2018年のスピリチュアルオススメ記事まとめ

注目!
スピリチュアル

「天空の庭先 スピリチュアルブログ」は2017年8月にリニューアルして、2018年の1月から本格的に再活動を開始しました。
2017年はたいした活動もできていないので、私個人的な感覚だと、再開してちょうど一年って感じがしています。
2018年は主に、「オーラ」「チャクラ」「瞑想」「ヒーリング」「スピリチュアル的な説明」の記事を書き進めてきて、今は「夢」記事のリニューアルにも着手しました。
今年の1月からの活動を簡単に振り返ってみたいと思います♪

PR

2018年の活動の軌跡

  • 1月にオーラの特集が開始新しくスタートし、ツイッターとフェイスブックの公式アカウントも開設しました。
    フォローしてくださった方々、ありがとうございます♪
  • 2月に十数年ぶりに再会したスピリチュアル体験談は、この一年で25話増えました(笑)
  • 3月はサイトの新しいメルマガシステムでの読者募集を開始したり、実はWEBサーバーの移転などもありました。
    新しいメルマガに登録してくださった方々、ありがとうございます♪
  • 4月、5月にはオーラの色の意味の記事を増やして、診断ツールを公開しました。 ちなみに現在、23色に対応したバージョン2を開発中です(笑)
    チャクラの記事を書き始めたのもこの頃です。
  • 6月、7月は会員専用コンテンツとか作り始めた頃ですね。呼吸法の記事とか、シンボルの記事です。
    なんか本当につい最近って感じがするのですが(笑)
  • 8月からは瞑想の記事を書き始めて、これも随分と数が増えました。
    死別の記事は、たくさんの方から感謝の言葉をいただいて、本当に恐縮でした。
  • 9月は体験談の記事が第二部の架橋にさしかかってきて、「○○をスピリチュアル的に説明」の系統の記事がスタートしました。
    ライトに書ける感じのシリーズで考えたのですが、書いてみると結局「カルマの法則」とか「霊」とか関わってたり、ライトじゃない感じでした(笑)
  • 10月、11月はやばいですね… ヒーリング特集シリーズのリニューアルが開始されて、一日1本ペーズで記事の更新を続けました。
    霊道があるブラック企業な記事は、多くの方から「幸せになって良かったね~!」って言われました。 当時の私に聞かせたいぐらいです(笑)
  • 12月も一日一本ですね(笑) まだ夢特集シリーズのリニューアル中ですが、まだまだこっからですね!

2018年に公開した記事は、おそらく過去最多? だいたい200本ぐらいですね… 我ながらよく書いたなぁと思います。

PR

2018年の注目記事

なんか、自分で記事を書いておいて自分で注目記事とか言い出すのもなんか変な感じですが、これは頑張って書いたなぁ、みたいな記事とか、この記事は色々と反響を貰ったなぁって記事で、ぜひみなさんに知っていただきたい、もう一度読んで貰いたい記事を10本選んでのリンクと共に簡単にご紹介します!

あの世とこの世 死後の世界を幽体離脱で体験

私は今勤めている会社ではWEBメディアの仕事に従事しているのですが、会社の仕事のノウハウを天空の庭先に持ってきた第一号の記事がこの記事になります。
楽天ブログ時代に、ブログの1万文字制限というのに引っかかって投稿できなかった事があったのですが、それ以来になる1万文字クラスの記事になりました。
内容は、私自身の知識や、体外離脱で見聞きしたり体験した死後の世界の事が書かれています。
頑張って書いた甲斐はあってとても沢山の方に見ていただけました♪

オーラ診断やオーラ鑑定など – オーラ 第8話

オーラを1から順に説明しているシリーズの第8話に、なぜか?無料のオーラ診断ツールがくっついている謎のコンテンツです(笑)
オーラ診断ツールは、現在は9色の診断結果に分かれます。
診断ツールのおかげかよく見られる記事になりました。使っていただいた方々、ありがとうございました♪
現在、23~25色ぐらいの診断ツールを開発中です♪ 要件や構成はできたのであとは作るだけなのですが… そこがいつもですね…

瞑想の危険なやり方と失敗例

瞑想シリーズの記事の中ではではよく見られています。
瞑想は最近、リラクゼーションや健康として紹介される事も多いですが、瞑想をする人間の性質や、やり方によってた瞑想はとても危険な場合もあります。
人間の精神や人生に破壊的な結果をもたらす場合もあるからです。
失敗例なども交えた内容になってます。

