スピリチュアル体験 序文

私には霊能力と呼ばれる力があり、これまでスピリチュアルな体験をたくさんしてきました。
中には説明が難しいような不思議な出来事もたくさんありました。
具体的にどのような能力や体験をもってるかというと、ヒーリング能力に目覚め、オーラが見えるようになり、救われない霊を浄化する能力を身につけ、体外離脱を体験しやがてとんでもない事件に巻き込まれていきます。私の霊的な体験はおもに21歳のときの霊的な師との出会いから始まります。
瞑想を学び、霊能力を身につけながら体験したスピリチュアルなできごとが50話以上のエピソードで書かれています。
ここでは、スピリチュアルな体験談を書くにあたり、まずは私自身がそれまでの人生をどのように歩んできたのか?どんな人間であったのかをおおまかに書いてみようと思います♪


スピリチュアルや不思議な体験もあまりない幼少期

幼少期~少年時代

僕の最古の記憶は1歳半のとき、両親につれていかれたサボテン公園です。
両親の友達夫婦が母から僕を取り上げて、可愛いなどといってほほに触れたり抱え上げたりした。そのときの僕が思ったこともよく覚えてます。
〈人が気持ちよくねてりゃーいらんことして〉

そんなこと思う1歳半が居るかは謎ですが、そんな気持ちだったのを覚えています。(笑)

母が僕のちいさころのことを話すとき、いつも印象的なのは、僕はまったくぐずったり泣いたりしなかったらしいです。
3歳ぐらいのころかな?もっとちいさいころかもしれませんが空を見上げるとものすごく高くて、僕はもうこの世界に無限ともいるときを生きてきたのではなかったのか?そんなことを感じていました。

思えば幼いころの方が、無限の何かを身近に感じていたように思います。

包まれてるようなぼやけた不思議な感覚の中で転んでも痛みとか感じたことはあまりなかった気がします。転んで痛いと思うこともよその子ほどはなく、とても守られてた感じがしていました。

僕の両親については、酒と博打に飲める込む気性の激しい父と、カトリックの修道院で育ち大人になった世間知らずの母という組み合わせです。
多額の借金があり、ちいさころからずっと貧しい暮らしをしていました。

いくつかの不思議な体験

5歳のころ、おそらく初めて僕の意志で罪を犯しました。
物欲の誘惑にかられて友達のちいさ怪獣の消しゴムを僕のポケットに入れました。そのころから包まれてる、あの守られてる感じはすっかり消え去り、世界は僕にとって厳しいものとなり、あらゆる痛みがそれまでの何倍にも感じました。このころの変化はよく覚えています。

そして6歳ぐらいの頃、近所で「悪魔の踏切」と呼ばれていた心霊スポットで白い煙のようなものと恐ろしい気配を感じます。
よく人身事故が起きる場所で大きな慰霊碑がたっていました。

少年時代、超能力とか霊感、見えない不思議なあらゆることにあこがれ、超能力の番組を見てはスプーン曲げを試して心霊番組を見ては見えない何かを見ようと目をこらしました。でも僕の身の回りにはそういった思議なことはとくに起きませんでした。


スピリチュアルや不思議なことが大好きな母に育てられ

母は不思議なこと大好きな人でした。小学校低学年のころ、の担任の先生に「お母さんの趣味は何?」と聞かれたとき、迷わずに「アトランティス」と答えました(笑)

宇宙考古学とか超常現象とか、そんなのが大好きな母が、ある日ピラミッドエネルギーにこり始めてダンボールでピラミッド作ったなんてことがありました。不思議とそのダンボールに入れた物は腐敗しなくなったし痛い所をピラミッドの先端にもっていくと痛みが和らぎました。

僕はピラミッドの先端におでこを当てたりしてました。
毎日毎日、頭良くなるような気がしたから〈笑〉

でもある日を境にそのダンボールのピラミッドが怖くて近づけないばかりか見ることもできなくなりました。その理由は僕が21歳になったときに出会った方に教えられることになります。

神話や魔術など不思議なことが好きだった中学時代

中学の頃、海外のテーブルゲームのRPGに熱中した時期がありました。
それはサイコロとシートを使って行うファンタジーのゲームなのですが、そのゲームで初めて、海外では魔法(魔術)というものがまるで学問のように扱われていたり、その知識も一般に広まっているのだと知りました。
そのゲームをキッカケに、魔術や神話を、ファンタジーとしてだけではなく、歴史や学問のような現実として考えたり調べるようになりました。
僕はこの当時、世界中の神話をひとつの歴史のようにまとめて、年表を作るという変な研究をしていました。

気功に興味を持ちエネルギーを感じた

中学のころ、気功に興味を持った時期があって両手で気を練ったり瞑想して丹田に気を貯めたり?
専門書見て興味本位で首つっこんだ時期がありました。
僕には当たり前に感じた気の反発力とか熱感、伝わる人と伝わらない人とハッキリ分かれることにすごく驚きました。
気功に関しては、目に見えないエネルギーを自分自身で体験する事で、目に見えないさまざまなものが存在する確率を改めて考えさせられるものでした。


心霊体験

高校時代に取り壊し中の市立病院に夜忍び込んだことがありました。病院が完全になくなってしまう前に記念写真をみんなで撮ろう!っといった趣旨のものだったのですが、時期が夏だったこともありちょっとした肝試しの感じでもありました。

以前兄がテレビで見たらし、写真を撮る前に早九字を切ると写真に霊が写るというのをついつい試し、みんなで霊安室の前で記念写真!
後日プリントされて来た写真には言い逃れできないほどハッキリと骸骨の上半身が写ってました。きっとこれがそれまでの僕の人生で身の回りに起こったもっとも印象深い心霊的なできごとだったに違いないと思います。

不思議なことは大好きだけど神は信じない

ここまで見る限りでは凄く特別と思るような体験は得に無いようにも思います。天使と出会ったわけでもなく、お告げを聞いたわけでもありあせん。
でも僕は僕自身の体験から、目に見えないエネルギーや霊の存在は信じていました。しかし神という存在に対しては否定していました。

人格だかエネルギーだかあやふやで、あるのか無いのかも分からない神という存在は、僕にとってはあまりにも非合理的に思ていましたし、何よりこの世界には不公平なことが多すぎたからです。

21歳のある日、ある人との出会いを境に、僕はそれまでの価値観が変わってしまうような衝撃と、僕の人生を大きく変えてしまうような体験をしました。
それが経験が、僕の人生を霊的に、そして霊的な事や神を探究する道に進ませました。

今に繋がる過去

2021年追記

21歳で霊的な師に出会うまでは、スピリチュアルな体験も不思議な出来事もあまり多くはない、わりと普通の人生でしたが、それでも今こうして過去を振り返るとたくさんのタネを感じます。

小さな頃の私には、「今の私」になるために必要な好奇心がすべて備わっていたように思います。
スピリチュアル好きな母、大好きなゲームを通して誘われた魔術的な分野、神への疑問。それらは霊的な師との出会いをキッカケにおおきく形をかえていくことになります。

いっしょに読みたい関連記事

スピリチュアル体験談 次のエピソード

霊能力のもつキッカケやその後の人生を大きく変えた霊的な師との出会いのエピソードです。

関連記事

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。<strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a><strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a>「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

プロフィール



関連記事一覧

  1. pieta

    まさにこれから体験談を拝読させていただきます。
    楽しみです。
    ありがとうございます。

  2. pieta

    ウリエルさんが中学時代に研究していた、世界の神話の年表は完成したのでしょうか?
    これは一般の人が地球史を理解する上でとってすごく大きなヒントだと思うのですが、公開はしていないのでしょうか?