ハイヤーセルフとは?意味と真実 – 第1話

ハイヤーセルフ

ハイヤーセルフとは何でしょう? ハイヤーセルフの意味とは?
ハイヤーセルフはスピリチュアルな分野でよく耳にする言葉の一つですが、潜在意識のように語られることもあれば、守護霊やガイドのように言われることもあります。
実際のところ、ハイヤーセルフは「高次意識」「高級自我」「内在神」「真我」「魂」など、さまざまに呼ばれる自分の中の霊的な本質や「神性」を表す言葉です。
ハイヤーセルフは特別なものではなく、いつでもあなたの内側からあなた自身に働きかけています。
それは閃きであったり、あなたの道をただすための「良心」という名の導きの声としてです。
ハイヤーセルフはある意味自分自身に他ならないのですが、ハイヤーセルフがガイドや守護霊と混同されるのには理由があります。
ハイヤーセルフの本当の意味と、ハイヤーセルフに隠された真実をお話します。


ハイヤーセルフとはどんな意味?

ハイヤーセルフとはどんな意味なのか?
higher = より高い self = 自分 「より高い自分」といった意味になります。
日本のスピリチュアルな分野では、1990年代の後半ぐらいからハイヤーセルフという言葉をチラホラ言葉を聞くようになり、同時期に日本に急速に広まったニューエイジの思想によって、2000年代に一気に広まりました。

ハイヤーセルフの「より高い自分」とは、今この記事を読むあなたの心ではなく、今の心より高いところにある自分という意味です。
ハイヤーセルフは「高次意識」「高級自我」「内在神」「真我」「魂」など、さまざまに呼ばれる自分の中の霊的な本質や「神性」を表す言葉です。

まずは下の表をご覧ください。

神  (根源)すべてを創りだした宇宙意志 魂と法則の源
魂  (超意識)神と同質につくられた私たちの本質 永遠の存在
霊  (潜在意識)高次領域で活動する私たちの霊体と意識
心  (顕在意識)現在の私たちの心

※上の表は4つの項目になっています。表の上の段ほど、上位の意識になります。

心理学などでは潜在意識とか深層意識なんて言葉で語られることの多い、私たち人間のより深い心の領域ですが、古い魔術の概念や私たちの霊的な構造に従って言えば、私たち人間には主に「心、霊、魂」の3つの意識があり、それぞれが異なる領域で活動しています。

心は、普段のあなたが見たり感じたりしている心です。そして肉体と重なり合うように存在する霊体の意識は、心理学などで潜在意識と呼ばれているものにひとしいです。
そして魂は永遠不滅の存在で、あなたがなんど輪廻転生し、生まれ変わったとしても魂には人生やこれまでの過去世の全ての記憶が存在します。

そして私たちの3つの意識は、「心、霊、魂」は神と繋がっています。

私たち人間は、肉体と心と霊と魂をひとまとめに「自己」と言えるのです。これを「本当の自分」とか「トータルセルフ」と呼びます。

今この記事を読むあなたの肉体やの心(顕在意識)を超えた霊的な領域に属するあなた自身の意識、それがそれがハイヤーセルフです。
霊や魂のレベルの意識ということです。

ハイヤーセルフはさらに高次である魂の領域、神の領域への窓口であり、橋渡しでもあります。

人間の魂は神から分離した光で、神性を持った小さな神そのものです。私たちは神に似せてつくられました。
ですが私たちは自分の魂を見ることも認識できません。霊体に関しても同じです。そして同じくハイヤーセルフも普通は目に見えませんし認識することも普通はあり得ません。

ですが…
肉体や心を超えた意識、ハイヤーセルフを認識し、ハイヤーセルフに目覚めた人たちはいます。
ハイヤーセルフに目覚めた人たちは、自分の霊を認識し、肉体を離れたり、高次世界の存在たちとコンタクトしたり、自分の魂から過去世の記憶などを呼び覚ましたりしました。

