不倫をスピリチュアルとカルマの法則で説明

なかむつまじい鳩

不倫をスピリチュアル的に説明すると?
スピリチュアル的に言っても、不倫は基本的にはNGです。
よくあるのは、ツインレイとかツインソウルという言葉を持ち出して正当化しようとする人も居ますが、基本的にはNGです。
聖書にも不義不貞はダメだと書いてあります。
一般的にダメですし、法律的にダメですし、スピリチュアル的に言ってもダメです。
なぜダメなのか? 不倫の本質をスピリチュアル的にお話ししたいと思います。


不倫とは? 浮気や不貞との違い

不倫はダメだよーって説明の前に、不倫ってなに? まずは言葉の意味をおさらいしたいと思います。
浮気と不倫、何が違うの?
浮気は恋人の人と仲良くなったり恋愛関係になることで、肉体関係が有る無しに関わらず、「浮気」という言葉が使われます。
よくあるのは、彼女以外を好きになるだけで「浮気」か? とかキスは「浮気」か?みたいな議論です。
不貞は、夫婦、婚約などの内縁関係にある者が、異性と関係を持つことを言います。

不倫に関しては民法にも関わるのでもっと重く、場合によっては罰則もあります。
不倫は、「既婚者が配偶者以外と肉体関係を持つこと」という具体的な条件があります。

つまり、不倫には「既婚者が配偶者以外と肉体関係を持つ」「未婚者が既婚者と肉体関係を持つ」「既婚者同士が肉体関係を持つ」といった感じでおおよそ3パターンあります。

不倫はスピリチュアル的にもカルマの法則的にもNG

恋というのは、カルマの解消に必要な相手や経験を引き寄せるための引力です。
恋愛と結婚をスピリチュアル的に説明 こちらの記事に恋のことは詳しく書いたので参考にしてみたください。

不倫とカルマの法則

なぜ不倫がスピリチュアル的にダメなのか?その理由はカルマの法則に関わります。
人間が生まれてくるときに、魂が人生のプランを決め、その計画に基づき生まれてくるという話を以前した事があったかと思います。
じつのところ、「不倫をする事が人生のプランで生まれる前から決まっていた」みたいなケースはあります。
運命や宿命として不倫する事が決まっていたなら仕方なくない? って気もしますが、このような状態になった経緯が重要だったりします。

つまり、前世で不倫をした場合、そのカルマの解消プランとして「不倫をする人生」に生まれて来ます。
そしてカルマの解消方とすれば、「誘惑に負けずに不倫をしないで人生を終える」というのが、カルマ解消の答えとなります。

もし既婚者を好きになってしまった場合は、そこから先の誘惑に負けず、不義不貞を犯さないという事が課題であり解決策です。
カルマの法則って何?人は、カルマの法則 解消 – カルマの法則(因果応報) 第1話 こちらの記事に詳しく書きました。

不倫に関する集団のカルマ

不倫は集団のカルマとして作用しているケースも多いです。
例えば三角関係、四角関係、過去性より立場が入れ替わり立ち替わりで、悪循環を抜け出せないケースですよね。
前世で不倫をしてしまい、今世では既婚者を好きになっても自制する事が課題。
カルマの法則は同じような課題をもつ相手を引き寄せます。
ですから、もし既婚者を好きになってしまった場合は間違いを犯して来世に課題として持ち越さないように、モラルを持って生きましょう。
集団のカルマ – カルマの法則(因果応報) 第2話 集団のカルマはこちらの記事に詳しく書いています。

否定心が引き寄せる不倫という経験

不倫関係に陥るスピリチュアル的な理由の中に、否定心によって引き寄せた現実ということもあります。
例えば不倫という行為を強く否定している人がいてその否定心は自体がカルマとなった場合、この庭先では何度か書いてきましたがカルマ的な作用は否定するものを引き寄せます。
学びのプランというケースもあることはあるのですが、その場合でも、良くも悪くも自分自身のこれまでの行い、つまりカルマがベースになっています。

