持っていると言えるでしょう。
刷り込み性も強いですし、つまり、事実として猫に呪われたり化けられたらやっかいです。

そう考えると、猫について昔から言われているような話は、猫の霊的な実像がしっかりと根拠になっていると言えるかも知れませんね。

PR

猫はスピリチュアルヒーラー

猫は霊媒の強さゆえに、さまざまなエネルギーを引き寄せます。
その性質の為、飼い猫となった猫は飼い主や親しい人間から悪いエネルギーも引き受けてくれます。
猫が人を癒やすというよりは、猫が人のマイナスエネルギーを受け取ってくれるといった感じです。
プラスアルファで、猫はその愛くるしい姿や曲線美、触ったときの感触など、人間のストレスを緩和してくれるので猫の癒やし効果はとても高いです。

猫は人間のマイナスエネルギーを引き受けたりしますが、猫自身は人間よりも遙かにグラウンディングが強いため、人間から受けたマイナスエネルギーを4本の足から地球に排出します。そんな視点から考えても、猫はマイナスを排し癒やしをくれるのですから、幸運を呼ぶ存在であると言えるかも知れません。

ただし、現代の飼い慣らされすぎて家の外に出ない、出れないような猫は、マイナスエネルギーを排泄しきれずに人間と同じような病になることも多いです。

PR

まとめ

猫は紀元前8000年以上前からペットとして飼われていて、人間にとってはとても身近な存在でした。
猫にまつわるスピリチュアルな話が多い理由は2つあります。

  1. 他の動物より圧倒的に人間との接点が多い
  2. 猫にはスピリチュアル的に特筆すべき性質があります。

猫という動物は霊的な影響を受けやすい動物であるということは言えますし、それはつまり霊媒が強いという言いかたでも良いでしょう。
アストラル体のエネルギーが強いという事は、感情のエネルギーが強い、想念のエネルギーが強いという事です。

この猫の霊媒が強い性質は霊的な変化や危険を探知するためのサインやアラートとして役立つでしょう。
よくできた猫は、さまざまなスピリチュアルメッセージを私たち人間に伝えてくれます。
ただし、飼い慣らしすぎると猫も怠惰になって直感や霊媒が鈍ります。

猫はその体の大きさに似合わない密度のアストラルレベルのエネルギーを内に秘めています。
人間の健康に影響を与えるに十分なエネルギーの総量を持っていて、エネルギーの刷り込み性も強いため、事実として猫に呪われたり化けられたらやっかいです。

猫は飼い主や親しい人間から悪いエネルギーも引き受けてくれます。
猫はその愛くるしい姿や曲線美、触ったときの感触など、人間のストレスを緩和してくれるので猫の癒やし効果はとても高いです。

余談ですが、猫の美しい曲線美は、完璧なまでに黄金比をなぞらえている時があります。
だからこそ猫はこんなにも私たち人間の心を掴むのかも知れません。
猫の黄金比がどれほど美しいかを知りたい人は「猫 黄金比」で画像検索してみてください。

きっと面白い画像がたくさん見られますから♪

 

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

1,664,392 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. ルカ

    猫の記事 拝見しました♪
    面白かったです!
    猫は逃げる!と思ったら逃げるんですね。
    ちょっと思うところあって参考になりました♪
    あ、猫の黄金比 ググってみました!
    面白いですねぇ。。私も黄金比の姿勢意識してみようかな(笑)
    私は数年前から不慮の死を遂げた猫たちを供養しています。
    良くない事かもしれないけど、私の中に入っておいで!って招いています。
    そのせいなのか、たまにすぐ近くで猫の鳴き声がします。
    今のところ特に問題は無いと思っているんですが…

    長文失礼しました。
    またお邪魔します♪

    • ☆ウリエル☆☆ウリエル☆

      猫の感情は一直線ですが、たまには迷って車にひかれる猫もいるみたいですね。

      黄金比は体のポーズが多かったと思いますが、実は猫の顔も、我々人間が可愛いと思う共通の猫は、美しい黄金比なのです♪

      >私は数年前から不慮の死を遂げた猫たちを供養しています。

      このお話にとても興味があって、簡単にでも良いので少しだけお聞かせ頂く事はできますでしょうか?

