死者との再会 –スピリチュアル体験 第26話

人は死んでも魂は不滅

父が死んで最初のお盆の時です。
その時期母は父とやってた居酒屋を一人で切り盛りしていました。
母は酒の飲み方が上手な方ではありませんが、まあある程度の酒限度はわきまえています。ですがお盆休みにお店にくるお客さん相手に毎晩毎晩深酒をするようになりました。
僕は不思議に思ってました。というか当然母の体を心配しますよね(笑)
でも母はなんか飲み始めると飲みたくなって我慢できなくなり、二日酔いで毎日昼間は潰れてました。
ある日そんな母になんか違和感を感じました。
それが何かに気づくのは盆休み最後の日、母の顔がふっと父に見えたときです。
僕は感覚的に父が来たのかなって思いました。
次の日のことです、僕が母にそのことを言うと、母がビックリした顔します。

PR

母:「そういえば病気が治ったら8月に浴びるほど酒飲むって言ってた」

父のことです(笑) 父は母にくっついて浴びるほど酒を飲んでいったようです(笑)
すでに成仏してる父がそのように母に影響するとは不思議でした。
戻ってきたのかな? それとも生前の父の念が母に影響したのかな?
オーリングで調べたところ、母に憑いていた父は、浴びるほど呑(の)んで満足したようで、すでに帰っていたようなので、あまり深いことは追求しませんでしたが(笑)

僕は父の死後に何度か父の夢を見ました。
父に詫(わ)びた夢。
突き放すような気持ちを持ったことなどを父に詫びたのです、父は笑ってました。
いつ夢に見ても多くの場合は僕に笑いかけてました。
一緒に酒を酌み交わしたり、生きていたらいずれしていただろうことを二人で僕の夢でしました。

あんなに尽くした母が幸せになれるようちゃんと見ててくれよ、
もうこの世に居ない父に伝えたのです。
そんな父は母の夢にも出てきました(笑)

母:「久しぶりじゃない」
父:「お前が思い出さないからあまりこっちに来れないんだよ(笑)」

と、言ってたらしいです♪

 

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。<strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a><strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a>「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

プロフィール
PR

PR

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。