「嫌い」についてスピリチュアル的に言うと

嫌いの感情エネルギーの画像
スピリチュアル

嫌いなものあります? 嫌いな理由は?
理由があってキライになったモノもあれば、理由もなくキライなものもあります。
嫌いという感情にもスピリチュアル的には深い意味があったりします。
生理的に嫌い、生理的に受け付けないとか、理論的ではない理由で、感覚的な理由で嫌いなものって結構ありますね。
私たちが理屈として自覚している「嫌いな理由」は、氷山の一角のようなものです。
実は私たちが何かを「嫌い」と感じる本当の理由は、私たちのもっと本質的なところにあります。
今日はそんな「嫌い」についてのお話です。

PR

 

嫌いという感情

嫌いというのはおもに感情によって起こります。
感情とは、わたし達の肉体や幽体に属するエネルギーです。
例えばどんなに理性的な人間でも、強く足を踏まれたり、道でよけずに身体をぶつけてくる人間が居れば、一瞬その人に対して「イラッ」ってしたり、怒りの感情がわくと思います。
これら肉体と紐付く感情は、ある意味自分の肉体を守るための防御本能であるとも言えます。

実は「嫌い」という感情にも、似たような側面があります。
例えばですが、子供の頃に犬に噛まれた事がある人が、「犬が嫌い」とうのは当然のことだと思います。
その人が犬が嫌いなのは、また噛まれるかもしれない、「犬が危険」だという情報を持っているからです。
だから、犬のことが怖いし、犬が嫌いになったります。

これが、大人になる課程の中で、おとなしくて可愛い犬と出会ったら、「犬が嫌い」という感情は消え、犬が危険だという認識は、犬によって個体差があるという認識に変わり、犬のことが嫌いではなくなるかもしれません。

つまり、人間の肉体に紐付く「嫌い」という感情は、あるいみ肉体や自分自身を守るための防御本能なのです。

今回は犬でたとえましたが、もし相手が人間だった場合でも同じです。
これがひとつ、人間が感情的に何かを嫌う大きな理由の1つです。

PR

 

キライ! いや! という感情エネルギーが蓄積する

感情の蓄積とは、情報の蓄積です。記憶と共に薄れていきます。
人間が感情にとらわれると、つまり毎日同じ感情を思い続けると、感情のエネルギーは蓄積します。
例えば毎日顔を合わせる嫌いな上司、忘れたくても忘れられないほどの嫌な思い、その原因となった誰かの事。
毎日のように考え続けたら、記憶が薄れるどころか、ますます膨らんでいきます。
そういった感情的なエネルギーは、第三チャクラと呼ばれる、鳩尾のあたりにある霊的なエネルギーの中枢へと蓄積します。
感情的なストレスで、お腹が痛くなる理由の一つは、この感情エネルギーの蓄積にあります。

PR

 

嫌いの感情が想念を増幅させると起きる不幸

感情エネルギーは蓄積しやがてエネルギーの密度が増すと感情エネルギーは想念となり、より物質に近い感情的なエネルギーとして具現化しはじめます。
想念とは、私たち人間がの想いのエネルギーです。「念」という言葉のほうがよく知られているかもしれませんね。
想念エネルギーはそれが生み出された原因となった感情を引き継ぐために、「相手が嫌い!」とか「憎い!」といった否定的な感情、マイナスエネルギーとなり、感情の向き先へと向かってゆきます。
想念エネルギーは反物質のエネルギーなので、このエネルギーの向き先となった人間の身体に直接影響を与えます。
これがつまりこれが、呪いを生み出すプロセスという事です。
そして、もっと恐ろしいのは、この想念というエネルギーがより大きく、より高密度に集約されたときには、感情的なベクトルだけでなく、生み出した本人の特徴を兼ね備えます。
つまり、生み出されたときの感情と、多少の知性を持った存在として独立するのです。これがいわゆる「生き霊」を生み出すプロセスです。

PR

 

嫌いの感情と想念は生まれ変わっても持ち越す

感情のエネルギーは第三チャクラに、想念のエネルギーは第二チャクラに蓄積します。
このチャクラというのは、私たちの霊体にも存在し、肉体と連動して機能しているため、私たちは今生きているこの人生で自分が蓄積させた、感情的なエネルギーを輪廻転生して来世に生まれ変わった時にも持ち越します。

つまりは、私たちは、前世に生きていたときの感情の蓄積や、想念の蓄積を持ち越して生まれて来ているという事でもあります。

これが何を意味しているか? お気づきになられましたか?

