動物のスピリチュアルな話しと動物の死後と輪廻について

抱き合う犬と猫

動物って基本的には高度な知能を持っている個体でも人間の幼児ぐらいの知能だと言われていますが、スピリチュアル的な面では人間とどのような違いがあるのでしょうね?
たとえば、霊魂があるのか?死後は人間と同じ世界(霊界)にいくのか?とか、動物にも前世はあるのか?などなど、謎は多いです。
霊魂や死後の世界の話しで言えば、そもそも人間のケースだって会計されていないことだらけです。
スピリチュアルな分野で言うと、人間の話はいろいろと広まっていますが動物の話しは案外少ないです。
今日は私が知る範囲にはなります、動物のスピリチュアルな話しをしたいと思います。


動物をスピリチュアル的に言うと

https://arcangel.jp/wp-content/uploads/2018/11/uriel-130x130.png
☆ウリエル☆

動物と人間、スピリチュアル的に何が違うのでしょう?そして人間と変わらぬほどに愛や絆をもつにいたったペットとはいかなる存在なのか?動物のスピリチュアルなお話です♪

まずは動物という言葉の意味から確認しましょう。

どう‐ぶつ【動物】 の解説
1 生物を二大別したときに、植物に対する一群。多くは自由に移動することができ、植物などの作り出した有機物を栄養として摂取する。細胞壁がなく、種々の器官が分化し、神経系・感覚器官・排出器官・呼吸器官などをもつ。原生動物に分類されるものではほとんど植物と区別できないものもある。生態分布として、水生動物と陸生動物とに分けられる。
2 人類以外の動物。特に、哺乳類をいう。獣類。

簡単に言うと、「植物意外で人間を除いた動物」ってことですかね。
おそらくこの記事を読まれている方の多くは野生動物よりもはペットとか身近な存在を思い浮かべている人のほうが多いと思います。

人間も言わば動物なのですが、言葉の定義にもあるように一般的には人間以外の動物が総じて「動物」と呼ばれています。

人間と動物のスピリチュアルな違い

では「人間」と「動物」では何が違うのでしょう?
この話しは結構伝え方が難しくなるのでお伝えするかは迷ったのですが、人間と動物ではそもそも霊的な構造は結構違います。

人間は大きく分けると「肉体」「幽体」「霊体」「」の4つの要素からなる構造をしています。
動物は大きく分けると「肉体」「幽体」「霊魂」の3つの要素からなる構造をしています。

人間の魂は神から別れでた創造主が自らを分かち生み出しました。
私たち人間の魂は神の欠片であり、神の子です。

動物の魂は、神から生まれた数多の存在のエネルギーの内から流出し、結晶化する過程や結果から生まれました。

これをもうすこし解りやすく言うと、神から別れたすべてのエネルギーが存在する場所がいわゆる神界とか霊界とよばれるこの世界の上層部で、そこから流出し生まれた幽界(アストラル界)から、さらに具現化した物質界の中で動物は生まれています。
つまり人間は神によって直接創造された存在で、動物は世界を創造する過程で間接的に創造された存在です。

そこが人間と動物の最も根源的かつ本質的な違いです。

人間は天から生まれ、動物は地より生まれました。


動物にも前世はあるのか?人間になれるのか?

結論から言うと動物にも前世はあって、人間と同様に輪廻転生を繰り返しながら成長をしていきます。
ただし、人間の魂は神から分かれ出でて天から物質世界に下ったのですが、動物の霊魂は地(地球)から生まれたので人間の魂とは性質が異なります。

これは師のような人に聞いたこととか、これまでの経験からだいたい解っていることなのですがl、一部断言できない点もあるのでそのあたりは分けてお伝えできたらと思います。

動物の霊魂は生まれ変わる

これは師のような人に聞いた話。
動物も輪廻転生を繰り返して成長をしていく。必ず同じ動物に生まれ変わる訳では無い。霊的なレベルはある一定の所まで上ると踊り場のような場所があってそこから下には転がり落ちないようになっている。
つまりは動物の魂は成長していくとより高度な知性を持つ動物に生まれ変わっていくようです。
犬とかゴリラは動物の中でも賢い動物だと思いますが一回ある程度のレベルになると、例えば小動物のような霊的エネルギーの総量が少ない動物に生まれ変わることは無いみたいです。

これは私と同じような霊能力を持つ母が言ってたこと。
ダウン症の子供は人間になって間もない魂が宿っている。だから自然界の動物のように純粋で優しい友愛の心を持っている。

母が誰から聞いたのか、それとも何か霊的な事象や体験で気づいたのか解りませんがそう言っていました。

母が居酒屋をやってたときに店の前を通るダウン症の女の子がいつも母にどこかで摘んだ花を届けてくれていました。
人間社会に被れた人間よりはるかに純粋な存在と思えました。

動物は人間に生まれ変わるか?