どのようなケースでも不倫はしないように

いずれの場合でも、選択肢として最も良いのは、やはり不義、不貞を犯さないことです。
すでに説明してきた通り、基本的には既婚者に恋をするには前世にその原因となる行いがあり、そのカルマを解消する為に今世で引き寄せられるのですから、いかなるケースにおいても不倫関係にならなければ過ちを犯すこともありません。
ただし、既婚者が独身者を装って近づいてきて、結果的に不倫になってしまった場合は致し方ない場合もあります。
カルマの法則は行いよりも動機に強く作用するため、相手が既婚者であるという事実を知らなかった場合はカルマ的な作用や報いも少なく済みます。
ですが、事実を知った後も関係を続けたならば、それは「知っていて不倫をした」という事になりますので、できるだけ早くけじめを付けるのが良いでしょう。


不倫と罪悪感のお話

不倫という行為がもつリスクや、霊的なマイナス要因に気づかずに気持ちや感情の赴くままに不倫をしてしまうことはあると思います。
それほどまでに、カルマ的な引力や恋という力は強い拘束力を持っています。
不倫という行為や体験を通してしか解消出来ないカルマを過去世につくってしまった人であればなおさらです。
ある意味、苦しみや葛藤の中にこそ、解消すべきカルマや必要な気づきがあるのですから。

そういった視点からも「不倫」という行為をみてみると、現在人に多く見られるような大きな問題点がひとつ浮き彫りになります。
それは不倫に罪悪感をもてないという「心の問題」です。

例えば江戸時代であれば、「死罪」です。不倫をした人間は殺しても罪は問わないということでした。
つまり、かつて不倫は命がけであったということです。

不倫という行為に罪悪感がないというのは基本的には異常事態です。
リスクやデメリットが見えないばかりか、相手の気持ちや自分の未来さえも想像出来ていない状態であると言えますから。
不倫に罪悪感が持てないという人は、自分がどう思っているかではなく、関わる人達の身持ちや、その人達の未来にそのような影響があるのか。自分自身の未来にどのような影響があるのかを考えてみてください。

カルマの法則的に言うと、不倫という行為は自分だけでなく、相手や関わる人たちにも新たなる罪を、カルマを生み出す可能性があります。

何故か好きになる人がいつも既婚者

たまに居ます、何故か好きになる人がいつも既婚者で、恋人関係になった後から知るパターンも多いでしょう。
恋はカルマ的な引力なので、こういったケースは解消しなければならないカルマとして引き寄せられているケースです。
今世で課題を乗り切らないと、また来世で同じ課題を持って生まれてくることになります。

事前に相手が既婚者かを判断するのは難しいですが、こんな試みで相手の反応を伺ってみてください。

「相手の家に遊びに行く」「休日に誘う」「休日に電話をする」などです。

もし既婚者に恋をしてしまったら、「連絡方法を無くす」「趣味や仕事に没頭する」いずれにしても相手にフォーカスする気持ちをそらしたり断ち切る事が大切です。
普段から、「不倫はダメなこと」という価値観をチラつかせる事も大事です。

スピリチュアル的に言うならば、強い感情エネルギーや想念を向けられると、恋という引力から逃れるのがますます難しい状態になります。
その時は祈りましょう。
祈りは感情や想念よりも上位のエネルギーだから、自分の心を取り戻すことができます。

もし、無私の愛に目覚められたなら、「不倫」という関係にならないこと、潔く身を引くことは容易いでしょう。
相手を手に入れたいというのは、「強い愛情」です。
相手や相手の恋人、家族のことを思って身を引けるのは、本当の「愛」だからです。

実際のところ、恋という引力は凄まじく強いので、カルマ的に既婚者に恋をした場合は、自分の愛と理性の全てを総動員しないと乗り越えることは難しいでしょう。
容易くはないので場合によっては半生をかけた課題になるかも知れませんが、カルマの螺旋に陥らないように自分を正しく導きましょう。


