出会いのスピリチュアルな意味とは?良い出会いを引き寄せる思いと思考

出会いはスピリチュアル

人生に幾多の出会いと別れがあります。
人生でとくに大きな出会いは、師となり得るような人や、長い時間を共に過ごす恋人や伴侶との出会いではないでしょうか?
誰と、いつ出会うのか?スピリチュアル的に言えば人生で出会う人間や、関わる人たちは魂が地上に生まれてくる前からある程度決まっています。
ゆえに、些細と思えるような出会いにも深いスピリチュアルな意味が隠されている場合もあります。
この人生だけではありません。前世での出会いや、今世での人との関わりが来世での出会いを紡いでいきます。


出会いの意味をスピリチュアル的に説明すると

スピリチュアル的に言うなら肉体は滅んでも魂は不滅で、人間は生まれ変わりを繰り返しています。
輪廻転生とは魂の成長の為に前世から今世へ、今世から来世へと繋がっていく長い魂の旅なのです。

人間が輪廻転生のなかで出会う自分以外の魂や、この物質世界での出会いはどのようにして決められているのか?

人間が生まれ変わりを繰り返し誰と出会いどのような人生を歩むのか?それは人間がこの地上に生まれてくるまえから決まっています。
私たち人間の人生や出会いを決めている2つの大きな力があります。

  • カルマの法則
  • 魂のプラン

カルマの法則は「因果応報」とも呼ばれ、人にした行為が結果として自分に戻ってくるという法則です。
簡単に言えば、人から盗みを行えばいずれ自分も盗まれ、人を殺せばいずれ自分も殺され、人を助ければいずれ自分も助けられるという事です。
全ての人間は、いずれカルマを解脱し、神と一つになるという使命を持っています。

そして「魂のプラン」とは、私たちの魂が生まれてくる時に、神と宇宙の法則に基づき決める人生のプランです。
「魂のプラン」は、自分の成長の為に必要な経験や、カルマを解消する為に必要な経験ができるよう最適な形に設計されています。
「魂のプラン」は、私たち人間が「運命」とか「宿命」とよぶものに等しいです。

つまり、私たち人間が人生で出会う人間とは、私たち自身の成長の為に必要な体験と合わせて生まれてくる前から概ね決まっているという事です。
自分の両親、兄弟、親戚、親しい友人達、学校の先生、会社の上司、恋人、結婚相手、人生にはいくつもの分岐点がある為に、分岐によって出会う人間は多少は異なりますが、そういったifも含めて概ね決まっています。

そして別れも同じで、多くの場合はプランで決まっています。
ただ、出会いと別れで少し違うのは、例えば前世でいがみ合って傷付けあった仲の悪いAさんとBさんが、そのカルマを解消する為に今世で夫婦になったとして、添い遂げてカルマを解消できる場合と、別れてカルマを持ち越す場合など、今世の行いの結果次第で別れというイベントが発生する場合もしない場合もあります。

出会いも別れも、本人の生き方次第でより良い分岐ルートを選択していくことができます。
ただ、私たち人間の幸せと、私たちの魂の成長はイコールではないので、より大きな愛のある選択をすると、より大きな苦労をすることはよくありますし、それがより大きな魂の成長につながるというのもよくある事です。


出会いを引き寄せるものをスピリチュアル的に説明すると

出会いは「魂のプラン」と「カルマの法則」によって生まれる前から決まっている私たち人間が運命や宿命と呼ぶものです。
つまり、あらゆる出会いは「運命の出会い」と言えます。

ただ、私たちの生き方によって、出会う時期が早くなったり、遅くなったりという事はもちろん普通にあります。
例えば、私たちが学生時代に何を頑張ったかによって進む未来も変わっていくでしょう。
進む未来が変われば、出会う人間も勿論変化します。

