霊的体験談 序文

私自身がいかにして今の知識や霊能力を手に入れてきたか? 体験談を書くにあたりまずは私自身が二十歳ぐらいまでどのような人生を歩んできたのかをおおまかに書…
コメントなし

霊的体験談 第1話 出会い

人生を変える出会いがありました。 それは僕が21歳のころ、仕事で長野の軽井沢に住み込んでいたころのことです。ちょっとしたショッピングモールみたいなとこ…
3 comments

霊的体験談 第2話 エネルギー治療

トヨタさんより瞑想のやり方を教わってから3ヶ月ほど過ぎたころの出来事です。 当時東京に一人暮らしだった僕の部屋には彼女が押しかけで住み着いていました。…
コメントなし

霊的体験談 第3話 霊の感じ始め

■それは霊の存在をハッキリ感じはじめたときのこと 瞑想歴も半年にさしかかったころ、自分の体調にはある意味万全にちかいものを感じながら日々を生活してまし…
2 comments

霊的体験談 第4話 瞑想による心身の変化

瞑想によって心身が変化しました。 瞑想を初めて一年、体が丈夫か?と聞かれれば普通だと答える感じだが、健康か? と聞かれたらとてもすばらしく健康です♪ …
コメントなし

霊的体験談 第5話 癌を癒やす

僕の霊体験の中では最初の大きな出来事でした。 とはいってもこの体験談は母がメインなので僕は対してなんもしてないですけど(笑) 主な登場人物紹介 ○22…
コメントなし

霊的体験談 第6話 念を送られたネコ

まずは本当にごめんなさい! その時は何も深く考えてなかったんです >< 動物愛護家やネコ好きな人には先にお詫びしておきます。 本当に悪気はなかったんで…
コメントなし

霊的体験談 第7話 テレパシー実験

ひょんな思いつきでテレパシー実験をしました。 実家に暮らしてた頃、日曜日かな? ちょうど自分はエドガーケイシー関連の本を見てテレパシーに関する知識を仕…
コメントなし

霊的体験談 第8話 体外離脱

霊体が身体を抜け出しました・・・ 霊能力が身に付き色んな知識を集めてさらなる能力の開発にぼっとうしていた時期。瞑想歴も3年になるころのことです。 いつ…
コメントなし

霊的体験談 第9話 身内に取り憑いた霊

この世に取り残された霊は思ったより沢山居ます。 東京に住む祖母(母の母)と兄が静岡の家に遊びに来たときのことです。 祖母は昔からとても沢山の故障を体に…
コメントなし

霊的体験談 第10話 癌の治療依頼

癌の治療依頼を受けました。 父が癌の手術を終え退院したのち1件の居酒屋を出しました。 父が昔料理人だったこともあり、年老いたら店をも持ちたかったらしい…
コメントなし

霊的体験談 第11話 霊の感じ始め(2)

霊に憑かれた人がわかる 外で偶然何度か遭遇した霊であったり身内に憑いてた霊だったり、目に見えなくても霊というものの気配、エネルギーの性質、感覚、そうい…
コメントなし

霊的体験談 第12話 ヨハネからの手紙

夢にヨハネから手紙が来ました 瞑想によって様々な夢や、ビジョンを見るようになってた時期。 特に聖書のキリストの言葉を熱心に読んで自分なりに解釈を与えた…
コメントなし

霊的体験談 第13話 魂のルーツ

前世をさかのぼると何がある? 人の魂が生まれ変わるのなら、当然のこと、前世が存在します。 前世、前前世、そうやって自分の過去の人生をさかのぼって行くこ…
コメントなし

霊的体験談 第14話 ピラミッドエネルギー

それが小さくとも確かに感じられます。ピラミッドパワー。 僕が小学校低学年のころ、母がピラミッドパワーに関心を持ち始めました。 今と違ってそのころはピラ…
コメントなし

霊的体験談 第15話 入れ替え

入れ替えはトヨタさんと出会った2週間の間に一度だけやって見せてもらいました。 このときは、自分とトヨタさんの中身?をとっかえられたのでやり方からそのと…
コメントなし

霊的体験談 第16話 男日照りの霊

霊のせいで彼氏が出来ない女友達のM子 僕が出会った霊の話ですが怖いというよりは笑い話?(笑) でもある意味女性側のからしたら笑い事でない、かなり怖い話…
コメントなし
たくさんの金色の光の球の画像