ハイヤーセルフという思想のルーツ

ハイヤーセルフという概念は、もともとは天地人という古代より存在する霊的な思想に由来します。
「高次意識」「高級自我」「内在神」「真我」「魂」と呼ばれるものと、多少のニュアンスの違いはありますが近しいものです。
天地人とは、神や魂が属する「天」と肉体や獣性が属する「地」と、それらを結び間に立つのが「人」であり、3つは1つという思想です。

  • 地とは、この地球と自然や動物の営み。
    あなたの肉体はこの地球にあるものから生まれました。
    肉体は地に属し、あなたの本能であり、ロウアーセルフです。
  • 人とは、私たち人間の心や営み
    いまこの記事を読んでいるあなたの心、天と地(魂と肉体)を結ぶあなたの心です。
    ミドルセルフです。
  • 天とは、神界や霊界など、私たちの霊や魂が属する世界。
    この領域に属する霊的なあなたの意識、それは無我であり、純粋な思考であり、純粋な愛であり、ハイヤーセルフです。

私たち人間の中でも本能や感情、欲望といったものはロウアーセルフです。
ロウアーセルフは本能的に湧き上がる強い衝動や感情に対応していて、まさに私たち人間の獣性です。
「お腹が減ったー」とか「体疲れているから動きたくないー」とか「ビタミン足りないから野菜食いたい」とかそんな要求をしてきます。私たちが聞く体の声とは、まさにロウアーセルフの声なのです。

そしていま我々が考えたり自分であると感じている部分はミドルセルフと言えます。
学校にいったり仕事をしたり、今この記事を読んでいるあなたが自分だと感じてる意識です。

そして我々が直感や閃き、あるいは良心として感じるのが高級自我であるハイヤーセルフです。
魂 = ハイヤーセルフ と定義できれば話しは簡単なのですが、ハイヤーセルフは私たちの霊体(潜在意識)から魂(超意識)までの領域ではたらく意識の呼び名です。

人間の意識領域をかんたんな図にまとめました。
図は肉体と幽体を含め4つの領域に分けていますが、ハイヤーセルフは黄色い枠で囲った霊体と魂の領域の自我です。
1の肉体がロウアーセルフで、ミドルセルフはこの図で言うと2と3の間と言った感じです。


ハイヤーセルフのメッセージ

ハイヤーセルフとは解りやすく言えばあなたの潜在意識とそれをさらに超えたところにある魂です。
あなたの潜在意識も、あなたの魂も、絶えずあなたの心にメッセージを送り続けています。
ですが、ほとんどの人間はその声に気づかず、あるいはかすかに聞こえるメッセージを聞こうとせずに欲望に駆られながら日々を過ごしています。

私たち人間の、肉体、心、霊、魂は4つの世界に対応しています。

見えない世界の4階層構造

私たち人間が生きて暮らしているのは物質界です、そして感情や想いなど、心の領域はおもに幽界(アストラル界)に属し、その高みに死後に人間が赴く霊的な世界が在り、さらなる高みに私たちの魂が存在する神の領域があります。

私たちの3次元の意識である顕在意識(ミドルセルフ)が目に見えない存在や現象などスピリチュアルなことに関心を持ち始めたり、それについて理解しようとしはじめたとき、顕在意識(ミドルセルフ)は3次元~4次元の領域へと意識を広げます。
目に見えない世界でもっともこの物質界に近い領域…
この天空の庭先で幽界(アストラル界)として説明されている領域です。幽界(アストラル界)は感情と想念の世界です。幽界(アストラル界)に関しては、物質界より高い領域には違いありませんが、人間の感情や想いといった心の領域に対応する世界であるため、憎しみとか欲望など、汚れたエネルギーや、死後に成仏出来ない霊などが彷徨っています。

つまり、本当に「高次世界」と呼べるのは幽界(アストラル界)のさらに上に存在する霊界の領域からです。

私たちの顕在委意識、つまりこれを読むあなたの心や感情や欲望を超えた先の意識を持ち始めると、霊的な領域の(5次元~6次元)の意識であるハイヤーセルフに目覚め始めます。
心や感情、欲望を超えるために、「心を清めて愛に目覚める」ことが必要です。

