おはようさまです♪

今日は思考エネルギーについてです♪

○ 思考 感情 思い

想念を形成するのは私たちの意識のエネルギーです。
ここではその意識エネルギーの中でも、私たちの日常にもっとも大きく関わる

思考 感情 思い

意識エネルギーについて説明します。

・思考のエネルギーとは

私たちのより純粋な思考によって生み出されるエネルギーです。
これは説明するのは難しいですが、分かりやすい例をあげると、祈りのような善悪を超えたエネルギーや、善悪の概念の外で、理性や知性によって生み出されたエネルギー、高次エネルギーがこの「思考エネルギー」に該当します。
私の認識でいうところの5次元意識のエネルギーです。

・感情のエネルギーとは

私たちのより人間的な部分、感情や衝動、二元性の中で生み出されるエネルギーです。
思考エネルギーと最も大きな違いは、このエネルギーは欲望や願望と言ったより人間的な性質に属するものだという事です。
私の認識でいうところの4次元の意識エネルギーです。

・思いのエネルギーとは

感情のようにわき上がる物ではなく、日々積み重ねられる思いのエネルギーです。
思考エネルギーと感情エネルギーを結ぶ性質をもち、このエネルギーがやがて想念を形成していきます。
意識エネルギーの中では重く、より物質に近い3次元の意識エネルギーです。

意識エネルギーによって形成される想念には大きく分けて2つの性質のものががあります。

・思考優位の想念

思考優位の想念はより上位の5次元エネルギーを多く含むため、理性的で揺れが小さく安定しています。
これは物質化されたときに、硬い理想や信念というような形で、その物質の礎となりますし、そうして創られた物質は美と整合性を兼ね備え、強固です。
ちなみに、祈りによって生み出される、あらゆる大天使的なエネルギーはこのメンタルエネルギーやそれより上位のエネルギーで形成されています。

・感情優位の想念

こちらは欲望や願望が主導権をもっている想念で、アストラルエネルギーを多く含むため安定せず、粘土のようにつねにグニャグニャとしています。
それでも物質化するにつれそれは固まってくるのですが、整合性のとれた美しい形にまとまる事はあまり無いです。
ちなみに生き霊はほぼすべてこの感情優位の想念の形成するエネルギー体と言え、4次元(幽界・アストラル界)に属します。

ここでは最も大きな2種類の想念について説明していますが、さらに細分化していく事も出来ます

これらを社会人としての仕事に当てはめた場合、面白いこと分かりますよ♪

感情や願望でつくられた企画は、コンセプトが安定せず、人の意見でグニャグニャと形を変えます。
やがて生み出されてもなんだか抜けがあったり完成度の低い企画や商品になる事が多いです。

これが思考、つまり理想や信念によってつくられた企画なら、そこが揺らぐことは無く、目的をハッキリ持った整合性のとれた構造を持っている場合が多いです。
やがて生み出された時、明らかに完成度に違いがあると思います。

恋愛関係も同じですね(笑) 感情や願望が主体だとグニャグニャゴタゴタ(笑)
愛や理性を土台としていたらその家庭は強固です。

まあ相手がある事なので難しいでしょうが。。。(笑)

これらの事から、私たち人間が、感情や利己心などの願望で想念を使うことより、愛や理性によって想念を使い、物事を動かしていく事が大切である事がお分かり頂けると思います。

■心を清めて愛を持って生きる事を一緒に広めてくれる人はポチをお願いします♪
Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif にほんブログ村
ひかり 精神世界ランキング

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で