夢で会う人たちと夢の中の場所、スピリチュアルな領域

夢の中の場所

スピリチュアル的に言うのであれば明晰夢の中で出会っている人たちの多くの場合実際に出会っているのとあまり変わりがありません。
そして明晰夢の中に出てくる場所はこの地上になくとも、高次世界には実際に存在する場所もあります。
つまり私たちが夢と認識している世界の中で、実際に誰かと会ったり話をしたり、そして一緒に過ごすことができる場所があるのです。
人間の想念かあらゆるものを創り出す幽界(アストラル界)においては天国や地獄など、人間が想像することができるあらゆるモノや世界が存在します。
つまり霊的な世界においてはこの地球に存在するあらゆるコミュニティが同じように存在しているのです。


夢で会う人、夢の中の場所

夢をよく見る人、あまり見ない人、白黒でぼやっとした夢を見る人、現実世界以上にリアルな映像で夢を見る人、夢の見方も人それぞれです。
白黒で見るような夢は、わりと頭の中で創られた映像で、情報源が混在し、その意味合いも象徴的です。

明晰夢のような高精細な映像で見る夢は、情報源はおもに高次世界からで、その意味合いもダイレクトで、自分自身の霊的な体験や記憶を夢に見ていることが多いです。

明晰夢でみたようなことを、現実世界で体験したこと無いよ!
って思った方もいるかもしれませんが、睡眠中私たちの肉体や脳は休息をとっていますが、私たちの肉体と重なり会うように存在する霊体は休息を取ってる時もありますが、肉体から抜け出して独自に活動してる場合はあります。簡単に言うと私たちは睡眠時に臨死体験や体外離脱をしていて、その活動の一部を夢として見ているのです。

現実世界で生きている時と同様に、霊的な世界でも、どこかの場所に出かけたり、誰かと会って話をしたり、さまざまな目的で移動したり何かをしています。

私たちが寝てる間に見る夢は、睡眠中に実際に起きている霊的な体験やその記憶を見ています。
それはリアルタイムに起きている霊的な体験を夢として見ている場合もありますし、記憶を思い出すかのようにすでに起きたことを夢としてみている場合もあります。

つまり、夢の中で出会う人は実際に存在する人である場合も多く、夢の中で赴く場所は、この世界や霊的な世界に実際に存在している場合も多いのです。
「場合の多い」という言い方になってしまうのは、夢には多くのノイズが入るため必ずと断言できるものではないからです。


夢の中の世界と、天空の庭先

最近天空の庭先に頂いたコメントを紹介します。

突然すみませんが、天空の庭先って本当にありますか?
ヘンテコな事言ってたらすみません。
なんと言えばいいのかわかりませんが、夢の中で見るような場所に。レンガ壁のあるカフェテラスの様な。常連さんが居たりして。予知夢など不思議な夢を見るのですが、ウリエルさんに会った気がして….でもサイトを見た後寝て、私の変な妄想だったら恥ずかしくて聞けなかったんです。今も投稿しようか迷ってる程恥ずかしいですが、思い切って聞いてみました。笑
HN まなみ

このコメントを見たとき、率直な気持ちとしてですが「あ、すごいな」って思いました。

結論から言うと、天空の庭先は夢の中で見るような場所に存在します。
私自身の想念や天空の庭先を訪れる人たちのイメージ、そういったエネルギーの蓄積によって幽界(アストラル界)に具現化している「天空の庭先」があります。

じつのところ天空の庭先に限らず、皆さんが日々行き来しているような場所、たとえば学校や職場、テーマパークや遊園地などもですが、 幽界(アストラル界)には現実世界とほぼ等しいような場所が存在します。

ただし、実際に存在するテーマパークと天空の庭先との大きな違いは、現実世界に実際に存在する場所と、現実世界には実際には存在しない場所という違いがあります。


幽界(アストラル界)の事象が夢の記憶に現れる

現実世界に存在しないような場所で、なおかつ幽界(アストラル界)に存在するような場所は主に2タイプあります。

  • 天国や地獄のように実際には存在しなくても人間が想像することによって生み出されたもの。
  • 将来建築させるようなものや物質世界にいずれ作られるもの。

幽界(アストラル界)には実際には存在しなくても人が想像して作り上げたものがたくさん存在します。それらは煉獄として伝えられてるものとほぼ等しいです。

そしてたとえばあなたが来年家を建てようと思った時に土地を購入してハウスメーカーを探してじゃあどんな家を建てるか毎日一生懸命考えたり想像することによって幽界(アストラル界)に存在するあなたの歳にはまだ家がなくても想像上の家が建ち始めます。

この二つには共通点あります。
それはどちらも人間の想念のエネルギーが蓄積して幽界(アストラル界)と呼ばれる霊的な領域に物や場所、小さくても世界を生み出しているということです。

高次世界に存在する天空の庭先について書いた記事が、今は落としてしまっている過去のブログに実は存在します。
もう15年も前の記事になります(笑)

天空の庭先

2005/7/30

天空の庭さき、このブログの名前は天の国のはじっこ みたいな意味で命名しました♪
最初は天空の城とか天空の神殿が良かったのですがどっちもなんだか偉そうで(笑)
天空の城はラピュタを思い出す人も多そうだし…(笑)
んで最終的に 天空の庭先 という名前になりました♪
HNの『ウリエル』と言うのは有名な天使の名前です。
天の星の運行を司る天使の名前は占星術をする自分にちょっと合うなぁと思って名前を借りましたがこのHNも偉そうなのでもうちょいマイナーな天使の
名前を借りたらよかったかなぁとも思います(笑)