ハイヤーセルフとの交流

心や感情、欲望を超えた先の意識とはなんでしょう?
それは純粋な思考や、純粋な愛です。
悪意や欲望をすてさり、愛に従って生きる事が出来ると、

すでにお話した通り、私たちが感情や欲望を超えて霊的な意識を持ち、4次元以上の領域に意識を広げ、祈りや信仰、愛によって心が高まるとき、私たちの心は5次元~6次元の領域の自我であるハイヤーセルフに近づきます。

するとどうなるでしょう?

私たちの心は、潜在意識(霊体の心)~超意識(魂)までの力や情報をハイヤーセルフから受け取り始めます。

その結果なにが起きるか?

  1. 直感力が増す
  2. 気づきが増える
  3. 夢をハッキリと見る
  4. シンクロニシティーが増える
  5. サイキックや霊的な力が強まる
  6. 前世の記憶を思い出す
  7. 奇跡が起きる

ハイヤーセルフの持つ高次領域の情報をこの3次元の情報に置き換えるのは困難です。ゆえにハイヤーセルフとの交流は、おもに直感的なやりとりになります。
例えば、ハイヤーセルフに投げかけた疑問に対する答えが直感や閃きとして現れたり、偶然立ち読みした本に疑問の答えが書いてあったなど、シンクロニシティなどにも現れると思います。ハイヤーセルフとの繋がりが増すと、ハイヤーセルフからのメッセージが増えます。

そして、心を清めて愛を持って生きることで、ハイヤーセルフとの繋がりが増すと、より情報がダイレクトになります。ビジョンなどで情報を受け取ったり、愛や良心、理解や霊能力などあらゆる形を取って日頃から繋がっていられるようになります。

霊的な領域の力に目覚めると、霊能力やサイキックと呼ばれるような力も強まっていきます。
霊的力に目覚めるほどのレベルになってくると、高次の認識を得ることや、チャクラの覚醒も必要になってくるとおもいます。


ハイヤーセルフの覚醒やハイヤーセルフからのメッセージについてはこちらの記事が参考になります。


ハイヤーセルフと繋がる

ハイヤーセルフとの繋がり

あなたのハイヤーセルフはより高次の存在達への窓口になります。
5次元は思考の世界で叡智はこの先に存在します。ここにはもはや善悪のような極は存在せず、全てが理解によって調和を取り始めます。
あなたの霊体が存在するこの領域には、今世で人間として生まれてからこれまでの全ての記憶があり、3次元世界と4次元世界を俯瞰して見渡し、把握したような理解が存在します。
そして5次元の領域には大天使クラスの存在やマスターの霊が存在します。

そしてさらなる高み、天界や神界として知られる6次元以上の領域は本質の世界で、我々の魂はこの領域から下の次元を見据えます。魂は過去生の記憶や人生のプランなど自分のあらゆる情報を持っています。

そして行き着く先である神は、この世界やあらゆる人間の魂とつながっています。

私たちのハイヤーセルフは大天使達と直に会話ができる場所に存在する私たちの意識です。
私たちのハイヤーセルフは魂がもつ過去世の記憶や高次世界の情報、神とも繋がっています。

この2つのことが導き出す結論は、ハイヤーセルフは個別の何かではなく、高次のさまざまな意識をひっくるめた概念であるということです。

人間が神に至る課程において、私たちの意識がより高次へと行くにしたがって個体性を失って全体性に取り込まれていくという話を天空の庭先でなんどかしたことがあります。
つまり、ハイヤーセルフは、自分の高次の自我であると共に、それ以外に繋がりを持つ高次の存在も含めた全てなのです。
我々の意識次第でハイヤーセルフとの繋がりは無限に広がっていきます。