不倫のオーラ

この天空の庭先の管理人☆ウリエル☆にはオーラを見る力があります。
オーラで不倫をしてる人を見分けることは出来ませんが、不倫をしている人のオーラがどういった傾向にあるのかはよく知っています。

不倫は多くの場合、障害やリスクを伴う物でありながらも踏み込んでいくものであると思います。ですからそのリスクを理解してなお不倫を行う人たちには多くの場合赤系の感情的なオーラが差し込みます。
そして不倫というのはきっと精神衛生的によくないのでしょうね。オーラが調和ではなく相反する傾向が強くなります。
つまり、紫のオーラの人だったら赤のオーラと青のオーラに分離して2色となる時間が長くなったり、複数オーラを持つ人なら黒に。
そういった影響からか、オーラの輝きも鈍ります。
逆に水を得た魚のようにオーラの輝きが増してしまう人も中にはいるのですが、そういった人たちはきっと、それまでの日常に満足していなかった人たちだと思います。

不倫はあるいみ、小さな鬱のような感じでオーラに影響を与えるので、実際に躁鬱の並は平常時よりもかなり大きなものとなっていると思います。

ツインレイ、ツインソウルと不倫

人間の自由意志は運命を、宿命を凌駕する力を持ちますから、清く、誠実に、愛に満ちた選択ができればそれが何よりです♪
スピリチュアルな分野で言うと、魂の絆やツインソウルを不倫や不義不貞の口実にするのはやめましょう。
今の相手が偽りで、魂によって結ばれているツインソウル(不倫相手)が真実の相手だと主張し、自分たちの行いを正当化しようとする人が居ます。
スピリチュアルな界隈にはわりと居ます。どのように解釈し、偽ろうとも…
真実によって報いを与えられる、それが真理です。
ですから、どのような言い訳をしようとも行いに対して正しい報いが与えられると理解してください。
その報いとは、来世でもう一度同じような境遇で試みられるという事です。
輪廻転生の螺旋、不倫の螺旋に陥らないように気をつけましょう。

アセンションと不倫

これもツインソウルやツインレイににたような話ではありますが、アセンションを不倫や不義不貞の口実にするのはやめましょう。
なぜアセンションが??? って思う方も居るかも知れませんが、これもスピリチュアルな界隈で聞くような話で、アセンションの時にツインソウルと統合させるとか?
アセンションの時にツインソウルと統合されるから、その時の不倫は不倫じゃないとか?
もはや都市伝説に近づいているアセンションですが(むしろもともと都市伝説?)
アセンションなんてあるか無いかもわからないものを理由にしてよいことではありませんし、実際よくよく考えると不倫って本当にリスク大きいです。
霊的に正しい行動をとりましょう。あなたの本質はすでに気づいているはずですよ。

不倫における唯一の例外

カルマの法則が、行いよりも動機に強く作用するという話を以前何度かしたことがありますが、もし不倫がスピリチュアル的にOKというケースがあるとしたら動機が純粋な愛によるケースに限ると思います。
例えば相手を救うためにそうする必要があったみたいな場合です。
ここで言う純粋な愛とは、無私の愛、神のエネルギーの性質としての愛です。

本当に純粋な愛であれば、相手が既婚者であっても、肉体的な要素を排して手助けができるようにも思うので、私から例外と言っておいて矛盾しますが、あまりあるケースでは無い、むしろ殆ど無いケースかなと思います。

自分のケースは「純粋な愛」なので、と言い訳に使わないようにしましょう。


否定心をもたないように

不倫をしている人が周りに居たら、見守る側の人達は否定心を持たないようにしましょう。
カルマとは、その性質がいかなるものであれ、例え不倫であれ、その本質は学びと浄化です。
カルマは本当にさまざまなケースや現れ方をしますし、人生を劇とするならいつどんな台本を渡されるか本当にわかりません。
自分のことも人のことも、いつも素晴らしい変化が訪れるように祈り、本当の愛を持ち行動できたら幸いです♪

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。<strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a><strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a>「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

プロフィール



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。