そうです、私たちが前世で嫌いだったものは、今世でも嫌いなのです。
なんとなく嫌い、生理的に受け付けないなど、理由も無く嫌いに思えるような事でも、実は前世から引き継いできた感情に原因があったりします。

「嫌い」の本質は、輪廻転生を経て、今も持ち越している感情という事になります。

前世で犬にかまれた人は、今世でも犬が怖くて嫌いかもですね。

PR

 

「嫌い」も解消すべきカルマの一つ

さて、ここからが結論ですが、因果応報とかカルマの法則と呼ばれる、「人間は行い(原因)に対して報い(結果)」を受け取るという法則があります。
よく、前世で殺人を行った人が、今世では殺されなければならない、なんて例え話でも知られていますが、このカルマの法則は、恐ろしい事に、人間が生まれ変わっても逃れることは出来ません。

「カルマ」というのは私たちの霊体に記録され、死んだときに持ち越すからです。
ちなみに、カルマの法則は実際に行動に移した事だけでなく、想った事にも作用します。
つまり、人が誰かに殺意をもったり、呪いを向けても、カルマの法則はその感情のエネルギーに作用します。
「みだらな思いで他人の妻を見る者はだれでも、既に心の中でその女を犯したのである」というキリストの言葉がありますがまさにそれです。
つまり、第三チャクラに貯まる感情エネルギーの蓄積が、自分が生み出し、来世へと持ち越す感情のカルマという事です。

人間はいずれ全ての過去の過ちを精算して、全てのカルマを解消しなければならない、なんて話を聞いたことありますでしょうか?

例えば、山本(仮名)君が佐山さん(仮名)をとても強い気持ちで嫌ったとします。
「人を嫌った心」はカルマとなりますから、山本君はいずれ佐山さんを嫌った感情的なカルマを解消しなければなりません。
その時なにが起きるかというと、山本君は、佐山さんと近しい環境に生まれて来たり、恋人同士になったりします。

つまり、カルマの法則は「嫌い」なものを引き寄せます。憎んだもの、恨んだもの、自分がかつて持った、浄化が必要なあらゆる感情を引き寄せます。

そしていつもの結論ですが(笑)

心を清めて愛を持って生きましょう♪ それがカルマを浄化するだけではなく、来世に持ち越すあらたなカルマを生み出さない唯一の方法です。

私たちは、真実によって測られる、それが真理です。

なにも嫌いなものが無く、何も嫌うことなく生きられたなら、そこには大きな魂の幸いがありますから♪

PR

 

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

503,253 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. magunolia

    ウリエルさま

    いつもわかりやすくて、本当に魂の学びになることを教えてくださり、感謝いたします。
    今回の(怒り)も転生輪廻しても、持ち越すのですね。 私事ですが、主人が本当に大嫌いなのです。
    結婚当初はそんなことなかったのですが…○○年も結婚生活をするとたくさんの出来事があり、ドンドン大嫌いになっていきました。 この大嫌いな感情も今世だけの感情ではないわ~と感じておりましたが、やはり、前世からの持ち越しのようです。 魂が永遠なら、今世は主人を心から赦したいと思います。
    ですが…頭で分かっていても、私の魂が赦さないのです。難しいです。
    今世で終わらせたいです。そして来世は自分の魂に近いグループの男性とめぐり逢いたいと思います。『赦す』が今世の私の魂の課題なんだと思います。 そのために、今世の魂の学びのために主人をパートナーに決めて生まれてきたように思います。
    毎日を感謝と祈りで清めて参りたいと思います。
    ウリエルさんに心から感謝いたします。 

    magunolia
     

    • ☆ウリエル☆☆ウリエル☆

      magunoliaさんこんにちわ♪

      生まれ変わっても持ち越す、記憶は無くす、カルマの返済制度は本当に良く出来ているというか恐ろしいというか、逃れられませんね(笑)
      許そうとして許すは感情的な行動で、あるがままで許すというのが愛です。
      これって本当に難しくて、本当の許しとは、今許せない想いが、感謝のような気持ちに変わった瞬間なのだと思います。
      私も自分の人生の中で、それが難しい事がたくさんありましたが、思い出したら感謝しか無い、ありがとうという気持ちで涙さえ出てくる、そんなゆるしがいずれ訪れると思います♪