高次世界の天空の庭先

昨日夢を見ました♪
どこかこの世界のとても高い場所に私の国が有るのです。
自分はその国の高い山の上の方に住んでいて、その時は空を飛んで国の広場を見に行きました。
したらその広場の出入り口に知らぬまに大きな石像が置いてありました。

私「そう言えばアレをしたしなぁ」

この国は私がなにかすると勝手に物が増えたり発展したりするのです。
でもこの国の人々は私のことを特別な存在とも思ってなく、飛んでる私をめずらしがる人もいません。
目が覚めたとき思いました、夢のその国は…

天空の庭先です。

私がなにかのページをUPするとその会話の中から新しいなにかが生まれたり「気づき」がおとづれたり、なんかするとなにかが生まれる。
夢の中のその国はこのページの壁紙のような感じで周りを雲に囲まれた白っぽい感じでもありました♪
明晰夢に天空の庭先を見るとは思いませんでした。
現実世界に国はあらずとも、想念の世界では確かに天空の庭先は存在するようです♪


彼方の夢

私でもにわかには記憶を保持できない幽界(アストラル界)の上層部に天空の庭先はあります。
多くは語りませんが、過去世でわたしが魔術に的なことに従事していた頃からずっとあります。

霊的に高い世界であるため、私自身も記憶にとどめていたりいなかったり、といった状態なのですが私は天空の庭先という活動を通じて、この高次元の天空の庭先でとてもたくさんの方と出会いお話をしてきました。

現実世界の私が存じていないような方々と、おそらくはここを訪れてくださる方々の中にもお会いした方はいらっしゃると思います。

まなみさんが夢を見た レンガ壁のあるカフェテラス…

私の想念を見たのかもしれません。
定年を迎えたらカフェでも開いて、のんびりブログを更新しながら以前のように困ってる人たちの手助けを少しだけでも出来たらと、数年まえぐらいから漠然と思っていました。
私のこの想念も、高次世界の天空の庭先に存在するのでしょうね♪

いっしょに読みたい記事



心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。 <strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a> <strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a> 「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪ 「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

プロフィール



関連記事一覧

  1. くじら

    ☆ウリエル☆さん こんにちは
    いつのまにか記事を読むことが習慣になっていた事や、読めなくなるなんて想像もしてませんでした。
    また読める事に感謝します、本当に有難うございます。

    私は天空の庭先の夢というより、カフェの夢でした。
    そこはウリエルさんの店でキャベツカレーが食べたいなって思ってました。木やレンガで天井が高く、そこから光がさしてました。お会いしたことないので、まやかしをみたのかなぁって思ってました。
    実現したらいいなぁ。

  2. まなみ

    投稿した後も恥ずかしくて暫く覗けずにいました。
    まさか記事にしていただけるなんて!有り難う御座います。
    ウリエルさんのお話が聞けてとても嬉しいです。
    また雲を掻き分けて会いに行けたらと思います (´ ▽ ` )笑
    夢は私にとって道標であり、先生の様な存在です。明晰夢を見る度色々考える事が多いのです。胸と頭から離れないから、考えざるを得ないという方が正しいのですが….笑
    でもこんな事誰に話しても気に留められる事も無く、私の中でも半信半疑のままにしていたのです。あだ名は三年寝太郎ですが。
    肯定してくれる方は今まで無かったので、記事を見つけた時飛び跳ねる程嬉しかったです。今この時を、私は忘れないと思います!あなたに出会えて良かった٩(^‿^)۶

  3. モカ

    はじめまして いつもブログ読んでおります
    違ったらすみませんが、気になったのでコメントします。

    去年だと思いますが、
    すごく高い白い?透明?っぽい塔を登ろうと上に上に飛んで行く夢を見ました

    普段は夢の中でも夢と気づき自力で飛ぶタイプなのですが、
    その夢は周りに天使っぽい人?が2,3人居て
    自動的にすごく上の方まで一緒に上昇しました。

    しかし塔の頂上にはたどり着けなくて、途中で飽きて疲れて(笑)
    塔の途中の部分から不法侵入(笑)しましたw

    すると中庭っぽいカフェテラスっぽい感じでベンチやテーブルがありました。
    とてもきれいな場所で
    誰も居なくて不安感はありませんでしたが
    不法侵入だなあ(笑)と思っていたところで、目が覚めました。

    とにかく綺麗な景色の夢は心地よいですね☆彡

  4. ユキウサギ

    おはようございます🌞

    私も、☆ウリエル☆さまに感謝。お会いできてよかった!
    cafe開業したら伺います!
    その前に私も此方で皆さまと共に学び、周りの沢山の人々に「会えてよかった!」と言って頂けるような人になっておかないとなあと存じます。
    現実世界の「天空の庭先」も、清らかなcafeになると良いです!

  5. かりん

    こんばんは♪
    この記事を読んでいたら、ふと気づきました。
    昔の恋人が夢の中で突然横に現れる時があるのだけど、その時、レンガの建物、パラソルのついた白い丸いテーブルの並ぶ場所で遭遇する事が多い事に。
    現実の世界ではそんな場所に行った事は無いけど〜夢の中で、何人も訪ねる同じ場所があると面白いなーと思ってしまいました。

    現実の世界では素っ気なく、ほとんど会う事も無い人が、夢の中では温度まで感じて目が覚めても名残りの様に感じていたりすると…
    あれ?さっき会いに来た??と思ってしまいます。