それでも、私たちが出会う人間たちとは、「魂のプラン」や「カルマの法則」によって選ばれた、「私たちの人生に必要な経験を与えてくれる人たち」なのです。

私自身の人生の経験を交えてお話します。

私にとって人生で最も大きな出会いはいくつかありますが、その中で最もカルマ的に強いな出会いはおそらく私の父との出会いです。
出会いと言っても、私が「おぎゃー!」って生まれてからじきのまに出会ってるのですが(笑)
父は短気で怒りっぽくかんしゃく持ちでした。お酒や博打が好きな父に、そして私の母も私自身もずっと振り回される人生でした。
そんな父と離れられる時期がありました。私が東京の学校に進学したときに寮生活となったときです。

自分でバイトして生活費を稼いでいたので楽な暮らしはしてませんでしたが、父の居ない生活は快適そのものでした。
そして暫くして恋人ができます。
その恋人の性格ですが、簡単に言うと「短気で怒りっぽくかんしゃく持ち」でした。そう… 人間性も性格も全然違いましたがその点は父そっくりでした。

その後の人生も父と離れている間には同じように、「恋人」「職場の上司」「職場の社長」など、姿や形は違えど私の周りにはいつも居ました。
「短気で怒りっぽいかんしゃく持ち」な人。

私はこういった短気で理不尽な性質を持つ人たちには寛容になれず、

カルマの法則は特定の誰かでなくとも、私たちに必要な経験を、出会いを引き寄せます。

出会いは縁

人間の魂は生まれ変わりを繰り返しながらたがいに関わり合っています。
人生ではじめて出会った人でも、それは今世ではじめて出会ったというだけで、前世ではすでに知り合いであったかもしれないということです。

輪廻転生を繰り返しながら人間が出会いを繰り返す人たちは、前世からの強い絆、縁をもつ場合がほとんどです。
とくに繋がりの強い「縁」は私たちの魂の系譜の繋がりです。
人間に家系図や系譜があるように、私たちの魂にも系譜があり、同時期に近いし存在として創造された魂とは「縁」の結びつきも強いです。
魂の系譜によって、集団で行動したり輪廻転生を繰り返す魂は、ソウルメイト(グループソウル)などとも呼ばれています。

人間の人生は演劇の舞台のようなもので、あなたの人生とは、あなたの魂の成長の為に、カルマの解消のために必要な舞台として整えられているます。

つまり、人生で出会う人たちとは、互いの成長のために互いに役割を担う人たちということです。
もちろん、家族や結婚相手でさえも。

縁についてはこちらの記事に詳しく書きましたので参考にしてみてください♪


出会いがないときをスピリチュアル的に説明すると

新しい出会いがない…
カルマの法則や魂のプランによって人間が引き寄せられて出会うのであれば、人と出会わないプランになっているのか…?
まあそんなケースもないとは言えませんが、新しい出会いがない状態になるにはいくつかの理由があります。

  • 人生が停滞している
  • 今の環境や人間関係に解決すべき課題がある
  • 人と関わらないカルマや魂のプランで生まれて来ている

たとえば自分の意志で働きもせずに部屋にこもってまったく何もしないいる人間がいたとします。
積極的にカルマを解消出来る状態になく、新しいカルマを生み出すこともない、こういった状態に自ら身を置く人はとうぜん人生もカルマの返済も停滞しますからあたらしい出会いが巡ってくる可能性も低いです。

新しい出会いの本質とは、新たな課題のスタートであり、それによって自分自身や環境にも大きな変化があらわれるのです。

現代であれば、自分の意志で働きもせずに部屋にこもっていたとしてもオンラインでSNS、チャット、ゲームなどで人と関わったり出会うこともできます。
何かすこしでも停滞している状況から動きや流れがあれば、カルマ的な引力はそこから流れ込み人間を動かし出会いへと引き寄せるでしょう。

出会いへ、新しい人生へ引き寄せるカルマの力

私の友人の弟の話がとても参考になるのでお話します。
彼を仮にT君としましょう。
T君は高校を中退して実家で暮らしながら地元のアミューズメントで働いていました。
ある日、オンラインゲームにはまって仕事を辞めでしまいます。

