スピリチュアルなピリピリエネルギー

スピリチュアルなピリピリエネルギーの画像
スピリチュアルブログ

スピリチュアルって言葉は「霊的」って意味なので、スピリチュアルなピリピリエネルギーとは、霊的なピリピリするエネルギーの事です(笑)
どんな時に感じるのか? プラスのエネルギーなら瞑想中に指先や足先に感じたりしますし、ニュートラルなエネルギーなら相手の感情や思考のエネルギーを身に受けたときにこめかみ当たりがピリピリします。マイナスエネルギーは、そのエネルギーを持つ対象が自分のテリトリーに入ったときに感じます。
良いエネルギーでも悪いエネルギーでも、自分のテリトリーに外部からエネルギーが入ってきたときにはよく解ると思います。
普通の人には、「何言ってるのかさっぱり?」かもしれませんが、気感があればおそらくは感じる事があるから解ると思います。 ああそれそれ! って(笑)

PR

 

スピリチュアル起因でピリピリする理由

気感があると外部や他者のエネルギーが自分に触れたときに色々な感じ方をします。
いずれにしても、さいしょはピリピリした感じを受け取ると思います。
最近、天空の庭先にはチャクラの記事とか、瞑想の記事が増えましたが、瞑想やヒーリングで体中に取り込んだ外気は体内に入ると正中線に沿って存在するメインのエネルギーラインを下から上にエネルギーが上昇します。
このエネルギーラインというのは、気道とかナーディーとかそんな言葉でも知られていて、体内のセンターラインに存在する霊的中枢であるチャクラを経由して、全身に張り巡らされています。
イメージとしては血管に近いです。
血管は全身に血液を運んでいますが、エネルギーラインは人間の霊体に存在して、全身に霊的なエネルギーを運んでいます。

血管と大きく違うところは、外部からのエネルギーに影響を受けたり、外部からのエネルギーが侵入してくるケースがあるという事です。
ヒーリングで向けられる癒やしのエネルギーや、ネガティブな人が持つマイナスエネルギーなどです。

PR

手がエネルギーでピリピリする

手は大きなスピリチュアルなエネルギーを扱うことができます。
手には人間の霊的なエネルギーを扱う霊的な中枢があり、エネルギーに対する触覚にもすぐれ、エネルギーの放出や取り込みにも適しています。

ハンドヒーリング(掌療法)などに代表されるように、手は癒やしのパワーのようなスピリチュアルなエネルギー放出することもできます。
人間の体には霊的なエネルギーの流れや向きが存在するため、右手と左手ではそれぞれ得意としている機能が異なるため、ピリピリとしたエネルギーにかんしても感じ取る傾向が若干ことなります。

左手がピリピリする

左手の平のチャクラはエネルギーの排泄に適しているため、左手がピリピリする時には体内のマイナスエネルギーが浄化作用の一環として左手の平から抜け出ている場合が多いです。通常は人間の体内のマイナスエネルギーは、足の裏から地面へと排泄されるルートと、呼吸によって外部へ排泄されるルートが主なので、左手の平から排泄される場合は瞬発的に自身のマイナスエネルギーが増えたようなケースや、自身のマイナスエネルギーの蓄積値が大きくなってきたような場合なので注意が必要です。

肩たたきをしたり、誰かをマッサージした後などに手の平にピリピリ感や痺れを感じることが多いのは、手の平に相手のダメーシとなっているエネルギーを直接もらって排泄しているからです。

逆を言うと、体内に疲労やダメージが蓄積しているときには左から意識的にマイナスエネルギーを排泄することで、左手の平のピリピリは収まります。

右手がピリピリする

右手の平チャクラはエネルギーの放出に適しているため、自身からエネルギーが外部に放出しているケースが考えられます。
裁縫や料理に集中しているとき、痛みに苦しむ誰かの体をさすっているとき、想いや癒やしのエネルギーが手の平を通して対象に影響を及ぼします。手がピリピリしたり、手が熱くなったりします。
この熱さは不思議と実際に温度が上がってない場合でも熱感があります。

