転職をスピリチュアル的に説明すると

転職とスピリチュアル
スピリチュアル

転職にスピリチュアル的な意味合いがあるのか? と聞かれれば答えはYesです。
転職すべきタイミングと、転職したい衝動をぐっとこらえたほうが良い場合とあります。
転職をするタイミングや、失敗しないためにとれる行動をスピリチュアル的に言うと、本来の転職とまったく別の観点からの判断がいくつか存します。
転職って人生の中でもわりと大きな出来事ですし決断がいる場合も多いので、状況やタイミングをよくみて判断し、転職を成功させて豊かさと幸せを手に入れましょう!

PR

転職のスピリチュアルな意味

仕事は自分の人生の大きなウェイトを占めています。
スピリチュアル的にも人間的にも仕事は学びの場であり、そして社会や人間の営みになんらかの価値提供を行う場でもあります。
社会人になってフルタイムで働いている人たちの中には、睡眠時間を除いた人生の半分以上の時間働いているという人も珍しくはないと思います。

女性の場合だと、結婚、出産、育児など、人生のイベントと重なったり大きく関わる要素が大きいですし、男性の場合は、独身の時なら色々と仕事を変えてチャレンジするというのはもちろん有りですが、結婚して家庭を持つとさまざまな責任を背負うため簡単に転職という訳にはいかなくなります。
だからこそ、転職はよく考えて行う必要があります。

転職をするというタイミングには表面的に見えることだけでなく、私たちの運命や宿命に関わる大きな力が働いていることも多いのです。

人間の魂がこの世に生まれてくるとき自分の両親や育つ環境など大まかに決めて生まれて来ます。
それは「魂のプラン」と呼ばれるもので、カルマ解消のためや魂の成長の為に必要な人生プランとして設計されています。
私たち人間が、「運命」とか「宿命」と呼ぶものです。
極論で言えば、私たちが転職するタイミングも、おおよそは「魂のプラン」によって決まっています。
ただし、私たち人間の人生は一本道ではなく、私たち自身の「想い」や「行動」そして「努力」最後には「自由意志」による決断でさまざまに分岐するので自分自身で運命を切り開いていく事が出来ます。
ですから、「転職」についても同じで、自分で決めたにしろ、外的要因で転職となったにせよ、自分自身で最良の結果に近づけることが出来ます。

自分の行いはいずれ自分の報いとなって巡ってくる… カルマの法則についてはこちらの記事に書きましたので参考にしてみてください。

魂のプランについては、妊娠について書いたこちらの記事に詳しく書きましたので参考にしてみてください。

PR

転職するのに良いタイミングをスピリチュアル的に言うと

転職をするのに良いタイミングは?
転職にはタイミングがあるか?スピリチュアル的に言えば3つのパターンがあると思います。
うーん、スピリチュアル的でなくとも主にはこの3つですかね?(笑)

  1. やりきったとき、やり尽くしたとき
  2. 転職することでしか問題解決できないとき
  3. 転職しか選択肢が無いから止む得なく

私が心からおすすめするのは「やりきったとき、やり尽くしたとき」ですね♪
今の職場で行うべきことを行い、学ぶべきことを学び終えた時に転職するのがタイミング的には良いです。

そして、「転職でしか問題を解決できないとき」もタイミングだとおもいます。
転職でしか解決できない問題って、「本当にやりたい仕事は他にある」とか「忙殺されて家族との時間がとれない」とか、「親の介護のために今の仕事を続けられない」とか「恋人が他県にいるから側に行くには転職して引っ越すしかない」とか… いずれにしても、問題解決するためにはもう転職するしかない、という状況はタイミングが来たと言えます。
宇宙の法則に従う宿命という力は、私たちを人生の進むべき方向へと導くからです。

転職しか選択肢が無く… というのも2番と同様ですが、こちらは自分の意思や都合にかかわらずリストラされてしまうとかそんな状況も含まれていると思います。
そして変わらざる得ないという状況に陥ること自体が、運命や宿命と言った私たちの人生を左右する見えない力が働きかけていると言えます。

PR

転職を成功させるために

私が転職を考えている人たちに常に言い続けていることがあります。
何か嫌なことがあるとか、後ろ向きな気持ちがあると転職は失敗する可能性があるから、必ず前向きな想いと行動でするのと、必ず円満退社しなさい。
後ろ向きな気持ちや逃げ出す気持ちがあると、「自分に課題を残したまま」転職することになります。
その場合、次に見つかる職場にも「同じ課題」がきっとあるでしょう。
転職を成功させるためには、まず自分自身の課題をクリアにすること、そしてやりきったと思える気持ちで次に進むことをおすすめします。

転職のタイミング、サインはあるの?