      >良くない事かもしれないけど、私の中に入っておいで!って招いています。

      人によってはリスクのある行動かも知れませんが、その気持ちの源が愛であるなら、とても素晴らしいことだと思います♪

  2. りお

    初めまして!記事をいつも興味深く拝見させていただいています。

    記事を読んでいて、質問があり、コメントしました。
    こんな魅力ある猫を飼いたいけども、猫アレルギーを持っているので飼えないなど、
    猫だけでなく動物を飼うような状況でない状態の人は、必要がない?
    つまり、自分でマイナスエネルギーを浄化できるような可能性が高い、という認識でよいのでしょうか。

    猫含め動物全般の話になってしまいました。すみません。
    もし、超余裕があったら(笑)
    ご回答いただけたら嬉しいです。

  3. ☆ウリエル☆☆ウリエル☆

    りおさんこんにちわ♪

    アレルギーなど、人間の体質に関するものは主にそのひとのカルマに起因する事が多いです。理由はいろいろあると思います。

    「必要が無い」というよりは、「近づけない」かもしれませんし「他に目的があるから近づかないように」かもしれません。

    人間はだれしもが自分でマイナスエネルギーを浄化できるので、浄化に関して言えば「猫がいたらちょっとよけいに助かる」って感じです♪

  4. ルカ

    ウリエルさん、お忙しい中ご返信ありがとうございます♪
    猫の顔も黄金比なのですね!そこは真似できないかな😅
    猫の供養ですが 10年程度前でしょうか、車に轢かれる猫や虐殺される猫が多い年 この子たちのニュースや亡骸を見るたび無性に悲しく思いこの子たちのために何か出来ないかと思って 月一で供養する事にしました。自分の部屋に天使になった猫の置物とキャットフードとお水供えて。それでも傷ましい出来事は当然無くならず、毎日供養する事にしたのです。轢かれた子達は「私の中に入っておいで!みんな面倒見てあげるから」と我が身に受け入れるよう何度も何度も亡骸を見るたびイメージしていました。それからです、鳴き声が聞こえたり傍で寝ている感覚があったりしたのは。一度、旦那さんを迎えに車を走らせていると「ねこ」と脳裏にメッセージを感じました。次の瞬間黒猫が横切ったのです。この危険を知らせるメッセージかと思ったのですが、何やら違和感を感じました。それから間もなく、私は自分では制御出来ない何かに支配されるようにイライラしてきて 旦那さんを乗せた後もイライラがつのり全てに敏感になって旦那さん不快にしてしまいました。悪いことをしました。と、後になって思えました。その時はまさに暴走する猫の様だったと思います。それから帰宅し、すぐにお供えのお水を取り替え「放っておいてごめんね」と猫のぬいぐるみを抱いて寝ました。それからも時折鳴き声は聞こえるものの今のところ悪いものは感じていません。ただ私は感受性が強すぎるのか、人間の良くない何かを感じ取りすごく疲れます。猫のように受けては流す事が出来れば良いのですが…。

    長々と夜分に失礼しました。

    • ☆ウリエル☆☆ウリエル☆

      ルカさんこんにちわ♪
      猫の供養の件、お話を聞かせていただきありがとうございます♪
      なるほど、最初、お仕事か何かでされてるのかと思ったのですがルカさん自身の個人的な活動として行われていたのですね。
      ありがとうございます。私からもこころから感謝いたします。

      ルカさんも霊的な感受性はだいぶお強い方だと思います。

      もし他者との関わりに疲れた時には、「私が私であります」と唱えてみてください。
      その時、ルカさんはルカさん以外の何者でもない状態となりますから♪

  5. ルカ

    ちなみに、私も「変だ!」と思ったらとことん疑います。ただ人間社会では その疑いを見せずに過ごすところがほんとに難しいです。私の「この人変だ!」って感覚は非常に強すぎるので厄介なのです…。

    追伸でした。

    • ☆ウリエル☆☆ウリエル☆

      >私も「変だ!」と思ったらとことん疑います。
      ねこっぽいですね♪
      この人変だって人は私も避けて通ります(笑)