部屋にこもってゲーム三昧の日々、家族や周りの人間が何を言っても生活は変わりませんでした。
彼がはまっていたオンラインゲームはいわゆるドラクエやファイナルファンタジーのようなRPGゲームで、一つの世界に3000人の人間が接続して仮想世界で仲間と冒険をしたり、必要なものを生産をしたりして遊べるような性質のゲームでした。

ゲーム世界の中に家を買ったり、そこに好きな色の好きな家具を配置できたり(動物の森っぽいかんじ)好きな形の好きな服を着たり、グラフィックはドット絵でしたが仮想現実と呼べるようなよく出来たゲーム世界でした。
ちなみに20代のころ、私もこのゲームを2年ぐらいやっていて、鍛冶屋とか吟遊詩人のキャラクターを使って遊んでました(笑)

ゲームにはまって部屋に引きこもったT君ですが、ある日そのゲームの世界で出会った女性のプレイヤーと恋に落ちます。
その彼女はバツイチで小さな子供がいましたが、300キロ離れた土地にいる彼女に何度か会いに行き、やがて彼女のいる土地へ引越、就職し、彼女と結婚します。

人生が停滞しているように見えても、あるいは本当に停滞していたとしても、そこには少なからず必然があり、カルマはやがて必要な人と巡り合わせ、人生を動かします。

課題によって出会いがないケース

新しい出会いがない…
その理由として多いのは「今の環境や人間関係に解決すべき課題がある」といったことです。これはあるいみ、今ある課題が終わらないから次の課題に取りかかれないみたいな状態です。

よくあるのは、家族や身内の課題によって新たな出会いが巡ってこないケースです。
T君の例でもわかるように新しく大きな出会いや恋って人生を動かすような力があります。目の前の課題に集中できるよう、出会いや新しいイベントが発生しないということです。

この場合は目先の課題を解決すれば、新たな課題やそれに関わる出会いが巡ってくるでしょう。

私の場合は20代は傾いた親の会社を手伝ったり、フリーランスで働いて親の会社の借金を返したりしてました。その間はやはり、新しい出会いとか恋愛にも希薄でした。
状況が動き始めたのは父が亡くなり、保険金で謝金が返済されたときでした。

その後は恋人が出来て400キロ離れた土地に引っ越して、就職します。
このあたりはT君と似てますね(笑)

体験談にも恋の力としてエピソードが書かれているの興味のある方は読んでみてください♪

人と関わらないカルマや魂のプランで生まれて来ているケース

たまにいますよね、山の中にみずから引きこもって人と最低限のかかわりしか持たずに自給自足で生きている人とか、自ら好んで一人で居る人とか。
そういった人に共通しているのは、1人でいても寂しくならないマインドを持っていることです。

人間にとってもっとも辛い感情は孤独や寂しさですから、そこが無いと言うのはカルマ的に与えられた特殊な状態か、もしくは聖人聖者のように神のかたわらにあり孤独を感じないかのいずれかでしょう。

いずれにしても、他人と関わらないカルマや魂のプランも存在します。
ただし永久にその状態にあるわけではなく、いずれ時が来れば動き出します。


恋愛の出会いと別れ

恋はカルマの法則によって導き出された運命や宿命に人間を従わせる力の一つです。
同じように人間を動かす力として、衝動などがあります。

衝動は人間の内側、奥深くから湧き上がってきます。
スピリチュアル的に言うならば衝動は第一チャクラに蓄積した蓄積したエネルギーで、第二チャクラ、第三チャクラ、第四チャクラ(ハートチャクラ)、つまり感情や想い、愛情とも紐付いています。