スピリチュアル的に言えば、変わらざる得ない状況を迎えたときです。
では、どうやって行うべきことを行い学ぶべきことを学び終えた時を見分けるのでしょう?
実は見分ける必要はなく、課題を解決してその環境にいる理由がなくなれば変化はおのずと訪れます。
変化の流れは濁流のように押し寄せ、自分が変わりたくなくてもその時は訪れます。
その変化はきっと、あなたの人生により良い変化を生み出してくれることでしょう。

もし、転職するか?今の会社で頑張るか?など、自分自身に選択の余地がある場合、自分で進んで変化を起こそうという場合はどうでしょう?
人間には「想いが実現する力」と「自由意志」があります。
これを感じるのは難しいかも知れませんが、運命的に人生の分岐点がある場合、より良い人生を送るためには追い風が吹いているときにこそ決断を行うべきでしょう。そういった時は転職の理由もポジティブなものになるでしょうから成功もしやすいです。
ただし、人生にAという道とBという道の2つのルートが存在したとしても、カルマ的に言えばどちらに進んでも学ぶべきことがあり、最終的には今世で進まなかったルートは来世で体験するなど、両方の人生を経験することも多いです。

であるならば、転職で大切なことは動機であり、愛のある行動やそれによって得られる経験や結果だと言えます。

PR

転職を繰り返す人のスピリチュアルな傾向

「転職を繰り返す」そういった人生に生まれてくるのも言ってしまえば「魂のプラン」に基づいています。
「転職を繰り返す人生」を自分で選んで生まれて来ているから転職が多い、と言ってしまえばそれまでなのですが、それでもスピリチュアル的な理由や傾向は確かにあります。
「転職」をするとまず変わることとして「人間関係」があり、そして「環境」もなにかしら変わります。
転職が多い人の傾向としては、占星術的に言えば火星や土星の影響下に生まれている人が多く、人間の性質に及ぼしている部分としては「衝動」のエネルギーです。
オーラの色で言うと、黒のオーラの色とか赤のオーラの色人が多いように思います。(一概には言えませんが確かにその傾向はあります)

それと、もう一つよくある傾向としては「カルマが加速して学ぶ速度が速まっている」人たちです。
具体的に言うと、カルマの浄化が進み一回の人生でより多くのカルマ的な課題に取り組んでいる人です。
人が良くてついつい他人の問題に首を突っ込んでしまったり、自分のことを後回しにして他人の世話を焼いているような人に多いです。
あと、瞑想をする習慣をもつ人も、カルマが加速する傾向があります。

こういった人たちは、魂のプランとして、つまり運命や宿命的に変化が多く、その変化に合わせて転職も多くなる傾向があります。

PR

転職ばかりの人生のスピリチュアルな意味

転職が多いスピリチュアルな理由

  • 忍耐を学ぶ
    ひとつの職場に長く努めて「忍耐」を学ぶという課題をもつ人は多いです。
    そういった人は、物事を投げ出しやすかったりひとつのことを継続できない人が多く、課題を解決するためには同じ環境で長い月日、忍耐を持って生きる必要があります。
  • 人間関係や環境に存在する課題解決の役割をもつ
    より多くの場所や人間たちに影響を与えたり、問題を解決するために、変化の多い人生を送っている人たちがいます。
    そういった人たちはわりと色々な地域に移動したり、住む場所も変わるために、結果として転職も多くなります。
  • カルマの加速
    前項ですでに説明した通りで、自分自身の学びの速度が速まっている状態にある人たちがいます。

