断食(ファスティング)のスピリチュアル的なやり方と効果

ファスティングにはスムージーがオススメ

断食はさまさまな宗教でも行われ、スピリチュアルな分野でもよく話題に上ることがらの一つです。
断食をすると体の健康に良いことがたくさんあり、臓器が休まったり、デトックスにもなります。
体と心は繋がっていますから、スピリチュアル的にもさまさまな良いことがあります。
なかでも、臓器がやすまることでチャクラが活性化するとエネルギー的にも強まります。
断食のスピリチュアルな意味や、メリットなどをお話出来たらと思います。


断食とは?

https://arcangel.jp/wp-content/uploads/2018/11/uriel-130x130.png
☆ウリエル☆

一般的には一定期間まったく食べ物を食べない「絶食」と、特定の食べ物しか食べない「断食」みたいな感じで、言葉のニュアンスが若干別れています。
今日私がお話しするのは、絶食というよりは断食のことになるかと思います。

まずは、「断食」という言葉の一般的な定義の確認からしましょう。

断食(だんじき、英語: Fasting、アラビア語:صوم‎)、絶食(ぜっしょく)は、飲食行為を断つこと。一定の期間、全ての食物あるいは特定の食物の摂取を絶つ宗教的行為[1]。現代では絶食療法(一般に言う断食療法)として、医療行為ないし民間医療ともされている。固形物の食べ物を口にするのを止める行為であり、水すらも一切飲まない断食もある。

断食は世界中で、そしてさまさまな宗教で行われている

断食は世界中の宗教で幅広く行われていて、近年ではダイエットや健康法としても幅広く行われています。
なぜさまざまな宗教で断食が行われているのか?

聖書にには、モーゼは神の山で40日間断食をし、イエス・キリストは荒れ野で40日間断食をし、キリスト教ではさまざまなルールで断食が幅広く行われています。

イスラム教ではラマダーンの間飲食を禁じ、ヒンドゥー教では14日、あるいは28日のサイクルで断食を行います。

すべての宗教が断食を推奨しているわけではありませんが、さまざまな宗教で断食が行われる理由の背景には、じつはスピリチュアル的なメリットが数多くあるからです。


断食を行うスピリチュアルな意味

断食を行うスピリチュアル的な理由はメリットは数多く存在します。
さまざまな宗教で断食が取り入れられているのも、霊的なメリットがとても大きいからだと思います。
ではどのような良いことがあるのでしょう?

  1. 臓器を休めることができる
  2. 肉体の浄化が効率良くできる
  3. カルマ的食べ物を口にしないことで霊感が増す
  4. 深い瞑想が出来る

断食を行うと、普段より消化の良いものを少量だけ摂取する食事になるため、まずは臓器にかかる負担が大幅に減ります。
人間の体は本来、毎日食べ物を食べられない想定でつくられています。

まあそうですよね。

現代では食料は大量に生産され、すくなくとも先進国では十分な量を手に入れる事が出来ますが、たとえば原始的な生活をしている人間なら、食料は探すかとるかしなく、保存の方法や保存できる量も限られているため、1年中安定的に食料があるとはかぎらない状態です。

つまり、現代人は食べ過ぎていて、内臓は慢性的に疲れているのです。

断食を行うことで、臓器は休まり、肉体のデトックスは進み、臓器に対応したチャクラのエネルギーは充足し、霊的な力が増します。

そして食はいかばかりかカルマを生み出します。
まあ命あるものを殺して食べたりするわけなのでね…

マイナスカルマの蓄積地が高いのは言わずともかと思いますが肉類です。

食とカルマ

カルマがない食べ物は 果物、木の実、穀物類、です。
これらはある程度食べられることを前提に存在するからです。

これらと比べると、根菜類には若干のカルマが存在しますが肉類と比べると無いにひとしいぐらい軽微です。
食のカルマを少ない順にランクにしていくとこんな感じです。

  1. 果物、木の実、穀物類
  2. 根菜類 卵 乳製品 海草
  3. 魚介類
  4. 肉類

かなりおおざっぱですが、だいたいこんな感じです。
海洋ほ乳類は肉類と考えてください。
卵類は生まれるまでは魂は宿っていないため、じつはカルマは小さめです。

食のカルマにも、カルマの法則同様に、神の慈悲の法則が存在します。
つまり、いかなる理由や動機によってそれを食したか?(殺したか)

断食と瞑想

断食をすることで、一時的に食のカルマを生み出さない状態になります。

断食により臓器が休まり、霊的な力が増し、カルマを生み出さない状態になる。

断食を行っている時だからこそ、いきつくことができる深い瞑想状態というものがあります。


断食のやり方

世の中に断食の方法もさまざまに伝わっています。
例えばですが、3日間リンゴしか食べないリンゴダイエットも断食の一種と言えます。最近だとファスティングという言葉と一緒にスムージーやスムージーのレシピも世の中に広まりました。どれも体に良さそうですが、逆にいろいろなやり方がありすぎて迷ってしまうと思います。
じつは断食について守るべきとても簡単なルールがいくつかあるだけです。

  1. 最初に断食の期間を決める
  2. 肉類や胃に負担のあるものを避ける
  3. 量を制限しすぎない
  4. 水分を十分にとる
  5. できれば専門家の指導のもとおこなう

