コロナウイルスのスピリチュアルな意味は?心と体の対策!

新型コロナウィルス

2019年の12月ぐらいから新型のコロナウイルスが世間を騒がしています。
新型コロナウイルスのワクチンや治療薬の開発も進んでいるようですが、十分か効力も、十分な量も得られないというのが実状のようです。新型のインフルエンザや、新型のコロナウイルスもですが、どうしてこのように人間を死に至らしめる病が次々と現れるのでしょう?
新型のインフルエンザや新型コロナウイルス、もっと言えばあらゆる病が生まれるその背後にはスピリチュアルな力や法則が働いています。
そして私からのひとつの問いかけですが、新型コロナウイルスを生み出したのは誰でしょう?
その答えが新型コロナウイルスの存在を正しく認識するための答えです。

PR

 

新型コロナウイルスをスピリチュアル的に説明すると

コロナウイルスは、過去に7種類存在し、そのうちの3種類が動物から人に感染したもので、今回の新型コロナウイルスはその3種類の中でもっとも新しいものになります。
2020年の初めから徐々に警戒感が強まり、3月には学校の休校がはじまり、各企業のテレワーク実施などさまざまな影響が出ています。経済的なことで言えばリーマンショック級かあるいはそれ以上と言われています。

さて、冒頭の質問ですが、この記事を目にしたみなさん、自分の中に回答を持ちましたでしょうか?
新型コロナウイルスを、誰が生み出したかについてです。

新型コロナウイルスを生み出したのは私たち人間が「神」と呼ぶ存在です。

それが質問の答えです。
かつての宗教家や神秘家たち、そいして世界のあらゆる地域でなんらかのかたちで信仰されている「神」です。
この天空の庭先では、「神」をこのように定義しています。

この世界の第一原因たる根源的な神であり、そのエネルギーは万物に満ちあふれ、この世界や宇宙の法則であり、その法則に宿る知性を擬人化し、人々はそれを「神」とあがめ信仰しました。

神がこの世界を創造し、私たち人間をはじめあらゆる物の創造の源なのですから、当然、新型コロナウイルスも神によって創造されました。
ここだけ切り取って話を聞くと、まるで神がこの世界で人間とコロナウイルスを創造して人間を苦しめているかのようにもみりますが(笑)事実はそうではありません。

神は宇宙の法則そのものなので、その働きが新型コロナウイルスを生み出しているのであり、新型コロナウイルスが生み出される原因を作っているのは私たち人間自身です。

神についてはこちらの記事からはじまるシリーズが参考になります。

PR

新型コロナウイルスの背後にあるカルマの存在

カルマの法則に基づいて言えば、私たち人間は自らの行いの報いを自らが受け取ります。
カルマの法則についてはこれまでさまざまな記事で触れてきました。

カルマの法則ってなに?って方はこちらの記事を読んでいただくとわかりやすいと想います。

カルマ法則は私たち人間のあらゆる病に関わっています。当然、新型コロナウイルスにもです。

そもそも私たち人類のカルマの起源は「原罪」にまでさかのぼることができ、私たち人間の魂は、魂の成長と原罪の浄化をするために輪廻転生を繰り返しこの地上に生まれ変わって来ます。
そして悲しい現実ですが、私たち人間の多くが、輪廻転生を繰り返す中で、新たなカルマを生み出しています。

私たち人間のカルマはすべて過去の行いに起因し、その情報とエネルギーは因子として私たち人間のチャクラへと記録されます。私たちは過去の自分の行いとともに生み出したマイナスエネルギーなどもチャクラに蓄積させ、来世へと持ち越すわけです。カルマの法則はある意味シンプルで、人を殴ったらいずれ殴られるし、人を殺したらいずれ殺されるといったように、自分の行いを自分自身が身に受けるというかあちでカルマを解消します。

PR

カルマの法則やわかりやすく自分の行いが同じように巡ってくる場合もありますが、蓄積させたマイナスエネルギーは人間の心身に対してもうすこし難しい現れかたをします。

例えば人を批判したり責める気持ちを持つ人がいたとして、人を批判したりののしったり、誰かを責めて一生を終えたとします。その情報やエネルギーは来世に持ち越され、自分が生み出したマイナスエネルギーはその性質によってさまざまな病の形をとって現れます。

否定心や人を責める気持ちは咳となり、怒りを伴う憎しみは腰痛となり、人を憎む気持ちは体に毒素をため込み、腸や肝臓の働きを弱めますし、それによって血が汚れればそれは癌の原因にも成ります。

新型コロナウイルスはどうでしょう?