ハイヤーセルフの究極は、自分の高級自我であり、大天使達であり、高次の霊的存在達であり、同じ領域に意識を広げた家族や友人、仲間達であり、星々に宿る星霊であり、広がる次元であり、広がる宇宙であり、神(創造)なのです。

今この世界に生きる人間の心とハイヤーセルフには隔たりがあります。
この世界は分離の世界で、私たちはこの世界で「個」を学びながら全体性を取り戻しているからです。

もしあなたが心を清めて愛を持って生き、イエス・キリストや仏陀のように本当の自分に目覚めたなら…
ハイヤーセルフは高級自我などではなく、今のあなた自身であると言えるでしょう。


ハイヤーセルフと繋がる為には?こちらの記事が参考になります。


ハイヤーセルフとガイドと守護霊

ハイヤーセルフがなぜ、人間の人格のように扱われたり、ガイドや守護霊と混同されるのでしょう?
それには理由があります。

この地上に生きる多くの人間たちは、肉体や心の欲望に支配され、本当の自分が何者であったかを忘れてしまっています。
スピリチュアルなことに目覚め始めたとしても、心と霊と魂の間には大きな隔たりがあります。
つまり、欲望と理想がバラバラの心のように、自分の心とハイヤーセルフがまるで別の人間のようにバラバラなのです。
それがハイヤーセルフが自分と異なる人格のように感じる大きな理由の一つです。

この二元化された世界の中で、愛に一元的に生きられたなら、心とハイヤーセルフは統合されます。

ハイヤーセルフがよく混同される、守護霊、ガイドについても軽く触れておきます。

守護霊

守護霊は、良い霊や良い生き霊など、人間を守護する霊的な存在の事です。
例えば他界した身内の霊が見守っていたり、先祖が守っているような場合。さまざまです。
逆に、悪い霊がついてる場合は 生き霊憑き、悪霊憑き って事です。

守護霊とガイドは多少ニュアンスは違いますが、どちらも霊的存在を言い表す方便です。そしてどちらの場合にも言えることは、自分の段階やエネルギーに合った存在や繋がりを持つ存在が訪れるといった点です。
自分自身の変化に応じて、ガイドや守護霊も変化する事はもちろんあります。

ハイヤーセルフと守護霊が混同される一番の理由は、自身の心とハイヤーセルフの乖離によるところが大きいです。
本来は自分の高級自我であるハイヤーセルフとの隔たりが大きいため、自分とは別の霊的な存在と感じてしまうためです。

それと、ハイヤーセルフを守護霊とか、守護天使のようなものと誤解した人たちが2000年代のスピリチュアリストに多くいて、間違った内容を言い広めていたのにも理由はあるかもしれません。

ガイド

ガイドは人間を導く霊的な存在ですが、コミュニケーションが取れる霊的な存在に対して使われる事が多い言葉です。
ガイドと呼ばれるぐらいですから、ガイドするためには言葉でコミュニケーションが取れないといろいろ不便ですしね(笑)
言語で会話できる存在はほとんどの場合は幽界(アストラル界)に属する存在と言えます。

ガイドにはピンキリで段階があります。

例えばですが、悪い心を持つ人間に手を貸す悪い霊、これは悪い人間に現れた「悪いガイド」と言えます。
悪い人により悪いことをするよう導く存在です。

良い心を持った人を手助けする天使的な存在、これは良い「ガイド」と言えます。

ガイドは霊的な感受性を持っていれば誰でも出会える可能性があります。
しかし、自分の性質やエネルギーのレベルに合った存在が現れる事がほとんどなので、実際の所「ガイド」と呼ばれる存在の多くは4次元に居るというだけで、高次の存在とはとても言えないような存在ばかりです。

4次元は感情と想念の世界なので、上に帰れなかった霊や生き霊もこの次元に存在します。
つまりは天使のような高次の存在を装う低級な霊も存在するわけです。
4次元世界には偽天使がたくさん居ます。

