色気のある人をスピリチュアル的に言うと?

色気のある女性

色気って言葉は一般的には性的な魅力があるといったニュアンスで使われている言葉です。
セクシーとかセックスアピールと同じような意味合いですよね。
色気の源となるのは、その人間の容姿やしぐさなどもありますが、じつはスピリチュアルなエネルギーや霊的な要素も大きく関わっています。
身体や容姿だけでない、その人の内面から出てくる色気は今からでも身につけられます。
色気のある人をスピリチュアルの観点からご説明します。


色気とは?

色気とはそもそも何でしょう?
色気って言葉のもともとのニュアンスとしては「色」とか「色味」と同じで色彩を表すような言葉でした。
それが容姿やファッション、化粧、髪の色艶など、異性、とくに女性にたいする性的な魅力を表す言葉として使われるようになりました。
まあ、確かに男性には服装もそうですが、基本的には化粧もしないし、髪の毛も短いので色気ってあまり当てはまらないですもんね(笑)
ただ、それでも色気があるとまわりから言われている男性もいます。

色気は性的な魅力

女性を褒めることばとしては、「素敵」「かわいい」「きれい」がもっともよく使われる言葉ですが、これらの言葉には基本的には性的な魅力をほめるニュアンスはあまり含まれていないと思います。そういえば「エロ可愛い」なんて言葉、一時期流行りましたね(笑)

「色気がある」という言葉は性的な魅力を褒め称える言葉として使われますが、服装、容姿や仕草、しゃべり方、発する言葉など、かなり幅広い範囲で使われますが、本質的には「性的な魅力」を表すことばです。

色気をスピリチュアル的に説明すると?

色気の意味はお話した通り、「性的な魅力」です。
性的な魅力をスピリチュアル的に説明すると?

じつは人間の魅力の本質ってとっても単純で、簡単に言うとそれぞれの人間が持つエネルギーの品質と総量です。

これは自然界などで考えるとわかりやすいかも知れません。

強いオス = 生命エネルギーが強く、エサをたくさんとれて生存率も高い
強いメス = 生命エネルギーが強く、子供をたくさん産み育てられる

とてもシンプルです♪
ただ、これを人間に当てはめるともう少し複雑な話になります。
なぜなら、人間は動物よりもさらに複雑で多種のエネルギーをもって生きているからです。

動物よりも人間が複雑な部分、それは感情のエネルギーや想念のエネルギー、それらの輝きである第二階層のオーラです。

色気のエネルギーとは?

色気の本質はその人から湧き上がるエネルギーの質と量です。
それはどのようなエネルギーなのでしょうか?

人間のもつスピリチュアルなエネルギーについて簡単に説明すると、4つの領域に分けることが出来ます。

  1. 肉体がもつ生命エネルギー
  2. 心がもつ感情と想いのエネルギー
  3. 霊体の意識がもつ霊力と思考のエネルギー
  4. 魂がもつ創造と神性のエネルギー

この4つの領域のエネルギーのうち、とくに性的な魅力に関わるエネルギーは、「肉体がもつ生命エネルギー」と「心がもつ感情と想いのエネルギー」です。
霊体の意識が持つ霊力と思考のエネルギー、魂が持つ神性のエネルギーは一元的で中性(両性)的なエネルギーだからです。

肉体がもつ生命エネルギーとは?

肉体とエネルギー

生命エネルギーとは簡単に言えばあなたの肉体に宿る生きるための命のエネルギーです。
人間の肉体を維持している生命エネルギーは単純に生命力の強さのようなものなので、ある意味では動物的なエネルギーでもあります。
運動能力が高い、ケンカが強い、鍛えられた身体や筋肉、これらはすべて肉体的な魅力で、その肉体的なパフォーマンスに背後で関わっているのが生命エネルギーです。

第一階層のオーラでもある生命エネルギーのみなもとは、人間のからだに7つある霊的な中枢のひとつ、第一チャクラです。
第一チャクラは人間の性的なエネルギーのみなもとでもあります。

そして生命エネルギーが強い = 性エネルギーが強い
ということもひとつ言えると思います。

生命エネルギーが強いと、動物と同じで単純に生命として強いのでそれが異性としての魅力にもつながります。

つまり…

色気を感じさせているエネルギーのひとつの源は、第一チャクラから発せられる生命エネルギーや性エネルギーです。

第一チャクラが活性化している人の傾向としては、脂肪が付きづらい引き締まった身体をしていることが多く、そのため、異性からは引き締まった魅力的な身体に見えます。
そして第一チャクラから発せられる強い性エネルギーが、相手の第一チャクラを刺激するために相手の性的な欲求やエネルギーを煽り、高ぶらせます。

肉体的な色気はそもそもスピリチュアルなエネルギーに起因していて、強いエネルギーを発し、それを相手が感じることで「色気」を感じてるということです。


心がもつ感情と想いのエネルギーとは?

