スピリチュアル的に恋愛のタイミング説明すると?

恋愛のタイミング

世の中、タイミングで決まると思えるようなこと、結構ありますよね。
例えば部活の大会、例えば就職、そして恋愛も。
なぜこの人に告白されたのか?「もう少し言ってくれるのが早かったらあるいは」「もう少し想いを伝えるのが早かったらあるいは…」
なぜ私はこの人と付き合うことになったのだろう?なぜ私はこの人と結ばれなかったのだろう?
さまざまな駆け引き、ちょっとしたすれ違い、「タイミングを逸した」「タイミングが合わなかった」恋愛においてはそんな風にかんじることはたくさん在ると思います。
恋愛におけるタイミングとは?スピリチュアル的に説明したいと思います。


恋愛のタイミング

スピリチュアル的に言うのであれば、恋愛のさまさまなタイミングは生まれる前から決まっています。

この世界に生まれてきて、誰と恋に落ちて誰と結婚するのは?おおよそのことは「魂のプラン」として決められています。解りやすい言葉で言えば、「運命」とか「宿命」です。

であるならば、「今は恋愛運が上がってる」とか「今年は運気が高いから恋人出来るかも」みたいな運でなにか未来や選択しが変わるみたいなことすべてか幻とか錯覚のようなものかもしれません。

だってそうですよね?
すべては生まれる前から「プラン」として決まっているのですから。

ただし、普段スピリチュアルなことに関心が無く、「運命や宿命論んてしらない」みたいな人からしてみたら、恋人欲しい、結婚したい、運気が上がってると言われたら何か行動してみたいとか、チャンスを探したりとか、そう思うのはきわめて普通の感覚だと思います。

普段からスピリチュアルなことに関心があって、「運命とか宿命」を理解している人でさえ、今をより良く生きたい、より幸福になりたい、そう願っていると思います。

ただこれって、友達とトランプでする勝負の勝ち負けに意味が無いと解っていても、やるからには勝ちたいみたいなことに似てるかも知れません。

生きることが本能なの同様に、「良いパートナーに巡り会いたい」「愛する人と幸せに生きたい」私たちが幸せを願う心も人間として生きる本能だからです。

恋愛のタイミングと縁

恋愛のタイミングはおおよそ「魂のプラン」で決まっています。
この人生で必要な学びを得るために出会う人たちとは、多くの場合は同じ魂の系譜に属する魂か、輪廻転生しながら絆を深めてきた人たちです。

つまり、この人生で初めて出会う人であっても、じつは過去世から知り合いだった可能性があるということです。

恋人同士や夫婦間で生み出したカルマを解消する為に、再び恋人や夫婦として結ばれる運命で生まれてくるなんてこともよくあります。
「来世でも夫婦になろう」こんな誓いによってふたたび夫婦として生まれてくる人たちもいます。

魂は役者、この世界は舞台、私たち人間は魂が演じる役柄のようなものです。
まるでエキストラのような人たちも含め、私たちがこの人生で出会う人たちとは、古い縁で結ばれています。

ただ…
人生が舞台や劇と大きく異なる点は、私たちの行いによって運命が無数に分岐する点です。

縁についてはこちらの記事に詳しく書きました。

より良い出会い、より良い運命へ

より良い未来を選択できるように、こんなことを心がけてください。

  • 正しく生きる
  • 思いやりを持って人と接する
  • 寛容さを持って人を許す
  • 持たない人に分かち合う心を持つ
  • 心を清める
  • 愛を持って生きる

なぜ良い未来を選択するため、良いパートナーと出会うためにこのような心がけが必要なのか?
私たち人間の中に積み重なる「善」は「徳」といった言葉でも知られていますが、その積み重ねがより良い未来の選択肢を広げるからです。

運命と宿命についてはこちらの記事が参考になります。


タイミングが合わないとき

タイミングが合わないなってことありますよね?
告白しようとした日に、相手が休みで会うことが出来なかった。
告白しようと思ったタイミングに知り合いが声かけられて流れが崩れた。
告白しようと思っていた相手に、誰かが先に告白して恋人関係になってしまった。

あなたの人生の、さまざまなタイミングを決めているのは因果律です。

タイミングが悪い・タイミングがズレる

タイミングが悪いと感じるとき、スピリチュアル的に言うのであれば「それが本線では無い」とか「まだ機は熟していない」といった可能性です。

例えば、タイミング悪いのが続き、ことごとく告白のタイミングを逸して、ついには卒業と共に離ればなれになり想いも消えていった。みたいなことがあったとしましょう。ですがその僅か3ヶ月後に運命の相手と出会ったなら?

