キリストの臨在

こんにちわ♪
目をつぶって祈ると、3回祈り終えるよりさきに意識が深く沈みます。
眠っているとも起きているともつかないその状態は、良い夢を見ているような心地よさと、それとは相反する意識の明晰さをもっています。
夜寝る前の瞑想の時などは、私はハッキリ意識を持っていて、自分の寝息を聞いているような事も良くあります。 そんな時身体は意識を置き去りに先に眠ってしまいます。
私の霊的な体験や私の受ける啓示は多くの場合、瞑想、祈り、睡眠中などに起こります。

PR

 

キリストの臨在

キリストの臨在を感じるとき、多くの場合まばゆく白金に輝くシルエットを視ます。
その日私はキリストに尋ねようとしました。
私「どうしたらよいですか?」
キリスト「あなたが人に教えているように生きなさい」
深く沈んだ意識が浮上する時、私は体験した記憶が失われないように集中します。
でなければこの素晴らしい体験も、夢のように忘れ去られてしまうからです。
この日は確かに感じました。
キリストの声は私の胸の中から聞こえたのです。
それも私が質問するよりも早く。
キリストは聖書で言っています。「私を信じる者の内に私は在る」
私達の内には「神性」と、それが導き出す「答え」が在るのです。
いつもありがとうございます。

 

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

597,898 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. ぴぴ

    ウリエルさん、メルマガとblogをありがとうございます(*^^*)

  2. RR

    ありがとうございます

  3. ☆ウリエル☆

    ぴぴさんこんにちわ♪
    こちらこそありがとうございます♪

  4. ☆ウリエル☆

    RRさんこんにちわ♪
    健康と幸福がありますように。

  5. かな

    瞑想…何故か最近すごく必要にかられています。
    ずっとニガテ意識があった瞑想。
    でも今、自分に瞑想がとても必要だという思いが、ずっとくっついてきています。
    自我が逃げようとしても、追いかけてきます。
    正直とまどっていますが、これも必然なのでしょうか。
    田舎なので瞑想教室とかもないし予算もないので
    瞑想がニガテな人向きの瞑想 とかがあれば伺いたいですm(__)m
    ウリエルさんのサイトも瞑想記事中心にもう一度拝見してみようと思います。

  6. ☆ウリエル☆

    かなさんこんにちわ♪
    瞑想というのは方法ではなく状態です♪
    私がかなさんにオススメするなら、目をつむってかなさんが1番リラックスできる自然の景観をイメージしながら四対四の呼吸をするようなやりかたかなと思います。
    なれないうちは昼間にレースのカーテンごしに光や風が入ってくるいうなところでするのも良いかと思います。
    深いリラックスの先が瞑想状態と思って気楽にリラックスしてください♪
    いつもありがとうございます♪

  7. かな

    ウリエルさん
    瞑想についてありがとうございます。
    イメージ法や呼吸法や昼間というのも、今の私に合っていると感じます。
    定期的に続けられるよう少しがんばってみようと思います。
    ありがとうございますm(__)m

  8. ☆ウリエル☆

    かなさんこんにちわ♪
    確かに瞑想には色々な方法がありますが、大切なのは自分が瞑想状態になりやすい方法で行う事です。
    怖がらずとも、かなさんは今、ちゃんと上と繋がっているから大丈夫ですよ♪
    自然と心地よくなれる方法でリラックスです♪

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談