赤色と性と女性

心がもつ感情と想いのエネルギーとは?
感情エネルギー、想念エネルギー、これらのエネルギーが属するのは人間の心の領域であるアストラル界という霊的な世界ですが、解りやすく言うならば心のエネルギーの光は人間のオーラです。

性的な魅力をもっとも相手に感じさせるオーラの色は赤です。

第一チャクラは赤いオーラの性質の源でもあるため、第一チャクラが活性化していたり、他のチャクラより優位な人は赤いオーラを纏っていることが多いです。
オーラは普通の人間の視覚では視ることができませんが感じ取ることが出来ます。

赤色が性的な欲求を刺激する色であるのも、赤という色が第一チャクラを源とする色であり、人間の性的な魅力に紐付く色であるからです。

オーラを視ることができる私に言わせるなら、

色気のある人は、例外なく赤系のオーラを持っています。

余談ですが、男性はわりと単純に女性が身につける「赤」の」色に性的な魅力を感じたり欲求を刺激されます。
にも関わらず、全ての女性が真っ赤な口紅をしたり赤いファッションを身に纏わないのは人間は自分のオーラの色に近しい色を好んで身につけるからです。

そして視覚的な情報やオーラから影響を受ける男性側にも同じようなことが言えて、自分より強い生命エネルギーを持つ女性には魅力は感じるものの、同時に釣り合いが取れないことも感じ取るため引いてしまったりします。

女性にこんな話しをするのは釈迦に説法かとも思いますが、デートの日にファッションに赤系の色を取り入れたり、メイクに取り入れたりするのは相手の気を引く効果があると思います。(男性視点から言っても)

赤という色を取り入れることで、自分の赤のオーラを強化して、視覚的にも相手にいつもより色気を感じさせることができます。

何ごとも丁度良い案配があると思うので、相手が草食系男子の場合は控えめが良いでしょう(笑)


生まれつき持ってる色気

赤いオーラの子供

色気のある人は、簡単に言えばエネルギーの強い人です。
それも生命エネルギーや性エネルギーなど、第一チャクラを源とする性質のエネルギーがとくに色気に関わるです。

生まれつき色気を持っている人ってやっぱりいますよね?
そういった人は、生まれながらに第一チャクラが他のチャクラより優位であったり、活性化している人たちです。

子供の頃って性的な魅力を相手から感じるとかはあまりないと思いますが、それでも幼稚園とかで初恋を経験したなんて人は少なくありません。
第一チャクラが優位な子供は、元気で活発で、行動的です。
そういった意味でも、第一チャクラと赤いオーラは相手を引きつける魅力となり得ます。

そしてチャクラの優位性は成長期の心や体にも大きく関わります。
子供の頃から勉強や、持ち物整理など細かいことが得意な子供は、青系のオーラを持っていることが多いです。
青系のオーラの人は運動よりも、勉強、とくに理数系の能力が伸びやすいです。

子供の頃から女の子らしい女の子は、赤系やピンクのオーラを持っている場合が多いです。
子供の頃にもっているオーラの色がある意味成長期の伸びしろに関係しているため、生まれつき色気の資質を持っている人は、やはり赤系のオーラの子たちです。


目が発する色気

目は口ほどに物を言う、なんて言葉がありますが、人間の内に内在するエネルギーがその人間の目の奥に輝いています。

そして人間の霊的なエネルギーは目から発露するため、目を見れば人が解ります。
目が綺麗なら心は清く、心が清ければ目は美しいです。

第一階層のオーラである生命エネルギーの強さ、輝き…
第二階層のオーラである、感情や想いのエネルギー、そのオーラの色、輝き…
第三階層のオーラである純粋な霊的エネルギーの強さ、輝き…
第四階層の魂の大きさと神性なエネルギー

これらすべてがそれぞれの人からにじみ出ています。
私のように霊的な力をもつ人間に言わせると、カボチャのランタンのように内側から湧きあがるエネルギーの光はその人間を内側から照らし、まるで照明のように外に広がっています。

視線の先にエネルギーが集中する

私たちがじっと見るものに意識がフォーカスします。
女性は男性より、多く経験してると思うのですが、例えば胸元とかお尻とか、男性に見られているときって相手を見たり振り向かないでもわかったりするときありますよね?
チリチリしたり、ピリピリしたり… あれって相手のエネルギーが視覚によってフォーカスした場所(胸とかお尻)に集まってくるから起きる現象です。

