意識の消失 – 体験ヒーリング感想 かきたまさん

意識の消失

かきたまさんからの感想メール

先日はヒーリングありがとうございました。
以下感想です。
まず30分の間まったく記憶がありませんでした。

どちらかというと、いろいろ見えたり感じたりする方なのでちょっと意外でした。
寝ていた…という感じでもなくて…。いきなり落ちる感じ?なんかうまくいえませんが。
はっと気づいたら一時間ほどたっていてびっくり^^;でした。
今いろいろ身体に症状が出ているので、覚悟はしてたのですが、
翌日指に少し出たのと、体のかゆみは特にひどくなるわけでもなく平行線のままだったので少しほっとしました。


 

 

一番の変化は…。ここ2.3年ずっと自分の本音・魂の願いを知りたいとずっと問いかけていたのですが、それがはっきりとわかったことです。
ほんとーにシンプルな答えだったのですが。
ヒーリング2.3日後、たまたま買った文庫本を読んでてある描写のところでいきなり感情がスバ?クしました。涙が止まらなくなって。
今は意外に気分の高揚とかはなく、思い出した、そうだったんだねって感じです。でもその時はほんとに驚きました。

いろいろとありがとうございました。
またこれを機に、肉体と心のメンテにさらに精進していきたいと思います。

ウリエルさんに雪崩のごとくすばらしきことが起こりますように☆☆☆


意識の消失と深い瞑想状態

☆ウリエル☆からのメッセージ

丁寧な感想ありがとうございました♪
かきたまさんに心から感謝します。

>はっと気づいたら一時間ほどたっていてびっくり^^;でした。

深い冥想に入って、そのまま意識と時間が消失してしまったのですね(笑)
私も普段の冥想だとよくなりますよ♪

今回のヒーリングでも意識の喪失を体験した人は多かったですが、こんなに長いのはかきたまさんだけだったと思います♪

記憶はなくてもエネルギーの影響はあるので大丈夫です♪
ヒーリングエネルギーを受け取る一つの理想的な状態でもあるとも思います。

>今いろいろ身体に症状が出ているので、覚悟はしてたのですが、

身体のダメージは色々と感じたものがあったので、好転反応が強く出るのではないかと心配していました。

ヒーリングとの関連はわかりませんが、ご自身が探し求めていた答えが見つかったのあれば何よりです♪

仕事も大変かと思いますが、日々の疲労より心身の浄化が上回れば改善されていくことも多いと思います♪

機会をいただきありがとうございました♪
本当にいつもありがとうございます♪

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。 <strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a> <strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a> 「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪ 「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。  

プロフィール



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。