4次元のガイドでも、より高次の存在との橋渡しをしてくれる良いガイドも勿論存在します。
そういった良いガイドと出会うためには自分自身が良い波動を持っている必要があります。

5次元以上の存在は言語で干渉することはほぼありません。
彼らが物質世界である3次元に干渉する時には、心の領域である4次元の存在やエネルギーを中継したり媒体にします。

ハイヤーセルフとワンネス

そしてハイヤーセルフはある意味、「全にして個、個にして全」です。

ハイヤーセルフの源が神にまで遡れるのであれば、神と一体になったすべてのもの、そして神に従属するすべてのものがハイヤーセルフという意識の領域に含まれていると言えるでしょう。

イエス・キリストも仏陀も、かつて神へと至った聖人聖者たちも、この世界の法則を担う大天使たちも、極端に言えば私たちのハイヤーセルフに等しいのです。

ですから、ある意味で言えば、ハイヤーセルフと呼ばれる高級自我は自分自身の意識であるとは限らないのです。

それがガイドや守護霊と混同されやすい大きな理由の一つです。


ハイヤーセルフリーディング

リーディング

さて、ハイヤーセルフリーディングなんて言葉が有ります。
これはスピリチュアルリーディングやオーラリーディングとある意味よく似ているかも知れません。

とても壮大で霊的に大きな意識領域を指し示すハイヤーセルフなので、それをリーディングするって正直言うと、何をどうリーディングしているのか?

いずれにしても、「オーラ」や「アセンション」と同様に、ハイヤーセルフ本来の意味や本質を違えた「ハイヤーセルフビジネス」にもご注意ください。


ハイヤーセルフリーディングについて詳しく知りたい人はこちらの記事が参考なります。

ハイヤーセルフまとめ

ハイヤーセルフの意味は高次領域の自分。
これは霊視する人によってはガイドや守護霊のように見えるかもしれませんがガイドや守護霊とは異なります。

直感や閃き、あるいは良心として感じるのが高級自我であるハイヤーセルフです。
ハイヤーセルフは私達の霊体(潜在意識)から魂(超意識)までの領域ではたらく意識の呼び名です。

あなたが感情や欲望を超えた先の意識、つまり「心を清めて愛に目覚める」ことができはじめると、霊的な領域の(5次元~6次元)の意識であるハイヤーセルフに目覚め始めます。

ハイヤーセルフに投げかけた疑問に対する答えが直感や閃きとして現れたり、偶然立ち読みした本に疑問の答えが書いてあったなど、シンクロなどにも現れると思います。ハイヤーセルフとの繋がりが増すと、ハイヤーセルフの導きが現れます。

そして、心を清めて愛を持って生きることで、ハイヤーセルフとの繋がりが増すと、より情報がダイレクトになります。ビジョンなどで情報を受け取ったり、愛や良心、理解や霊能力などあらゆる形を取って日頃から繋がっていられるようになります。

ハイヤーセルフの究極は、自分の高級自我であり、大天使達であり、高次の霊的存在達であり、同じ領域に意識を広げた家族や友人、仲間達であり、星々に宿る星霊であり、広がる次元であり、広がる宇宙であり、創造(神)なのです。

ハイヤーセルフの源が神にまで遡れるのであれば、神と一体になったすべてのもの、そして神に従属するすべてのものがハイヤーセルフという意識の領域に含まれていると言えるでしょう。
イエス・キリストも仏陀も、かつて神へと至った聖人聖者たちも、この世界の法則を担う大天使たちも、私たちのハイヤーセルフに等しいです。

ハイヤーセルフ特集 一覧



このページは「天空の庭先メールマガジン」の会員様限定のコンテンツを含みます。
無料メールマガジンにご登録いただけますと、パスワードをお送りします。
パスワードを入力すると、保護機能が解除され記事の続きが表示されます。

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。<strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a><strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a>「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

プロフィール



関連記事一覧

この投稿はパスワードで保護されています。
コメントを見るにはパスワードを入力してください。