虫眼鏡みたいですよね… エンパスの女性とかだと集中する相手の視線から受け取るエネルギーで気分が悪くなったり吐き気がするようなケースもあります。
人間の目から発する(正確には視線によって集中する)エネルギーにはそれほどの大きな影響力があります。

もし目から発するエネルギーが優しさ、好意、愛情であったなら?
相手に好意的な感情や想いは言葉ならずとも相手につたわるのです。性的なエネルギー、つまり色気も。

目から発するエネルギーで特に色気と関係しているのは、生命エネルギーと、第二階層の感情や想いのエネルギーです。
強い生命エネルギーや赤系のオーラもその人の強い眼差しや熱い想いとして瞳に現れますが、目から感じられるエネルギーは人間の感情や想いのエネルギーがとても強く相手に影響を与えます。

なぜなら答えは簡単で、感情や想いはエネルギーである以上に人間の顔の表情として表れるからです。
私たちの身体、眼差し、発する雰囲気、オーラ、スピリチュアルなエネルギー、すべては繋がっています。

目とスピリチュアルなエネルギーの関係は、こちらの記事が参考になります。


色気のある声

言霊って知ってます?
言葉に宿る霊的な力のことです。「言ったことは成る」そう信じる人は多く、不吉なことは口にしないようにしてる人も少なくありません。
目がエネルギーを発しているのと同様に、私たちが喋る言葉にもスピリチュアルなエネルギーは宿っています。

言葉は私たちの、感情、想い、霊的なエネルギーを乗せて相手に伝わります。

怒りの感情、労りの気持ち、心からの思いやり、客観的な思考、包み込むような愛、人間のスピリチュアルなあらゆるエネルギーは言葉によって相手に伝わります。
相手の言葉が心にもないと感じるときには、相手の態度や仕草以上にエネルギー的に感じ取っている場合が多いのです。

愛している、その言葉にどれだけのエネルギーが込められているかで言葉の価値や重みが変わるのです。

色気のある声とは、相手に霊的に干渉するエネルギーが多く込められている声です。そして特に「色気」と感じさせる要素は「感情エネルギー」と「想いのエネルギー」で、とくに赤系のオーラです。

色気のある声質で言えば赤系のオーラを持つ人の声質はよく響くので伝わります。
少しハスキーな感じなのに強く女性らしさを感じる、赤系のオーラをメインで持つ人はそういった声質が多いと思います。

青い系のオーラが入ってくると純粋な赤系のオーラの人の声よりも、少し高めになってきます。

赤系のオーラのエネルギーは相手の性的な欲求に響くエネルギーであり、それが声にも乗っかる感じです。

言霊についてはこちらの記事が参考になります。

言葉が運ぶエネルギーに関してはこちらの記事に口の周りのチャクラやエネルギーについて書かれています。


色気のある人のスピリチュアルな特徴

色気のある人の特徴は、赤系のオーラを持っている人(感情や想いが強い人)です。
日頃の言葉に感情や想いのエネルギーが多く込める事が出来る人、そして感情や想いのエネルギーがとくに強い人です。
エネルギーにはプラスとマイナスがあるので、これらエネルギーを肯定的に相手に伝えていることが前提です。

そういった人の特徴を私たちの日々のコミュニケーションや生活にあわせて解りやすく言うと、

  • 赤系のオーラを持ってる人(強い人)
  • 相手に感心を持てる人
  • 異性に関心を持っている人
  • 相手の気持ちを考えられる人

これらの特徴をもつ人たちは、色気の源をなるエネルギーを強く持っているというだけでなく、そのエネルギーを伝達するという意味においても秀でているといます。
これらの特徴は、目から与える印象、声や言葉となったときにいっそう色気としての威力を発揮します(笑)

なぜならば、目は心の窓口であり、言葉というのは人間の心をこの物質世界に具現化させる最初のプロセスだからです。

赤系のオーラを持ってる人(強い人)

赤系のオーラは純粋に感情や想いのエネルギーを強く伝達します。
もしそこに性的なエネルギーがあればそれも相手に伝わるでしょうから、本人にその気が無くても相手はセクシャルな魅力を感じている場合もあります。
(勝手にその気になってるみたいなパターンですよね)

相手に感心を持てる人

これは誰にでも深く関心が持てるみたいなニュアンスです。
相手に関心が持てるというのはつまり、相手によりフォーカスできるといことであり、フォーカスすることでより多くのエネルギーが伝えられるということです。
そして関心を持たれた相手は受け取るエネルギーの量と質から、「自分のことを気にかけてくれている」とか、「自分のことを考えてくれている」と感じることでしょう。

