妊娠をスピリチュアル的に説明すると

妊娠
スピリチュアルとは

妊娠をスピリチュアル(霊的)に説明する為には同時に説明しなければならない幾つかの大きなテーマがあります。
人間の魂は存在するのか? 人間は生まれ変わるのか? 恋愛、結婚、出産に人間の運命や宿命はどのように作用するのか?
スピリチュアルな事柄を説明する人たちの中には赤ちゃんは自分で母親を選んで生まれてくるとか、妊娠した瞬間から魂が赤ちゃんにやどるなど、様々なことが言われていますが果たして本当のことなのでしょうか?
今日は妊娠についてのスピリチュアル的な意味についてお話しいたします。

PR

妊娠をスピリチュアル的に説明すると

結婚、妊娠、出産は人生の中でもとても大きなイベントです。
その背後ではやはりスピリチュアル(霊的)な法則が働いています。
妊娠をスピリチュアル的に説明するためには最低限お伝えしなければならない3つのことがあります。

  1. 人間の魂は存在する
    大選定の話ですが、人間には魂があり、妊娠して生まれてくる赤ちゃんには魂が宿ります。
  2. 人間の魂は生まれ変わる
    人間の魂は生まれ変わりを繰り返しながら成長します。
    魂には前世や過去生の経験や記憶が眠っています。
  3. 人間の魂は生まれる前にプランを立てて生まれてくる
    人間の魂は生まれる前に魂を成長させるために最適な人生プランを組んで生まれてきます。

人間の生死に関わるスピリチュアル(霊的)に大切な3つのことを順にお話ししたいと思います。

PR

人間の魂は存在する

魂とは、自分自身の本質と言える部分です。
神が創り出した光のかけらで、神と同じ性質を持っています。
人間の魂は神が存在するのと同じ領域、つまり神界に存在し、人間の肉体に直接やどることはありません。
ですが、神界には時間と空間が存在しないので、私たちの魂は、いつでも神の間近に在りながら、同時に人間としての肉体と空間を超えて結びついています。
私たちが今見たり感じたりしながら生きているこの3次元世界は、魂からしたらある意味「仮想世界」のようなもので、私たちの本当の自分である「魂」はいつでも高次から現在・過去・未来を含むこの世界を俯瞰して見ています。

人間の魂についてはこちらの記事が参考になります。

人間の魂は生まれ変わる

人間の魂は生まれ変わりを繰り返しながら成長します。
ですから、妊娠し、やがて生まれてくる赤ちゃんには前世や過去世が存在します。
魂はその前世や過去生での経験を持っていますから、それが赤ちゃんの性格や性質、才能、肉体的な特徴など、あらゆることに影響を及ぼしています。突出した才能や、あるいは障害のようなハンディなども前世や過去生の影響や持ち越します。

人間の魂は生まれる前にプランを立てて生まれてくる

人間の魂は生まれる前に神と宇宙の法則に基づき「魂のプラン」を立てて生まれてきます。
では魂のプランとはどのようなものなのでしょう?

すでに説明したとおり、人間の魂は生まれ変わりを繰り返しながら成長します。
魂が人間として新しい命に宿るにあたり、自分の魂が成長するために最適な「人生のプラン」を、輪廻転生を繰り返す過程で現れた課題を解消するための「人生プラン」を設計します。それが「魂のプラン」です。

魂のプランの内容を決める「課題」の中には私たちの原罪や、前世や過去生でおかした行いを解消する、「カルマの法則」があります。

カルマの法則とは、自分の行いの報いを自らが受け取るというこの宇宙の法則の人間への表れです。

私たちの魂が決める「魂のプラン」とは、言い方を変えると私たちの成長やカルマの解消のために計画された運命や宿命であるといえます。

つまり、女の子の赤ちゃんが生まれてきたときには、その赤ちゃんがいつ妊娠して子供を産み、その子供に宿る魂も概ね決まっています。ただし、人間の運命にはいくつもの分岐があるため確定している未来はありませんが、子供に宿る魂の候補が分岐ごとにあるていど決まっていると思ってください。

