頭痛をスピリチュアル的に説明

頭痛と耳鳴り

頭痛にはスピリチュアルな事に原因があるのでは?
良くも悪くも、頭痛にはスピリチュアル的な理由があります。
頭痛とスピリチュアルなことの因果関係については私もこれまでよく質問をいただきました。
頭痛になるスピリチュアル的な良い理由は、霊的な覚醒や変容にかかわる理由です。
頭痛になるスピリチュアル的な良い理由は、やはり呪いや霊障などが多いとです。
どちらも普通の方には目に見えないような理由による事象なのでことの判断が難しいかもしれませんが、簡単な自己診断方法もまじえて、「頭痛とスピリチュアル」のお話が出来たらと思います。

PR

 

スピリチュアルと頭痛の関係

頭痛にはスピリチュアルな理由があるか?
頭痛に関わらず、世の中には原因不明な身体の症状は数え切れないほどあります。
極論で言えば、頭痛にはスピリチュアルな理由しかないです(笑)
まあこれは本当に極論ですが、私たち人間の健康や体調など、痛みを伴うものや人生に影響を及ぼすことのすべてが、カルマの法則やこの宇宙の法則など、スピリチュアル(霊的)な理由で起きている事象だからです。

頭痛には身体のエネルギー的な事が原因の場合もありますし、霊障のように、霊的な存在が関与してきている場合もあります。
瞑想でチャクラが刺激されたり、霊的なエネルギーが大きく変化するときにも身体に変化は起きます。

頭痛とスピリチュアルな事柄とんの因果関係は大きく分けると2種類あります。
簡単に言うと…

  1. スピリチュアル的に悪い理由の頭痛
  2. スピリチュアル的に良い理由の頭痛

まあ単純ですね(笑)

頭痛の良い理由と悪い理由

スピリチュアル(霊的)な理由で「良い頭痛」と「悪い頭痛」にはいったいどのようなものがあるのでしょう?

悪い理由で言えば、身体のエネルギーの詰まりとか、呪いや霊などのマイナスのエネルギーの関与、瞑想のやり過ぎによるアンバランスなどがあります。

良い理由で言えば、体内のエネルギー詰まりが取れた好転反応や、天使など良い存在やエネルギーの関与、瞑想による身体のエネルギーの変化などです。

たとえば原因不明な頭痛になったとして、そもそも頭痛は痛みを伴うものなので「良い頭痛」があると言われても「は???」って感じだと思いますし、スピリチュアル事柄で起きる頭痛について情報を調べたとしても、では実際に、どのようなケースが自分に該当するのか?
なかなかわかりにくいと思います。
自分の身に起きている頭痛の原因がスピリチュアル(霊的)なことであっても、それが良い事が理由か、悪いことが理由かさえも分からないのが普通です。さて、どうしたものでしょうね?

PR

頭痛のスピリチュアル的な理由の見分け方

頭痛の原因となることが霊的な理由だったとしても、ふつうは目には見えません、ですからここで判断材料にできるのは体に表れている感覚です。いわゆる体の声というやつです。
身体の反応は意外とシンプルで、頭痛の理由が好転反応などの良いことであれば、頭痛よる痛みや不快感も少ないです。
押される感じがしたり、ジリジリしたり、たしかに痛いときもありますが肩こりを指圧されているような?どこか心地よさがある痛みです。
マイナスエネルギーが経絡から抜けていくような感じで回復を実感したり、気分が良くなっていくような変化があります。

逆に、頭痛がスピリチュアル的に悪い理由であれば、頭痛にはとても不快な感じががしたり、吐き気や耳鳴りを伴うこともあります。
この痛みは問題が解決しない限りは消えませんし、問題が増せば痛みも増します。

つまり、霊的ないかなる理由でも、我慢できないほどの痛みや不快は概ね悪い理由である可能性が高いです。

瞑想による自己変容とかアセンションの兆候が理由であれば、それ自体は良いことですが、頭痛が激しいとか不快が大きければ、それが起きる経緯には必ずなにか良くない問題があるはずです。
例えば間違った瞑想方法とか、無理な呼吸法を組み合わせたりとか、いずれにしても身体が嫌がることを続けた結果です。