すべての病は自らの行いを自らで解消する為に与えられる機会です。
病の本質は私たち人間の」カルマを浄化するためのプロセスなのです。

しかしながら、私たち人間はい医学や科学の進歩によって、さまざまな病を退けてきました。
かつては不治の病と言われた病も、現代では治療可能なものがたくさんあります。

さて、病の本質が浄化であるなら、医学の発達によってあらゆる病が予防できる状態になったらどうなるのでしょう?

すごく乱暴な言い方をすると、カルマとして身に受けるべき病を受けられずに、カルマが浄化できない状態になります。
すごく乱暴な言い方をすると…ですが(笑)

スピリチュアル(霊的)的に言うなら、カルマによる報いを身に受けられない、カルマを浄化できない、そうなったら困りますよね?

ですから、いたちごっこが起こります。
あらゆる病を遠ざけたい、人間の生命を優先に考える人類と、人間にしかるべきカルマの報いを与えるために進化し続けるウイルスなどのあらゆる外敵との間に。

コロナウイルスを人間に与えられる報いとしての病であるととらえると、私たち人間のカルマの浄化のために必要なものであるということがわかります。
ただ、2020年と言う今の時代背景に照らし合わせてコロナウイルスを考察した場合私たち人間のカルマのための病という側面以外にも大きな意味を持つことがわかります。

PR

新型コロナウイルスが担う役割

今年のはじめ、私はこの2020年という年は大きな意識改革があり、 私たちの自由意志が試される審判の年であるとご説明しました。
そしてこの2020年の変化は人間の意識のみならず経済や文化の発展というものにも結びついていきます。これらの解釈は占星術や数秘術から私なりに2020年という年の流れを読み取ったものです。

気になる人はこちらの記事を読んでみてください今年の初めに私が書いた記事です。

時代の大きな流れをふまえて考察すると、今回の新コロナウイルスが人類のカルマ清算のためのこれまでの病とは少し性質が異なることが見えてきます。

私は今回のこの新コロナウイルスをわりとニュートラルに捉えています。
まあもともとこの世界は二元的で善と悪が存在しますし良いこともあれば悪いこともあります。

今回の新型コロナウイルスの出現は、悪いことで言えば人々が病に倒れ、新型コロナウイルスへの脅威によって、社会も経済もとても大きな打撃を受けています。

ですが、今回の新型コロナウイルスにも悪い部分ばかりではなく、もっと他の側面も存在します。

例えば今回の新型コロナウイルスをきっかけに、テレワークやリモートワークに働き方を切り替える会社もたくさん出てきました。時代はいずれそのように変化していったでしょうが、そうした変化を新型コロナウイルスが強く後押したという感は否めません。

私は女性と男性ではそもそも人間としての構造も役割も違うと思っていますが、社会では男性と女性の性男女平等という言葉において悪い意味で差がなくなってきていると思っています。

今回のこのテレワークやリモートワーク促進が、出産や育児をしながら女性が働きやすい環境を作り上げていくその土台となってくれることを強く願っています。
いつも家族や子供の近くにいて働きたい時に働きたいだけ働けるそんな素晴らしい労働環境や仕組みが出来ると良いなと思っています。

私しごとですが、私の部下には女性が多いこともあり、今回の新型コロナウイルスをキッカケに私自身が先々の会社の制度を変えるぐらいに動いていこうと思ってます。

新型コロナウイルスによる多大な犠牲は悲しむべきものでありますが、せめて、2020年というこの大きな時代の節目にこの先の未来を大きく変える力ともなってくれればと願っています

PR

コロナウイルス対策

新型コロナウイルスがどのように感染するかについてですが現時点では飛沫感染と接触感染の二つが主に考えられています。
飛沫感染は感染者がくしゃみや咳をすると一緒にウイルスが放出されてそれを呼吸と共に吸い込んだ他の方に感染します。
この飛沫感染は学校や会社満員電車イベント会場や飲食店など人が多く集まる場所で起こりやすいです。