  2. 水鞠

    ウリエル様

    いつも楽しく読ませて頂いております。
    嫌う感情とカルマについて、また気づきがありました。
    ある共通の嫌いな部分を持つ人と知らず識らずのうちに出会います。人を好きになるたびに世の中に嫌いなものが増えていくくらいなら、恋愛などしない方がいいと思う日もありました。
    答えは、私が許せばよかったんですね…
    すぐにはまだ難しそうですが苦笑

    許せないと思うものをできるだけ少なく、寛容になり、ウリエル様のように心を清めて愛を持って生きれたらいいなと思います。
    いつもありがとうございます。

  3. miya

    ウリエル様

    いつもたくさんの学びをありがとうございます。

    まだまだ学びが足りない故いろいろと悩んでいます。

    私自身、家が自営業のため、自分の周りには商売をしている人や

    2代目3代目との仕事でのつきあいが多いのですが

    自分本位な方や、人をうまく使って自分が儲けたい人が多いということに

    ここ最近気付いてしまい、がっかりしつつ

    そんな方々が信じられず、人間不信と人嫌いな昨今です。

    カルマの法則で考えると過去世で他人にそうしていたから

    それを現世にて消化しているのかとも思いますが

    やっぱり“信じられない”とか“この人嫌だなぁ”の念が

    1日の想いの多くを占めてしまう毎日です。

    宇宙の法則と神と愛を知る前はそんなことはあまり感じませんでしたが

    きっとこのことを知ったが故

    こうあるべきという気持ちや、どこか期待してしまっている面もあるのかもしれません。

    宇宙の愛と現実とのギャップというのでしょうか

    それを思い知らされているところですが

    こう思っている時点で、まだ学びが足りないのかなとも思います。

    また、魂の学びをしている方の中には

    同じような葛藤をかかえる方もいるのではないかと思います。

    そんな自分と同じような迷いや不安、人間不信に陥っている方に

    メッセージや乗り切るコツを伝授いただけると嬉しいです。

    “心を清めて愛を持って生きる”こと

    見返りのない無償の愛とはやっぱり難しい修行であると感じます。

    ちなみに、最近一緒に居て一番安心できる人は

    無邪気な子どもかなと思いました。

    もちろん母としてガミガミもしていますし

    やらないといけないことも沢山ありますが

    人を騙したり、利用したりという邪念がなく

    子どもの純粋さに心がホッとすることがあります。

  4. magunolia

    ウリエルさま

    愛溢れたコメントありがとうございます。 
    『許そうとして許すは感情的な行動で、あるがままで許すというのが愛』のウリエルさんからのメッセージ,心に響きました。
    今はまだ大嫌いな主人をすべてを受け入れ許せますように…心を清めて愛の想いで毎日を過ごして参りたいと思います。
    この世で体験する悲しいこと、苦しいこと、辛いことも、すべては自分の魂の学びのためであったことが分かれば、本当に感謝になりますね。そのことは私もよくわかります。
    大嫌いな感情も『ありがたい』という感謝の思いに変わりますように、これからもウリエルさんから学ばせていただきます。
    素敵なHP【天空の庭】に感謝いたします。
    お写真もとても綺麗で癒されてます。

    magunolia

    • ☆ウリエル☆☆ウリエル☆

      magunolia こんにちわ♪

      言うのは簡単で、やるのは人生賭けてみたいな事も沢山あり、私自身も自分を省みる毎日です。
      いつか、ありのままで愛そのものになれると良いですね♪
      時間というのは、本当に神の無限の愛の顕現だと思えるときがあります。

      いつもありがとうございます♪

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談