祈りは時空を超える 降り注ぐ光 – スピリチュアル体験 第42話

祈りの力は悪霊を浄化する

この日も悪霊を浄化するために一生懸命祈っていました。
ちょっと厄介なレベルの強さを持った悪霊で苦戦していました。
霊もさまざまでこぶし大程度の者から、熊より大きいものまでさまざまでしたがこのときのはまさに熊のほうでした。
これも「魔境」のただ中におきたできごとです。
このころの感覚としては30分で決着のつかない霊はそこそこ大物。
このときは、日々立て込んでる浄霊のダメージもあり、「これはちょっとやばいな」と思い一生懸命に祈っていたとき、なぜか急にふっと体が楽になりました。
エネルギーの均衡が自分に有利なように一気に変化したんです。


 

降り注ぐ祈りの光り

まるで天からエネルギーが降り注いできてるかのようでした。
そのエネルギーには覚えがありました、トヨタさんです。
何でこんなタイミングでトヨタさんのエネルギーが降ってきたのは分かりません、しかしこのときはそのエネルギーの応援のおかげで楽に浄霊を終えることができました。

このできごとのときトヨタさんはたまたま瞑想でもしていて、僕のほうに意識を向けたのか?
あるいはたまたまちょっと僕のことを思いだしたのか?何かしてくれたのか?
自分には知るよしもありませんでした。

ただ、このときにひとつ気づきがありました。
このトヨタさんのエネルギーは今回初めて気が付きましたが、実は以前にもおそらく同じようなことが何度かはあったのです。
でもそのときにはまさかそのように遠隔で力添えされるとは考えも及びませんでしたし、自分自身も遠隔のヒーリングや浄霊に馴染みがあった訳ではないので気づけなかったのです。
これをあわせて分かるだけでも数回、トヨタさんの応援がありました。

遠隔ヒーリング(エネルギー治療)に関しては意識を合わせて行うとリアルタイムでエネルギーの交流がおきます。しかし一方的に行った場合は相手が気づかなかったりまったく別の日にエネルギーが届いたりするのです。
祈りもそうみたいです。
例えば僕がだれかの健康を祈ったとして、その祈りの力は相手が病になったときなど、必要になったときに降り注いだりするのです。
これらのことは後日気づいた訳ですが、その気づきのキッカケを与えてくれたのもやはりトヨタさんだった訳です。

例えそのとき相手に伝わらなくても、思いや願いはかならず伝わりますし、叶います。
だから僕もどのように叶えられるかは神にお任せしてたくさん良いことを祈るようにしています。
ある日つらい思いをしてるだれかのもとに光りが降り注ぐように。

 

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。 <strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a> <strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a> 「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪ 「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。  

プロフィール



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。