接触感染と飛沫感染対策

そして接触感染は感染者が咳やくしゃみを手で押さえたりした後にその手で丸の物に触れるとウイルスが付着します。
そのウイルスが付着した箇所を別の人が触るとさらにその別の人の手にウイルスが付着し例えば目をこすったり口を触ったり鼻を触ったり主に粘膜から感染します。
主な感染場所としては人間が手に触れるようなところ例えば電車やバスのつり革だったりドアノブやスイッチ、家族や恋人であれば手を繋いだりすスキンシップなどからも感染する可能性があります。

1.接触感染

コロナウイルスはその構造的にエンペラーオーブのあるウイルスです Emperor of というのは地域性のマーク girl with のことです。
まあちょっと専門的な用語は横に置いておいて簡単に言うとアルコール消毒際の影響を受けやすいウイルスなので、手洗いだけでなくアルコール消毒をすることによって感染のリスクを低下させることができます。
コロナウイルスの潜伏期間については現時点での潜伏期間は1日から12.5日平均的には5日程度と言われており、 感染者は約14日間の健康状態の観察が推奨されています。
つまり感染したと思わしきときから2週間は健康状態の観察が必要ということになります。

例えば熱が出たり咳やくしゃみが出るといった症状が起きた際に最低でもその症状が現れて回復した後でも2週間の間は外出を控えるなどしたほうがよいということになりますよね。
感染症対策については通常の感染対策と同じで特別なことは何もなく、マスクの着用など咳のチケットをしっかり行い、こまめに手を洗ったり手をアルコール消毒するなど清潔にすることが大切です。
ちなみに手洗いについてですが石鹸で洗ったとしても、さっと短い時間で終わらせた場合は手洗いの効果が薄いためウイルスや細菌を完全に除去するのは難しいです。時間にして約12秒ほど長めに手を洗うようにしましょう。

2.飛沫感染

よく風邪やウイルスについてもマスクが効果があるのかみたいな話がのぼることがありますが、マスクについては感染のリスクを減らすという意味では完全に無くすことはできません。しかしながら自分がウイルスに潜伏されているような状態やあるいは感染して症状が出た後に関しても、他社に移してしまうというリスクに関しては大幅に減らすことができると言われています。
つまりは自分のためというのももちろんですが万が一の時に相手にうつされないための エチケットとしてマスクを着用しましょう 。

市販のマスクに関してもあるいは布のマスクに関してもですが飛沫感染を完全に防ぐというのは難しいため咳をする際にはマスクの上と下を押さえて咳をするなとすることでマスクの外側への資産を減らすことができます。
もしコロナウイルスに感染してしまったのではないかと思った場合どうしたらよいかについてですがここに書くと長そうなので厚生労働省へのリンクを貼っておきますのでそちらを参考にしてみてください。

新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)

PR

コロナウイルス対策 スピリチュアル編

さて、スピリチュアルなコロナウイルス対策についてですが
まあこれはいつも言ってることでもありますが強い生命エネルギーを維持するためにレトルト食品やスナック菓子ファーストフードなど和酒栄養があり身体に良いもの食べましょう。
具体的に言うと自分が生まれた土地や住んでいる地域に根ざしているような果物や野菜を多く食べるようにして体に負担の大きい肉類や甘いものや油分の多いものなどは控えましょう 。
食生活を正せば身体が正されます。私たちの肉体は私たちが口に入れる食べ物からできています。

そして睡眠の時間を十分に摂るようにしましょう。
睡眠時間は体の回復や体内に溜まった毒素を浄化するようなとても重要な時間であるとともにスピリチュアルな観点で言えば日々私たちが生きていくための霊的なエネルギーを充電するとても大切な時間です。
例えばですが1日の総カロリーで言えばそんなに食べているわけではないのに体がとても太っているみたいな人は大抵の場合は十分な睡眠時間を得られていないような場合が多いです。
そして質の高い睡眠をとるために余裕があれば自分の体に合った枕や寝具を整えられるとより良いと思います。なにせ睡眠時間は1日の約1/3から1/4の時間を使って行われるスピリチュアル的に言えばとても重要な時間なのですから。

コロナウイルス対策としてスピリチュアルな観点から言ってもやはり重要なのは食生活や日々の生活習慣そして自らの健康のためにしっかりと体を動かしたり十分な睡眠をとることです。

これはスピリチュアルの基本中の基本です。
それがしっかりと出来ていれば私たちの生命エネルギーや霊的なエネルギーは強化され外部から干渉してくる様々なマイナスの要素に対して強く抵抗を働かせることができます。