衝動の中でもとくに強いのはやはり恋愛に関係するもので、とくに「恋」という力や引力は、人間の人生を変えてしまうほどの力と影響力を持っています。

カルマの法則的に言えば、恋は結ばれる宿命を持った者同士を結びつける力です。
運命の赤い糸と似ていますがちょっと違うのは、その出会いが必ずしも結ばれた後に幸せになれるわけではないということです。
むしろカルマの法則の側面を考えると、問題の解消のために最適な人間二人が引き合わされるわけなので、学びや成長と言った忍耐を必要とすることのほうが多いはずです。

日本のスピリチュアルな界隈では、ツインソウルとか、ツインレイとか、「魂が決めた運命の人」みたいなニュアンスで伝えられている事があります。
ですが「恋い」の本質はたいていの場合、そんなにロマンチックでも、そんなに生やさしいモノでもなく、私たちが成長するための機会と経験であるわけです。

恋愛に関する出会いもスピリチュアル的な意味や前提は同じで、カルマの解消と魂の成長の為に魂のプランによって決められた運命の相手(複数居る場合もあります)と結ばれます。


恋愛についてはこちらの記事に詳しく書きましたので参考にしてみてください♪


出会いのスピリチュアル的な意味 まとめ

人生で人と人を結びつける最も大きな要因は、「カルマの法則」であり、「魂のプラン」です。
私たち人間が人生で出会う人間とは、私たち自身の成長の為に必要な体験と合わせて生まれてくる前から概ね決まっています。

自分の両親、兄弟、親戚、親しい友人達、学校の先生、会社の上司、恋人、結婚相手、人生にはいくつもの分岐点がある為に、分岐によって出会う人間は多少は異なりますが、そういったifも含めて概ね決まっています。そして別れも同じで、多くの場合はプランで決まっています。

私たちが出会う人間達とは、「魂のプラン」や「カルマの法則」によって選ばれた、「私たちの人生に必要な経験を与えてくれる人たち」なのです。

私たちに必要な経験をしたり、解消すべき課題を解消すると、別れは訪れます。
私たち人間の人生そのものが、「学び」のようなものなので、「学ぶ」べき事がなくなればおのずと環境が変化します。
別れるべき人と別れて、あたらに出会いべき人と出会うのです。

もし出会いの品質を向上させたいと思ったなら、私たちは自分の中の「問題」「課題」を解決させていくことが必要になります。

私たちが自分の人生に向き合い、真摯に取り組んでいく事で、私たちの人生も、出会いも、より良いものへと変わっていきます。

いっしょに読みたい記事



心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。<strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a><strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a>「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

プロフィール



関連記事一覧

  1. ユキウサギ

    こんばんは。
    天空の庭先との御縁に感謝しております。

    主人とのご縁は、まるで新しい出会いのようにお互いに付き合いの形が変わっていきました。

    ウチの主人は黙っていると不幸な方向を選んでしまいます。そんな宿命を持っているみたいです。
    それが判明した時、ともに落ちない為の工夫を重ねました。

    大きな成果は「心からの笑顔」でした。笑顔は空気を和ませます。部屋の浄化も必要です。

    一つ一つの魂が幸せになるには。
    お日さまに向かって伸びていく植物のように明るく楽しくご縁を紡ぐことかなと。悩み苦しみ、一緒に絡まってはいけませんね。

  2. 妖精

    ウリエルさん、こんばんは。
    いつもブログを楽しみにしています。

    「心を清めて、愛を持って生きる」選択とは、どんな状態ですか?
    相方に裏切られました。
    私にも非はあると思います。
    これが「カルマの法則」なのもわかります。
    どうすればカルマは解消されますか?
    愛を持って生きる選択とは、どのような状態でしょう?
    いろんな感情を手放すことでしょうか?
    相方の望み通りにすることでしょうか?
    誠実さや愛が足りないのかなぁ…
    考えれば考えるほどわからなくなります。
    もがいてももがいても答えがわからなくて、心が疲れ切ってしまいました。
    できることなら今回のことを早く解決させて、魂を成長させて、早く上に帰りたいです。
    教会に行ってみようかなとも思っています。
    ウリエルさん、何かヒントをいただけたらありがたいです。
    どうぞよろしくお願いします。