最初に断食の期間を決める

これって結構重要です。
何ごともですが、成果を高めようと思ったら最初に目標と期間を決めます。
断食を行う場合は、断食をやりきること自体が目標と言えるので、あとは期間を決めます。
オススメとしては、2~3日間、仕事が忙しい現代人にとって動きやすいのはやはり、土日とか長期休暇かなと思います。

そして一回に行う期間だけでなく、毎週いつやるとか、毎月いつやるとか、年間でカレンダーで見たとき、断食を行う日が最初から決まってるような状態にできると効果が上がります。

体はあなたの生活習慣を記憶するからです。

例えば毎週土曜と日曜を断食日とする場合、それが習慣化されるとからだはそのコトをおぼえているので効率良く臓器を休めたり、限られた種類と量の食事から効率良く栄養素を吸収するようになります。

そして断食をするということだけでなく、なにかほかにも目標を定めることをオススメします。

もし1年通して取り組むなら、「来年までに会社の役職を一つ昇進しよう」みたいなことです。
断食をすると体が浄化され霊的な力が強まるので、願望実現にも微力ながら近づきます。

肉類や胃に負担のあるものを避ける

過度の肉食や、甘い物のとりすぎ、消化に悪いあらゆる食べ物は肉体のエネルギーを一時的に弱めます。
胃腸に負担がかかる肉類や過剰な糖分を含むものは避けるべきでしょう。

食べて良い物は加工されていない、果物、木の実、穀物類、根菜類、それらを原料に作られているものです、これら人間が本来食する食べ物なのです。

人間の歯の形や臓器の仕組みから見ると、人間は果食動物であると言われています。
つまり、私が断食中に選んぶ食べ物は私たちの体に負担をかけない人間本来の食べ物であると言えます。

食のバランスの悪さは、そのまま人間の体のバランスの悪さを生み出します。
それは精神的なバランスにまで影響を及ぼします。

量を制限しすぎない

断食中、1回の食事でどれぐらいの量の食べ物を摂取るのが適切か?
もちろん個人差はあるでしょうが、内臓を休めるためには普段の食事の30%~50%程度でしょうか?
2~3日という期間限定なのでそれぐらいでも十分に足りると思います。

ダイエット目的の断食のときなどはついつい量を減らしてしまいがちですが、重要なのは自分の体や心にとって負担になりすぎないこと、ストレスなく行えること、そのためには自分なりの適切な量の幹分けが大切です。

最初は無理しすぎないように、やりながら調整していくのが良いと思います。

水分を十分にとる

断食をするときに以外と重要なのが、水分をしっかり取るということです。
もともと水分を取るのが苦手という人も世の中にはそこそこいますし、食べる量を減らすと飲むことが忘れがちになってしまう場合もあります。
あと、断食期間中は浄化能力が高まっているので水分をよくとることで体の爐鞴鬱や毒素の排泄をうながすことができます。

普段から水分をよく摂る人は、断食期間中は塩分もしっかりとりましょう。
体の声を聞いてると自分が水分や塩分を欲してるときは解ります。

私からのオススメは昆布茶ですかね♪

できれば専門家の指導のもと行う

何を持って専門家とするかは難しいところですし、目的がダイエットか?健康促進か?瞑想などの霊的修行か?によっても変わりますが、いずれにしても可能であれば専門家や経験者をたよるのが良いと思います。

私自身は断食をするにあたって、自分以外の人間をたよったことはありませんが、世の中にはついついやりすぎてしまう人もいますし、体質や健康状態的に断食が合わない人もいると思います。

例えば病気の人が体力を付けるために食べなければいけない時期に、浄化を目的とした断食をしたなら、浄化は進むかも知れませんが体力は失われて、総合的に見て良くないみたいな場合もあると思うので。

ですから、

心身に不安がある人ほど、専門家を頼ることをオススメします。


断食のメリット

断食が体や心のバランスをとるだけでなく、霊的にも良好な状態を作り出すことがよく分かると思います♪
体に負担になる食べ物を避け、食べる量を制限することで普段食によって消耗する余分なエネルギーの消費をなくします。
カルマの無い食べ物を食することで私たちの霊的なエネルギーは純度を増します。
それによって瞑想も深くなるんです♪

断食をすると最初のうちは空腹感をかんじます。
その空腹感が普段十分に足りているという事実を教えてくれます。

すると、普段当たり前と思いがちなさまざまなものに大きな感謝の気持ちを持つことができます。

仕事があるありがたみ、住む場所があるありがたみ、食べるものがあるありがたみ。
そのほかにも数え切れないほどの感謝があり、それを強く実感することができます。

もし私が天涯孤独の身であれば、もしかしたら好んで貧しい質素な生活をしているかもしれません。
でも私を心の支えにしている家族が居る間は一般的な豊かさは持っていたいと思っています。

豊かさと分かち合う心、幸福の王子の話の時のやつですね♪

断食のメリットをまとめると

  1. 臓器を休めることができる
  2. 肉体の浄化が効率良くできる
  3. カルマ的食べ物を口にしないことで霊感が増す
  4. 感謝の気持ちが増す
  5. 深い瞑想が出来る

瞑想をする動機や目的そのものですね。
初心にかえるような意味でも、断食はとても良い効果をもたらしてくれます。

断食をうまく活用して、体と心を清めましょう♪ あと愛を持つ、ですね♪

いっしょに読みたい記事

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。<strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a><strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a>「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

プロフィール



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。