右手は自身のエネルギーを放出する機能に長けていますが、左手で排泄しきれないほどのマイナスエネルギーが体内に存在する場合は右手もマイナスエネルギーの排泄を行い始めます。

右手の平のピリピリは、ポジティブな意味合いと、ネガティブな意味合いの両方が存在するので注意が必要です。
ピリピリがむくみのような不快感をともなうものであれば、マイナスエネルギーの排泄作用とおもった方が良いでしょう。

手の平のピリピリに関わるチャクラの話はこちらが参考になります。

PR

足がエネルギーでピリピリする

実は足や足の裏は、スピリチュアル的にピリピリすることが結構多いです。
私はよく、血の流れはエネルギーの流れって話をするのですが、足は肉体的にも血流が滞ったりむくんだり、トラブルが起きやすい場所です。

スピリチュアル的に言うならもっとも大きな話は、足の裏にある0チャクラと呼ばれるチャクラです。
このチャクラは人間の体内にある毒となるエネルギーを地面に放出するという役割をもっているため、体内のマイナスエネルギーが大きくなると足の裏や足の関節などがピリピリとして痺れや不快感を感じます。
エネルギーが詰まるとむくんだ感じやジワジワとほてった感じがします。

0チャクラに関してはこちらの記事が参考になります。

体がピリピリするのはエネルギー反発

人間の体内に流れる霊的なエネルギーにはさまざまな種類がありますが、私たち人間がもっとも意識でき、感じる事ができるのは「気」と呼ばれる人間の活力や、生命力となるエネルギーです。
実はこのエネルギーには、かなりの個人差があります。
同種の波動のエネルギーがより抵抗なく自然に同化します。
逆に、エネルギーの性質が異なると、外部から来たエネルギーと、自分の体内にあるエネルギーは反発し、溶け合うまでの間にピリピリとした感じを受けます。
つまり、ヒーリングや瞑想などで体内にクリーンなエネルギーが入って来たときは、自分の中にある浄化が必要なエネルギーが反発し、ピリピリします。
逆に、浄化されたエネルギーをもつ人が、外部から汚れたエネルギーを向けられたときは、ピリピリとした感覚と共に、体内に不要なものが入ってくる違和感(異物感)や、場合によっては気分の悪さや吐き気を感じることもあります。

PR

自分のエネルギーのテリトリー

横や前後は、両手を横に広げた範囲です。
縦は両手を上に伸ばしたぐらいの範囲です。
下は足下より10~30センチほど、個体差はありますが下に伸びています。
形としては、卵形みたいな感じです。

よくあるパターンは、電車やバスで、隣に座った人からもらっちゃうパターンとかですかね?
指先、足先からは体外に多少エネルギーが伸びている為、影響しやすい部分になります。
例えば、顔の近くで指を指されるとか、電車に座っているときに、反対側の座席に座って足を投げ出している人など、ちょっと嫌な感じがするのはエネルギー的な影響が大きいです。
特に足の裏のチャクラは毒となるエネルギーを大地に放出する役割を持っているので、足先はマイナスの影響を人に与えやすいです。
「足を向けて眠れない」なんて言葉がありましたね(笑) 足を向けられるとあまり良くない意味でピリピリと感じます。

あと似たようなケースでよくあるのは「肘」です。
手のひらまでのエネルギーの中継ポイントで、パソコン、スマホをよく利用する人達は肘にエネルギーが詰まりやすいです。
スマホを扱うとき、当たり前ですが肘立てますから、この肘がよくエネルギー的な影響を人に与えます。

電車の中でスマホをいじっている人の肘が自分に向くと、ちょっと嫌な感じがしたり、気感があるとピリピリと感じる事があります。

ピリピリは良いエネルギーでも感じる

ヒーリングや瞑想の時、体内のエネルギーの汚れや詰まりに良いエネルギーがアプローチしたとき、身体はピリピリを感じます。
それと毛細血管のように細い細部のエネルギーラインにエネルギーが行き渡った時も♪

いずれにしても、このピリピリは初歩的な気感で感じ取っているエネルギーの感覚であると言えます。
気感とは、気やエネルギーなど、見えないエネルギーを感じ取る力です。

 

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

3,251,676 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。