体外離脱 – スピリチュアル体験 第8話

幽体離脱

ある日睡眠中に突然、霊体が身体を抜け出しました……
眠っている肉体を見下ろす自分…
臨死体験とか、幽体離脱とか、、なんて言葉がありますが、どれも肉体を霊体(幽体)が抜け出してしまうような心霊現象です。世の中にはこの種類の力を自在にコントロールできる人もいるようですが、僕は得に何かを訓練した訳でもなく、望んだわけでもなかったので正直ビビリました…
霊能力が身に付き色んな知識を集めてさらなる能力の開発に没頭していた時期、瞑想歴も3年になる頃のことです。


臨死体験?幽体離脱??なんか体から出ちゃったんだけど

初めての体外離脱

初めて体外離脱が起きたときのこと。
睡眠中、浅い眠りの中でふと意識を取り戻すと、ガガガガガ・・・ あれ? なんで揺れてるんだろ?
んで自分に意識が戻ったのでてっきり眠りから目が覚めたのだと思い起きあがると、自分の霊?ともいえるものが上半身だけ体から抜け出てたんです。

なんだこれ!!!?
あまりにビックリしたショックでしょうか。

今度は普通に目が覚めました。
んで体半分抜け出てたことを思い出して、夢だったのかなぁ???
などと思いつつその件はそのまま深く考えることもなく放置してました。

体外離脱2回目 浮遊して部屋の外に出てみた

それからまたしばらく日がたってのことです。
いつも通り瞑想をして寝た自分は夜中に目が覚めるんですがそのときはなんと…

浮いているじゃないですか…

自分の肉体の1メートル上ほどの場所、以前のできごとと考えあわせて、きっと自分はいま幽体離脱してるんだ! って思いしばらくフワフワ浮いてました、マンションの4階に住んでいたんですけど窓すり抜けて少し外に出てみました。

でも自分は結構ビビリなんで帰れなくなったらどーしよなどと考えると次第に不安になりさっさと戻ってしまったのです(笑)

体外離脱3回目 浮遊してマンション屋上に行く

それからまたしばらく日数がたった頃、その時睡眠中にふっと意識を取り戻すと2回目のときと同様に体から抜け出ていました。
この日は3回目と言うこともあって少しだけ落ち着いていました。

なんとなく窓から抜け出て、恐る恐るマンションの屋上に移動してみたら地面にきらきら光る光の粒が見えました。そのままマンションの屋上にいくとそこには沢山の人が居たんです。
すぐに分かりました、その人たちの中に肉体を持ってる人は一人もいなくてすべて霊の状態の人間なんだってことが。
死んでしまった霊なのか自分と同じように抜け出た霊なのかそこまで区別はつかなかったですけど(笑)

以上3回の体外離脱が、僕が瞑想を開始してから初めて身体を抜け出て移動したときまでの体験です。

体外離脱をして気づいた事

  • 体外離脱中に意識を取り戻すと体の方は意識を取り戻します。体外離脱の夢を見て目が覚めたってな感じになります。
  • 明晰夢に近いような感じもしますが、夢と決定的に違うのは、起きているときとなんら変わらない認識や意識で自分の行動を決められることです。
  • その後の体験で、寝てるあいだ体外離脱していても目が覚めるときはその「記憶の断片」しか覚えてないようなこともよくあると気づきました。
    人間だれしも寝てるあいだ自分の霊は、ちょくちょく体を抜け出して何か活動を行ってますが、その記憶は目が覚めると忘れてしまいます。

体外離脱したときの活動

何してるんでしょうね? 身体を抜け出した人の霊って(笑)

瞑想歴7年目までにあった体外離脱の体験はこんなことでした。

・遠距離恋愛してる彼女の家に会いにいった。
・霊が抜け出ていった先でだれかにヒーリングしてた。
・障りをしていた生き霊が去るのを追いかけて、呪いを送ってきた対象をつきとめた。
・勢いよく飛んでみたら宇宙まで飛び出した。

体外離脱した自分と肉体を一本の帯?みたいなものがが結んでいます。
これ切れたらやっぱお亡くなりになりそうな感じです(笑)
体外離脱したときの記憶を考察するに、体外離脱後の世界はいま生きてるこの世界に違いないのですが、非物質的で、多少外観が少し異なります。
3.5次元とでもいえうような感じでしょうか?
体外離脱したときに見た東京タワーは沢山の石像で組みあがった塔のように見えました。
それを見た自分が思ったことは 東京タワーってきっと科学とか偶像崇拝が生んだシンボルなのかな?ってことでした。

以前引っ越したときに新しい部屋で寝てる自分のまくら元に緑色に輝くオーラに輝く友人が涙を流してるのを見ました。
自分が遠くに越したことを悲しむとともに霊はここまで会いに来てくれたのかな? って思いました。悲しみを伝えたかったのかもしれませんね。

体外離脱はコントロールできる|2009年追記

2005年頃から2009年にかけて体脱の体験が劇的に増えて、自発的に身体を抜けたりコントロールするすべを身に付始めました。
人間は肉体と霊的な2つの身体の計3つの身体を持ち、体脱後の世界は4つの階層に分かれ、7つの意識段階があることが自分の体験から知りました。

体験した高次世界や死後の世界の内容まとめた|2018年追記

高次世界とか死後の世界とか霊界など、さまざまな言葉で言い表される私たちの目には見えない世界の地図を作りたいとずっと思っていました。まだその取っ掛かりにすぎませんが、簡単に内容をまとめてみました。

この天空の庭先をみつけてくださってありがとうございます♪

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。<strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a><strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a>「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

プロフィール



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。