幽界(アストラル界) – あの世とこの世 霊的世界 第6話

次元の狭間の画像
見えない世界

アストラル界 感情と想念が交錯する世界

幽界(アストラル界)は感情と欲望と想念の入り交じる世界です。あの世の入り口とも言えます。
私たち人間が死後、最初に訪れる世界だからです。
アストラル物質とアストラル素材に満たされた幽界(アストラル界)は色とりどりのオーラとアストラルライトと呼ばれるエネルギーが光りが星のように輝いています。
物質世界と重なり合うように存在する霊的な世界の中で最も近いレベルであるため、最も密接に関わる世界でもあります。
人間の感情や想念はもちろんですが、同じレベルにとどまる霊や生き霊、霊的な存在など、様々なものが存在します。
人はみな、睡眠時にこの世界で活動たりもしていて、その記憶は夢として現れたり、瞑想を通じてこの世界を体験する事もあります。
幽界(アストラル界)の様子がよく分かるように私が幽体離脱で見た幽界(アストラル界)の画像を作りました。

PR

 

まずはこの画像をご覧ください。

何の変哲もないただの写真、私たちになじみの深い 物質世界です♪
続いていて下の画像をご覧ください。

※この画像は私が体外離脱時に体験する幽界の印象や雰囲気を簡単な画像合成で再現したものです。
幽界も細かく分けるといくつかの階層に分かれるので必ずしもこの印象に当てはまるとは限らないと思います。

幽界(アストラル界)とは?

幻想世界の画像
幽界は想念界、アストラル界といった言葉で知られている領域です。
人の感情に対応した世界で、生き霊、死んだ後に感情にとらわれて成仏できなかった霊、神話に出てくるような妖精やキメラ、人の想いが集まって出来た想念体や生き霊、人間の想像から生まれるあらゆるものがこの世界には存在します。
人が想像できるあらゆるものが存在するとはつまり、この幽界に煉獄も天国も地獄も存在します。 人の信仰が作りだした神や天使達、神仏も存在します。 それらは全て人々の想念が作りだしている偽りもの、レプリカです。 本当の天使や神仏はもっと高次の世界に存在します。

幽界(アストラル界)と物質界の関係

この世界は、物質世界と重なるように存在していて、例えば、家を建てたい人が、家を建てる事を決めて心身共に動き始めたとき、物質世界に先駆けて、この世界で家が建てられ始めます。
恋人同士となる男女の多くも、この世界で先に関係を深めた後、現実の世界で恋人同士となります。

想念は心の設計図で、現実世界の建設計画であるとこれまでに書きました。 この四次元領域、幽界(アストラル界)はまさに、物資へと具現化する前段階のエネルギーで構築された世界と言え、物質世界よりはるかに広く繁雑な世界です。
この四次元世界には人が想像できるあらゆるものが存在し、人の想念が現れては消えていく、そんな感じの世界です。
生前、「仕事と金が人生の全て!」みたいな人が居たとします。 その人は生前この4次元領域に自分で作り出した想念の世界の中で、死後も仕事をしてお金儲けをしてたりなんて事もあります。
これはまさに煉獄に落ちたなどと言われている状態です。 六道は現実世界に存在すると私は言いましたが、現実世界に存在するという事は、無論この四次元領域、アストラル界(幽界)にも存在します。 (この世界にあるものが、のちに現実となるからです)

偶像を崇拝してはならないという聖人の言葉には、人が想念で作り出した偽りの神をあがめてはならないという意味も込められています。

人が死んだとき、肉体を離れた霊体はまずこの領域を訪れます。 何かしらの事情で強い感情や想念を抱いた場合、この領域に自縛化する事もあります。
物質世界に干渉する生き霊や霊など、その他あらゆる波長の低いエネルギーがこの領域をうようよしています。
多くの人が眠っている間にこの領域のことを夢として見たり経験したりします。

関連記事

幽界(アストラル界)を含む4層構造の霊的世界の全貌


見えない世界や存在についての基礎知識が「スピリチュアル入門」のカテゴリーに2本掲載されています。


 

 

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談