調べると前世の記憶として動物の記憶を保っているなんて人が世の中にはいたりします。
いたりしますが、前世が蟹だったみたいな話は私が聞いた話や、私自身の経験からの考察には合致しない感じです。

ただ、私の師のような人は言ってました。
動物でも高度に発達し、成長した存在はより知能の高い動物としれ生まれ変わり、やがて人間として生まれ変わることがあると。


死んだときに動物の魂が行く場所

動物の霊魂は地から生まれた存在なので地球の大きなエネルギーに還っていきそこからまた生まれ変わってきます。

私たちの魂が死後行く世界と異なる場所に行くことは解っているのですが、昔飼っていた猫やハトに幽界(アストラル界)で再会したことがあるのでいくつかのパターンやケースがあるのだと思います。

基本的にはこの物質界にあるものは幽界(アストラル界)には対応するすべてが存在しますし、高次元の世界は複雑に絡み合いながら互いに影響し合っています。

私の体験から言うと、地球にも幽体(アストラル体)があり魂(星霊)があるので、動物の魂が死んだ後に地球の大きなエネルギーに還ったとしても同じ死後の世界(幽界や霊界)で会えるのだと思います。
場所は違っても領域は同じで、高次世界には空間や距離の制約がないからです。

動物の霊魂の中にも、古の時代より関わり深いパートナーがいて、それはまさに動物のソウルメイトと呼べる存在です。

いっしょに読みたい関連記事

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。<strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a><strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a>「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

プロフィール



関連記事一覧

  1. 動物大好き

    雀は犬やゴリラ以下って侮辱です。雀はとても賢いです。保護した事があるからわかります。中傷するのはやめていただきたい。人間でも知能ない死んだ方がましなひといます。この動物だからはやめてください。

    • ☆ウリエル☆☆ウリエル☆

      動物大好きさんこんにちわ♪
      文章をちゃんと読んで頂けると解ると思うのですが、「賢さ」の話ではなく「霊的な発達のレベル」の話しです。
      霊的なエネルギーが視れたなら事実としてエネルギーの総量の差がある事がわかると思います。
      ですが、スズメやネズミに思い入れがある人も居るかと思いましたので、言い回しの部分は少し工夫しますね。

      >人間でも知能ない死んだ方がましなひといます。
      どのような人間のことを言われているかは解りませんが、私はこの書き込みの一文字一文字に顧みるべき動物大好きさんの心が映し出されていると思いますよ。

  2. トトロ

    ウリエルさんこんにちは、動物のブログ書いて下さったのですね。有り難うございます。私が死後の世界へ帰った時、亡くなった猫達が母と共に駆け寄ってくれたら嬉しいですね。その時は(想念?)により猫達と会話できたら良いですね。今、過去ブログ(まだ全て読み終わってません)を見て、お母様の経験されたことに似たようなDV、他人の借金返済、婚約破棄、未婚、数々の理不尽を経験し、それに立ち向かい怒涛の如く仕事し、走り抜いた人生でした。「神は乗り越えられない課題はお与えにならない」と言うことを聞きますがその通りだと思います。お母様の「弱きを助け、強きを挫く」その姿勢に共感致します。数々の理不尽がカルマのものなら、私は過去性では、相当な悪人?だったと思うと・・ちょっと複雑。でも、それを持ち越さずに、「腐らず、愚痴を言わず、人のせいにせず、憎まず」生きてきたことが、今の幸せに繋がっているんですね。私もお母様の様に過去に戻りたいとも、同じ人生を歩みたいとも思いませんが、全ては私の「共依存」「完璧性」「カルマ解消」をクリアーするための問題だと考えると、数々の理不尽も私の人生に参加してくれた人達も感謝しかないですね。ウリエルさんのブログを読みながら、そう感じました。そして、この経験値はわたしの財産となり、これを生かしアドバイスできる「数秘の目的と課題」「タロット占い」「ちょこっとミディアム」でこれからも、やっていこうと思っています。今回も長いコメント書いてしまいました。ごめんなさい。そして、いつも学ばせて頂き有り難うございます。

