急に悲しくなるスピリチュアルな理由

急に悲しくなる

急に悲しくなる。誰にでも経験はあるのではないでしょうか?
そんなとき、単純な心の問題にとどまらず、スピリチュアル的な理由がある場合もあります。
友人達と楽しく会話をしている中でも急に悲しくなったり、学校や仕事の帰りなんの理由もなく突然心が重くなったり悲しくなったり、なんの脈絡もなく急に悲しい気持ちになる。
何の脈絡もないからなぜ悲しい気持ちになったのか理由すらわからない、だけどとても悲しいから突然落ち込んでしまう。
そして時には理由も分からず涙さえも流す場合があります。
急に悲しくなる、それはスピリチュアル的に言うならば、自分に起因している場合と他人に起因してる場合、大きく分けて2つのケースがあります。

PR

 

急に悲しくなるスピリチュアルな理由

急に悲しい気持ちになる、これをスピリチュアル的に言うと人間の感情のエネルギーはアストラル界に属し、あらゆる感情が人間の感情エネルギーに起因します。
アストラル界とは、この物質世界と重なり合う用の存在する霊的な世界の一つで、人間の心の領域に対応しています。
つまり急に悲しい気持ちになるとき、アストラル領域において悲しみのエネルギーに何かしらの形でアクセスをしてるということが言えると思います。
ではアストラル領域で悲しみのエネルギーにアクセスをするケースとは一体どのような時なのでしょう。

悲しみのエネルギーにアクセスするケースは大きく分けて二つあります。

  1. 自分自身の悲しみのエネルギーにアクセスしている場合
  2. 他人の悲しみのエネルギーにアクセスしている場合。

それぞれを簡単に説明してみたいと思います。

自分自身のエネルギーにアクセスして急に悲しくなる

自分自身の悲しみのエネルギーにアクセスしている場合とは?
1番わかりやすいケースとしては最近の嫌なことを思い出したとか、仕事の失敗を思い出したとか、身内やペットの死を思い出すなど、いずれにしても自分自身の身に起きた出来事であったりそれに紐付いた悲しい気持ちを思い出しているといったケースです。
この場合は、原因を思い出しながら悲しい気持ちになっているためなぜ自分が悲しい気持ちになっているかということを理解したり近くすることができます。

こういったわかりやすいケースなら良いのですが、なぜかわけもわからず突然悲しい気持ちになってしまうといったケースもあります。
その場合は自分自身の過去に起因する複数の悲しみのエネルギーに同時にアクセスしている場合がかんがえられます。

複数の悲しみのエネルギーに同時にアクセスするケースにおいては、それぞれの出来事を思い出しているというよりは、過去の出来事に共通するような内容に対して悲しい気持ちになっている場合が多いです。簡単に言うと過去の自分に対する自己嫌悪であったり、成長できない自分に対しての憤りであったり、出来事そのものではなく、それら出来事と向き合う自分自身と言えます。そこに共通する自分自身の傾向や駄目な部分に対して落胆する気持ちや悲しいという気持ちが起こります。

突如襲ってくる悲しいという気持ちが自分自身の過去の出来事やエネルギーに起因してる場合、これを払拭する方法は、自分自身の身に起きた嫌な出来事や悲しい出来事を手放したり、自分自身を許したり自分自身を愛することができれば、突如襲ってくる悲しみからも解放されるでしょう。

いずれにしても原因は自分自身の奥底にあるのです。

自分を愛することができないと感じる人は、こちらの記事が参考になるかもしれません。

PR

他人のエネルギーにアクセスして急に悲しくなる

他人の悲しみのエネルギーにアクセスしている場合、これは本当にいろんなケースがあります。
自分から誰かの悲しみのエネルギーにアクセスしていなくとも、誰かが悲しみにネルギーをあなたに向けている場合もあるからです。

他人の悲しみのエネルギーにアクセスしている状態は主に4つあります。

  1. あなたが誰か他の人のことを思ったり思い出している場合
  2. 誰かがあなたに向けて送ってきている場合。
  3. あなたの近くにいる人から感じ取っている場合
  4. 間近にいる霊的な存在の影響を受けている場合

あなたが誰か他人のことを想っている場合

あなたが他人のことを想ったり思い出している時、その状態をスピリチュアル的に言うと肉体は離れていても心はごく近い場所にあると言ったことが言えると思います。
それは主にアストラルの領域によって起こります。

例えばあなたがたまたま古い友人のことを思い出していたとしましょう、そしてその友人がたまたまとても悲しい気持ちだったとします、体は離れていて互いに言葉はかわせなくとも、その友人の悲しいといった感情やエネルギーだけがあなたに伝わってきます 。

その場合あなたは訳もなく悲しい気持ちになっているかもしれませんし、相手との間に起きた悲しい出来事を思い出しているかもしれません。
いずれにしても悲しみのエネルギーにアクセスし、そのエネルギーから連想できる何かしらの出来事を思い出しているといった状態です。

これはある意味テレパシーのようなものや以心伝心と呼ばれるようなものかもしれません。私たち人間の心は、この世に離れていても互いに影響を及ぼし合うのです。

この傾向が特に強いのは、家族間であったり恋人同士であったり、元恋人同士であったような人たちです。
特に別れて間もないような恋人同士の間でこのようなことは頻繁に起こります。