転職がトントン拍子進むスピリチュアルな理由

自分自身が意図せずに、望まずに転職となるケースも多々あります。
例えば、会社の経営が悪化してリストラになるとか、会社が倒産して職を失うようなケースです。
他にも、知り合いに誘われたり、周りの人に流されるようにコロコロと環境や仕事が変わるようなケースです。

いずれにしても転職を繰り返す人は、良くも悪くも「人間関係」や「環境」が変わる必要のある人たちですから、学ぶことを学び終えたり、あるいは次の学びに取り組むべく転職となる人が多いです。
特に、何の障害もなく頻繁に職が変わる人は、「魂のプラン」として人生の変化自体が緻密な計画となっている場合も多いです。

そういった人たちの場合は、流れに無理に逆らわず、めまぐるしい変化の中で、自分が出来る最善を行うように心がけましょう。

転職が決まらないスピリチュアルな理由

転職が多いけど、転職の際にはいつもなかなか仕事が見つからずに苦労する、そんな人も結構たくさんいます。
そういった人たちの傾向としては、離職期間中に学ぶべき課題を持っている場合も多いです。

例えば、職を失ったタイミングで困っている家族や知り合いなどに頼られたり、ずっと気になっていたボランティアの活動にたまたま参加出来そうな機会を得るなどです。
職を失うと多くの場合、収入や生活は不安定になりますから一刻も早く仕事に就きたいはずなのですが、転職が叶わないときは仕事をしていないそのタイミングだからこそ学ぶべき何かがあるのかもしれません。

ちょうど私にもそんな時期がありましたので、こちらの記事を参考にしてみてください。

PR

転職は神頼みではなく祈りと行動で!

これはある意味、受験や就職、結婚など、人生のあらゆる局面に共通している話かも知れません。
転職の成功を神社で神頼みとか、困った時だけ神頼みしたり、神に一方的に自分の願望を押しつける人たちがいます。

日頃から行われている祈り、家族や隣人を幸福にしたいという祈りこそが神に届きます。

そして、祈りには「静の祈り」と「動の祈り」があります。
どちらか一つでも祈りの力はありますが、この2つが組み合わさると、より大きな祈りの力となります。

静の祈りとは私たちが仏壇や神社や教会などで静かに座って目と瞑り行う祈りです。
動の祈りとは、祈りの気持ちに行動が加わったものです。

例えば、病の子供の回復を願って身体をさする親の想いなどです。

転職に限って言えば、愛する人や家族の為、自分の能力や才能を世の中のより多くの人たちの為に役立てる。
そんな祈りや未来への希望のような気持ちで行動することが良いです。

もっと言えば、究極の祈りとは、日常的に人々やこの世界の為に愛を持って働くことです。
そんな心の人には、いつでもさまざまな良き役割が、良き仕事があゆみよって来るでしょう。

PR

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

3,199,147 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. みっき

    こんにちは。数日前に天空の庭先を見つけました。まずは興味のあるコラムを一気に読ませていただきました。私は独学で10年以上スピ的な知恵を学んできて、ひたすら自分の潜在レベルのクリーンアップに努めつつ、波動を使いこなすことを実践してきました。とはいえ、精神世界とっぷりの人生ではなく、普通の勤め人でもあります。でもずっと勤め人というか、社会に普通に属して生きることがイヤで、いつの日か俗世ともっと距離おきたいなってずっと思ってました。でも、ホントにここ最近、社会に属し、人と関わることではじめて自分を多面的に見ることができ、それまで持ち得なかった願いが生じ、それを実現するという楽しみを生きることができるのだと理解することができました。というタイミングで、今の職場は6月末で退職となり、来週から新しい職場での仕事スタートです。そして、今日読んだこちらの記事もまたそんな内容でした。(笑)精神世界を掘り下げると、現実世界をおろそかにしはじめるというパターンにはまりつつあった私は、今とってもスッキリした気持ちで、現実世界のあれこれを楽しめそうです。新しい仕事、がんばろう!どうもありがとうございました。

  2. momochan2000

    こんにちは^ ^

    変化は、最初苦痛を伴う感覚がありますねぇ
    もちろん新鮮さも同時に感じますけど。

    15年前に、すぴり

  3. momochan2000

    すいません(^◇^;)

    寝落ちして途中で送信しています。
    見苦しようでしたら、削除してください。
    m(._.)m