気感とは? 気・エネルギーを感じる力と感覚

気とは人間の体内やこの世界全てに満ちるエネルギーです。
気は目に見えませんが、古来より気は代替医療や武術の分野では親しまれていて、現代においても気を感じることが出来るというひとはたくさんいます。
気を感じられるという人がいる反面、気を感じられないという人もたくさんいますし、気を感じられない人の割合の方が圧倒的に多いです。
なぜ?気を感じられる人と、気を感じられない人がいるのでしょう?
簡単に言うと、気を感じるという感覚は五感をすこし超えた感覚なので、気を感じるためには生まれながらの資質や、多少の訓練が必要です。
そしてスピリチュアル的に言うなら、気やエネルギーを感じられるようになるということは、人間が霊的(スピリチュアル)に発達していく過程の一つの段階でもあります。
気を感じる能力を、「気感」と呼びます。
気が感じられるようになると、やがてオーラと呼ばれる目に見えないエネルギーを見始めたり、目に見えないさまざまなエネルギーの性質や違いを感じられるようになっていきます。


 

気・エネルギーを感じとる感覚を「気感」と呼びます。

自然やこの世界の霊的エネルギー

気を感じるとから、略してという訳ではないでしょうが、「気感」とと呼ばれています。
そもそも気とは何でしょう?
気について簡単にお話をすると、

人間の体やこの世界全体に満ちあふれている目に見えないエネルギーで、気には品質とも呼べる波動という概念があり、人や場所によって、気の波動が高かったり低かったりします。

人間の内側にの気を「内気」と呼び、人間の外側の気を「外気」と呼びます。
内気は人間の生命エネルギーともいえるもので、外気は自然や太陽の光など、人間の外にあるあらゆるエネルギーです。
余談ですが、呼吸によって「外気」を体内に取り込み、「内気」にかえることができます。


このお話の前編で、気についての基礎的なことが一通り書いてあるますので詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

気感とは?

気は本来誰でにでも感じることができますし、誰しもが自分と自分の外側の気を感じながら生きているのですが、ほとんどの人が気を感じることを無意識に、無自覚に行っています。
ある意味呼吸と似ているかも知れませんね、ひとつ違いがあると知れば、呼吸は人間が意識しやすいですし、制御もできますが、気は目に見えませんし、自分の内と外の気がどのように流れたり働きかけてるかも分かりにくいです。

ですから、「気感」とは、単に気を感じるということではなく、「感覚として分かる」とか、「気によって起きている事象が分かる」ぐらいのレベルに至ってはじめて「気感」を持っていると言えます。

ではどれぐらいの割合で気を感じることが出来る人が居るのでしょう?

気感を持っていない人の方が一般的には多いです。割合で言うと、「気感」を持っている人が2割ほどでしょうか?
ただし、これまであまり意識してきたことがないだけで気を感じる資質を持っていたり、わりと感覚が強い人を含めると5割ほどになるでしょうか?

気という言葉を知らなかったり意識したことが無いだけで、「特定の人といると疲れやすい」とか「特定の場所に行くと元気が出なくなる」とか、漠然と感じている人は多いです。


気・エネルギーを感じる

気とスピリチュアルエネルギー

気・エネルギーを感じられるようになってくると、良いエネルギー、悪いエネルギー、さまざまなエネルギーの違いが分かるようになってきます。
つまり、より強く、具体的に感じられる「気感」が備わってきたと言える段階です。

気・エネルギーはどんなふうに感じるの?

気(エネルギー)には感触があります。
物質に近いエネルギーほど重く存在感を感じます。逆に、非物質的なエネルギーは軽かったり、存在感を感じにくいです。
エネルギーを感じるのは、香りをかぎ分けたり、 味を見分けたりする感覚とよく似ています。

感じ方は人それぞれ、その人の感性や感覚によって多少の違いはありますが、エネルギーを正しく感じ取ることができる人たちはある程度共通した感覚をもっています。
気感が強まるほどにさまざまな気やエネルギーの違いを感じ分けられるようになっていきます。

良いエネルギーを感じる

物質に近い良いエネルギーは熱感や波のような振動として感じたりします。 これは、わたしたちが日常で生きるために使っているエネルギーであり、活力という表現が有ってるかもしれません。
非物質的な良いエネルギーは体感としては 分かりにくいですが、包まれているような 安心感や喜びのような感覚を与えて くれます。
この種の良いエネルギーは祈りや愛情など 高い波動のエネルギーです。
心を楽しくさせて不安やストレスを解消させてくれます。
体も軽く元気になります。良いエネルギーは暖かく心地よいです♪