霊的体験談 第17話 金色の光の玉 高次の霊

金色の光の玉が来た これは母の身に起こったちょっと特別な出来事です。 金色の玉との不思議な体験 ある日母が睡眠中に不思議な体験をします。 金色に光り輝…
コメントなし

霊的体験談 第18話 遠隔ヒーリング

エネルギーは距離を超えていきます。 母と僕で兄と祖母についてた霊のことを話してたことがありました。 あの一件から兄は不整脈がおさまったので体はだいぶ良…
コメントなし

霊的体験談 第19話 身近な霊能者たち

僕が人生を生きてきた間には沢山の霊能力者との出会いが有りました。 これまで出会った霊能力者たちを紹介したいと思います。 心の師 トヨタさん 師弟関係と…
4 comments

霊的体験談 第20話 レギオン

集団の霊 瞑想歴4年目ぐらいのころ。兄と祖母が住んでる東京の都営住宅が改築されることになり、別の都営住宅に引っ越すことになりました。 引っ越し先の都営…
コメントなし

霊的体験談 第21話 父の死(1)

僕の父の死に関しては様々な様ざまな霊的な事柄が幾つも重なった出来事でした。 とても貴重な経験だったので細かく書いてみたいと思います。 癌の手術から3年…
コメントなし

霊的体験談 第22話 父の死(2)

この時期父の周りにはだいぶ悪い人間たちのとりまきが居ました。 店を始めてからの知人たちです。 父には癌になる前から保険がかかっていて、父が死んだら母に…
コメントなし

霊的体験談 第23話 父の死(3)

父の葬式の時、僕は涙一つこぼれませんでした。 そんな自分にたいして、僕ってどんな人間なんだろう?と思ったものです。 一つの時期が終わった、そのように感…
コメントなし

霊的体験談 第24話 父の死(4)

父に生き霊を取り憑かせていた女性 Sさん Sさんは父と同い年、つまりは初老の女性でもともとは父母が居酒屋の物件を借りた不動産屋さんで働いてた人です。 …
コメントなし

霊的体験談 第25話 悪魔との対峙

世の中には悪い人間も沢山居ます。 母のなんたる人の良いことか。 Sさんがキャッシュカードで勝手に引き出してお金を使った件を許してしまいました。 このと…
コメントなし

霊的体験談 第26話 父とその後

人は死んでも魂は不滅 父が死んで最初のお盆の時です。 その時期母は父とやってた居酒屋を一人で切り盛りしていました。 母は酒の飲み方が上手な方ではありま…
コメントなし

霊的体験談 第27話 オーラの無いとき

人は死ぬときオーラは陰る ある日母の知人から母にひとつの依頼が来ました、癌治療です。 僕や母にしてみるとこれが数人目の癌患者でした。 母の知人の妹さん…
コメントなし

霊的体験談 第28話 曾ばあちゃんに呼ばれ

ある日僕を呼ぶ曾ばあちゃんの夢を見ました。 父が死んでから僕は、フリーでイラストレーターをやりつつ、たまに母がやってる居酒屋の手伝いをしてました。 余…
コメントなし

霊的体験談 第29話 電話を通った霊

霊が電話を通過する? ある日東京の兄から体の不調を訴える悲鳴にも似た電話がかかってきます。 その電話を受け取ったのは母ですが自分はすぐそばに偶然居合わ…
コメントなし

霊的体験談 第30話 与えられた強い力

僕の霊的な力についてです 瞑想を初めた時期が同じだったこともあり、性質は違えど、母と僕はほぼ同等の力をもっていました。でも耐久力のようなものが母の方が…
コメントなし

霊的体験談 第31話 インターネットと波動

インターネットい流れる謎のエネルギー 父が死んで半年後ぐらいにして僕は初めてパソコンを購入しまし、インターネットを繋ぎます。当時はアナログ回線が標準で…
コメントなし

霊的体験談 第32話 魔境

霊的な迷いや苦しみの段階 瞑想を長く続け、僕はとても苦しく身を危うくする時期がありました。 以前、瞑想に関する本を読んだときに、このような苦しみや混乱…
コメントなし