それはつまり、告白しようと思っていた相手は本線ではなく、その次に出会った人が本線だったということです。

例えば、告白しようと思ったタイミングで邪魔がはいり、告白が出来なたったとします。
もしそのときに邪魔が入らずに告白できたらフラれていた、でも邪魔が入ったから機を逃し、ひと月後に告白したら結ばれた、人生にはそんなこともたくさんあります。機が熟していないからタイミングがズレたということです。

いっけんタイミングが悪いように見えても、じつは長い目で見たら絶妙のタイミングであったことに気付くかも知れません。

そしてタイミングは「因果律」によって決まっています。

つまり、あなたが進むべき「本線」へと導くためにタイミングが悪いと感じるようなことや、タイミングのズレがおきる場合があります。

タイミングについてはこちらの記事が参考になります。


タイミングを逃した

タイミングを逃した、そう感じることはあるまもしれませんが、これもタイミングが悪いときの話しと同じで、もしかしたらタイミングを逃すことで「本線」へと導かれているのかもしれません。

もしかしたら自分の努力が足りずに自分が望まぬ運命の分岐へと進んだかも知れません。
ただし、人間としての私たちの意識が望まなかったとしても、すべては魂の成長に必要なことであるから起きている出来事なので、タイミングを逃したと思うようなことがあったとしても、それはやはり必然であったと言えます。

タイミングを待つ

運命は生まれる前から決まっている、しかしながら、ある程度は自分の意志で変えていける、であるならば、自らより良い選択肢を選んでゆくこともできるはず。

この世界は学校で、人生は長い長い学校生活のようなものです。

不良のように過ごすことも、優等生として過ごすことも、自分がやりたいことをして過ごしてゆくこともできます。
もし「歯車がかみ合っていない」と感じたときには少し待ってみることが必要かも知れません。

愛と忍耐と寛容を身につけるほどに、時間を待つことが苦にならなくなります。
それが必然であるならば、機会は何度でも巡ってきます。

「恋愛運」はあるのか?

人生の分岐や、それぞれの選択肢によって訪れる細分化された未来があったとしても、私たちはその中から幸せを探し、実現するべきでしょう。
「運」とはサイコロを振ったら1が6分の1で出るみたいなものとは少し違います。

私たち人間の「運」は私たちの過去世の行いに起因していて、私たちが今世で「運」だと思っていてもそれは「必然」なのです。

つまり、通り魔に刺される人には、その原因となるなにかしらの出来事が過去世にあったのだということです。

「恋愛運」なるものがあるとしたら…
それは過去世で、あなたがどれだけ多くの人を愛する事が出来たか?(愛情ではなく愛です)

どれだけたくさん愛される(感謝される)ことをしてきたか、それに尽きると思います。

運は本当にあるのか?この記事が参考になります。

恋愛のタイミングは占いで解る?

占いはあたるも八卦、当たらぬも八卦、つまりは昔から占いは半分は外れると言われています。
なぜ半分当たって半分外れるのか?
この世界は二元的で、「運が良い・運が悪い」「成功・失敗」「幸せ・不幸」ものごとには対象となる2つの側面があります。

占いでは良いことも悪いことも言うので結果的には半分当たって半分外れます。

ただし、話しの全体を記憶しているわけではないでしょうから、「ほら言ったでしょ?」と言われたら、「確かに!」ってなりますよね?

他人や占いに人生の選択を委ねるようなことがあってはなりません。
占いを楽しむときは、「アトラクション」とか「ゲーム」、そう思って参考程度にしておきましょう。

スピリチュアルカウンセラーについても同じです。
彼らは親身に話を聞いて、色々とアドバイスをくれるかもしれませんが、あなたの人生に責任を負ってはくれませんから。

スピリチュアルな界隈を安全に進むためには「自分で感じて考え自分で決める」これが基本です。

占いについてはこちらの記事に書きましたので参考にしてみてください。

スピリチュアルな界隈にはお金目的で活動している悪い人間もいるのでこちらの記事も参考にしてみてください。
こんな人に注意しようみたいな具体的な人間像も書いてます。


今がタイミング?

最後に、今目の前に恋をする人がいて、想いを告げたいと思ったなら、今がタイミングなのか???
これは本当に結果論に近いかも知れませんが、溢れてくる想いを抑えきれなくなったら、想いを飲み込めず衝動的に言葉にしてしまうようなことがあったなら… それは間違いなく「今がタイミングだった」と言えます。

ただし、カルマや人間の人生の難しいところは、機が熟し、今がタイミングだったとしても、結ばれるとか限らないといったことです。

想いが実るにしろ実らないにしろ、機が熟せばおのずと状況は進みます。

恋愛や結婚も同じです。

何が理由で結ばれるかなんて本当に解りませんし、何が理由で結婚するかなんて解りません。
ですが、機が熟せばことは進みます。

そして極論ですが、私たち人間は「カルマを解消し、魂を成長させるため」に、何度でも生まれ変わって来て、何度でもいろんな人生を生きることになります。
もし自分の視座を魂にまで高められたら、たぶん普通に心からこう思えるでしょう。

霊界か来世でまた会おう♪ って♪

今回は恋愛のタイミングの話しでしたが、私からの提案は、気にせず縛られず、正しく自由に生きて欲しいって感じです♪

いっしょに読みたい記事

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。<strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a><strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a>「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

プロフィール



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。