肉体と霊体は表裏一体

今回のテーマは頭痛ですが、身体に起きる不調に関して言うと、スピリチュアルな理由で起きる不調は、霊的な力でしか治すのが困難な場合は確かにあります。
ただ、これは大前提なのですが、体に不調があったとき、あるいは病になった場合でも、霊体と肉体の両方に変化は起きます。
医者や病院の人が霊的な理由を改善できる訳ではありませんが、スピリチュアル(霊的)な事が原因で起きた身体の悪い変化を緩和させたり治す事はできます。

ですから、もし頭痛や体の不調の原因が霊的なことであったとしても、それによって体に表れた変化を癒やす場合、霊的なアプローチで改善させるより、医者が物理的に処理する方が早い場合も多いです。

癌の腫瘍の切除などが解りやすい例だと言えます。
病がすでに肉体に具現化(物質化)した状態においては、霊的なエネルギーによって取り除くより、物理的に排除してしまうほうがはるかに早い場合も多いのです。
このような例でわかる通り、ヒーリングのような霊的なエネルギーによる癒やしは劇的に自然治癒能力を高めますが、物理的に処置する方が早いケースも沢山あります。

ここで注意喚起しておきたいことは、「霊的な理由だと思うから病院や医者には行かない」という姿勢や思い込みは危険だということです。

頭痛、その他の身体の不調でもですが、霊的な事が理由と予測できたり、あるいは断定できても、様子を見て必要なら病院に行きましょう。
私が持つヒーリング能力も、医者が持つ知識や指先も、本質を言えば神が与えたものに他ならないのですから。

PR

 

頭痛とスピリチュアルなエネルギー

肉体的な事でもし原因が不明なら、スピリチュアル(霊的)な理由があるかもしれない?
仮に肉体的な事が理由でも、もっと根っこにはスピリチュアル(霊的)な理由があります。
多くの場合は、人間の身体のエネルギー的な事が原因になっています。
つい最近、腰痛をスピリチュアル的に説明すると という記事を書きましたが、頭痛に通じることも多いです。
血の流れは身体のエネルギーの流れなので、肩や首の懲りが原因になっているケースは多いです。
血行が悪くなるとエネルギー的にも淀みます。逆も言えるかもしれません。エネルギーの流れが淀めば血行も悪くなる。
どちらが主でどちらが従か? という話で言えば私たちの体のエネルギーの方が主です。

もし背中の痛みや肩こりなど、肉体的な事に思い当たる不調があればその線の理由を疑いましょう。
りも頭痛も首から上で起きる不調なので、指先や肘、そこから肩、首へのエネルギーの流れを改善させれば良化します。
多くの人は頭痛と繋がる首の付け根の張りや違和感までは感じ取りますが実はそこに至る経緯の肘や指先が結構重要です。
身体は全部繋がっているので、歩いたりストレッチしたり、身体を動かす習慣を増やすのが改善の近道です。

人間の身体にはチャクラと呼ばれる霊的なエネルギーの中枢や中継点が無数に存在していて、身体のエネルギーの流れが滞るときは、このチャクラにおいてもエネルギーが詰まったり機能不全を起こしたりします。

頭痛に関連するスピリチュアルなエネルギーにはこのチャクラがおおよそ関わっていて、特に頭痛に関係するようなことは頭部に存在するチャクラと、肩や背中のチャクラに起因する場合が多いです。

頭痛に関係するチャクラについてはこの2つの記事が参考になるとおもいます。

もし自分自身でエネルギー的にアプローチしようと思ったのであれば、呼吸法、セルフヒーリング、瞑想がお勧めです。
祈りと瞑想 このシリーズに詳しく書きました。

PR

頭痛の原因は霊や呪い? マイナスエネルギーの関与

この種類のスピリチュアル(霊的)なことが原因の場合、いよいよ物理的な改善が難しくなります。
よく霊が近づくとりがするみたいな話がありますが、本当でしょうかね?
実は霊が近づくと必ずなる訳ではありませんが、確かにりがするときはあります。
霊が居る所だけ気圧が違うときがあるからです。湿度もですかね? きっと科学的に調べれば他にも色々と違いはあるのでしょうが。
電車や飛行機でなるような耳の詰まる感じになる時もありますし、キーーン って普通にりがするときもあります。

同じような話で、天使が近づくとりがするって話がありますが、そっちは私の体感で言うとほぼ感じた事はありません。
天使的な存在が近づいたときは、なんていうか浮遊感とか身体をエネルギーの風が通り抜けていく感じとか、瞑想やヒーリングでエネルギーが降りてきているようなあの感じがします。

