ワンダラーとウォークイン – 宇宙と宇宙人 第4話

宇宙と人間の画像
地球アセンション

宇宙人の話でよく聞くワンダラーとウォークインとは?

まずは簡単に説明すると、ワンダラーは地球外の星も含めて輪廻転生を繰り返してきた魂で、ウォークインは、宇宙人による人間への憑依を表すような言葉です。
主に、シリウス、オリオン、プレアデス、アルクトゥルスなどがら外部太陽系にあるゲートを通って地球圏に飛来します。
ワンダラーがこの太陽系へ最初に入植したのは、私たち太陽系の人間の文明の中心がまだ地球では無かった頃までさかのぼります。
かつて人間は、霊的な身体を持つ天使的な存在でした、初めて地球に入植したワンダラー達も同じように肉体を持たない存在達でした。
太陽系の人間達(天使的な)もワンダラーも、どちらも想念を投射することで具現化、物質化を行う力を有していて、最初のウォークインは地球という星の物質界に存在する物質的な生き物に対して行われました。つまり、この時代に太陽系や外部太陽系に存在した知的存在は肉体ではなく霊的な身体を持つ者達が主流で、どちらも物質世界に想念で様々に干渉をしました。
今の時代での話では、私が体外離脱などで出会った宇宙人達は、みんな肉体の無い状態でしたので、肉体を持って地球に隠れ住んでいるような知り合いは残念ながら直接は知りません。つまり私が出会った宇宙人は、いずれもワンダラーとかウォークインであったと言えると思います。
ワンダラーとウォークインは説明する人によっても解釈が多少異なったりしますが、まずは私の知識の範囲でこれらの言葉を簡単にせつめいしてみますね♪

PR

 

目次

宇宙から来る高度な知的存在
ワンダラー
ウォークイン
強いエネルギーとサイキック能力
ワンダラーの自覚がある方へ
関連記事

 

宇宙から来る高度に知的存在

私の知る限り、シリウス、オリオン、プレアデス、アルクトゥルスに存在する宇宙人は、肉体を持つ3次元形態の宇宙人でも、4次元以上にも認識をもち、科学技術を応用しています。
そして、5次元形態の宇宙人も存在します。つまり幽界(アストラル界)や霊界(メンタル界)に生きている霊的な存在と言うことです。
仮にですが、霊体で存在する人間のことを「生物」と呼べるのでしょうね?生物は「生きて活動するもの」という定義になります。
霊体で存在する人間は、肉体的には死後の状態ですが、事実としては生きて活動している状態です。
つまり、もし「生物」の定義を霊的な状態で生きている存在まで広げるなら、この宇宙に存在する知的生命体は肉体を持つ人間のみではなく、霊的な状態で生きる人間も含まれるのでかなりの数になります。

PR

ワンダラー

簡単に説明すると、地球外の星々で輪廻転生を繰り返してきた魂です。
太陽系外の前世を持つ人たちが地球に生まれ変わってきた起源は、地球の太古までさかのぼることが出来ます。
様々な時代に大きな新規参入があり、それに関連するような文献を神話や古文書から発見することもでします。
この時代にも地球の輪廻のサイクルに新規参入してくるワンダラーは沢山存在します。
古代アトランティスの時代に参入したワンダラー達は、すでに地球の暮らしやエネルギーに慣れ親しんで、自らの魂の起源を思い出してもさほど心が揺れる事はありません。
地球での暮らしの短い魂ほど、違和感を感じたり、宇宙に郷愁を感じるようです。

宇宙人がこの地球に生まれ変わってくる目的については書いてきた通りです。
ワンダラーを地球アセンションと結びつけたがる人も沢山いますが、宇宙人の魂の地球入植に関しては、ずっと古代から今日まで常にあった事です。
比率として最も多かったのは、集団に参入が行われた古代アトランティス、古代バビロニア、古代エジプトの時代ではないかと思います。
人間は誰しも自分だけの目的を持って生まれてきます。それは宇宙人も地球人も変わることはありません。