死別とは? 本当の意味と霊的な真実

7月ぐらいからお盆にかけて、親しい人や愛する存在を失ったという人達からメールを頂きました。
死や死別についてはそれまでもよくメールなどで質問をいただく内容であったので、メールに返事を書くような気持ちで記事を作りました。
私たちが愛した人達は、いつでも私たちを見守っています。そして「想えばいつも傍らに」存在しています。
月日と共に悲しみは薄れていきますが、きっとそれを笑顔で見守っていますから♪

チャクラとは 色の意味と開く方法 -チャクラの秘密

複雑で難しくて、説明がややこしいセンターラインの7つのチャクラの話です。
この記事はもちろん、チャクラのシリーズを執筆し始めるにあたっては「よし!やるぞ!」みたいな気合いが必要でした。
実はこの天空の庭先の記事に使われている画像には、私が決して文字にはしないようなとても大切な事のヒントが隠されている時があるのです♪
気づく人は気づいているのかもですね。

PR

第0チャクラ 足のチャクラを開き活性化する方法

マイナーチャクラの中ではとても重要なチャクラの話です。
地球との繋がり、そして実はあまり知られていない「毒となるエネルギーの排泄」など、第0チャクラの機能について詳しく書いています。
もし今この記事を読んでいて、第0チャクラの記事をまだ読んでいない人が居たらぜひ読んでください。
先進国に生きるすべての人におそらく共通で存在するであろう問題にも触れています。
足が正常なら、きっと体も正常です。

自分の呪いに苦しむ – スピリチュアル体験 第二部 第63話

体験談ですね♪ 当時は辛い体験でしたが今思い返すと、今の私を作り上げたとても大切な感謝すべきできごとです。昨日のことのように覚えています。
意外と多くの方から反響いただいた記事でした。失恋は、霊的な事を抜きにすればみんな経験するようなことですものね。
私が大阪に住んでいた体験談は今も進行中ですが次に書く予定のエピソードは酷く沢山の霊に取り憑かれた話なので、書き終わってはいるのですが公開は正月明けにしようかと想っています。(笑)

内省 内観 内在する神と出会う準備

天空の庭先では、よく内省の必要性や、大切さについて書かれています。
この記事は現在、わりと沢山の方に読んでいただいているのでとても嬉しいです。
心を清めて愛を持って生きる、その為の基本とも言えるかも知れません。そして瞑想を安全に進めるためには必須とも思えます。

スピリチュアルメッセージとサイン

日常や人生にさまざまな形で現れる、スピリチュアルなメッセージやサインについてのお話です♪
体の声や直感の中に、人の言葉の中に、夢の内容に、時には高次の存在からとてもダイレクトにメッセージが届きます。
スピリチュアルメッセージを受け取るには? とか、あと私からのスピリチュアルメッセージもあります♪

クリスマスとスピリチュアル

割と最近書かれた記事だからかも知れませんが、私の好きな神話やイエス・キリストにも触れた内容だからお気に入りの記事です♪
サンタはいないという人は多いですが、これだけ世界中に偽サンタが居たら、本物が紛れていても誰にも気づかれないかもですね(笑)
でもまあ、私が思うに、サンタクロースは人物ではなく思想のようなものかもしれません。

PR

2018年 天空の庭先 スピリチュアル記事まとめ。

実のところ自分で書いた記事なのでどの記事もすべて好きで、夢やヒーリングの記事も捨てがたかったのでが、実際の反響なども含めて10本選出しました♪
まだ見ていない記事がもしありましたら、ぜひこの機会に♪

2019年も頑張りますので、天空の庭先を今後ともどうぞよろしくお願いします♪

 

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

2,753,925 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. magunolia

    ☆ウリエルさま☆

    magunoliaです。 【メルアド変更いたしました】
    たくさんの愛溢れたメッセージや記事ありがとうございました。
    この秋にウリエルさんの『天空の庭』にめぐり逢い、たくさんのことを学ばせていただきました。
    ウリエルさんとご家族さん、このサイトの愛読者さん、皆様に愛と光が注がれますように…お祈り申し上げます。
    『心を清めて愛を持って生きる』は私への宝物の言葉になりました。
    事あるごと、このフレーズを思い出しております。
    ウリエルさんお勧めの特集記事はこのお休みにじっくりと読ませていただきます。
    心から感謝申し上げます。

    • ☆ウリエル☆☆ウリエル☆

      magunoliaさんこんにちわ♪

      ありがとうございます♪
      「心を清めて愛を持って生きる」一緒に実践してくださる人がいるのはとても心強いです。
      今後ともどうぞよろしくお願いします♪