頭痛、吐き気、耳鳴り、目眩、湿疹、咳

頭痛の時に、それがスピリチュアル的な観点から見た場合でも頭痛、吐き気、耳鳴り、目眩などの不快な症状と組み合わせになる場合は悪い側の理由を疑ってください。
これらの症状は呪いを受けたときや悪い霊から霊障を受けたときにも起きます。

呪いのようなケースは、呪いを向けてきている相手と和解するのが最も早い解決方法です。
ただ、理不尽に一方的に呪いを送りつけてくるような一筋縄ではいかないケースもあるとは思います。
その場合は極力関わらないという姿勢が大切です。

霊に関しては、本当に霊が関与している、そう自己判断できるときは事を荒立てないで暫くは静観しましょう。
時間が経てばいなくなる場合も多いのです。

PR

瞑想やアセンションなどで頭痛は起きるか?

スピリチュアルな分野でみかけるような頭痛の話で、「ライトワーカーの覚醒で起きる頭痛」「アセンションの兆候による頭痛」「チャクラ覚醒時の頭痛」など、霊的な目覚めや覚醒が理由で起きるような頭痛の話があります。

たとえば瞑想によって体内の7つのチャクラが開かれると、センターラインを上昇するエネルギーが第七チャクラに打ち当たり穏やかな刺激を与えます。
そういった霊的な変容を身体が刺激として感じることがあります。
私の経験から言えば、無理な修行法や呼吸法を用いていなければチャクラを開く際に受ける頭部の刺激は、ヘッドマッサージみたいに気持ちの良いものです。
頭の中に光が詰まって、どちらかといえば心地よさ、気持ちよさを感じるようなものです。

逆に、過度の意識集中や特殊な呼吸法などで無理にチャクラを刺激すると、周辺のエネルギーラインにダメージを与えてそれが頭痛を引き起こすことがあります。

頭痛と眠気

心地よい性質の刺激や痛みであれば特に問題はないとおもいます。
たまに強い眠気に襲われるときがありますが、それはおそらく瞑想や高次のエネルギーの関与で身体にヒーリングのような効果が現れているときです。
身体が自然に求める生理現象なので、ゆっくり休めるならそうしましょう。
仕事中などであれば休憩を入れるのが良いかと思います。

アセンションするためのワーク とかって、2010年ぐらいに見た事があるのですがいまでもどっかそっかにはあるのですかね?
ヨガの呼吸を改良し、変な瞑想を組み合わせたようないかがわしい有料のワークで、アセンションの兆候として頭痛やり、目眩が起きるみたいな?
いずれにしても、変なことをしなければ酷い痛みや不快感をうける事は無いので、スピリチュアル(霊的)な理由で頭痛があると感じた時には、そこに至る経緯も考えてみてください。
変なことをしなかったか?

PR

頭痛の場所、左側、右側、後頭部、前頭部、頭頂

頭部でも頭痛の症状はさまざまな場所に現れます。
おでこや額に現れる頭痛は第六チャクラや第七チャクラに関係する場合が多いです。
偏頭痛など、片側や側頭部にあらわれる場合は、右側、左側、それぞれのエネルギーの流れに起因するケースが多いです。
後頭部に起きる頭痛は身体の後ろ側のエネルギーラインに関係する場合が多く、こちらは肩や背中からのエネルギーの流れや詰まりに関係しています。
特に首の付け根がぐっと押される感じや固くなる感じは背中や肩のチャクラに関係する場合が多いです。
あたまの頭頂が痛むというのはあまりあることではないかもしれませんが、心地よい感じなら第七チャクラの覚醒と関係している可能性が高いです。
激しい痛みが伴うなら、無理なエネルギーワークや呼吸法による弊害を疑うべきでしょう。

スピリチュアル(霊的)が理由の頭痛の注意事項

繰り返しになりますが、それが耐えられないほどの苦痛だったり、不快感を感じるものであったなら、悪い理由を疑ってください。
そして、不快なら霊能者やヒーラーを頼るより先に、病院や医者をたよりましょう。

大切なのは、いかなる理由であるかを判断して、適切に対処することです。

瞑想やエネルギーワークのやり方には注意しましょう。
変なやりかた、激しいやり方をすると、頭痛を感じたり、気分をらるくしたり吐き気を感じる事もあります。

自分の身体の感じ方を信じてください。ただし自分の思い込みが紛れ込まないようにそこは客観的な気持ちで判断しましょう。

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。<strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a><strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a>「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

プロフィール
PR

PR

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。