PR

ウィークイン

ウォークインは事故や病気などで身体を離れた人と、入れ替わりで肉体に宿る霊的な存在として知られています。
自己や病気で生死をさまよった人が、意識を取り戻したとき、別人のようになっていたり、ある種の超能力を持っていたりする事例がこれに該当すると考えられています。
こういった事は確かにあります。

ウォークインの存在は様々あるのですが、素性を明かす者の比率が宇宙霊である事が多い為に宇宙人による人間への憑依現象といったように思われる事が多いです。
高次の存在と、宇宙霊は似たり寄ったりで、もっと言えば、五次元以上の存在と大天使も似たり寄ったりです。
ですがある種の属性で霊的な存在を分けようと思ったらかなりの数に分類できます。
ですから、私などがでもそういった存在の場合、相手が素性を明かさない限りは何者であるかを見分けるのは極めて困難なことも多いです。不思議ですよね♪

実際この種類の憑依現象は、宇宙人に関わらず、高次の霊的な存在や、天使的な存在によって行われることも多いです。
それと、必ずしも事故や病気で身体を離れた人に憑依するという訳でもなく、心清い人間であれば、高次の存在が生きた居るままに憑依し、共存する場合もあります。

私の母の胸に、高次元から来た心正しい霊的な存在が取り付いた事がありました。
あと、本人が全く自覚無く取り付かれている場合も結構あります。
多くの場合、ウォークインとして人間に取り付く存在達は、対象となる人間に使命を持たせて、それを全うするサポートを行います。

PR

サイキック能力と強いエネルギー

あと、これはちょっと前々から思っていたことなのですが、近しい過去性において地球外にルーツを持つ方々が持つ霊的な力は、私などが持つ霊能力と毛色が異なるようですね。霊能力というより、サイキックな感じです。
宇宙人の過去性の記憶は地球での輪廻を繰り返すことで薄れて行きます。
それと比例するように、サイキックな力も失われて行きます。
それはとても自然な事なのです。
私はいつも、スピリチュアルは特別なものではないと説明をしています。
宇宙人としてのか個性を持つ人々やワンダラーもそんな感じです。

PR

ワンダラーの自覚がある方々へ

まずはちょっとしたたとえ話からですが、私たちはこの地球で輪廻を繰り返し、様々な国や様々な人種としての過去性を経験しています。
今日本に生きている人で、前世は日本以外の国で一生涯をおえたよー なんて人は珍しくありません。
ただ、カルマ的な作用は返済効率上、同じような集団や文化圏に転生を縛る傾向があります。
これを宇宙規模で考えた場合、地球外の前世を持つ人の存在は、決してめずらしくないことがわかると思います。
ワンダラーとか、言ったらそんな感じです♪
太古、地球外からの魂の大量参入が何度かに渡って行われました。
今は小規模単位の集団ごとが多いみたいですね♪
家族単位というか(笑)
私の結論としてはつまり、珍しくない、わりと普通のこと、宇宙人の過去性を持つ人や関わる周りの人にもそういった認識を持ってもらえると良いのかなと思っています♪
日本にホームステイしてるとか、移住してきた海外の方的な感じです♪

太陽系外にルーツがある、そういった魂を持っている人達へ♪ 自分たちを特別視する必要はなく、むしろ普通であるべきです。
私たち人間は知っていることより知らないことの方がはるかに多く、覚醒するほどに、全てが普通のこと、あるいは、全てが特別なこと、そんな風に分かってきます♪

これも地球の人間と同じ事ですが、人種に違いがあっても魂に違いはありません。
太陽系外にルーツがあろうとも、地球圏にルーツがあろうとも、魂に違いは無いのです。

関連記事

ウォークインについて、身近な例だと私の母に取り憑いた高次の存在のエピソードなどがあります。
興味のあるひとは下の体験談の記事をのぞいてみてください♪

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談