邪気を感じる

物資に近い悪いエネルギーは ザラついた感じや、汚れた油のような感じでわたしたちが病気の時に自分に感じるあの不快な感覚そのものです。
非物質的な悪いエネルギーは体感としては 分かり難いですが、不安や焦燥感を 感じたときなどの感覚に似ていて、呪いのような人の想念はこの種の不快な感覚を人にあたえます。
邪気を受けたり、自分の心が邪気を生み出してしまうと、心を曇り、不安な気持ちやストレスを生み出します。
体も重くなり元気がなくなります。悪いエネルギーは悪寒のようにも感じます。

気・エネルギーの色やにおい

気・エネルギーを感じられるようになり性質がより深く分かるようになってくると、エネルギーには色やにおいのようなものが存在することにも気づき始めます。
いずれそれらの色やにおいを実際に感じられる までになります。
悪いエネルギーは臭く、良いエネルギーは心地よい香りがします。
エネルギーは時間や距離を超えるので、 この種のにおいは、物質的なにおいと違って、電話越しや、ガラスや壁越しにもにおって来ます。
自分の事を強く思ってくれる人のにおいを感じたりする経験は、 意外におおくの人が体験したことがあります。

エネルギーの色についてはその意味合いは一般的にオーラと言われているものとほぼ同じです。 エネルギーは上に書いたもの以外にもさまざまな種類と感じ方があります。
いずれこれらエネルギーの違いで、目に見えない存在を見分けたりできるようになります。 例えば死んだ人の霊であったり、天使のような聖なる存在であったりです。

気感を育んでいく場合、、最初は自分のエネルギーや、家族や友人 に協力をしてもらって行うのが良いです。その後は、悪感情や呪いなどの否定的なエネルギーや存在より、 神や天使や精霊など、良い存在に意識を向けて気感を身につけていくことをおすすめします。

これまで感じることが出来なかった、気やエネルギーを感じられるようになるというのは、負のオーラや



気・エネルギーの臭いや、色の見え方などはこちらの記事が参考になります。


気・エネルギーの流れを感じる

今の時代は霊的な力に長けた感覚の進んだ子どもが数多く生まれてきています。 そういった子たちは「第五根源人類」その先駆けなのだと思います。
自分は気を感じられるのだろうか? 疑問はあると思いますのでこんな方法を試してみてください。

手を合わせる

  1. まずは両手を合わせる
  2. 手のひらと手のひらを数秒こすりつける。
  3. 10センチほど離します
  4. 近づけたり離したりしてみる。

手と手の間に弾力とか熱を感じませんか?

これこそが、気とか生命エネルギーなどと呼ばれている自分が発しているエネルギーの感覚です。
目を瞑ると、他の感覚が遮断されて手お手の間のエネルギーに集中しやすいです。
最初は分からなくてもしつこくやっていたらある日突然そこに気が有ることに気づいたりもします。 おもしろいからぜひ試してみてくださいね♪


いっしょに読みたい記事


天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。 <strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a> <strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a> 「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪ 「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。  

プロフィール



関連記事一覧

  1. blankくみ

    こんにちは。
    対人職をしています。
    子供の頃から冷え症で、「仕事に就いたら、こんな冷たい手で患者さんに触れるなんて、拒否されちゃうかな。どうしよう」と思っていたのですが、
    いざ、患者さんに触れるとなると、ぶわっと手が温かくなるんです。
    凄く不思議なくらい。仕事が終わると元通りキンキンに冷えちゃうんです。
    冷え症信じて貰えないくらい、患者さんに触れている時は温かくて、「あなた温かい手してるわねー」って言われます。
    不思議ですが、気が出てるのかな?って思ってます。「パワー送ってるんですよ〜」って患者さんには言ってます。(^^)

  2. blankIuna

    「包まれてるような感じ」とはまた違うのかもしれませんが、疲れてるとき、寝ながら目を瞑り 瞑想すると
    体が軽くなって、膨らむような感覚? 胸の上に置いていた手が 勝手に浮かびそうな(浮かばないけど)感覚
    これはエネルギーチャージされたと思って良いのでしょうか、(*´-`)?