霊的体験談 第33話 霊的存在の干渉

父の死後より頻繁に僕に干渉してくるこの世の者でない存在を感じました。 中には変わった面白い存在もしました。 宇宙中の図形を集めてる宇宙人の霊とか来まし…
コメントなし

霊的体験談 第34話 霊道

霊の通り道 霊の「ここだここだ」発言で僕には一つの気づきがおきます。 僕の居るこの家に霊が集まって来るのには訳があるのは良いとして、なんでこんなに大量…
コメントなし

霊的体験談 第35話 心霊スポット

地殻に心霊スポットがありました。 悪魔の踏切 5歳~23歳までおもに住んでた実家のすぐ側にありました。 地元の人は知らない人は居ない 「悪魔の踏切」一…
コメントなし

霊的体験談 第36話 友人の呪い

ある日友人に呪われていた事に気づいた 高校時代、共に絵でしのぎを削った友人が居た。 そいつは長い休みになると僕の家に泊まりに来ては何日も一緒に絵を描い…
コメントなし

霊的体験談 第37話 レギオン(2)

まだ居た複合霊 兄と祖母の新居に居た複合霊のお話の続きです。 これは僕ではなく兄の体験談みたいなものです。 兄は僕が帰った後もこの新居でたびたび霊を見…
コメントなし

霊的体験談 第38話 魔術

魔術はファンタジーではない 霊道の一件以来、魔術の本を読みあさっては霊や僕の体、身の回りのエネルギーの流れにかかわる変化を調べていました。 人は能力の…
コメントなし

霊的体験談 第39話 心の師を回想

僕が今の僕になった理由 思い出の数々 21歳のころ、トヨタさんに出会ってからなんどもその時のことを思い出しました。 トヨタさんと一緒に居た期間は2週間…
コメントなし

霊的体験談 第40話 千年の不浄霊

何千年も浄化されなかった霊もいる 「魔境」のころのある時期、毎日寝覚めが悪く、明らかにひどい時期がありました。 まあいつもより数が多く来ているのだろう…
コメントなし

霊的体験談 第41話 ベリアルの子

ベリアルの子再び これも「魔境」の時期にあった出来事のひとつです。 母の友人が癌の手術をしました。 そのとき59歳の時でしたが、医者にもう長くはないと…
コメントなし

霊的体験談 第42話 降り注ぐ光

祈りは時間と空間を超える。 ある日のちょっと厄介な強さを持った悪霊が来ました。 霊も様々でこぶし大程度の者から、熊より大きいものまで様々でしたがこのと…
コメントなし

霊的体験談 第43話 霊能力彼女

霊能力を持つ彼女 1999年の1月から半年間付き合った恋人が居ました。 僕と同じく芸術方面に生きてたHさんという方です。 彼女は海王星の影響下に生まれ…
コメントなし

霊的体験談 第44話 ひとつの文章

たった一人のための文章 「魔境」の頃、僕のささやかな楽しみはパソコンでした。 このフリーでデザインやイラストの仕事をしていた僕は、浄霊に追われ肉体や霊…
コメントなし

霊的体験談 第45話 ベリアルの子(2)

「魔境」のころ、母や僕を呪っていたM男さんの妻、K子さんのことです。 その後母も僕も、これといった対策もないままで、断続的に送られてくる呪いの念を消し…
コメントなし

霊的体験談 第46話 決死の浄霊

死さえ覚悟した時期。 「魔境」の中の「魔境」とでも言いましょうか。 そんな時期がありました。1999年の6月からです。 浄霊しても1分後には他の霊に憑…
コメントなし
金色の渦巻きの画像

霊的体験談 第47話 金色の渦巻き

金色の渦巻き 想像を超えた出来事が世の中にはある 「魔境」のころ、母が霊を視る事が出来る人と出会いました。 母がよく行く若い美人ママさんが経営する、小…
コメントなし

霊的体験談 第48話 キリストの再臨

「私を信じる者の内に私は在る」 ある朝夢を見ました。 カーニバルというかパレードというか、漆黒の暗闇をかいくぐった先に喜びの朝が訪れるようなそんな夢で…
コメントなし

霊的体験談 第49話 新しい時代

古い時代が終わり、新しい時代へ 魔境も終えてその年を越した瞑想8年目。 2000年を迎えました。 雑多な霊はまだまだ身近に来ることがありましたが、霊の…
コメントなし