妊娠の本質をいうならば、「魂のプラン」によって自分が生まれたときにはどのような人生を送るか分岐も含めて概ね決まっていて、自分の子供に宿る魂さえも概ね決まっているということです。

PR

妊娠のスピリチュアル的な予兆

妊娠する間に予兆を感じたり、妊娠中に赤ちゃんの意識を感じたり、これらとても自然で当たり前のことです。
生活習慣を正していたり、健康的に、そして霊的に生きている人ほど、妊娠の予兆を感じると思います。

私が自分の人生の中で感じたことは、「子供がほしい」と思ったときに、「自分は子供をもつ」という確信を同時に得てる人が多くいて、そういった人たちは疑う余地もなく妊娠して子供を持っています。

私は20代の時には、自分が結婚するとは微塵も思っていませんでした。
ですが、32歳の時にふっと「母親に孫の顔ぐらいみせてあげたいな」と思ったときに同時に「確信」しました。
自分は結婚をする人間で、自分はこの先子供を持つのだと。

私の妻は「結婚し子供を持つ」という事に私と出会う前から「確信」を持っていて微塵の疑いも持ってはいませんでした。
私が驚くのは、妻の希望通り、男の子一人、女の子一人を授かることができた事でした。

妊娠は「魂のプラン」によって決まっている事ですから、霊的な感性の強い人間にはわかるみたいです。

この「確信」は希望や願いではなく、そうなると気づくとか分かっているということなのだと思います。

PR

赤ちゃんは母親を選んで生まれてくる?

ある意味、母親を選んで生まれてくるというのは正しいです。ですが、母親だけを選んでいる訳ではありません。
赤ちゃんは「魂のプラン」に基づき生まれてきますから、母親はもちろん、父親も、そして自分より後に生まれてくる兄弟となる魂のことさえ知っています。自分がどのような人生を送るか?何をすればいつどのように人生が分岐して、その果てにどのような結末が待っているか?魂はすべてを知っています。

ただ、魂はすべてを知っていても、人間として生まれてくるときには魂の記憶は忘れた状態で生まれてきます。

魂はいつ宿る?

これは説明が難しい性質のことなのですが、妊娠したとき、生まれてくる予定の子供の魂の影響を母体は徐々に受け始めます。
例えばタバコを吸ってた人が、タバコが嫌いになり吸えなくなったり、お酒が好きな人がアルコールが苦手になるなど、この影響はカルマ的なことも関係するので千差万別です。

生まれてくる子供の魂の影響を受けているため我が子の魂(意識)を身近に感じてはいますが、実際に魂が赤ちゃんの魂と結びつくのは妊娠時ではなく出産時です。

ソウルメイトやグループソウル

人間の魂にも、家系図のようなものがあります。
いにしえの時代に「魂の系譜」と呼ばれていたものです。
神が自分を二つに分かち、第二の神を生み出しました。
その第二の神は、自分を生み出した神がそうしたように、自らも分霊を行いこの世界と数多の魂を作り出しました。
分霊により生み出された魂もまた、分霊により魂を生み出し、魂の系譜は細かく分かれ、いくつものグループが生まれました。

私たちがの魂は、自分と近しい系譜の魂と関係性を保ちながら輪廻転生を繰り返す傾向があります。
それが、「グループソウル」とか「ソウルメイト」と呼ばれるものです。

つまり、生まれてくる赤ちゃんは前世や過去生において関わりが深かった魂です。
いってしまえば、家族や親戚、結婚相手や元彼、同じ学校の友人たちも、立場や距離感は変わりながらも身近な存在たちであったはずです。

PR

子供ができない理由

結論から言うと、「魂のプラン」であり、カルマの法則によるというのが一番の理由です。
家庭を持つという事以外に、今世で果たすべき役割があるのかもしれませんし、理由は様々にありますが、自分の魂が決めてきた事に他ならないです。

ただ、私たち人間は、「魂の記憶」を思い出すことは普通はできないので、当然、「魂のプラン」など知るよしもありません。
私たち人間は肉体を持ち生きているので、私たちの顕在意識には身体の心、つまり生きる本能が存在します。
ですから、子供がほしいというのは自然で当たり前の欲求です。

