自己犠牲と愛

苦悩する女性の画像

こんにちわ♪
最近の日記はメールで頂く質問にお答えするような書き方が多いのですが、今日もそんな感じです♪
今日のテーマは「自己犠牲」です。
自分の命を捨てても他人の命を救う。
一見素晴らしい事のようにも思いますが、実はこの自己犠牲にもいくつか落とし穴があります。


自己犠牲の間違えた認識

例えばそれを行う動機が
・自分を犠牲にして人助けをすれば天国に行ける
・自分を犠牲にして人助けをすると自分自身の存在意義を強く感じられる
・自分なんていつ死んでも構わないからこの命いつでも投げ出せる
こんな動機だったとすれば、あまり尊敬できるたぐいのものではないと思います。

 

動機が愛か否か

結局いつもの結論ですが、「動機が愛であるか否か」です。
自己犠牲という名の下に盲目的に奉仕を続けている人も世の中にはたくさんいます。
でも、本当に重要なのは、それが「愛」によるものであるかどうかです。
それと、自己犠牲の動機が純粋な「愛」であったとしても、
「自分のごとく人を愛する」=「人のごとく自分を愛する」
つまりは、簡単に投げ出して良いものではありません。
自分の事、自分の命も大切にしなければならないのです。
例えばあなたが自己犠牲で命を失えば、親しい人や家族も悲しみます。

あともう一つ。
愛と愛情は方便の違いかなと思います。
愛は概念ですが、愛情は生き物の本能や感情に基づく方便かなと。
愛は永遠不滅、普遍のものです。
愛情は爆発すれば怒りに、腐れば憎しみになりえる感情です。
これは私の解釈ですが♪
いつもありがとうございます♪

 

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。 <strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a> <strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a> 「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪ 「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。  

プロフィール



関連記事一覧

  1. blank守護天使はラファエル

    初めまして。昨日、偶然このブログとサイトを発見しまして、興味深く色々と読ませて頂いています。
    僕自身がクリスチャンであり、またスピリチュアルに感心があって探求してきたこともあったので、共感することや、目からウロコ、または、謎が解けた!という記事が沢山あり、とても面白いです。
    キリスト教的信仰とスピリチュアルの狭間でどうにも分からない疑問や矛盾にずっと悩んでいたのですが、ここで光が与えられたようです。感謝しています。
    またこれから過去の記事等を遡って勉強させて頂きますね。
    本当にありがとうございます♪

  2. blank☆ウリエル☆

    守護天使はラファエルさんこんにちわ♪
    私の母が、カトリックの孤児院で育ち、色々と矛盾を抱えていたと言っていました。
    私自身は21歳の頃から聖書を読みはじめました。
    イエス・キリストの言葉が謎かけのような内容も多く、最初は分からない事も多かったです。
    ですが、読めば読むほどに、キリストの教えや行動は愛に対して一元的だと思いました。
    この庭先の文章が何かの参考になったなら幸いです♪
    こちらこそありがとうございます♪