  6. luna

    ウリエルさん こんにちは。
    私には20歳頃から一緒に住んでいた猫ちゃんがいて 今は結婚して 実家を離れたので
    猫ちゃんは 実家に残って飼われているのですが
    もし、あの1匹の猫ちゃんに対して
    実家の 家族のマイナスエネルギーを 引き受けてたらと思うと心配すぎます、、
    ちゃんと、「これ以上は引き受けられにゃい!」って セーブすることもできるのでしょうか、、 私がいた頃も かなりお世話になってたに違いないですし、むしろ助けてもらうために 20代の期間 猫ちゃんと出会ったのかもしれません。 もういい歳なので、これからは マイナスエネルギーを引き受けないで生きて欲しい(´;ω;`)、、

    そして ウリエルさんちのお子さんも1歳半なんですね! うちも娘が同じ歳です^ ^

    その歳のお子さんがいて、お仕事されて、そしてこのブログを更新されているとなると
    なかなか 大変ですよね、、

    ウリエルさんのブログを、読ませていただけてる事に 感謝です^ ^

  7. Edith J

    私が酷い会社に勤め始めてから、猫が病気になりました。世話する時間もなかったせいですが、可哀想なので会社を変えることにしました。会社を辞めてから、徐々に回復しています。うちの猫は、以前、私があまりよくないと思われる立地のアパートの部屋にいたとき、背後に何か観たり、怯えたりしてました。今はそのようなことがないのですが、あのアパートの部屋は霊道ぽかったので、猫にはなんか見えてたかなと思う。 

    • ☆ウリエル☆☆ウリエル☆

      Edith Jさんこんにちわ♪
      私のような者からすると、猫には強い霊的な感受性があるのは明白なので、きっと感じ取ったり何かを見ていたかも知れませんね。

  8. みんたん

    こんにちは♡
    ELM瞑想をしています。
    昨夜は眠れずに夜中1時30分くらいに瞑想伝授うけたリビング
    で瞑想していました。瞑想中に顔が上に上がり、口がどんどん開いていって、肩がガーンと重くなり痛くなりました。
    体勢を変えたら、大丈夫でしたが、翌朝にリビングに行ったら、猫が部屋中に吐いていました。

    特に吐き癖もなく体調壊していない猫なので、驚きました。
    なにか悪魔的なもの?と不安になりました。

    • ☆ウリエル☆☆ウリエル☆

      みんたんさんこんにちわ♪
      瞑想時に頭があがるのは、第七チャクラの覚醒と共になくなっていきます。
      方が重くなったのは、きっと好転反応ですね♪

      >なにか悪魔的なもの?と不安になりました。

      スピリチュアルなコトに意識のある人は、スピリチュアルなコトに原因を探しがちですが、もしかして猫が悪いモノを食べたあけかもしれませんので、いついかなる時でも客観的に事象を観察できると良いかも知れません♪

  9. みるぽん

    こんにちは

    たまたまかもしれませんが
    うちの猫ちゃんは
    わたしが怖い夢を見て、夜中に起きて
    ドキドキしていると
    部屋へ入ってきて、一緒に寝てくれます
    足かお腹に乗っかってくるので、重いです

    来るときヒタヒタと、ゆっくりくるので
    階段を登って部屋までくる足音が
    幽霊かと、さらにドキドキが増すことがあります。
    でも、心強いので喜びますけど

    ねこちゃんは気ままですが、
    たまに最初から一緒に寝てくれるときは
    わたしを癒してくれていると信じています。

    そして、わたしの席で寝ていたり、
    わたしの服の上で寝て毛だらけだったりしますが
    これが幸せなんだとかんじています。

    アレルギーもちなので、あまり良くないのですが

  10. ルカ

    ウリエルさん、お忙しい中お返事ありがとうございます🎵
    アドバイスありがとうございます❣️
    「私が私であります」
    使わせていただきますね😊

    猫たちの供養(特に仔猫)も続けていきたいと思います🐱
    今ではね、自分が人間か猫かわかんなくなる時がよくあんです。感覚的にね。

    でも私の中の猫たちが、スヤスヤ寝ていたり じゃれて和んでいるのを感じ取ると、これでいいんだよね😌と、親心にも似た気持ちになります🎵

    少し気持ちが楽になりました😊
    ありがとうございました❣️

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談