もし互いの意識がよりフォーカスしたなら以心伝心のようなことも増えていくとおもいます。

異性に関心を持っている人

相手に関心を持っている、といったことにプラスアルファで異性への関心が強いとフォーカスはさらに強まります。
なぜなら答えは簡単で、「相手に関心を持つ」ことは性別に関わらないですが、異性に関心を持つということは多くの場合「恋愛」とか「性的」な対象とする意識が含まれるからです。

男女にかかわらず、思春期とか恋心を持っているときは異性への関心が強くなる時期と言えるかもしれませんね。

異性への関心の度合いも人それぞれによって基本値が異なります。
たとえば赤系のオーラを強く持つ人でもそのエネルギーが芸術とか仕事に向いている人もいますから、エネルギーが色恋沙汰に向いている人の方が色気とか性的な意味で言えばより強くエネルギーがアウトプットされます。

相手の気持ちを考えられる人

相手にフォーカスするとか、相手に感情や想いを伝える大前提として、否定的ではなく肯定的であるという大前提があるとおもいます。
相手に関心があり、それが異性としてとくに強い気持ちであったとして、それが否定的に現れた場合には相手に迷惑をかけたりストーカーのような行為になってしまってはよくありません。

ですから、自分のエネルギーをより良い形で相手に伝えるためには押しつけではなく、相手が心地い形で伝える必要があります。
自然に嫌みない色気を相手に伝えている人は、相手の気持ちをちゃんと考えて自分の態度や行動を決められる人です。

多少強引だったり、振り回されたとしても、それが心地よい人もいるので、そういった部分も含めて見極めが出来る人です。


色気のあるファッション

色気のあるファッションという話でいうと、露出の多い服装は解りやすいひとつの形だと思います。
人間は顕在意識は覚醒時、8割の情報を視覚から取り込んでいます。

ですが、色気の本質ってそれだけではありませんよね?
色気にも「品」ってありますし、そこに基準を設けている男性ももちろんいます。

そもそも露出の多い服装につられて寄ってくるような男は別の意味でも基準が低い男でしょう。

日本人の色気を最大化するファッション

日本人の色気を最大化させるファッションがあります。それは和服です。
浴衣、着物、日本人に最適化されています。

残念ながら現代において、浴衣も着物も祭りや成人式など着るタイミングが限られている感も否めませんが、和服の良さを取り入れたようなデザインの洋服も増えてきた感じはあります。もっと気軽に着れるような形になれば潜在的な需要はかなり高いと思います。

色気を超える色気

色気とは簡単に言えば性的な魅力のことで、スピリチュアル的に言えば、生命エネルギーや赤系のオーラが相手に性的な魅力を感じさせる要因となってます。
生命力のオーラは第一階層のオーラで、赤いオーラは心や感情の領域に属する第二階層のオーラです。

人間の魅力の本質ってとっても単純で、簡単に言うとそれぞれの人間が持つエネルギーの品質と総量だとお伝えしました。

であるならば…

当然ですが、第三階層と第四回層のエネルギーやオーラも人間の魅力を大きく向上させる大きな要因です。

第三階層のエネルギーはチャクラで言えばおもに第五チャクラ、第六チャクラ、第七チャクラに関わるエネルギーです。
第三階層の霊的なエネルギーとは、私たちの肉体と重なり合うように存在する霊体のエネルギーです。

過去に偉大なことを成した人や、聖人聖者など、霊的に優れた人間は霊的にも大きなエネルギーを持っています。
ある意味で言えば、霊的なエネルギーの大きさは、魂の大きさや、過去世から積み重ねてきたエネルギーの総量で決まるため、もの凄い個人差があります。
この第三階層のエネルギーこそが、潜在能力の大きさや存在の大きさに直結する、その人間の本質的な魅力なのです。

第一階層の生命エネルギーの強さや第二階層の赤系のオーラが、第三階層の大きな霊的なエネルギーと結びつくと、たくさんの人間を魅了するような人間となり得ます。

単純に、性的な魅力を感じるといったことだけでなく、人間として深い魅力をもつようになります。

そして第四階層の神性のエネルギーとは、イエス・キリストや仏陀がもっていた完成に近い人間がもつ神聖なエネルギーです。
ここまでくるともはや色気とか関係なく万人を引きつける魅力を持った存在です。


一緒に読みたい関連記事



心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。<strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a><strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a>「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

プロフィール



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。