2022年をスピリチュアル的に言うと?占星術で読み解く今年の流れ

2022年はスピリチュアル的にどんな年?

2022年をスピリチュアル的に言うと新しいステージの始まる年です。
2020年はコロナが席巻した年ですが、スピリチュアル的には変革の年であり、審判の年であり、シフトアップする星巡りでした。2021年は新しいステージの始まる年。緊急事態宣言が空けて、日本経済も夜の町も穏やかに賑わいを取り戻しつつありました。ですが、2022年は「癒し」と「痛み」が混在する一年となるますし、コロナからのこの流れと影響は、あと2~5年は続くでしょう。
今年の主役は「木星」で、2022年に木星の性質がもたらすものは、再生と破壊、発展と縮小。木星から吹く大風が向かい風になるか?追い風になるか?その為に重要なのは「」です。


2021年の振り返りと2022年への流れ

今年1年のスピリチュアル的な意味づけを、占星術や数秘術もまじえてお話出来たらと思います。
私の占星術の見方はいわゆる西洋占星術や現代的な占星術とはだいぶ異なるので専門知識のある方ほど、なんで???とか、星の象徴する意味がちがくない?
と思うかも知れませんがまあ世の中には色々な占いがあるのでその一つぐらいに思っておいてください(笑)
数秘術も同じですね、私は必ず前後の数字の意味とも接続して見るので一般的な数秘術の解釈と多少ニュアンスが異なるかと思います。

2021年はどんな年だった?

ちょうど1年前に書いた2021年がどのような年になるかという記事からの抜粋です。

2021年をスピリチュアル的に言うと…
2020年審判を経て、その流れと勢いのままに大きな転換期となる1年になるでしょう。
2020年の星巡りはまさにコロナを象徴するかのようでしたが、それでいうとおそらくは長い目で見た場合はコロナに象徴される2020年からの流れは人類によって良い流れの変化となるはずです。
ただし、私たち人類が自由意志の使い方を誤らない限りは。

コロナは人類にとって100年に1度といわれる厄災であり、私たちの意識や暮らしにただいな影響を与えたと思います。そしてコロナからウィズコロナへ、私たちの生活だけでなく働き方さえも大きな転換を余儀なくされました。

コロナで苦しんだ人、不幸になった人もたくさんいますが、この流れは現代を生きる私たちにとって、長い目で見れば良い部分もたくさんあったと思います。

今無理にこの大きな流れに逆らおうとすると色々と痛みが伴う可能性があります。
ですから、何か大きな決断や行動をうるときにはいつもよりもワンテンポ呼吸をおいて判断しましょう。今の時流が向かい風になるか、追い風になるかを。

上記も1年前の記事の引用ですが、このときは一つの大きな流れにむかって全体が流されていた、そんな感じでした。コロナにうまく乗っかった人、コロナで打撃を受けた人、それぞれいたと思いますし、特に外食産業やサービス業は大打撃だったと思います。

それもスピリチュアル的に言うのであれば、カルマのなせる業であり、ひとつの機会と経験です。そう割り切るには痛すぎますし、時間はかかるでしょうが。

いずれにしてもここまでは大きな流れの中で個人差が出るような感じでしたが、ここから先は大きな流れから複数の流れに分岐してゆきます。
つまり…

ここまで良い流れに乗れた人も、悪い流れに乗った人も、2022年の前半には波乱が起きる可能性があるので気持ちを引き締めてまいりましょう。


2022年はスピリチュアル的に言うとどんな年?

2022年をスピリチュアル的に言うと…

今年着目すべき星は「木星」です。
年明けから5月までは2021年から少しずつ社会が明るさを取り戻していったここまでの流れが続きながらも、流れがいくつかに分岐したり嵐のように荒れるような様相も見て取れます。現代的な占星術では木星は発展と拡大の星とされていますが、占星術にかぎらずこの世界は二元性を持っています。この前半はプラスとマイナスのそれぞれの性質が入り乱れます。

2020年の審判と、2021年の変革を経て、多くの混乱と激動、そして破壊から再生へとむかうこの時期、まるで何匹もの蛇が脱皮を繰り返すように、この2022年は破壊と再生、癒しと痛みを繰り返しあたらしい形へと向かうでしょう。

こういった混沌とした流れは人々の創造性が大きく膨らむ時期でもあります。この時期、未来に繋がるような新しい技術やビジネスのタネも多く生まれると思います。こんなときはスピリチュアル界隈では怪しい情報も横行するのでそこは注意してください。

より大きな癒しや創造性をうけとる鍵は、数秘術的に言うならば、「」です。

そして5月にはこれまでの流れから徐々に力のうねりがが生まれてゆきます。ピンチはチャンスと言いますが、この大きなうねりと大風に乗れるか乗れないか?その鍵を握るのはやはり「」です。

そして10月にいったん木星からの大風は穏やかさをととりもどします。コロナで失ったものに変わる何かを得られる好機であり、コロナで得たものをさらに発展へと向かわせる好機でもあります。