  3. ☆Cham☆

    去年の年末に長くて短い1つの課題が
    終わった。そう感じました。

    私は例え話がなんとなく好きです。
    ☆ウリエル☆さんもキリストみたいですね。
    相手に伝えたい、そんな気遣いを感じます♪
    ありがとうございます。

    例え話の境遇が似ていて面白いです。
    保険金で返済も経験ありますし
    父は飲んだくれで乱暴でもありました。
    新しい父は自ら天に帰る事を選びました。
    傍からは過酷、苦労に見えるそうです。

    そして
    近々誰かと別れがあるとは思っていましたが
    長く短い間、人生を共にした
    母のシに泣く事はなく
    それどころか迷わないように
    無事に辿り着けるようにと祈れるほど
    不思議と冷静でした。

    いつも感じる人とはどこか違う違和感。
    その場にいるのに、そこにはいない存在。
    私には心が無いのではないか??

    幼い頃から『特徴を持ちなさい』と
    よく言われていましたし
    この歳になってもいつも誰かに心配されます。

    『人間にとってもっとも辛い感情は
    孤独や寂しさですから』
    この言葉を見て、驚きました。
    私に心が無いのでは?と思う理由に
    独りでいる事が苦ではなく
    嫌な事も寝たらほとんど大丈夫。

    人間が嫌いでは無いのですが
    本当の意味で心を許せる人以外
    むしろ1人で静かにいる事が落ち着きます。

    外出先で1人が、寂しいのではなく
    人混みや人が集まる場所が苦手なのは
    1人でいるところを他人に寂しそうとか
    恋人がいるんだぜ!とか
    感情が伝わってくるのが苦手です。

    なぜ、そんな事を向けてくるのかと。
    目に付くのか、ひ弱そうに見えるのか
    『私は私であります』に助けられています!

    何者なんでしょうか?
    自分で自分がわからないのです。

    母が天に帰る日に
    高い空から地上へ降り立つ夢を見ました。
    ここからは自分の人生を歩むのだと感じました。

    愛を手放し愛を見失い愛を戻せず
    上手にできない私をお許し下さい。
    みんなに、愛と平和がありますように☆

  4. ユキウサギ

    おはようございます!

    追伸です。
    瞑想、良いです。心が明るくなります。なんかのホルモンが調節されるのかな?それ、とても大切です。自立出来ます。はじめは毎日5分で精一杯、一から始めて2週間で効果が出て、半年で「天国」(笑)

    水泳でも自転車でも、溺れてから、転んでから。辛い悩み事に取り組んでから天国行きの切符を手に入れられるのかと。その段階で頼りになるのは「自分」です。

  5. Polar bear

    ウリエルさん、いつも分かりやすく、愛のある記事どうもありがとうございます。

    突然の横槍で、ごめんなさい。上記の妖精さんへ。
    私は、恐らくあなたと似たような体験を過去にしました。
    相方に裏切られた。。という事象が、どのようなことかはわからないので、全く似ていなかったら
    ごめんなさい。スルーしてくださいね。ウリエルさんがもっと良いお答えをお持ちかもしれません。
    私の場合は、ある日突然結婚の約束をしていた人から、他に好きなひとができた。一緒にはなれない。と一方的に別れを言い渡されました。
    その時は、怒りと絶望感に打ちひしがれ胸にぽっかりと穴が空いたようでした。
    何をしても苦しかったです。そこからの数ヶ月は、正直、あまりに辛かったためか記憶が曖昧です。

