遠隔ヒーリング 癒しのエネルギーが空間を超える体験をした – スピリチュアル体験 第18話

遠隔ヒーリング 距離はあっても感じられるエネルギー

遠隔ヒーリングは空間と距離を超える

遠隔ヒーリングなんて言葉があります。
遠く距離の離れた人間にエネルギーを送ってヒーリング(エネルギー治療)をする事をそう呼びます。たまに気功師なんかが、動物を座らせたり、遠くにいる人間にエネルギーを送ったりしてますが、まさにそれです。まるで超常現象のような凄そうな能力にも見えますが、実は人間にはもともと備わっている力ですし、もっと言えば、元もと人間の感情や意識のエネルギーが働く領域では空間や距離の制限はほとんどないのです。
この体験談は、僕と母が初めて遠隔で人をヒーリングしたと自覚したできごとです。


思うところに意識と心はある

母と僕で兄と祖母についてた霊のことを話してたことがありました。
あの一件から兄は不整脈がおさまったので体はだいぶ良いみたいでした。
ただ祖母の方はもう年なので純粋に体には故障箇所が出始めていて、それに関して祖母の面倒をみる兄に負担がかかってるようでした。
そんなことを話していた時のできごと。
なんか力が抜けて体がけだるくなってしまいました。

僕:「なんかだるくない?」

母:「だるい」

僕:「兄が楽できるようにちょいエネルギーでも送ってみよっか」

遠隔ヒーリングなどやったこともなく、できると思ってこのようなことを言った訳ではないのです。でもこのころの感覚としては願えば叶う、みたいに思ってたので口をついた言葉です。

母:「んじゃ瞑想しようか」

相変わらずですが、このころは何でも瞑想で解決するクセがついてました(笑)
母と自分で兄と祖母の健康を神に祈った時です、自分は祖母と兄の住んでる家のことを自然と頭に浮かべてました。
それからしばらく後、吐き気がしました。遠く離れた場所にいる兄の事を身近に感じていました。次第に強くなり、頭に浮かんだイメージがまるで一瞬実体化したかのような錯覚を得ました、意識が流れるように空間を飛び越えたのを感じました。

これは当時の感じ方であり確証はありませんがエネルギーが祖母と兄を包み、ヒーリングが成功したと思えました。
ただ祖母にも兄にも確認した訳ではないのでその日その時間になにかを感じたかは分かりませんが。

この頃から、家族であれば念じるだけで、家族でなくとも生年月日と名前があれば、相手の持ってる気と相手の身の回りの環境のエネルギーを感じとれるようになりました。
思えば母と二人で最初に意識を向け、体がだるくなってきてた時、すでにエネルギーの交流は始まっていたのでしょうね。
兄は霊障で不整脈を煩ってましたが、以前の浄霊とこの経験の後に数回行った遠隔ヒーリングで健康な状態になることができました♪

2009年3月 追記

この体験をした頃は、時間や空間を一般常識的に捉えていたため、エネルギーが距離を超えることがとても凄いこと、特別なことのように錯覚していました。
今の感覚としては、エネルギーが空間や距離を超えることは私の中では体験に基づく常識となっています。

遠隔ヒーリングのようにエネルギーを遠く離れた人に送る場合、まず信じることと、そして気付くことができれば、これは特別な力などではなく、誰にでも普通にできることです。

ただ、このエネルギーが空間と時間を超えると言うことに関して、これを体験して自分の常識としてしまうと、テレパシーや、遠隔ヒーリングのような、初歩的な霊能力をあつかうことができるようになる反面、それまで受けることの無かった自分と離れた所にいる人間が向けてくる意志やエネルギーをより強く受け取り始めるきっかけになりえます。その中には否定心や呪いのようなものも含まれています。

レイキやそれに類似したエネルギーワークが霊媒体質をつくりやすい理由がここにあります。
例えば平和を祈ることより人を批判する事に熱心な人がこの種の力を身につけた場合、パワフルになるどころか、自分にも気付かないうちに呪い呪われてしまうことでしょう。
ですから私は、瞑想やエネルギーワークの初心者には基本的に遠隔ヒーリングのようなことを興味で行うことはお勧めしていません。

否定的なエネルギーを寄せ付けないほどの「純粋で強いエネルギー」や「浄化された心」でない限り、いたずらにエネルギーを扱うことは、わるいものを引き寄せるリスクがともなうことを知っていてください。
遠隔ヒーリングや、テレパシーのような力を安全に行うためには心の浄化と愛は必要不可欠です。

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。<strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a><strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a>「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

プロフィール



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。