ただし、今回の星の巡りはやはり光陰のごとしで、この良い流れを背中に受けるために大切なのはやはり「」です。

ここでいう「」は、無私の愛、見返りを求めない愛ならなお良いのですが、友情、恋人への愛情、家族への愛情、そういった人間的な愛でも良いです。

少しだけ先の星まで見ると、2020年、つまりコロナから始まった世の中の流れから、2022年の再生と破壊(再編)その締めくくりが2023年にであり、それまでの結果を得て次の段階に進むのが2024年、完全にシフトするのが2024年の年末から2025年にかけてといった感じです。

この大きな時間の流れの中で影響を与える「冥王星」は「自由意志の星」ですから、人間の悪想念で闇が深まることないよう、を願いつつ、このまま回復が進み良い流れで進んでくれたらと祈ります。

すごく当たり前のことですが、今の自分の行動が明日の自分をかたち作り、今年の自分が数年先の自分をつくります。未来のために、どれだけ自分の愛と魂を磨けるか?星の巡りはあれど私たち人間の行動と未来の仕組みはシンプルです。

自らの想いと行いの報いを得る。

愛を持って生きましょう♪


2022年をいかに生きるか?

2021年は変革の年でこの先の流れを決める大きな分岐点でもありました。
2022年は全の流れから個の流れへ、そして破壊と再背を繰り返して発展や成長をとげる一年となるでしょう。

今年一年をよりよく生きるために以下のことを心がけてください。

思いやりをもちましょう

今年一年、俗っぽい言い方になりますが鍵になるのは再三ですが「」です。大きな愛でなくとも良いですし、むしろ小さな愛でも積み重ねが大切です。ですから今までよりもほんの少しだけでも思いやりを持って日々を過ごせるようにしましょう。

はめを外しすぎない

コロナが収縮しはじめたり、新しい波が来たり、コロナと隣り合わせなことにも慣れたり、今までより注意力が甘くなりがちなのでそこは気持ちをしっかりもちましょう。明るく生きるにこしたことはないと思いますが、くれぐれも羽目を外しすぎないように、モラルや節度をしっかりともちながら、楽しむべきときは楽しみましょう。

新しい人間関係と繋がり方

時代と共に人と人との繋がり方が解ってきました。たとえば大家族(3世代)から核家族化(1~2世代)になったなんて言われたのはもう20年も前ですが、今は少子高齢化に加え、コロナのせいで現実世界での人のつながりはますます希薄になっています。

ここから先、おそらくはオンラインでのコミュニケーションやコミュニティー形成の重要性は高まってゆきます。それは今までみたいに遠く離れた人とSNSで繋がるという形ではなく、もっと家族同士の間や、同じ趣味を持つ人同士の間で密になってゆきます。

そして何より、今後は必要と感じるコミュニティーを自分で作りに行くとか、繋いでいく時代へと変わってゆきます。

ひとつ考え方の具体例を挙げると、家族Aのリビングと、家族BのリビングをWEBカメラとマイクで一日中繋げてしまうとか、会社で同じ趣味の人あつめてグループ作ってその人たちだけを対象に動画配信するなど、さまざまなWEBツールを利用しながらも、個々人が自分たちで繋がりやコミュニティーを作っていくような形です。

すでに取り組んでいる人たちもいますが、今後はますますその流れが活性化するでしょう。

スマホやパソコンの画面を見過ぎないように

これは去年から引き続きですが、まちがいなく画面を見過ぎて視力が落ちる人は大勢出ると予想できます。
コロナで外出をしなくなった、なんて人は多いですが、コロナだからこそ、インドアになりすぎず、早起きして散歩したり人間や家族との絆を見直したり、内省に時間を使うなど心を精神を広げていくようなことに意識と時間を使いましょう。

2022年があなたに健康と幸福をもたらす良い1年となりますように♪


いっしょに読みたい記事

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。<strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a><strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a>「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

プロフィール



関連記事一覧

  1. 妖精

    ウリエルさん、お忙しい中、今年の流れのお話をありがとうございました。
    楽しみにしていたので、とても嬉しかったです。

    最近、「陰徳」という言葉がよく私の中に響いています。
    今年は「思いやり」と「愛」を意識して過ごそうと思います。
    優しさ溢れる世の中になりますように。

    ウリエルさんにとって健康で素晴らしい一年になりますように。

  2. しょこたん

    こんにちは。
    「この2022年は破壊と再生、癒しと痛みを繰り返しあたらしい形へと向かうでしょう。」
    これを受けて、破壊と再生の神様、思い出しました。
    今がその時期になるのですね。
    愛を持って進んでいきたいと思いました。
    いつもありがとうございます。

  3. 島添

    有難うございます。
    愛ですよね。
    自分はできているのか、、、
    身体に、心に、更に擦り込みながら生きていきます。
    有難うございました。

  4. みえ

     ウリエルさん
    今年のブログを訪れました

    私自身もやっと自分を愛するを課題として… 自分と向き合ってきましたが
    人間的に愛を与えられるように…

    ウリエルさんの画面から伝わる
    穏やかで温かい波動は

    ちゃんと 届いています

     ブログで出会えるのを楽しみにしています

  5. あんじゅ

    こんにちは(^.^)

    今年も混沌とした年になりそうですね。本当に時間が目まぐるしく過ぎていくのでぼーっとしていたらあっという間に1年が終わりそうです。
    やはり1日1日を大切に感謝して生きて行く事が明日に繋がるのだなと改めて思っています。
    愛とともに今年も暮らして行きたいですね♪