霊のせいで彼氏が出来ない女性 – 心霊体験 第16話

男日照りの霊に取り憑かれた女友達のM子さん

彼氏が出来ない状態が長く続くことを「男日照り」というらしいのですが、霊に取り憑かれたせいで長らくか彼氏が出来ない状況が続いていた女友達がいました。
男日照りの霊ですね…
霊の話しというのは普通は怖い話しだと思うのですが、この話しはむしろ笑い話?(笑)
でもある意味女性側のからしたら笑い事でない、かなり怖い話かもしれません。
世の中には霊が関係する不思議な話がまだまだたくさんあります。
今回は20~28歳まで霊のせいで彼氏がさっぱり出来ず男日照りであったM子さんのお話しです。

PR

東京に住む女友達のM子と再会

そのころ静岡に住んでいた僕は、東京に住んでいる専門学校時代の女友達にパソコンの購入やインターネットのセットアップで助けを求められ、その子の家に泊まりがけで遊びにいきました。
僕が東京で一人暮らしをしてたころとか、女友達の家とか平気で一人で遊びに行ったり、平気で泊まっていったりしました。
十代の僕は容姿的によく女性と間違えられたし性格が中性的であったために女性が警戒心をいだかなかったようです。僕としても人の信頼を裏切るようなことはなにもする気はなかったので。
こんな風に頼られて出かけていくことは結構ありました。
その時遊びに行った女の子 M子さんは筋肉質で毛深い男が好みなので、まあよりいっそう僕などに異性的な興味はなかったでしょうが(笑)
M子は筋肉質で毛深いのが好きなくせに、とてつもない面食いで、それが災いして男性経験は学生時代につきあった一人きり。
そっから仕事柄女ばかりの業界で働いていた為に7年間ものあいだ男日照りが続いていてました。
本人はあっけらかんとそれを笑いのネタにしてましたが(笑)

金縛りと浄霊

そして夜も遅くなって僕が寝る場所を用意してもらいました。
明け方ごろ、睡眠が浅くなっり、まどろみの中で僕は気が付きました。
寝てる部屋のすみに女性が居てこっちを見ていました。
40歳過ぎぐらいのOLみたいな雰囲気の人で、シワやシミの多い顔をとても厚塗りの化粧でごまかしてる感じの人、げっそりとやせ細りとても不健康そうでした。そして僕に気が付くとこちらに寄って来ました、その次の瞬間、覆い被さって来たのです。

女の霊:「男だ! 男だ! 男だ! 男だ! 男だ!」
↑こわぁぁぁぁぁ?(笑)

僕は金縛りにあい、女の霊が体を触れてくる感触を嫌い、すぐさま祈りによって退けようとします。
まどろみの中から僕の意識が目覚めると、まだ霊の気配をまだ感じたので祈りによって浄霊しました。

怖かったとかよりもは、あまりにビックリしたのと、「こんなことあるんだぁ?」という新たな発見と、これでM子にも新しい彼氏出来るのかなぁ??? という疑問?(笑)笑い事じゃないけど「ちょっとすげー!」みたいに思い、おかしい気持ちになってしまいました。。。(笑)

男運の戻った女友達M子

もちろんこのことは本人にはなにも言ってません。M子は普通の女性なので言ったところで信じないでしょうし、怖がらせてもいけないし、バカにされたと思われてもよくはないと思いましたし(笑)
このような霊に取り憑かれてしまうとは、きっとなにか波長が合ってしまった瞬間があったのでしょうね。
M子は普通に優しい良いやつなので、その後は恋愛したり、告白されたりなど男運は普通より良いみたいな感じでしたよ♪


体験談一覧

[/su_posts][/su_posts]

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

285,337 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談