PR

誰かがあなたに向けて送ってきている場合。

あなたが誰かのことを思っていなくとも、誰かがあなたのことを想っていて、その誰かがとても悲しい気持ちであったならば、その悲しい気持ちはあなたに伝わっているかもしれません。
その場合、あなたは訳もなく急に悲しい気持ちになるかもしれませんが、同時に理由もなく古い友人の事を思い出しているかもしれません。

あなたから誰かにアクセスをしていなかったとしても、誰かからあなたに向けてアクセスされていることがあるのです。
もしこういったケースにおいてあなたのことを思い出す誰かの存在に気付きその人間の悲しみに気づくことができたのならば 二つのことをすると良いと思います。

一つは悲しい気持ちになっている相手のために祈ることです。
そしてもう一つは、あなた自身がその相手は悲しみのエネルギーにとらわれないために気持ちを切り替えることです。

テレパシーにも似たこういった能力を持っている人というのは多くはありません。
そして遠くにいる人の気持ちが分かるような感覚を持つ人は霊的にはエネルギーを消耗しやすい人達と言えるのでやはりあんまり考えすぎないことが得策です。

他人の悲しみのエネルギーにアクセスしている場合

悲しみのエネルギーはあなたのすぐそばにいる人たちから伝わってきてるような場合もあります。
驚くかもしれませんが、たとえば私はこの種類の力がとても強く電車やバスで隣に座った人間がどのような感情を持っているのかといったことも分かってしまいます。

普通はなかなかそこまではっきり分かる人というのはいないと思うのですが、それでも普通の人たちの間でも同じようなことが起こっています。

例えば友達と長い時間話ししていたらちょっと気疲れをしてしまったとかもそうですし、友達の愚痴を聞いていたら一緒に怒り始めたりとか一緒に悲しい気持ちになってしまう、こういったことも単に心や気持ちが影響されているだけではなく相手のエネルギーを受け取ったり相手と同じエネルギーを共有していることによって起きる現象です。

急に悲しい気持ちになるとき、もしかしたら身の周りの人からエネルギーを受け取ってるかもしれませんし、それは友達でなくともたまたまそばを歩いていた人かもしれません、たまたま近くに立っていた人かもしれません事の大小はありますがこういった現象は確かに起こります。

間近にいる霊的な存在の影響を受けている場合

そして最後のケースが最も厄介なものと言えるでしょう 。
もしあなたの身の回りにあなたを不幸にしようという意志を持つ生き霊や悪霊などの霊的な存在がいた場合、その存在が持つマイナスのエネルギーはあなたの中の怒りや悲しみ不安といった感情を膨らめあなた自身に触りをします。

もちろん普通の人にはそんな霊的な存在など見えませんしいたとしても気づける場合も少ないと思いますので理由もなく感情が起伏したり悲しい気持ちが膨らんだりといった説明不可能な状態に困惑することでしょう。

こういった霊的な存在が関与してくる時には、咳き込んだり吐き気がしたい、頭痛がしたり耳鳴りがしたりなど、何かしら痛みやダメージを伴うような何らかの体の反応が同時に起きますから、そういった場合は注意が必要です。

霊的な存在が関与してくる場合、大抵は一時的なケースが多いです。
霊的な存在が人間に取り付くといった状態はそんなに容易くは起きないのです。大抵の場合は身の回りにいて障りを起こすといったその程度の関わり方が多いです。

3日でいなくなる場合もあれば12週間でいなくなる場合もあります。
ですからもしこういった状態に陥った場合慌てずに対処しましょう。

正しい食生活、適度な運動、十分な睡眠時間、そして思いやりをもって日々正しく生きていたならば、否定的な存在はやがて剥がれ落ちていなくなっていきます。

PR

まとめ

急に悲しくなるとき、それはあらゆるケースにおいて共通して言えるのは、悲しみの源となるなにかしらのエネルギーと接続されているということです。
それが過去の自分のものだとしても、他人から向けられたものだとしても、その本質は変わりません。

ですから、もし悲しい気持ちから向け出したいのであれば、その接続を断ち切れば悲しみからも解放されます。

気持ちを切り替えてぱっと気分を変えられればそれが一番良いのですが、もしそれでもなかなか悲しい気持ちから切り替わらないときにはこんなアファメーションをためしてみてください。
すこし大きめの声で、

私は私であります

古い呪いの言葉ですが、自分に向けられる接続を断ち切るのにとても強い効力を持っています。

悲しいという感情が全てが悪いという訳ではありません、悲しいという感情が教えてくれることもたくさんあります。
それは謙虚さ、慈悲、愛などがそうです。

悲しみを感じたとき、ぜひそれを祈りの心に変えてくださいね♪

PR

関連記事

悲しみという感情だけでなく、なにかの出来事や誰かが思い出されるなら、なにか課題を秘めているかもしれません。
下記の記事が参考になるかもしれません。

 

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。 <strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a> <strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a> 「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪ 「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。  

プロフィール
PR

PR

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。