  3. あんじゅ

    こんにちは。

    私は亡き母の魂に寄り添い慰めてくれた愛犬の事を年数は経っても忘れる事が出来ません。自殺願望の強かった母を私も支えていきましたが愛犬の支えなくしては最期まで母を支えられなかった。その愛犬は15年生きましたが母が亡くなる一年前にこの世を去りました。
    霊感の強かった母は家の中に愛犬がまだいると言っていました。私にも一度会いに来てくれました。私があの世に帰るときも会って感謝の気持ちを伝えたいです。

  4. はなママさん

    こんにちは。ちょくちょく遊びにこさせていただいております。
    天空の庭先に出会ってから、毎日目を瞑って 創造主の神様に私たちを癒し清め護り導き愛をお与えください、いつもありがとございます。←が日課になりました(^^)

    動物の霊魂のお話、分かりやすくて良かったです。
    自分が天国に行く時に、また愛犬に会えるかもと思うとたのしみです。
    ところで先日亡きペットの写真を見た霊能者の方に言われたことなのですが、
    「あなたの実家やお父さんには仏縁があるね、だから動物が集まるのよ」
    といったことを言われたのですが、
    (その他、実家に突然ニワトリが住み着いたり、飼っているメダカや金魚がとても繁殖したりしており)
    動物の魂の話の根本とずれてしまいますが、

    仏縁があると、動物に好かれるの??
    そもそも仏縁ってなに…
    神縁もあるらしいけど、よく分からない…

    もし、ウリエルさんにご教授いただける範疇でしたら
    また記事で教えてください。

  5. ポリ

    こんにちわ!
    私はこの1月末に愛猫を見送りましたが、
    その間に不思議な体験を沢山させていただいたのです。
    長文になりますが、ご意見賜りたく思っています。
    愛猫は18年生きていましたが、腎不全を患い、ある日、酷い痙攣を起こして、半身不随になってしまいました。
    それ以降、毎日痙攣が起きないように、少しでも歩けるようにと、毎日少しずつヒーリングをしていました。
    それからも毎日一緒に寝てごそっと動いたら上半身を支えていきたい方向に行かせて食事やトイレをさせていたんです。
    ひと月もするとトイレくらいは一人でいけるようになり、一安心していました。そのうちにヒーリングをかけていたら体からエメラルドグリーンのオーラを発するようになりました。
    その後、うちの猫が私のベッドで立ったまま固まっていたのでどうしたのかと目を凝らしたら、体から黒い粒々の粒子みたいなものが上に上がって行くのです。
    咄嗟に猫が死んでしまう!と思い、その場から猫を抱き上げ、『私の猫を連れて行かないで!』と叫んでいました。
    それからも病状は良くなったり悪くなったりで、ある日、猫が私に『病院は連れて行かないで!』
    と言っている気がして自宅で終末を迎えることにしました。次に又、猫の体から又黒い粒子のようなものが天にあがった時にはこれ以上長引かせても可愛そうと思い、その場を離れてしまいました。
    その後、黒い影のようなものが私の部屋を走っていました。
    よくんからないのですが、そんなに怖い感じはなくて、うちの子の親御さんが迎えに来たのか⁈
    それから程なくして旅立ちましたが、ほぼ毎日私の元に帰ってきているようです。
    私は波動でしか見れませんが、あの子はすぐわかるのです。その波動の中に3つの光るものがあり、私が手を差し伸べたらいつも手のひらになってきます。
    姿は見れませんがまだ私のそばにいるんだってわかるんです。
    しかし、成仏できなければ大変なことになるような気がしてどうしたらいいものか毎日悩んでいた時に載せて頂いたので少しホッとしています。
    このままでもいいのでしょうか?
    会いに来てくれると嬉しいのですが、不安はつきません。