スピリチュアル的にいうと、「子供がほしい」という欲求があるうちは体の声に従うのが良いと思います。

また私自身の話になりますが、長男はすぐに授かりましたが、長女をさずかるまでは、自分たちの準備に3年、生まれてくる魂にとって必要であった時間が3年、つまり6年かかりました。

きっと経済的な事を考えず性別も男の子でもよければ、今の長女と異なる魂がやどり子供はもっと早くに生まれてきたと思います。

「魂のプラン」に基づき赤ちゃんは生まれてきますから、生まれるのに「最適な時期」というのは存在します。

こんなふうに言うとわかりやすいかもしれません、子供は親の都合で生まれる時期を決めるわけではなく、自分の都合で生まれる時期を決めている。
この世界に生きる私たちがそれを知るすべはない。

そして私が、子供がほしいけど出来ないというすべての人たちに勧めたいのは、「心を清めて愛を持って生きる」という事です。

子供がほしくても出来ない一番の理由はカルマ的な要因であると説明しましたが、カルマの法則には「神の慈悲の法則」という素晴らしい法則の働きがあります。
つまり、「カルマ的な要因」が何であるかが分からないのであれば、よき心で善行を行うことでカルマの代済を行うことが、カルマに対して積極的にとることが出来る唯一のアクションだと私は思っています。
祈ったり願ったりも大切ですが、困った人を助けたり、人に親切するなど、具体的な行動をすることです。
その時に注意すべき事が一つ、動機が「子供がほしいから」ではなく、「愛」によって行動することです。

PR

堕胎について

生まれてくる子供の魂の影響を受けているため我が子の魂(意識)を身近に感じてはいますが、実際に魂が赤ちゃんの魂と結びつくのは妊娠時ではなく出産時です。

ですから、堕胎は体に宿った赤ちゃんよりも、堕胎を体験した母体の方により大きなカルマ的な意味があります。
(それはカルマの解消であるかもしれませんし、ひとつの学びであるかもしれません)

あえてこんな事を書きますが、もし動機に「悪意や否定心」がなければ堕胎は罪でも殺人でもありません。
ですが、堕胎をしない事はこの地上に生まれたい魂への大きな大きな「愛」だと思います。

まとめ

人間の魂は、生まれ変わりを繰り返しながら魂を成長させています。
私たち人間の魂は、「魂のプラン」と立ててこの地上に生まれてきます。
魂のプランは、おもに「魂の成長」のために必要な事と、「カルマの解消」のために必要な事が含まれていて、私たち人間の人生に「運命」や「宿命」とよばれる力で働きかけてきます。

妊娠についてはカルマ的な作用などスピリチュアル的な様々にありますが、「魂のプラン」はこの地上に生きる私たちには知る術がないので、私たちに出来ることは「心を清めて愛を持って生きる」ことでカルマの解消に積極的にアプローチすることです。

 

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

852,355 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. you

    ウリエルさんいつもありがとうございます
    私は過去にお腹のなかで赤ちゃんが死んでしまったことがあります。当時私は時期的に早いかなと心のなかで思った事があってもしかしたらそのことで赤ちゃんはいなくなってしまったのでしょうか?そのあと二人生まれましたがその赤ちゃんにやどるはずだった魂は二人のうちどちらかなのでしょうか?知りたいです(>_<)

  2. ShajuW

    ウリエルさん、今年も天空の庭先の記事で色んな気づきが出来ることを楽しみにしてます♪

    今回のテーマ、10年前の自分に読ませてあげたい内容でした。
    きっと今が私にとってその時期だったって事なんですね。

    これから先の人生は、産んであげられなかった子達に執着するよりも、今ここに居てくれてる命に向き合う覚悟ができました。

    庭先は人生の課題への気づきのヒントが詰まってますよね。きっと目にしたのに気づけてない課題が山のようにある気がします。
    1ミリずつでも成長して行けるように、否定心を手放して愛に意識を向けられるように意識改革して行かねば(^^;)

    このテーマの続編も楽しみにしてます。

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談