コロナウイルスへのエネルギー的対策

私たち人間にとって霊的なエネルギーが活動に必要不可欠であるのと同様、実は細菌やウイルスといった類のものにもそれらの活動を背後で動かしている霊的なエネルギーが存在します。
つまりはスピリチュアル的に言っても私たちの体のエネルギーが弱まりば害のあるエネルギーに侵入されるリスクが高いもあります。
ですから私たちの霊的なエネルギーを汚すあらゆる要素がコロナウイルスやその他は私たちに害のある外的要因に対して 抵抗力を弱めてしまう可能性があります。

これをもう少しわかりやすい言葉で説明すると、例えば心配事や不安やストレス、誰かを悪く思う心など私たちの否定的な感情や思いが私たち自身のエネルギーの波動を低下させ、外部から悪いエネルギーの侵入されやすくなります。
細菌やウイルスなども、霊的なエネルギーによって、滅菌や回復を行う事が出来ます。

エネルギーで菌やウイルスを殺す仕組みとしては、私の感覚で言うと「浄霊」に近いです。
手をかざしたり、瞑想したりして、不快感や痛みの伴う箇所にエネルギーを集めます。
簡単に言うと、ウイルスはマイナスエネルギーを持っているので、それをプラスのエネルギーで相殺すると、ウイルス自体の活動が弱まったり消滅させることが出来ます。

スピリチュアルなエネルギーをコントロール出来ない一般の方には難しいと思いますが、ポイティブな感情や強い意志、そして病に負けないという強い思いがあればそれはプラスのエネルギーなのでマイナスエネルギーを削ったり、相殺することが出来ると思います。

PR

コロナウイルスをヒーリングする

コロナウイルスをヒーリングするって言うとなんだか日本語がおかしいですが正確にはコロナウイルスに感染した人に現れている症状をヒーリングするということですね(笑)

コロナウイルスに感染した人をヒーリングして症状を緩和することは十分可能ですが、感染した人を完全に治すというのはなかなか難しいかもしれません。
しかも、今回のコロナウイルスに関しては感染するリスクを極力避けて行動しなければなりません。
ですから、いかに強力な力を持っているヒーラーといえども相手がコロナウイルスの感染者だとわかっていたならば対面でヒーリングすることは避けるべきでしょう。
(超越したレベルにあれば話は異なるでしょうが)

遠隔でヒーリングするというのは感染のリスクが少ないため可能であると思いますが、実際に遠隔ヒーリングを行った場合、コロナウイルスに感染した人から空間をこえて受け取ることになるであろうダメージやマイナスエネルギーに関しては、私自身コロナウイルスに感染した人をヒーリングした経験がないのでどれぐらいのものかあまり想像がつきません。
おそらくはインフルエンザの感染者をヒーリングする場合と似たり寄ったりではないだろうかと 予測しています。(結構強力なマイナスエネルギーです)
遠隔ヒーリングでもリスクはゼロではないので、私がオススメするのはヒーラーによって行われるヒーリングではなく、予防や自己治癒能力向上のために行うセルフヒーリングや、風邪の初期症状のようなものが現れた場合のセルフヒーリングです。

まず大前提ですが、スピリチュアルな界隈では腹あらゆる病に有効な呼吸法があるとか、背中を5過ごす叩けばあらゆる病が治るとかそういったいかがわしい情報もたくさん存在します。そういった情報を簡単には信じないようにしてください。
まず呼吸法に関しては、風邪に類するあらゆる症状の時に深い呼吸を行うと、体の感染状態がひどくなるケースがありますので、基本的には深い呼吸法を行うのはよほどの熟練者でない限りは避けた方が良いでしょう。
感染する前であればできるだけ深く大きな呼吸を自然環境の中で行うのが良いでしょう。
より多くの外気を取り込むことで体のエネルギーを強化することができます。

もしすでに体調が思わしくないとか、風邪っぽい症状が出ているみたいな人は、
呼吸は体を横にした状態で静かに小さめに行うのが良いです。

セルフヒーリングをする際に私がお勧めしているのは体を仰向けに横になって両手を胸の上に重ねていくスタイルです。
体をしっかり温めてそして胸のあたりに体のエネルギーを集中することによって飛躍的に免疫力を高めることができます。

ヒーリングってなんぞやって人はこちらのシリーズが参考になります。

PR

コロナウイルスとアセンション

今回の新型コロナウイルスをアセンションやエセ終末論のようなものと絡めてスピリチュアル界隈の不安な人たちにつけ込もうとするスピリチュアルビジネスや、詐欺まがいのビジネスが横行しているのでご注意を!
いかがわしいセミナーや講座けの勧誘に気をつけてください。