    私は、とことん相手を恨み、とことん自分のことも責めました。もう生きているのをやめたいとも思いました。
    それでも、人生は続いていきました。あの時、私を支えてくださった人たちには、感謝してもしきれません。
    そして、時間が経って、色んな人たちに話を聴いてもらったり、自然の中でゆっくりするうちに
    私の幸せは、突然別れを言い出した、あの人が幸せであることだ。ということがわかってきました。
    愛していましたから。
    愛する人には幸せになって欲しいと心から思いました。
    そして、あの人の幸せは、私と共に生きることではない。だから、さっぱりと身を引くことこそが
    私の幸せだと分かりました。
    その人を許し、その人の幸せを心から祈ることが愛だとわかりました。
    私の心は、嘘のように静かになりました。私にとってはこれが答えでしたが、
    答えは、一つではないと思います。でも、ただ一つ言えるのは、本当の愛に到達した時、心は必ず楽になります。
    今、別の人と幸せに家庭を築いて暮らしていますが、あの時の別れがあったから、この出会いがありました。あの経験から学んだことを生かせたから、今一緒にいる人の素晴らしさに常に感謝できますし、共に良い関係を築く努力を諦めない強さも育っていっていると思います。
    今では、あの辛い経験があってよかったと思っています。

    妖精さんにも、いつか心の平安が訪れますように。。あなたの人生を豊かにしてくれる素晴らしいたくさんの出会いがありますように。。長文失礼しました。お返事は、必要ありません。
    皆さんに素敵な出会いと人生がありますように。。

  6. なっちゃん

    ウリエルさん
    たくさんの学びをありがとうございます。

    ここ数年は出会いの渦の中にいて、出口が見えない感じです。
    およそ1年前に離婚できましたが、結婚生活が破綻してから何故か精神的に深く交流され好きになるのは既婚者の方というのが続いてます。
    そこに私の越えるべき課題があるのだと思いますが…。

    ウリエルさんのいつもおっしゃる「愛」とは何かを多分知るために結ばれない人を好きになるように人生が組み立てられているような気がしてます。

    愛を持つことができた時、私にも家族が作れるといいなぁとは思いますが、独身は独身で愛を持つことができるといいなと思いますが…やっぱりさみしい気持ちはあるので…今はそれを目一杯味わう時なのでしょうかね。

    これからも、記事を楽しみにしてます。

  7. あんじゅ

    こんにちは。

    出会いと別れが必然であると今はよく分かります。まず自分の親を選んで生まれて来ましたからきっと他の出会いも自分の予定表に組み込まれてるのでしょうね。
    そう思うと私と出会ってきた人達に感謝したくなります。楽しい出会いだけではないけど私を成長させてくれた人達にも有り難うと言いたいです。

    そしてどんなに辛い時も側に寄り添ってくれたり助けてくれる人が必ずいます。それを自分が気付けるかどうかです。そしてウリエルさんの庭先にたどり着いたのもご縁かなと思います。ウリエルさんや皆様とも何かしら魂の繋がりがあるのかもしれません。みんな一人ではないんですよね。

  8. ☆くじら☆

    ウリエルさん、いつも有り難うございます。
    心のよりどころにさせて頂いてます☆

    そしてPolar bear様のコメントを読ませて頂きました。
    涙が溢れました。
    長年、お付き合いをしていた人を思い出しました。
    今悩んでいる事は、数年事に起きているので、Polar bear様のコメントをヒントに向き合ってみます。
    吐きださせて頂き有難うございました。乱文失礼致します。

  9. ユキウサギ

    Polar bear様のコメント拝見して。

    「本当の共感力」が愛に通じているのですね。素晴らしいです。

    今私は実母の介護手伝いなどを通じてその「共感力」を磨かせていただいております。とても学びの多い毎日です。
    介護とは「不幸を少しでも取り除く手伝いをして差し上げ、幸せを本人に見つける力を残してあげる」事かなあと思っているところです。
    母の幸せは「弟の幸せ」です。
    義母の幸せも、「弟家族の幸せ」です。

    そのために私の可能な力量は予め天から授けられていくようです。