悪霊と五芒星の護符 –スピリチュアル体験 第37話

レギオン(地縛霊の集団)と霊道

兄と祖母の新居に居た複合霊のお話の続きです。
これは僕ではなく兄の体験談みたいなものです。
兄は僕が帰った後もこの新居でたびたび霊を見ます。
玄関の外を歩いていたり、あるいは廊下、台所でごそごそと動く気配、兄は僕より視る力が優れてるのでかなりハッキリ見ることも多かったようです。眠りから目覚めると3人ほどの霊に囲まれてたり、当時浄霊をする力がなかった兄はこのようなできごとで体調を崩すと必ず母か僕を頼ってきました。
このころ僕も母もすでに電話による遠隔浄霊ができたのでなんせ一番多い時期は兄から毎日電話がありました。

PR

霊道と五芒星の護符

ある日兄はまどろみの中で夢を見ます。
僕が以前夢の中で触った壁の場所から人の霊が出てくるといったものです。
それを聞いた僕はそこが霊の通り道なのでは? と考えます。
そして霊道を閉じるための五芒星の護符をつくって兄に送ったのです。

兄は早速それを壁に貼りました、すると後日、嫌な体験をするのです。。。
護符を貼ったことによりそこは閉ざされたのでしょう、ですが同じ壁の面の端にあるタンスの中から霊が出てくるといったものです。
兄は五芒星を護符をコピーしてタンスに貼り付けます。
するとその後日さらに嫌な体験をします。。。

今度は同じ壁の面の逆の端にある押入から霊が出てきたそうです。。。
その次は押入にコピーを貼り付けるこんな繰り返しだったそうです。
母は当時2メートルステンレスピラミッドをつくってもってました。
兄もそれを真似て1.8メートルステンレスピラミッドを部屋につくりました。
それの外では悪い霊にまとわりつかれ、それの中に入ると寄りつかれなくなる、そんな生活をしてました。

魔境か?霊が活性化する時期か?

僕はとても浄霊が激しい時期があったのですが兄がこのように毎日霊に脅かされていたのも丁度同じような時期でした。
このころの自分の体験に「魔境」と言う言葉を使いましたが、それとは別に、霊が活発化し始めた時期でもあったようです。
あまりに毎日兄から電話があり、浄霊をすることが多かったので僕はこれらのことを真剣に考え瞑想しました。するとこの時「気づき」がやってきたのです。

あの時「この土地で一番大きな霊」と言った霊の複合体、もしや僕が連れてきた100程の塊はその一部だったのでは???

兄の住むところは昔は東京都の乳母捨て山などとも呼ばれ、結核患者を隔離した病院街がありました。やはり100程の霊では済まなかったようです。

母と僕、電話越しの兄、3人で霊の複合体の根源となってる霊を浄化するべく祈りと瞑想により霊性を高めました、電話代がだいぶかかりましたがその複合体に限っては浄化できたようです。

ですがこの後にも兄はよくどっかから霊を引っ張って来ては大変なめにあってました。

五芒星は通り扱い注意 2009年 3月 追記

この体験談で私は五芒星の護符を兄に送っていますが、実は五芒星はとても扱いが難しいシンボルなので、知識の無い方や初歩的な霊能力をもっているような段階に居る人は、このシンボルはむやみに使わないようにしてください。グッズやペンダントも同様です。
霊的な感覚を持っていない人にはさほどの影響はないとおもいます。

 

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。<strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a><strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a>「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

プロフィール
PR

PR

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。