地球アセンションとは地球圏の環境が5次元に上昇するとか、魂がいっせいに進化するとか、スピリチュアルな界隈でいろいろとささやかれている終末論や人類の進化論、革新論のようなものですが、実際には起きえないような事象なので真に受けないでください。

ただし、アセンションという言葉はもともとあって、人間の霊的な進歩や変容をあらわす言葉でした。

アセンションってなんぞやって人はこちらの記事をおすすめします。

スピリチュアルな界隈にいる悪い人たちについてはこちらの記事にかきました。

新型コロナウイルスとスピリチュアルのまとめ

病を治す医療従事者たちのても、病を治す薬を研究する研究者たちの頭脳や想像力の源もそして私たち人間の命を脅かす凶悪なウイルスを元を正せば全ては神によって創造されたものです。

私たち人間の心が清ければこの世界には病などというものは存在せずもっと言えば私たちの魂を成長させるための学び場この世界さえも存在する必要がなくなってしまうのかもしれませんね 。

私たちの病の本質が浄化であり、病の源が過去のカルマに起因するのであれば、私たちが出来ることはただひとつ「心を清めて愛を持って生きる」ことであり、私たちの日々の良き行いが、過去の悪しき行いを解消してゆきます。
それが出来たなら新型コロナウイルス自体を遠ざけたり、感染時の症状をやわらげることができるでしょう。

PR

あわせて読みたい記事

 

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。<strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a><strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a>「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

プロフィール
PR

PR

関連記事一覧

  1. レイ

    いつも気付きをありがとうございます。
    コロナウイルスにより起きている事の意味を私なりに考えていましたが、この記事を読ませて頂き、納得でしかありませんでした。そして迷いがなくなりました。すこし、マイナスに心が動いていましたが、まっすぐ前を向いて進める力になりました。
    ありがとうございます。
    心清く愛を持って生きれる様がんばります。

  2. HAINE

    たかが風邪程度で、騒ぎすぎです。このウイルスは、肺炎だけでなく脳神経、心肺機能、胃腸機能
    に対しても破壊し、エイズウィルスの遺伝子が組み込まれているため、免疫機能も破壊します。
    さて、あらゆる物事は、天によって導かれ必然的なものです。縁によって作用する。
    この事象では、新たな社会モデルへの転換期への礎になる可能性があります。
    現状のままを維持することに執着するのではなく、先を見据えた変化に柔軟である必要がありますね。
    以前の投稿に不足がありましたので補足します。預言者にシルビアブラウンと日月神示・WEBボット
    など
    あと五輪は、日本いとって不要であり行うべきではないものです。利権関係者だけのものですから

  3. いつも素敵な記事をありがとうございます。
    このブログに出逢えて、今までの知識?好奇心?経験?が頭での理解にて、統合されていく感じがします。
    今回は、
    「神」(この世界の第一原因たる根源的な神であり、そのエネルギーは万物に満ちあふれ、この世界や宇宙の法則であり、その法則に宿る知性)
    の一文を読んで、
    ヒマラヤハウス® (空間ヒーリング® Art風水)とlinkしました。
    (なるほど、ヒマラヤハウスはそれをartとして具現化試みているのだなぁ。)

    話はそれましたが、
    不謹慎かもしれませんが、今回のコロナ騒動、個人的にはとてもわくわく?喜びに近いものさえあります。
    これでとうとう重荷が下りて、もっと自由に変化できる、
    心の赴くままの選択を心から選んでいくことができる、という感覚があります。
    発達個性ですが少しばかり地頭がよかったため
    (小さい頃から、脳がうまく機能していない違和感(見えるとこで例えると、5本指のうち親指がうまく動かない、という感覚)がありましたが、親に相談しても理解されず心配かけるだけだったので大人になるまで放置しつつも自力で脳を鍛えたようです。)、
    感覚よりも小賢さを選択し続けた結果、
    周りの感覚と一緒が良いと思い込んで、心とは違う選択を取り続け、いらぬ我慢をし過ぎました。
    情緒不安定だったり、自分ルールに囚われがちな思考の性質の為、なかなかバランス取りづらいのが歯がゆくてスッキリしたくて、もっと色々clearにしていきます。