魔境とは瞑想のひとつの段階 – スピリチュアル体験 第32話

「魔境」瞑想を通じて幻覚や霊的な体験をする段階の事です。
瞑想を長く続け、僕はとても苦しく身を危うくする時期がありました。
以前、瞑想に関する本を読んだときに、このような苦しみや混乱に満ちた1つの段階として「魔境」という言葉があるのを知りました。
魔境とは、瞑想を通じて幻覚や霊的な体験をする段階のことですが、それが現実に発露したとき、人はさまざまな経験をします。

PR

瞑想を続けると訪れる魔境

輪廻をくりかえす人の魂には年齢があります。
ですから、だれもが瞑想や霊的な生き方を通じてこのような体験をする訳ではありませんが多くの人がなんらかの形で「魔境」を経験します。
僕が体験をした1998年から1999年の終わりにかけて、目に見えない世界では大きなさまざまな変化がありました。そして多くの霊が明るみに出た時期でした。
たまたまそんな時期がかさなっただけかもしませんが、僕にとっての「魔境」とは、まさにこの時期をおいてほかには無いと思いますので書くことにしました。
これから瞑想を通じ自己と神を知ろうとしてる人たちはだれもが同じとは思いませんが、それをもとめることで訪れる、痛みや苦しみも中にはあることも肝に銘じてください。

魔境

瞑想歴6年、丁度1999年、瞑想のさまざまな成果が現れ、中でも霊にかかわることは僕の予想をはるかに超えた状態で身に降りかかった。
毎日毎日どこから来るのか?
神に至るまでの道で、瞑想を行う者の1つの段階として、悪魔の責め苦や誘惑と戦う段階があります。多くの聖人たちが、さまざまな形でこの段階を経験しています。
キリストは荒れ野で40日断食をし、悪魔の誘惑にあいました。
そのころの僕は、瞑想のときに太陽のようにまぶしい光りを見ました。
その光りに照らされ明るみに出た存在たちも同じように見ました。
光りに照らされて明るみに姿を現したその存在たちは、この世の人たちではないことに気がつきました。
目をつむればいつも視線を感じました。
ときとしてそれは、それも何十人という数に及びました。
祈れば消えていくその視線と存在たち、またしばらくすればまた新たな存在たちに取り囲まれる。
毎日毎日霊にかかわる日々、外に出れば何かに寄りつかれ、寝ていれば何かに寄りつかれ。

瞑想によって手に入れた健康、高まった霊性によって見えていた美しい光りやビジョン。
それらはまったく表から姿を消しました。

魔境によって訪れる闇

睡眠時に見る夢と言えば戦う夢、追われる夢、汚いものをなすりつけられる夢、部屋に害虫があふれ出す夢。霊にかかわるほどに環境のエネルギーは汚れ、僕のエネルギーも汚れ、体は毎日疲れ果てたような状態でした。
私に寄りつく存在は、ひどいときは朝から晩まで、1日に100を超える日はざらでした。

1999年だからなのか?
これも1つの段階なのか?
僕のやり方が、生き方が間違っているのか?
父が死んだとき霊に敵意をもったことがいけなかったのか?
母に入り込んだ高次の霊の仕業か?

理由は分からないままに毎日毎日たくさんの霊にまとわりつかれました。
そして毎日毎日、祈りと瞑想によって霊たちを浄化し続けました。
この状態は、1年もの長きにわたり続きました。
父の死後からはじまり、徐々に増していったのです。

魔境は具現化・実現する|2009年 3月 追記

禅などで言われる「魔境」は、瞑想時に見える幻覚や、霊的な体験を指し示す言葉ですが、実際のところ「魔境」は瞑想を通して人生に発現します。

これは思いは実現するというこの宇宙の法則や私たちの本質がもつ力によってです。
魔境が人生に発現したときにはもはや幻覚ではありません。それは現実です。

魔境による現実とはつまり、ある種の精神病、誇大妄想、霊媒体質、前世の記憶、天使や女神などの想像に取り憑かれている人も、「魔境」が発現した現実の中にあると言えます。

瞑想をはじめると、霊的な力が強くなります。
人によって差はありますが、エネルギーが強まると、良いことも悪いことも力強く具現化させるようになります。
悪いものを引き寄せたり具現化しないように、瞑想に取り組む人は、日ごろから心を清めて愛をもって生きるように、そして瞑想時のまやかしや幻影に捕らわれないようにしましょう。

これは過去の聖人、聖者たちが共通で教えてきたことでもあります。

 

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

1,665,409 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. luna

    ウリエルさん、こんばんは。
    なんだか 改めてこの記事を読んだら怖くなってしまいました。 瞑想、、私は今 子育てに追われて 瞑想という瞑想はできてないというか、寝る前に 布団の中で 瞑想しながら寝るような 感じでしかしていません。
    「魔境」は 三年前くらいの あの時のだなって
    ずっと 終わったものだと思っていましたが、
    もしかすると、今も 魔境なのかな?って心配になりました。
    現実は いたって普通です。でも、夢でよく、戦っていたり、 洪水にあったり 家に害虫 クモなどがいて退治したり 巨大なクマやワニ などが現れて逃げたり 最近では 除霊の夢もみたり、、

    過去世の記憶の一部や 霊界での出来事の現れかと思ってたんですが これら ウリエルさんの言う 「魔境」と同じですね。。
    美しい明晰夢もみます。 夢で前世のようなものも見るけど もしかすると、全ては魔境であったのか、、? だとすると 私が思っていた以上に 魔境は長く、魔境が終わったと思った時期から今日まで 丸々と幻想だったかもしれない、
    そう思うと ちょっと(。-_-。)もう 何を信じたらいいのか、、 魔境かどうか確かめることもできないし、、終わるまで 、最中は気づかないものなのかなと_| ̄|○ しばらく自分を疑いながら 観察します。。

    • ☆ウリエル☆☆ウリエル☆

      lunaさんこんにちわ♪
      どうしても仕事や家庭が忙しいと、瞑想が一日の中に細切れになったり寝禅になりますね。
      夢の中で戦うのは。文字通り問題との戦いですし、洪水は大きな変化の波です。
      浄霊の夢はたいていの場合はアストラル界で実際に起きたコトが夢に現れているケースも多いです。

      白か黒かではなく、魔境のあいだにも正しい霊的な事象も起きますし、魔境を抜けたとしても、再び短期的に落ちるようなコトもありますから、良い事も大変なコトもきっと両方続きます。瞑想を続けていく限り、完全に心が浄化されるまでは。
      お互い頑張りましょう♪

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談